ピクシブ百科事典

GジェネレーションオリジナルMS一覧

じーじぇねれーしょんおりじなるもびるすーついちらん

Gジェネレーションシリーズにしか登場しないモビルスーツたち
目次[非表示]

F系列

宇宙世紀関係

一年戦争前後

ジム・ジャグラー
ガンダムEz8改
ドム・バインヒニツ
ドム・グロウスバイル
量産型ビグ・ザム
グレート・ジオング
ネティクス

Z~ZZ

スーパー・ディアス
ガンダムMk-Ⅳ
ギャプラン改
タイタニア
プロトタイプ・キュベレイ
ギガンティック
量産型ハンマ・ハンマ
ギャン改
ノイエ・ジールⅡ

F91

エビル・ドーガ
ビギナ・ロナ
ザク50

V

リグ・リング
ザンスパイン

アナザーガンダム関係

G

デビルガンダムJr.

W

ガンダムアクエリアス

X

ガンダムベルフェゴール

ゲームオリジナル

フェニックスガンダム関係

フェニックスガンダム
ハルファスガンダム
マスターフェニックス
バルバトス
バルバドロ

ハロ関係

ハロ(MA)
サイコハロ
ゴッド・ハロ

ギャザービート系列

グロムリン
グロムリンⅡ
グロムリン・フォズィル
シスクード
デスパーダ
テラ・スオーノ
センチュリオ

Gジェネ以外のゲーム

別作品のオリジナル機体が、Gジェネで復活登場した事例もある。
サイコロガンダム
初出は『SDガンダムワールド ガチャポン戦士 スクランブルウォーズ』(1987年)。
ただしこの時点では『サイコガンダムサイコロ呼ばわりされている』というネタであった(原作準拠のサイコガンダムを表現するのが技術的に困難だったという説もある)。
『GGENERATION-ZERO』(1999年)で復活登場した際に初めてMRX-009サイコガンダムとは別個の機体という扱いになったので、ある意味ではGジェネオリジナルの機体ともいえる。
トルネードガンダム
初出は『SDガンダムGX』(1994年)。詳細は当該記事を参照。同期デビューのXガンダム・Xザクもそちらで記述。
なお、続く『SDガンダムGNEXT』(1995年)には、『ガンダム15周年記念』の名目でザクのバリエーション機10種が登場している。
またサテラビューとの連動や別売の拡張カセットでも、複数のオリジナル機体が追加されているが、いずれもGジェネでの復活は実現していない。

関連記事

親記事

Gジェネレーション じーじぇねれーしょん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「GジェネレーションオリジナルMS一覧」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 393

コメント