ピクシブ百科事典

乙女座

おとめざ

黄道十二宮の一つで、8/23〜9/22までに生まれた人がこの星座に該当する。 本来的には春の星座であり、元々は古代バビロニア人が最初に作暦用に編み出した原作の十二宮において女神イシュタルを指していた。
目次[非表示]
  1. おとめ座。背中にの生えた女神をかたどった星座で、日本ではに見ることができる。一等星スピカを持つ。
  2. 黄道十二宮(占星術)の6番目「処女宮」のこと。


概要

 春の夜空に輝く星座のひとつ。
 「背中に翼が生えた女神」をモチーフとし、その原形は古代バビロニアで広く信仰された女神イシュタルであることが考古学の発掘で明らかになった。
女神が春を告げる者と位置付けられたのもそれもそのはず。イシュタルは生態系そのものを守護する女神であり、女神がいないと生命は滅びると信じられた。古代バビロニアに端を発する季節起源神話の原作である。
時代が下って豊穣の女神デメテルと同定されたのは後代の人間による贋作である。古代バビロニアの十二宮理論が時を経て古代ギリシャに伝来してからは、同じく豊穣の女神として広く信仰されるデメテルに白羽の矢が立ったわけだ。もちろん、神話上のエピソードも両者似通っているのは偶然の一致ではない。パクリである。
ただし、デメテル本体は同じくらい古い時代から平行進化的に信仰が始まった可能性が高く、そこは集合的無意識レベルのオリジナルと断言しても差し支えない。そもそもは原始時代より世界中の大抵の大陸で自然に発生しており、古代バビロニア文化がユーラシア全土に広まるまでは互者に因果関係は無かった。全哺乳類が遺伝子レベルで本能的に母性と生命を関連付ける傾向にあるがゆえの当然の結果を除いては。野暮なツッコミではあるが、乙女の本来の意味は結婚していない若い女性や、処女を意味するので、子持ちであるデメテルは乙女の定義から外r##このコメントはゼウスに焼き尽くされました。##
デメテルと同定する場合は、右手にの穂を持って描かれる。
一方で正義の女神アストライア(ローマ神話のユースティティア)と結びつける説話も存在し、この神話では人間達に正義を訴え続けるも、人間達は聞き入れるどころか争いを繰り返した為、愛想を尽かして乙女座になったという。また、天秤座は彼女の持っていた天秤とされる。

 一等星のひとつスピカを擁しており、牡牛座アルクトゥルス獅子座デネボラとを繋いで、春の大三角形を形成する。

黄道十二宮の特性

 性格は保守的な理論主義者だが、ときおり夢見がちな夢想家ともなるという。
 女性なら良妻賢母の資質が備わる可能性が大きくなるらしい。

乙女座をモチーフとしたキャラクター

乙女座という星座名なので女性が多いものの、何故か男性キャラも結構いる。(聖闘士星矢の影響だろうか。)

聖闘士星矢

特撮

アニメ

ゲーム

漫画

文学

その他

キャラクターのモチーフとしての扱い

やはり女性関連になりやすい。
またオッサンが乙女座などと言うギャグもある。

関連タグ

十二星座牡羊座 牡牛座 双子座 蟹座 獅子座 乙女座 天秤座 蠍座 射手座 山羊座 水瓶座 魚座


おとめ座 処女宮 Virgo/ヴァルゴ/ヴァーゴ 乙女 
黄道十二星座 黄道十二宮 星座 占星術 星占い 星座占い 星座カースト制度 ホロスコープ

… 関連タグのまとめ有り

女神 豊穣の女神
神話 バビロニア神話 イシュタル ギリシャ神話 デメテル

関連外部リンク

おとめ座 - Wikipedia
おとめ座とは - ニコニコ大百科

関連記事

親記事

十二星座 じゅうにせいざ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「乙女座」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 839564

コメント