ピクシブ百科事典

∀ガンダム(黒歴史)

すべてをころすもの

∀ガンダム(黒歴史)とは、Gジェネレーションシリーズに登場するボスユニット。
目次[非表示]

概要

最凶最悪のガンダムと称されるユニット。
他のユニットとは桁違いの強さを合わせ持ち、常識外れの特殊能力を合わせ持つ。

その容姿こそ∀ガンダムと似ているが、目や額のパーソナルマークが赤色に変色し、機体が紫に発光。動きや性能が全くと言っていいほど異なる。制御システムはSystem-∀99。
この機体が見せる圧倒的な強さはトラウマもの。

初登場はGジェネレーションスピリッツ
最初は大繭と呼ばれる状態で登場し、これを破壊したあと更に源繭が登場。これを破壊することで月光蝶と共にその姿を現す。
この時のHPは50000
武装もそれなりに豊富で、何よりもビーム射撃が全く通用せず、実弾もほとんど軽減してしまう。移動力25でしかも囲んでも瞬間移動で自機をすり抜け、更にハイパーナノスキンによる自己修復機能まで兼ね備えたハイスペックな機体で、宇宙世紀の機体を遥かに上回る性能を誇る。
まさにぼく(富野由悠季)がかんがえたさいきょうのガンダム

Gジェネレーションワールドで再登場を果たしたが、隠しボスとして登場。
前作より弱体化してはいるものの、ビームサーベルを使用する際に頭部が一回転し、目が光ったかと思うといきなりワープして敵の眼前に移動するという不気味な動きをして見せた為、更に怖さが倍増した。
これ以降の作品ではクリア後のご褒美機体的な位置付けでほぼ毎回登場している。

そして、登場作品が再び宇宙世紀オンリーとなった最新作・Gジェネレーションジェネシスにおいてまさかのラスボス再就任
無論、その強さは健在で、更に∀登場までの道程が増えた他ある条件を満たすと、宇宙世紀の果ての果てからある機体が敵増援として登場し、そのえげつない強さでプレイヤーを追い詰める。編成に不安があれば条件を満たさず進めるのが吉。
…実は同作屈指のバランスブレイカーであるあのモビルアーマーを投入すれば、難易度は大幅に下がったりする。まあこれはこのステージに限った話じゃあないが。

具体的なヤバさ

  • 基本的なパラメーターがケタ違い

多くの機能を封印しながらも、月光蝶システムを解禁した「∀ガンダム(能力解放)」よりも攻撃力・機動力・防御力は当然の事として、HP/ENの初期値が正にボスクラス。通常の能力開放∀と比較して攻防に関するすべての性能が倍以上にアップしている。ワールド以降は能力開放がHP18000に対しHP25000であり、ENに至っては能力開放が180に対し250、さらにオーバーワールドでは攻防機のステータスが能力開放(攻防機ALL35)と比べてそれぞれ15も差がつく状態(攻防機ALL50)となっている。移動力も10、さらにすべての地形適性でAを持つ

  • 耐久力の異様な高さ
ボスクラスのユニットとしては多少控えめの印象のHPだが(当然全体的に見れば超多い方)、とにかく防御アビリティが超豊富
Iフィールド(一部の攻撃を除きBEAM属性の射撃攻撃をシャットアウト)は能力開放と共通としても、ハイパーナノスキンで自ターン毎にHPが最大値の20%回復し、仮に実弾系を被弾したとしてもウージィアーマーでダメージを軽減した上でHPが最大値の5%がその場で回復する上、バリアフィールドでMAP兵器は完全無効化と、いちモビルスーツとしては異様すぎるほどの固さを持つ。
  • 果てしなくトチ狂った攻撃能力
ワールド、オーバーワールドでは武装はIフィールド・メガビームサーベル(以下サーベル)と、Iフィールド・メガビームライフル(ライフル)に加えMAP兵器の月光蝶のみと極めて大人しい印象を受けるが、これら全てが強烈なスペックを誇る。
まずサーベルとライフルの共通点として、二つ共に特殊攻撃扱いである事
PS装甲Iフィールドといったありとあらゆる防御アビリティを貫通し、その異様な攻撃力から繰り出される強烈きわまりない一撃は脅威の破壊力を持つ。しかもこの武装、サーベルはビームライフルの射程と同程度、ライフルに至っては覚醒したパイロットのファンネルに匹敵するかそれ以上のとんでもない長さの射程を持つうえ、自身のEN値に対して消費値が低く、最低でも15回から20回程度は使用できるというすさまじい持久力も持つ。
さらに、本家∀がもつMAP兵器月光蝶も持つ。自身のENを全消費して自分以外の全ユニットのENを敵味方問わず最大999削るもので、999はゲームシステム上のEN限界値と同値であるため、これを受けてENが残るユニットは殆ど存在しない
唯一残るのは自分自身。つまり敵として登場した本機である。特にワールド以降はプレイヤーが操作している機体が敵増援として登場するので、自軍で本機を出撃させていた場合、運が悪ければ黒歴史の悪夢が複数登場する。それもプレイヤーが育てたパラメーターと全く同じ数値で

もう、∀の皮を被った別のナニカと言っても差し支えない。

武装

  • ディレイションライフル(ワールドではIフィールド・メガビームライフル)

 ライフルから巨大な虹色の光を放つ。ビームではないためIフィールドなどの対ビームバリアでは防げない。
 射程もふざけたほどに長く、ジェネシスでは新アビリティ「サイコシャード」が「9マス以内の射撃を使用不可」にすれば、嫌がらせのように射程10マスに延長された(ワールドまでは、射程9マスだった)。

  • メガビーム・フィールドサーベル(ワールドではIフィールド・メガビームサーベル)
 デバイスから巨大なビーム刃を形成して敵を切り裂く。その威力は一般のサーベルを遥かに上回る。
  • スプラッシュビームシャワー
 胸部マルチサーパスサイロから無数のビームを雨の様に放つ。その脅威は同時に8機までのマルチロックオンが可能という点にある。ワールド以降は消滅した。
  • 核弾頭ミサイル
 その名の通り胸部から核ミサイルを放つ。強力で範囲も広いMAP兵器。ワールド以降は設定がない。
  • 月光蝶
 ナノマシンの翼で目標を砂状へと還す。スピリットでは特殊格闘で、ワールド以降では上記の通りMAP兵器限定になった。ジェネシスでは特殊射撃として再び使用可能に。

そして…































ここから先「U.C.ガンダムBlu-rayライブラリーズ」特典映像『機動戦士ガンダム 光る命 Chronicle U.C.』のネタバレになります。



















2019年9月26日(木)より順次発売される「U.C.ガンダムBlu-rayライブラリーズ」各商品に共通で収録されてる新規映像特典『機動戦士ガンダム 光る命 Chronicle U.C.』にて当機と思われる機体が登場。胸に赤い十字の意匠があり、全身真っ白の姿をしている。宇宙世紀の終末として月光蝶で文明を滅ぼす姿が描かれており、例のあの人を驚愕させた
その後機能停止したところで出番が終わっている辺りを考えると、

宇宙世紀シリーズ(ファースト~V)

『機動戦士ガンダム 光る命 Chronicle U.C.』

∀ガンダム

という流れが考えられる(小説版「月に繭 地には果実」の世界線での出来事だったのだろうか)

関連項目

∀ガンダム
Gジェネレーション
みんなのトラウマ
ラスボス
隠しボス
黒歴史

センチュリオぎれん・ざびがかんがえたさいきょうのモビルスーツ。端的に言えば量産型ターンタイプ
マジンガーZERO:スーパーロボットにおける似たような存在。しかし、こちらの方が圧倒的にタチが悪い。
ジェフティ:最強の機体、光の翼、コックピットの位置など似ているところが多い。

関連記事

親記事

GジェネレーションオリジナルMS一覧 じーじぇねれーしょんおりじなるもびるすーついちらん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「∀ガンダム(黒歴史)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 19614

コメント