ピクシブ百科事典

ゾディ・アック

ぞでぃあっく

ゾディ・アック(Z'OD-IACOK)とは、「ガンダムセンチネル」に登場する架空の兵器である。
目次[非表示]

機体解説

ガンダム・センチネル」に登場する、ネオ・ジオン軍が開発した試作型可変モビルアーマー
全長200mを越える大型機で、地球侵攻作戦の際の低軌道制空用兵器として開発された。外観は旧世紀の宇宙用ロケットを思わせるフォルムとなっている(対峙したストール・マニングスリョウ・ルーツは共に「教会の尖塔〈ピナクル〉」を連想している)。この大きさとなると軌道変更の際のプロペラント消費が膨大なものになるが、大気圏上層部の大気を利用した慣熟航行によって、プロペラント消費を押さえた軌道変更を可能としている。

また、中心線から上下に機体の分離が可能となっている。その状態の機体は「ゾアン」と呼ばれ、それぞれが「ゾアンI」「ゾアンII」とされ、機体の各部を展開して格闘戦形態への変形が出来、巨大なビームサーベルや準サイコミュ式の有線式ビーム・クローを展開する。巨大な機体後方のユニットは単体での航行・大気圏再突入が可能となっている他、頭部がコックピットと脱出ポッドを兼ねている。胴体中央部には大型のメガ粒子砲が装備されており、合体状態では機首部が大きく上下に分割し、内面に備されたIフィールドジェネレーターにより、正確に目標に誘導される。大型メガ粒子砲の威力はコロニーレーザーを除けば最強クラスである。それ故に、本機は全身が巨大なメガ粒子砲である。この装備は単体でも使用可能だが、メガ粒子砲を連射する際のエネルギーチャージや冷却系にトラブル(=メガ・カノン発射に必要な電力が過多に陥った結果、コンデンサーをパンクさせ、過度の電力がメガ・カノンに逆流)が発生する上、機体構造上の問題(メガ・カノンがメイン・エンジンに挟まれている上、メイン・エンジン前方に推進材タンクが設置されている=メガ・カノンを射つ毎に推進材が熱せられ、自爆する可能性が高まる)も解決には至らなかった。

サイコミュの導入も検討されていたが、メガ粒子砲関連のトラブルが続出した為に計画は見送られ、結局大気を利用した軌道変更の実験をした後に、欠陥機として廃棄処分が決まった。ニューディサイズ残党に対しネオ・ジオン軍は、地球連邦軍との宣戦布告前であり、地球連邦軍同士の内乱を傍観する立場を取っていたので、表向きの協力としてにゾディ・アックの欠陥を彼等に告げずに譲渡=体よく使い道のない機体を厄介払いした。ただし、譲渡の際にネオ・ジオン軍のエンブレムが入ったままであり、それは消されずにα任務部隊との戦闘が行われた。小説の記述によると、“欠陥機の譲渡は嫌がらせではなく、戦力に余裕のないネオ・ジオンにはそれぐらいしか渡せるものがなかった事情”があった。
もっとも、この艦隊のトップのトワニング提督は、ジオン没落の原因とも見られるキシリア・ザビの派閥(キシリア派は敵味方問わず、非道な行いをする軍人が大半を占める)であり、劇中でも袂を分かつたニューディサイズを「所詮は連邦」と吐き棄てている為、本当に欠陥兵器の厄介払いをしたかっただけの可能性も棄て切れないが……。

雑誌『モデルグラフィックス』の連載時には登場しなかったものの、別冊化の際に新たにデザインされ、本編に登場している。「ゾディ・アック」の名前は黄道十二宮に由来しており、史実における宮古湾海戦で活躍した軍艦「回天丸」をモチーフにしていると考えられる。

劇中での活躍

ペズンの反乱終盤でニューディサイズに譲渡され、トッシュ・クレイファスト・サイドが搭乗。トッシュの立案によりこの機体自体を質量爆弾として、連邦軍総司令部を爆撃する作戦(小型のコロニー落とし)に使用するべく実戦運用される(その際、少しでも破壊力高める為、大型ミサイルが実装された)。しかし、大気利用による軌道変更には成功したが、ゾアンIとゾアンIIに分離した際に、上記のメガ粒子砲関連のトラブル(サイドが搭乗したゾアンIIはメガ・カノンのチャージ時間を短縮する為、開戦と同時にエンジンの出力を常に上げ続けていた)によりゾアンIIは自壊・爆散してしまい、残るゾアンIも質量弾としての軌道に乗せるには成功したものの、地球連邦軍α任務部隊のSガンダムによって撃破されている。

機体バリエーション

ゾディ・アック量産型

ゲーム『SDガンダム Gジェネレーション』シリーズに登場する架空の兵器。
ゾディ・アックの発展量産型で、ベース機の抱えていた数々の欠点を改良した上で、生産性を重視して機体をコンパクト化している。メガ・カノン砲の威力こそ初期型に劣るものの信頼性は飛躍的に向上しており、大気圏突入能力やビームサーベルを用いた接近戦能力等も健在(ただし、ゲーム中の該当ユニットにはビームサーベルは搭載されていない)である。コストパフォーマンスに優れたMAであり、地球侵攻作戦の主力部隊へ配備する予定であったが、当時のネオ・ジオン技術陣は、準サイコミュ搭載MSの設計に追われており、本機の開発は設計段階で打ち切られたとされる。

関連タグ

ガンダムセンチネル モビルアーマー
トッシュ・クレイ ファスト・サイド

関連記事

親記事

ガンダムセンチネル がんだむせんちねる

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ゾディ・アック」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16389

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました