ピクシブ百科事典

ガンダムアクエリアス

がんだむあくえりあす

ガンダムアクエリアスとは、GジェネオリジナルのMS。OZ系列のMSという設定であり、型式番号はOZ-14MSである。
目次[非表示]

MS諸元


型式番号OZ-14MS
頭頂高17.6m
重量9.4t
装甲材質ガンダニュウム合金
武装ドーバーガン 105mmマシンガン ヒートロッド×2 シールド

詳細

ガンダムエピオンの支援を目的に開発されたMS。
モビルドールが氾濫する無機質かつ無慈悲な戦争に異議を唱えるべく、その抑止力としてOZトレーズ派が開発したとされる機体。
半径100km内に存在するモビルドールの行動を妨害する、対MD用電子兵器「アンチMDウィルス」を搭載している。これにより戦場に居るMDを機能不全に陥れ、その間に有人の指揮官機をエピオンで撃墜すると言う流れを、基本運用の想定されている。
しかし、このアンチMDウィルスの稼働に、ジェネレーター出力の大半を使う為に、ビーム兵装を使用できないと言う欠点も存在している。その為、機体本体に装備された武装はヒートロッドのみで、状況に応じてマシンガンやドーバーガンを装備する。これらの手持ち武装はリーオーと共通であり、この点からも本機の出力の低さが察せられる。
尚、この機体は前述の通りトレーズ・クシュリナーダがOZ総帥の地位を解任された後、トレーズ派によって製造されたとされているものの、実際の稼働データは存在しておらず、開発者ごとデルマイユ派により闇に葬られたとする説が有力となっている。

尚、後の時代のマーズセンチュリーに火星に現れたMSトールギスヘブンには、無人機を停止されると言うアンチMDウィルスに似た「ナノ・ディフェンサー」を搭載している。

ゲームでは

ガンダムW関連の機体の為、宇宙世紀限定のスピリッツとジェネシスでは登場しない。

F

初出はGジェネレーションF。この時はWガンダム系を開発していくと入手可能。エピオンからの開発もしくはウイングガンダムを開発していってもOK(後者の方が簡単でオススメ)。
性能としてはW系の機体の中ではスペックは高水準で、特に防御力が高く飛行も出来る。
但し、武装は通常兵器のヒートロッドとMAP兵器のアンチMDウイルスのみ。
前述の通り、MDを無力化するアンチMDウィルスがMAP兵器として搭載されていて、これを使うと範囲内の全MDを全て行動不能にする(正確には1ターンの間だけ強制的に待機扱いにする)。しかし、プラネイトディフェンサー等の防御アビリティはしっかり発動し、回避や防御選択も行ってくる。
あくまでMD側のターンで移動と、命令のコマンドだけが封じられる程度である。
「動きを止められるだけでも別にいいよ」と言うのなら問題ないのだが、もう1つだけ厄介な問題を抱えている。それは……実はWステージに登場するMD達にはアンチMDウイルスが一切通用しない。
理由は、実はWステージに限らずシチュエーションモードに登場するMD(Gガンのカッシング、XのGビット類も)は、「『モビルドール』と言う名前のパイロットが乗っている」と言う事になっており、本作における無人操縦機とは異なる扱いを受けているからである。
つまり、こいつらはMDの皮を被ったMS(有人機)なのである。

こいつらの一番分かり易い判別方法は、MAP上のアイコンの左下に付く白字の『MD』の表記の有無である(OPパーツ「MDシステム」を装備させたユニットにも付く)。
これが有るユニットはウイルスが効くユニットで、逆にこの表記が無いユニットはウイルスが効かないユニットなのである。
そして、本編ステージに登場する敵のMDは、どれもアイコンにこの表記が存在しない。

故に対MD戦と言う場面で、肝心のウイルスが何の役にも立たないと言う「お前何の為に登場したの?」と言いたくなる様な、大変役立たずな機体になってしまっている。
いっそ純格闘機として戦闘重視に使おうにも、自身は防御が高いので、多少の攻撃には耐えられるのだが、敵として想定されているMDは、殆どがアクエリアスの射程外から攻撃できる奴ばかり。飛行出来ない点に目を瞑れば兄弟機のエピオンを使った方がマシで、もっと言うなら参戦同期の、ガンダムベルフェゴールを使った方が良い。

NEO、SEED

NEOではエピオンから直接開発する以外に生産する手はない。
NEOからマシンガンとドーバーガンが使えるようになったが、ヒートロッドが中距離のみとなり近距離武装を一切持たず、シールド防御も削除された為、隣接された敵機体の攻撃には反撃も防御も出来ないと言う、Fとは真逆な機体になってしまった(SEEDも同様)。
また、大気圏内の飛行も何故か削除されてしまい、一部地上での移動が困難になってしまっている。

但し、本作からはステージに登場するMD達には、アンチMDがちゃんと通用する様に改善された。無論、使用後はこちらの命中率が100%になるので、問答無用に奴らをボコれる。
NEOの後半のステージではMDが敵として大量に出てくるので、是非とも活用したいところだが、前述の通り飛行能力が失われている為、移動が阻害され易い地上での運用は注意。
ウイルスだけでなく、本作では近距離に穴があるものの、戦闘能力は以外に高い。本格的に活用するのであれば、ウイルスはオマケと割り切って中距離武装のヒートロッドを活かして、ビルゴキラーとして頑張ってもらうのも有りかもしれない。
消費ブロックがたったの1のマシンガンも、ビルゴ以外なら役に立つ。

ウォーズ~OW

ウォーズ以降はヒートロッドが近距離武装となり、NEO・SEEDで欠点だった近距離での反撃も可能になった。もちろんマシンガン・ドーバーガン・MDウイルスも健在。更にシールド防御と飛行も復活し、F系とNEO系の良いとこ取りの様な調整を受けた。
ようやく報われたかアクエリアス。

尚、オーバーワールドではこの機体にネリィ・オルソン、ガンダムエピオン(EW版)にフローレンス・キリシマを乗せて連携攻撃を行うと、ちょっとした掛け合いが見られる。

クロスレイズ

クロスレイズではフェニックスシリーズとハロシリーズに続く、本作でも貴重なGジェネオリジナルMSとなる
今作は武装のマシンガンが宇宙非対応(後にアップデートで修正)で、ヒートロッドも1の射程から使えないので、宇宙では射程に穴があり、扱い上ACガンダムであるのに、アビリティにガンダニュウム合金が無い(但し、ステータスで他のガンダムのガンダニュウム合金アビリティによる、守備力+60をされたステータスに合わされて守備力が高い)
今作の最大の特徴は、今まで使い勝手の悪かったアンチMDウィルスが、MAP兵器からアビリティとして変更・搭載された点である、効果は10マス内のMDタイプユニットを攻撃不可能にする仕様と、前作のGジェネジェネシスにおけるサイコシャードを、無人機にのみ適応したような感じである
ただし注意点は攻撃不可能なだけで、特殊防御や回避等は普通にできるので気を付けよう。
高難易度になると、MDウィルスジャマーという特殊アビリティがつくため無敵という訳ではない。
尚、公式設定では上記の通り、ビーム兵器は使えないのだが、何故か装備しているドーバーガンはビーム兵器になっている


関連項目

Gジェネレーション 新機動戦記ガンダムW
ガンダムエピオン

関連記事

親記事

GジェネレーションオリジナルMS一覧 じーじぇねれーしょんおりじなるもびるすーついちらん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ガンダムアクエリアス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 21711

コメント