ピクシブ百科事典

ビルゴ

びるご

ビルゴとは、テレビアニメ『新機動戦記ガンダムW』に登場する量産型モビルドール(MD)である。
目次[非表示]

当項目ではテレビシリーズ以降に発表された作品に登場する後継機に関しても説明する。

機体説明

OZのツバロフ・ビルモン技師長がヴァイエイトメリクリウスのデータを基に開発した量産型モビルドールMD)。
機体名は乙女座(Virgo)に由来する。
有人機の仕様変更型であるトーラスと違い、最初からコクピットを排除した純粋なMDとして設計された。

ガンダニュウム合金を装甲材に採用した初の量産機でもあり、MDとしての高い動作精度、僚機との高度な連携行動とあいまって、従来の有人MSとは一線を画す戦闘力を発揮する。
スラスター推力も高く、重力下においても一定時間の滞空が可能なほどである。
ただし、機動性自体は可変機であるトーラスに一歩譲る。
製造コストは従来機よりも高騰しているが、その高性能(と、人件費や各種保障の削減)の前には問題とはならず、オペレーション・ノヴァ発動と同時に大量に生産・配備された。

また、OZ月面基地を制圧したホワイトファングも、基地の工場施設から接収した本機を運用している。

主武装のビームキャノンは、オリジナルであるヴァイエイトほどではないもののMS用の火器としては屈指の威力を誇り、複数機による一斉射撃は大きな脅威となった。
ビームキャノン稼動時は右肩のキャノン用ジェネレーターブロックから回転子が起立し、高速回転を始める。
左肩に3基装備されるプラネイトディフェンサー、並びにOZ製量産機では初のガンダニュウム合金製装甲の採用により、従来の量産機を大きく超える防御力を有する。
プラネイトディフェンサーは実弾、ビーム兵器いずれも防ぐことが可能だが、多少の死角があるため、3機1組での行動を基本とする。

機体開発の基となったヴァイエイト・メリクリウスと違い、ガンダム開発者が設計に携わったとは明記されていないため、おそらくはモビルドールの性能に惹かれたツバロフの独断で開発されたものと予想される。
上述したように両者の要となる大型ビームキャノンとプラネイトディフェンサーも(おそらくツバロフの独断で)デチューンされており、比べると性能面で中途半端になっている面が否めない。実際プラネイトディフェンサーを以てしてもウイングガンダムのバスターライフル(使ったのはエアリーズ)で突破されてしまう場面があった。
それでも、倒しても倒しても次々と現れ、一糸乱れずこちらに向かってくる様は、交戦する兵士からすれば悪夢そのものである。

機体データ

形式番号OZ-02MD、WF-02MD(ホワイトファング所属機)
頭頂高16.3m
重量7.3t
装甲材質ガンダニュウム合金
武装ビームキャノン、プラネイトディフェンサー×3


バリエーション

ビルゴⅡ

ホワイトファングが、占拠したOZ月面基地内のMD生産プラントに残されていたビルゴ及びその改良パーツを利用し製造した宇宙戦用機。

汎用性を高めるため主武装を長銃身のビームライフルとし、ビームサーベルを追加するなど細かい変更点が多い。
防御力の強化として、ビルゴと同じくガンダニュウム合金を装甲に採用している他、プラネイトディフェンサーを以前の左肩3基から両肩8基に増設することで防御の死角を減らしている。
また大型のスラスターも追加され機動性も強化されている。なんと殺人的加速を生み出すトールギスとほぼ同系のものである。
ガンダムに匹敵しうる性能であるが、パイロットの差によって結局やられ役と化す。

機体カラーは黄土色を基調とするが、OVA及び劇場版『EndlessWaltz』ではビルゴに近い黒系の機体の存在も確認されている。

『敗者たちの栄光』版では制御プログラムにガンダムエピオンゼロシステムがダウンロードされ、ゼロシステム搭載機となった。
エピオン及びゼロとは違い、ゼロシステム起動時に「ZEROモード・D」というものに切替が可能になっている。

機体データ

形式番号OZ-03MD、WF-03MD(ホワイトファング所属機)
頭頂高16.3m
重量7.5t
装甲材質ガンダニュウム合金
武装ビームライフル、ビームサーベル×2、メガビーム砲、プラネイトディフェンサー×8


※以前のビームキャノンに代わってメガビーム砲をオプション装備として使用可能で、その場合ケーブルはバックパックに接続される。

ビルゴキューブ/ビルゴⅢ

外伝漫画『BATTLEFIELD OF PACIFIST』に登場。
作中の敵組織「パーフェクト・ピース・ピープル(P3)」が、死亡したツバロフの遺したデータを基に開発した機体。
基本的な性質はビルゴⅡから大きく変化しているわけではないが、出力が強化されたことによって各種武装の威力が上がった。
また、プラネイトディフェンサーの数自体は減らされているが、先述の出力強化によってむしろ総合的な防御力はビルゴⅡより向上している。

機体データ

形式番号OZ-04MD
頭頂高16.3m
重量7.3t
装甲材質ガンダニュウム合金
武装ビームライフル、ビームサーベル×2、メガビーム砲、プラネイトディフェンサー×2


ビルゴⅣ

小説『FrozenTeardrop』に登場。
アフターコロニー時代に大量に生産されたビルゴⅢをベースとして、作中年代の技術を用いて火星用に改修した機体。
やはり基本的な性質はビルゴⅡの頃から変わらないが、各種装備の性能は大幅に強化されており、もはや量産機のレベルを超えた領域に達している。
主武装のビームライフルはウイングゼロのツインバスターライフルと同等の威力を持ち、新型のネオ・プラネイトディフェンサーは「白雪姫」のバスターライフルの直撃にも余裕を持って耐えるほどの耐久性を持つなど、攻防共にほぼ隙のない仕上がりとなっている。
複数機での連携の精度も歴代機を上回るより高度なものに進化しており、複数のビルゴⅣが共同でネオ・プラネイトディフェンサーを繋ぎ合わせて展開することで、ほぼ無敵に近い強固な防御フィールドへと強化できる。

機体データ

形式番号OZ-03MDⅣ
頭頂高16.3m
重量7.5t
装甲材質ガンダニュウム合金
武装大型ビームライフル、ビームサーベル×2、ネオ・プラネイトディフェンサー×8


ゲーム作品では

スーパーロボット大戦シリーズやGジェネレーションシリーズなどでは幾度も大量に徒党を組んで現れ、結構な火力、冗談のような防御力(作品によっては大半の射撃武器を威力に関わらず完全に無効化することも)、パイロットのモビルドールがそこそこ優秀などとにかく面倒な敵。
MAP兵器ファンネルインコムや格闘技などのバリアが発動しない武器、精神(ID)コマンドによる特殊防御の無視、必殺系の武装などで一応対策は可能。
近接格闘系武装でも特殊防御は無視でき、近接武器がないビルゴの弱点となっているが、ビルゴⅡの場合ビームサーベルが武装にあるために反撃してくる。
その分捕獲が可能な一部作品では戦力として大いに貢献する。また、無人でも出撃させられる場合がありパイロット不足を解消できる。
逆にパイロットを乗せて出撃させることのできる作品も一部存在する。

立体物

ガシャポンDASHにて、ビルゴが初の立体化(現在は入手困難)。

プラモは現在まで未発売。すでに販売されているヴァイエイトやメリクリウス、トールギスあたりをミキシングしプラ板やエポパテを用いて製作するとよいだろう。

関連項目

新機動戦記ガンダムW
モビルスーツ MS モビルドール MD
OZ メリクリウス ヴァイエイト

pixivに投稿された作品 pixivで「ビルゴ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 44703

コメント