ピクシブ百科事典

AOZRe-Boot

かがやけるあのほしをもういちど

電撃ホビーマガジンが『ADVANCE OF Ζ』シリーズの設定を引き継いで展開したKADOKAWAオリジナル作品。正式なタイトルは「AOZ Re-Boot GUNDAM INRE -くろうさぎのみた夢-」。
目次[非表示]

輝ける星をもう一度

概要

ADVANCE OF Ζの設定を引き継ぎ、KADOKAWAが独自に展開しているガンダムシリーズの第二弾。サンライズの協力等は無い(ガンダムの商標を用いているため、©️のみ表記)。

作者はメカデザイナーの藤岡建機。他二作とは異なり、最初から漫画作品として描かれている。
このため、同じく藤岡建機によって描かれた読み切り漫画「OVER THE MIND」の世界観も受け継ぐなど、よりオリジナル色が強い。

宇宙世紀0091年を舞台に、火星を拠点とするジオン残党軍「レジオン」と彼らがティターンズ残党より入手したガンダムをめぐる戦いを描いた作品。
登場するモビルスーツモビルアーマーは第一作「ティターンズの旗のもとに」に登場した機体の発展・改修系と位置づけられている。
また、ジオンマークに漢字の「火」をあしらったレジオンマークなど、藤岡独自のマーキングデザインも健在である。

あらすじ

U.C.0088年、グリプス戦役は終結した。
ティターンズは崩壊し、兵士たちは様々な境遇――連邦に帰順した者、ジオン残党勢力に合流した者、挟持を胸に処刑された者――を辿ることになる。
地球を守るはずのティターンズが、地球圏の敵となったという現実と、戦乱を招いたという罪悪感が彼らを苛み続ける。
彼らの戦いとはいったいなんだったのか――?

時は流れ第1次ネオ・ジオン戦争終結後のU.C.0091、地球圏を遠く離れた火星において一機のMSが起動しようとしていた。

火星に出現したティターンズの亡霊――TR-6。
その存在を通して、かつての彼らの戦いの意義が問われようとしていた。

登場人物

レジオン

  • アリシア・ザビ

火星を拠点とするジオン残党勢力「レジオン」の首魁。
外見こそ年端もいかない少女だが、独自の思想を胸に抱いており、火星に女性主体の社会を築くべくレジオンの力を利用する。
火星の空を自分のもの定義し、火星で航空機やモビルスーツを用いた飛行行為を禁じており、その思想は乗機であるリハイゼのコンセプトからも見て取る事ができる。
ザビ」と名乗っているが、容姿はプルシリーズのそれに近く、彼女を護衛するアリス親衛隊は彼女のクローンである。火星併合時には第一次ネオ・ジオン抗争時に プルツーらが着用していたそれと同じノーマルスーツを着用している事からもプルシリーズとの強い関連性が伺える。
親衛隊からは「大姉様」と呼ばれ慕われる一方で男性を軽蔑する傾向が強く、反逆者をモビルスーツに乗せ追い立てる「ウサギ狩り」を行い、任務に失敗した者の股間を蹴り上げるなど非情な面も見られる。

  • シンシア
アリシアを護衛するクローン強化人間部隊「アリス親衛隊」の一人。
親衛隊のリーダー。アリシアに次ぐNo2の地位にあり、親衛隊内外からもその能力を認められている実力者。
プライドが強く、自分が他の姉妹たちよりも優れていると信じて疑わない。
高圧的な態度で他の兵達に接する事も少なくはなく、また埃や砂塵によって服や身体が汚れる事を嫌う。

  • ダイアナ
アリシアを護衛する「アリス親衛隊」の一人。
他の強化人間達とは違い操縦技術で劣り、また敵に同情するなど兵士としても半人前な感が否めず、姉妹たちから欠陥品の烙印を押され差別されている。同部隊唯一の男性であり、クローン達の間では浮いた存在。
個性を殺し他の親衛隊メンバーと同じになろうとするが、その結果無理が生じて失敗を犯す事も少なくはない。
失敗の責任を負わされアリシアに体罰を受けていた所を森月ら旧ティターンズメンバーに助けられる。
他人には見えない「星」を見る事ができ、その「星」に対して特別な想いを抱く。

  • マリナ技師長
元ティターンズの技術者で、パプテマス・シロッコの下で働いていた。優秀だが陰湿で偏執的な面もある。レジオンの下で男である為に冷遇されており、いやいやながらも働いている。

  • カロン参謀
レジオン参謀。アリシアの先代首魁であるオメガの頃からの人物。
現状を憂いてジオンマーズと内通している。

  • オメガ
台詞のみに登場する、レジオンの先代首魁。ティターンズ残党を引き入れてジオンマーズを破るが、アリシアとの内紛で敗北、そのままシャア・アズナブルの下に向かったとされている。

  • アーチャー
レジオン特務部隊長官の女性。ジオンマーズに夫と子供を殺されており、チェスターを恨んでいる。

  • ウェンディ
レジオン女性士官。祖母は宇宙世紀開始とともに火星に移住。内乱で孤児となるが、ジオンマーズから火星を取り戻してくれたアリシアを崇拝。功績を上げて特務部隊のMS隊隊長に昇格。

旧ティターンズ

  • トリスタン船長

レジオンに合流した旧ティターンズメンバーの一人であり、彼らのリーダー的存在。
ジオン残党に従う現状に不満を持ち、インレ強奪を企てるべく他のティターンズメンバーを率いて決起した。
口数こそ少ないが時として大胆な行動に出る事も少なくはない。

  • ミズノ
表向きは酒場を営むが、実はクローンの強化人間。
その立場を利用してレジオン・ジオンマーズ双方に通じている。

  • ツキモリ
トリスタンの部下。ミズノの酒場の従業員。小柄な少年。
インレとリンクすることが出来るティターンズの強化人間
どこか冷淡な印象を与えるが、仲間付き合いは良い。

  • ホシマル
トリスタンの部下。ミズノの酒場の従業員。熱血漢な長身の男。
ツキモリに対して何かと下ネタを振りまき、ダイアナに手を差し伸べるなど、その性的趣向が伺える。

  • ドナルド
トリスタンの部下。
独断専行の末にパイプライン破損事故の犯人に仕立て上げられ、「うさぎ狩り」の標的にされたが生き延びた。
とある人物と思われるが詳細は不明。

ジオン・マーズ

  • アウトロー・チェスター

ジオン・マーズの総司令官。一年戦争時代はキマイラ隊に所属し、ゲルググ系列に搭乗。

  • コルト
猛牛の異名を持つ人物。

  • チェスターJr
チェスターの息子でアクシズ軍に加勢し、その後難民共々アクシズ残党軍を引き連れて火星に帰還した。
好戦的だが部下思いで面倒見の良い少年。ゲルググⅢに搭乗。

  • ヌマーシュ
アクシズ残党軍強化人間部隊に属する強化人間。幼い頃から小惑星帯で貧しい生活を送ってきたため、火星での人間味ある生活にあこがれる。
ビグ・ザムールに搭乗する。

  • ムンスキー
アクシズ残党軍。一年戦争の頃からのベテランジオン軍人。強化人間部隊を率いている。
乗機は専用のリーベン・ヴォルフ。

民間人

  • ゴルドマン

同僚・カッパードと共に移民船で火星に来たO機関の人物。
温和で理知的な紳士。地球に妻と娘がいる。

  • カッパード
ゴルドマンの同僚で学生時代からの知り合い。
ゴルドマンとは反対に粗暴で差別的な人物。

  • フレッド
ゴルドマン、カッパードと乗り合わせた女性。

専門用語

レジオン

アリシア・ザビが率いるジオン残党勢力。火星に拠点を置き、火星に落ち延びた複数のジオン残党を武力によって併合する形で形成されている。
グリプス戦役から落ち延びたティターンズの人員や装備も流入しており、ガンダムTR-6ハイザックなど旧ティターンズの装備に独自の改修を施して運用している。レジオンが火星を併合したのも、ティターンズが持ち込んだガンダムTR-6[インレ]の性能に依る所が大きい。
首魁であるアリシア・ザビが「女性中心の社会」の樹立を目指しており、またティターンズの装備を用いながらもティターンズ残党側との軋轢もある事から、一枚岩の組織とは言いがたい。
組織のシンボルマークは旧ジオン章に漢字の「火」を加えた物が使用されており、運用される機体のカラーリングも火星をイメージした赤と基本としている。

ジオンマーズ

アウトロー・チェスター率いるジオン残党勢力でキシリア派。
いち早く火星に逃げ延びて火星圏を制圧。圧政の下、アクシズに兵器と人員を提供してその勢力拡大に貢献していたが、レジオンとの抗争に敗北。現在はチェスター率いるティターンズ残党と連携する地下に潜伏する地上戦力とアクシズ残党軍と共に率いられたチェスターJrの艦隊に分断されており、何れも一枚岩と言い難い状態にある。

外部リンク

電撃ホビーウェブ 公式ページ

関連項目

KADOKAWA

アドバンス・オブ・Z
ティターンズの旗のもとに 刻に抗いし者
機動戦士ガンダムF90

関連記事

親記事

アドバンス・オブ・Z あどばんすおぶぜーた

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「AOZRe-Boot」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 30945

コメント