ピクシブ百科事典

ニューディサイズ

にゅーでぃさいず

ニューディサイズとは、『ガンダムセンチネル』に登場する架空の軍事集団。本作における地球連邦軍に対する〝敵組織”の一つである。
目次[非表示]

概要

元々は小惑星ペズンに駐留する地球連邦軍教導隊の一部将校の集団。
教導隊とは戦闘技術を研究・開発、その成果をもとに一般部隊を訓練する仮想敵部隊のことである。連邦軍で使用されているMSの基本動作プログラム「IMPC(インプ)」(Integrated Maneuver Propulsion Control、統合軌道推進制御の略)用の動作パターンデータ(モーション)供給を行うことも任務の一つとなっている。隊員は全員が教官パイロットの資格を持つ精鋭中の精鋭で、ティターンズとは違う意味で連邦軍の選良だった。
ティターンズが標榜する地球至上主義に賛意を示していた教導隊所属の将校は、ダカールでのシャア・アズナブルの演説によって地球連邦軍がスペースノイドの集団であるエゥーゴの指揮下に入る事を良しとせず、駐留先のペズンにて武力蜂起を行い、ニューディサイズを結成するに至った。

本組織の名称の由来は「新たな決意(NewDecision)」「反対(Dis-side)」「反スペースノイド(スペースコロニー群をサイド○と呼ぶことから)」を合わせた造語であることが作中人物の説明で語られており、組織のモチーフである新撰組の意訳でもある。

思想

ニューディサイズは、連邦でもジオンでも無い第三勢力である
小説パートを担当した高橋昌也の意向が強く反映され、グリプス戦役を幕末動乱だと解釈した上での戊辰戦争がモチーフになっている。
作中ではトッシュ・クレイの提案した「月面都市を統合して地球連邦と対等に経済・武力で対抗出来る独立国家にする」という思想を元に、月の裏側に作られた観測基地から発展したエアーズ市を中心に拠点を広げようとした。これと同時に、マイク・サオトメのような情報工作員が高官を説得し、討伐隊の主力であるエイノー提督艦隊をそのまま味方に付けるという事も行っていた。

しかし蝦夷共和国が破綻したように、他の月面都市群はエアーズ市を守る為に直接援助をしようとはしなかった。月面独立がもし成功していたら戦国時代に突入する可能性もあったが、連邦政府としてはグリプス戦役直後の混乱を一刻も早く鎮める為に、最新鋭実験機等を集めた、見た目の派手な部隊を送り込んで早急に潰す必要があったのである。

高橋昌也は、ニューディサイズとは時代の変化に取り残された人であり、時代が大きく変化する時には必ず、こういう組織が登場する可能性がある…とも記している。

戦歴

ペズン基地に駐留していたティターンズを排除して決起を行う。この小惑星ペズン基地を武装化して、討伐に差し向けられたα任務部隊と連戦するが、Sガンダムの性能によって武装が無力化。内通者の粛清も兼ねてペズンは放棄・爆破される。
次に月面都市に集結して武装蜂起。エイノー艦隊に偶然搭載されていたガンダムMk-Ⅴを操るブレイブ・コッドを中心として、月面に降下してきたα任務部隊を迎え撃つが、首魁がEx-Sガンダムに撃破されて以来は敗戦が続き、ネオ・ジオンの手引きと共に脱出。

一部の人員はネオ・ジオンに合流してしまうという、一面では本末転倒とも言える道を選ぶが、感情的に「ジオンとの協力を好しとせず」と決別したメンバーは、五角形をした宇宙ステーション「ペンタ」(=五稜郭)を制圧し、スペースシャトルを用いてダカールの地球連邦政府中央議事堂まで直接降下して政治アピールを行う…という最後の作戦を決行した。
しかし、大気圏突入寸前にα任務部隊はシャトルを全機撃墜。ここにニューディサイズは完全壊滅したのであった。

IMPC(インプ)

端的に表現すれば『モビルスーツのモーションパターン・プログラム』である。

モビルスーツのインターフェースは、基本的に二本のスロットルレバーと二枚のフットペダルという、極めて単純な構成となっている。このような操作系で、“18mの人型兵器”という想像を絶するほどに柔軟なマシーンを制御できているのは、ひとえに高性能量子コンピュータ(光コンピュータ)が、予めインストールされた無数のモーションパターンの中から“最適な挙動”を瞬時に選択・実行する、事実上のオートマチック・システムを採用しているためである。

パイロットは上記のインターフェース設備によって、機体の進行方向(前後左右、及び上昇下降)とスラスターの加速度、そして武装の選択とトリガーの『判断』を行うのみであり、このパイロットによって入力された指令に従って、コンピュータがカメラ画像から得た自機と敵機の位置関係(及び戦闘濃度ミノフスキー粒子下に於ける僅かなセンサー情報)から、最少稼働の――あるいは相手の意表を突いたモーションを選択・実行することで、撃破・回避を行う。この中には無論の事、頭部を180度回転させるものや、背面・脚部に装備されたスラスターを用いての『ダウン回避』のような、人間には不可能な(思考できない)挙動も含まれる。

黎明期における地球連邦軍の量産型モビルスーツには、有視界戦闘において驚異的な適性を示したアムロ・レイが、ガンダムの学習型コンピュータ(推論・仮定型論理量子コンピュータ)に蓄積させたモーションから、特に有用なものを選別して廉価版の光コンピュータにインストールしていた。
しかし戦後――宇宙世紀0080年1月1日以降は、一年戦争で活躍目覚ましかった熟練パイロット、あるいは士官学校において高い操縦適性を見せた候補生を集め、より隙が小さく、確実に先手を取り、そうでなければ後の先を取る事の出来る洗練されたモーションを研究・作成する部隊を編成し、ペズンにおいてその任務にあたらせていた。ここで彼らが制作した優秀なモーションは、アップデート・データとして地球連邦軍の全モビルスーツに行き渡るのである。

即ち『教導隊』とは、モビルスーツのメインコンピュータに、より洗練されたモーションを教育させる部隊なのである。

ニューディサイズ首魁・コッド大尉の「戦争は兵器の量ではなく使い手によって勝敗が決する」という思想は、自分たちが連邦のモビルスーツに必要な挙動を教えてやっているという、明確な実績に裏付けされているのである。
そして事実、討伐のα任務部隊が月面(重力圏内)着陸する際、本来ならば作動するはずの『教導隊が制作したオート月面着陸モーション』が、罠(トラップ)によってキャンセルされてしまったとき、手動操作によって無事に着陸する(有限の推進剤逆噴射で月の重力加速度をカウンターしつつ、機体脚部のショックアブソーバー許容内で着地する)事が出来たパイロットは、哀れにも半数以下であった。
そしてこれら“最適なオートマチック”は、宇宙世紀0100年代を越えても、当然ながら洗練、使用が継続されている。(シーブック・アノーが初出撃のためF91ビームライフルをマニピュレーターに持たせようとした際、「近くまで来たらオートに切り替えろ」と指示を受けている。)


なお、エースと謳われるパイロットたちは、自由時間を削ってはオリジナルのモーションパターンを作成するのが常であり、アムロ・レイコウ・ウラキカミーユ・ビダン、そしてウッソ・エヴィンは、非戦闘状況においてもコクピットに籠り、各種プログラミングを行っている姿が、劇中で描かれている。
(例として、νガンダムの「マウントバズーカ射撃」、V2ガンダムの「鯨釣り」のモーションは、彼らのオリジナル制作である。)
加えて特にウッソ・エヴィンは、戦闘中にサブコンソールを用いて、特殊な近接格闘モーションを作成・実行するという、人間離れした操縦技術をも見せている。

構成員

ブレイブ・コッド…首魁
トッシュ・クレイ…参謀後に首魁
ジョッシュ・オフショー
マイク・サオトメ
ファスト・サイド
ドレイク・パーシュレイ

協力者

ブライアン・エイノー…地球連邦軍エイノー艦隊指揮官。
カイザー・パインフィールドエアーズ市市長
ホワイト・フォースエアーズ市エアーズ市民軍の少年兵。白虎隊がモチーフ。

戦力

ゼク・アイン
ゼク・ツヴァイ
ガンダムMk-Ⅴ
バーザム改
ヌーベルジムⅢ
ハイザック
ゾディ・アック

関連タグ

ガンダムセンチネル ティターンズ 地球連邦軍 新撰組

pixivに投稿された作品 pixivで「ニューディサイズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7267

コメント