ピクシブ百科事典

AOZRe-Boot

あどばんすおぶぜーたりぶーと

A.O.Z Re-Bootとは、機動戦士Zガンダムの公式外伝『ADVANCE OF Ζ』シリーズに属するのメカニックデザイン企画であり、同時に同企画の登場兵器が活躍するシリーズ3作目の漫画『A.O.Z Re-Boot ガンダム・インレ -くろうさぎのみた夢-』のことも指す。
目次[非表示]

輝ける星をもう一度

概要

雑誌『電撃ホビーマガジン』で連載されていたメカニックデザイン企画。紙雑誌の廃刊ならびに『電撃ホビーWeb』への掲載内容の移転に伴い、Vol.20以降は不定期連載となり特集ページでの無料公開に切り替わっている。

ティターンズの旗のもとに』や後述の『くろうさぎのみた夢』に登場するメカニックを、両作品でメカニックデザインを務めている藤岡建機氏により新たに描き起こされた設定画を交え解説している。
ガンダム・センチネル』や『機動戦士ガンダムF90』など他の宇宙世紀作品に登場する既存メカニックや装備とのミッシングリンクを意識した設定も多く、中には怪文書と揶揄されるほど濃い内容に仕上がっている設定文も存在する。

A.O.Z Re-Boot ガンダム・インレ -くろうさぎのみた夢-

ADVANCE OF Ζの第3作目。

作者はメカデザイナーの藤岡建機。他二作とは異なり別々のメディアでの番外編などは展開されず、漫画一本で描かれている。
このため、同じく藤岡建機によって描かれた読み切り漫画「OVER THE MIND」の世界観も受け継ぐなど、よりオリジナル色が強い。
『電撃ホビーWeb』で不定期連載されている(作者の藤岡建機氏は2019年に脳出血を患い現在休業中)。描かれている物語の時系列が一定せず、単行本の収録の際に話の順序が変更されることもある。

宇宙世紀0091年を舞台に、火星を拠点とする2つのジオン残党軍レジオン」と「ジオンマーズ」の抗争を描いた作品。
登場するモビルスーツはレジオン側はティターンズの、ジオンマーズ側はアクシズの機体をベースとしている。
レジオン側の運用する兵器は作業用MS以外は物語の中心となるガンダムTR-6をはじめあまり大規模な改修は施さずに運用されているが、ジオンマーズ側の兵器は外装や装備など何かしらの改設計が施されており、中にはエルメスとザクレロの設計思想を統合したヘリオスや、ジャムル・フィン2機の胴体をコアユニットとしビグ・ザムの後継機という本来のコンセプト通りに完成させたビグ・ザムールゲルググの改修機であるリゲルグの性能に満足せず開発されたゲルググⅢなどの新規設計機も多い。
また、ジオンマークに漢字の「火」をあしらったレジオンマークなど、藤岡独自のマーキングデザインも健在である。

火星編は全6巻。

あらすじ

U.C.0088年、グリプス戦役は終結した。
ティターンズは崩壊し、兵士たちは様々な境遇――連邦に帰順した者、ジオン残党勢力に合流した者、挟持を胸に処刑された者――を辿ることになる。
地球を守るはずのティターンズが、地球圏の敵となったという現実と、戦乱を招いたという罪悪感が彼らを苛み続ける。
彼らの戦いとはいったいなんだったのか――?

時は流れ第1次ネオ・ジオン戦争終結後のU.C.0091、地球圏を遠く離れた火星において一機のMSが起動しようとしていた。

火星に出現したティターンズの亡霊――TR-6
その存在を通して、かつての彼らの戦いの意義が問われようとしていた。

登場人物

レジオン

火星を拠点とするジオン残党勢力「レジオン」の首魁。
外見こそ年端もいかない少女だが、独自の思想を胸に抱いており、火星に女性主体の社会を築くべくレジオンの力を利用する。

  • グロリア・ザビ
レジオンの副総裁。
三つ編みで眼鏡をかけている。
フォボス宇宙港でのジオンマーズとの交戦の際にはTR-6[クインリィ]で出撃、労働者の決起に対してはTR-6[フライルーII]で出撃した。

  • エレノア
生体ユニットとしてエレノアサテライトに組み込まれている。

  • シンシア
アリシアを護衛するクローン強化人間部隊「アリス親衛隊」の一人。
親衛隊のリーダー。アリシアに次ぐNo2の地位にあり、親衛隊内外からもその能力を認められている実力者。
プライドが強く、自分が他の姉妹たちよりも優れていると信じて疑わない。
高圧的な態度で他の兵達に接する事も少なくはなく、また埃や砂塵によって服や身体が汚れる事を嫌う。

アリシアを護衛する「アリス親衛隊」の一人。
他の強化人間達とは違い操縦技術で劣り、また敵に同情するなど兵士としても半人前な感が否めず、姉妹たちから欠陥品の烙印を押され差別されている。同部隊唯一の男性であり、クローン達の間では浮いた存在。

  • マリナ技師長
元ティターンズの技術者で、パプテマス・シロッコの下で働いていた。優秀だが陰湿で偏執的な面もある。レジオンの下で男である為に冷遇されており、いやいやながらも働いている。
チェスターJr艦隊との交戦時に宇宙港から脱出した後は行方をくらませたのかアルカディアシティの旧市街で孤児らと過ごしている。
身の保身のために自分だけでも逃げようとするが、その行動がなんだかんだで大勢を救う事に繋がっている。
旧市街の市民を救った際に名を聞かれたがどもってしまいマリナーと勘違いされており、おそらく後に再建された都市にマリナーシティという名がつけられたと思われる。

  • カロン参謀
レジオン参謀。アリシアの先代首魁であるオメガの頃からの人物。
オメガが去ってからのアリシアを見限っており、地球侵攻してこそジオン再興の夢がかなうとジオンマーズと内通する等裏で動いている。

  • オメガ
レジオンの先代首魁でアリシアの許嫁。ザビ家の血を継いでおり、ティターンズ残党を引き入れてジオンマーズを破るが、アリシアとの内紛で敗北、そのままシャア・アズナブルの下に向かったとされている。

  • バーバラ
彼女が目覚めたためにオメガが去ったとされている。名前のみで詳細は不明。

  • アーチャー
レジオン特務部隊長官の女性。ジオンマーズに夫と子供を殺されており、チェスターを恨んでいる。

  • ウェンディ
レジオン女性士官。祖母は宇宙世紀開始とともに火星に移住。内乱で孤児となるが、ジオンマーズから火星を取り戻してくれたアリシアを崇拝。
功績を上げて特務部隊のMS隊隊長に昇格し、特別にTR-6[バーザムⅡ] を与えられる。

旧ティターンズ

  • トリスタン船長

レジオンに合流した旧ティターンズメンバーの一人であり、彼らのリーダー的存在。
ジオン残党に従う現状に不満を持ち、インレ強奪を企てるべく他のティターンズメンバーを率いて決起した。
口数こそ少ないが時として大胆な行動に出る事も少なくはない。
かつてはジャミトフの直属で部隊を率いていたが、シロッコに不満を持つ派閥を束ねてTR-6等の戦力を得たがあえて投入しなかった。

  • ミズノ
表向きは酒場を営むが、実はクローンの強化人間。
その立場を利用してレジオン・ジオンマーズ双方、更にエゥーゴに通じている。
決起時には建機仕様に改修されたサイコガンダムMk-Ⅱに搭乗し、強化人間OSの依り代となった。

  • ツキモリ
トリスタンの部下。ミズノの酒場の従業員。小柄な少年。
インレとリンクすることが出来るティターンズの強化人間
どこか冷淡な印象を与えるが、仲間付き合いは良い。
決起時にはヘリオス・マリナーに搭乗。

  • ホシマル
トリスタンの部下。ミズノの酒場の従業員。熱血漢な長身の男。
ツキモリに対して何かと下ネタを振りまき、ダイアナに手を差し伸べるなど、その性的趣向が窺える。
決起時にはズサブースター・マリンタイプを付けたアーリー・ヘイズルに搭乗。

  • ドナルド
トリスタンの部下。
レジオンに参加してノンブラビでパイプライン事故の対処に赴くが、独断専行の末にパイプライン破損事故の犯人に仕立て上げられ、「うさぎ狩り」の標的にされたが生き延びた。
ベル...と呼ばれかけて昔の名前と遮ったり、不死身と呼ばれていたと語る等、とある人物と思われるが詳細は不明。
地球主義は薄れているのか、ミズノに頼まれた孤児院に金を届けるとともに孤児たち連れて行く役目を引き受け、共に事故に対処した旧ジオン公国軍残党のモスとの約束の為にうさぎ狩り後に呑む為の席を二つ頼んでいる。

ジオン・マーズ

  • アウトロー・チェスター

ジオン・マーズの総司令官。一年戦争時代はキマイラ隊に所属してゲルググ系列に搭乗したといわれているが、キシリア親衛隊の下でギャン系列に搭乗していたともいわれている。
現在は中距離支援兵装を有したガルスSに搭乗している。

  • コルト
猛牛の異名を持つ人物。
専用のガ・ゾウムマリナーに搭乗する。

  • チェスターJr.
チェスターの息子でアクシズ軍に兵力となるMSを輸送がてらに加勢しようとしたが、紆余曲折を経て難民共々アクシズ残党軍を引き連れて火星に帰還した。
好戦的だが部下思いで面倒見の良い少年だが、父への反発や視野の狭さなどから命令違反や独断専行が激しく、結果的に艦隊を全滅させてしまい「特別な存在」だったヌマーシュを喪い、ムンスキーらに見限られ罪人として捕らえられることとなる。
その後は労働者として建設用MSを使用していたが、ティターンズ残党とチェスター部隊の決起に合わせて蜂起する。その際の演説で火星の法となる事を宣言したことで法のチェスター、ロウチェスターと呼ばれている。
ゲルググⅢに搭乗し。決起時には作業用バイアランに搭乗。

  • ヌマーシュ
アクシズ残党軍強化人間部隊PG(サイコガールズ)部隊(PP(パワーサイコ)部隊とも)に属する強化人間。幼い頃から小惑星帯で貧しい生活を送ってきたため、火星での人間味ある生活にあこがれる。
強力な強化人間としての能力を持つ一方で精神的な幼さを残し、それによってチェスターJr.共々独断専行に走ってしまう。しかしながら自身を道具として扱うムンスキーより自身を人として扱ってくれるチェスターJr.へとついていき、最期はチェスターJr.を庇い戦死した。
ビグ・ザムールに搭乗する。

  • ストンリィ、カイロード、ミーア
ヌマーシュの同僚のPG部隊の少女達。ストンリィをリーダーとしてフェンリス・ヴォルフに搭乗して小隊を組む。リボンがトレードマークの落ち着いた性格のストンリィ、ショートヘアの男言葉の好戦的なカイロード、ツインテールの幼い雰囲気のミーアである。
レジオンとの戦いで戦死した。

  • ムンスキー
アクシズ残党軍。一年戦争の頃からのベテランジオン軍人。強化人間部隊を率いている。
乗機は専用のリーベン・ヴォルフ
ジオンマーズとレジオンを秤にかけて勝者の側につこうと目論み、火星降下時にジオンマーズを見限りレジオンつき、その後はレジオン内で艦隊を任されるまでの立場となる。

エゥーゴ

  • ヴァルハラ

地球軌道上のSSDでダンディライアンの再建を行っているが、並行して自身のクローン強化人間を火星へと送り込んでインレの翼奪還を目論んでいる。

民間人

  • ゴルドマン

同僚・カッパードと共に移民船で火星に来たO機関の人物。
温和で理知的な紳士。地球に妻と娘がいる。

  • カッパード
ゴルドマンの同僚で学生時代からの知り合い。
ゴルドマンとは反対に粗暴で差別的な人物。

  • フレッド
ゴルドマン、カッパードと乗り合わせた女性。
その正体はヴァルハラのクローン強化人間の一人で、火星降下時にはシャトルへと荷物を紛れ込ませるといった工作を行いジオンマーズとレジオンの戦端を開かせたような動きをしており、インレの翼奪還のためにレジオン側にも接触するなど暗躍している。
火星への降下後は作業員に混じり働いていたが、決起に合わせてミズノへと新型の強化人間OSを渡した。

  • ノッコ
父が「人狩り」に遭い、母と赤ん坊の弟と共に命からがら逃げてきた少女。

  • シャルル
火星の都市アルカディアの戦災孤児のリーダーで、マリナを兄と慕っている。
レジオンを憎んでおり、ティターンズ残党の作戦に協力している。
後のシャルル・ロウチェスターとも思われるが、関連は不明。

専門用語

レジオン

アリシア・ザビが率いるジオン残党勢力。火星に拠点を置き、火星に落ち延びた複数のジオン残党を武力によって併合する形で形成されている。

ジオンマーズ火星独立ジオン軍

アウトロー・チェスター率いるジオン残党勢力でキシリア派。
いち早く火星に逃げ延びて火星圏を制圧。圧政の下、アクシズに兵器と人員を提供してその勢力拡大に貢献していたが、レジオンとの抗争に敗北。

本作へのオマージュ・元ネタ

ファンの間で噂になっているがA.O.Z Re-Bootには元ネタがあるとされている。
それが1987年からレモンピープルで新田真子により連載されていたSF漫画「RUSH」、「RIOT」、「RAGE」、「RESSURECTION」の4作品である。
レジオン軍の登場人物、アリシア、バーバラ、シンシア、ダイアナ、エレノア、フェリシアの元ネタはVA型と呼ばれるABCDEFを頭に関した同名のアンドロイド、戦闘メカから持ってきていると思われる、
また火星民間人として登場したテデスコ、トライステラー計画の博士3人などといった設定もオマージュ元であるこのシリーズから取っているのではないかと言われている。
他にもレジオンの"赤"や"バニー"といった要素もこの作品シリーズの登場人物、アリシアから取られているものと思われる。

外部リンク

電撃ホビーウェブ 公式ページ

関連項目

KADOKAWA

アドバンス・オブ・Z
ティターンズの旗のもとに 刻に抗いし者
機動戦士ガンダムF90

関連記事

親記事

アドバンス・オブ・Z あどばんすおぶぜーた

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「AOZRe-Boot」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 112290

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました