ピクシブ百科事典

ガンダムアクエリアス

がんだむあくえりあす

ガンダムアクエリアスとは、GジェネオリジナルのMS。OZ系列のMSという設定であり、型式番号はOZ-14MSである。
目次[非表示]

MS諸元


型式番号OZ-14MS
頭頂高17.6m
重量9.4t
装甲材質ガンダニュウム合金
武装ドーバーガン 105mmマシンガン ヒートロッド×2 シールド

詳細

ガンダムエピオンの支援を目的に開発されたMS。
モビルドールが氾濫する無機質かつ無慈悲な戦争に異議を唱えるべく、その抑止力としてトレーズ派が開発したとされる機体。
半径100km内に存在するモビルドールの行動を妨害する対MD用電子兵器「アンチMDウィルス」を搭載している。これにより戦場に居るMDを機能不全に陥れ、その間に有人の指揮官機をエピオンで撃墜するという流れを想定されている。
しかし、このアンチMDウィルスの稼働にジェネレーター出力の大半を使うためにビーム兵装を使用できないという欠点も存在している。そのため、機体本体に装備された武装はヒートロッドのみで、状況に応じてマシンガンやドーバーガンを装備する。これらの手持ち武装はリーオーと共通であり、この点からも本機の出力の低さがうかがえる。
なお、この機体は前述のとおりトレーズ・クシュリナーダがOZ総帥の地位を解任されたのち、トレーズ派によって製造されたとされているものの、実際の稼働データは存在しておらず、開発者ごとデルマイユ派により闇に葬られたとする説が有力となっている。

ゲームでは

初出はGジェネレーションF。この時はWガンダム系を開発していくと入手可能。エピオンからの開発もしくはウイングガンダムを開発していってもOK(後者の方が簡単でオススメ)。
性能としては前述のとおりMDを無力化するアンチMDウィルスがMAP兵器として搭載されていてこれを使うと範囲内にいるMDたちを全て完全に行動不能にできる(プラネイトディフェンサーなどの防御アビリティも一切発動しなくなる)。しかも降伏と同じ扱いにできるので捕獲も可能・・・なのだが。
唯一の難点として武装がヒートロッドしかない。そのため相手に接近しないと攻撃ができない。
自身は防御が高いため多少の攻撃には耐えられるのだが、敵として想定されているMDは殆どがアクエリアスの射程外から攻撃できる奴ばかり。故にあまり使い道のない悲しい扱いだった(エピオンよりは活躍できるが)。

GジェネNEOではエピオンから直接開発する以外に生産する手はない。
NEOからリーオーのマシンガンとドーバーガンを使えるようになったが、ヒートロッドが中距離のみとなりSEEDまでは近距離では何も出来ないというFとは真逆な機体になってしまった。
また、Fでは使用できたシールド防御も何故か削除されてしまっている。

ウォーズ以降はシステムの変更によりヒートロッドが近距離武装となりNEO・SEEDで欠点だった近距離での反撃も可能になった。もちろんマシンガン・ドーバーガン・MDウイルスも健在。さらにシールド防御も復活し、アクエリアスがようやく報われた瞬間である。(当然スピリッツでは登場しないが)
なお、オーバーワールドではこの機体にネリィ・オルソン、ガンダムエピオン(EW版)にフローレンス・キリシマを乗せて連携攻撃を行うと、ちょっとした掛け合いが見られる。

関連項目

Gジェネレーション 新機動戦記ガンダムW
ガンダムエピオン

pixivに投稿された作品 pixivで「ガンダムアクエリアス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10702

コメント