ピクシブ百科事典

バーザム改

かときばんばーざむ

バーザム改は、雑誌企画『ガンダム・センチネル』に登場するモビルスーツ(MS)。バーザム(Ver.Ka)の通称。
目次[非表示]

機体データ

型式番号RMS-154
所属ティターンズ地球連邦軍
開発ティターンズ・ニューギニア基地
生産形態量産機
全高24.2m
頭頂高19.38m
本体重量40.1t
全備重量62.34t
出力1,670kW
推力81,200kg
センサー有効半径9,870m
装甲材質ガンダリウム・コンポジット
固定武装バルカン・ポッド・システム、ビーム・サーベル×2
携行武装ビーム・ライフル、グレネード・ランチャー、ハイパー・バズーカ、シールド


概要

雑誌企画『ガンダム・センチネル』に登場するモビルスーツ(MS)。
カトキハジメによってリファインされたバーザム。型式番号はオリジナルのバーザムと同様のRMS-154

『センチネル』におけるバーザムは、ガンダムMk-Ⅱのパーツを使用したMk-Ⅱの簡易量産型として位置づけられている。
バーザムをMk-Ⅱを簡易化した量産機としたのは近藤和久による『機動戦士Ζガンダム』のコミカライズ版が最初だが、その際に近藤がデザインしたバーザム(近藤版バーザム)と比較した場合、前腕部やバックパックなどMk-Ⅱと共通のパーツが多く、よりMk-Ⅱの簡易量産型としての性格が強くなっている。
また、『センチネル』作中には連邦サイドに同じくMk-Ⅱのパーツを使ったヌーベルジムⅢが登場しており、対照的な機体として比較される事も多い。

なお、武装もオリジナルのバーザムとは異なり、Mk-Ⅱのものを短銃身化しグレネード・ランチャーをマウント可能にしたビーム・ライフル(ゼク・アインなどと共用)を携行する他、ハイパー・バズーカやシールドなども装備できる。
また、背部には武装用のラッチも設けられている。

『センチネル』作中では本編ではなく、ニューディサイズ結成前夜を描いた短編漫画『The day before』に登場。地球連邦軍ペズン基地に配備された機体が決起した教導隊のゼク・アインと交戦し、撃破されている。
一方で、ペズン配備機体が鹵獲されたと判断されたのか、「ROBOT魂」で立体化された際の設定では、教導隊から成立したニューディサイズのMSとして扱われている。
なお、設定上は通常のバーザムと同様にティターンズが主力機として開発・運用したとされているが、作中にティターンズ所属機は登場しない。

バーザム改は、当初はバーザムのデザインの別解釈版(『ガンダムW』におけるEW版デザインとTV版デザインのような関係)と位置づけられていたが、現在では別機体あるいは上位機種として認識されており、漫画『機動戦士ガンダム U.C.0094 アクロス・ザ・スカイ』においても通常のバーザムと共に運用されている描写が存在する。

PSPゲーム『ガンダムバトル』シリーズに登場するバーザムは、Mk-Ⅱをベースにしたと思しきスラッとしたシルエットになっており、オリジナル版バーザムよりはこちらに近い。

バリエーション

スーパーバーザム

スーパーバーザム


AGP MS少女 ガンダムMk-Ⅱ(ティターンズ仕様)」とのコラボとして「ROBOT魂」で設定されたもの。
スーパーガンダムと同様に、Gディフェンサー(ティターンズ仕様)をバーザム改の背部にドッキングさせたオリジナル形態。
ちなみに、HGUCスーパーガンダムおよびREVIVE版Mk-Ⅱと組み合わせることで、HGUCバーザムでも同様の形態を再現することができる。

関連項目

ガンダムセンチネル
バーザム カトキハジメ
ジム改 ザクⅡF2型 - バーザム改と同様、『センチネル』でリファインされたデザインが原型の機体。

関連記事

親記事

バーザム ばーざむ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「バーザム改」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「バーザム改」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 28687

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました