ピクシブ百科事典

ミッシングリンク

みっしんぐりんく

進化論から発生した単語、或いはそれを基にした創作用語
目次[非表示]

生物学におけるミッシングリンク

通常ミッシングリンクというとこれを指す。

生物の死骸が化石となるのは全体から見ればごく一部で、先祖とされる生物と、派生したと想定される生物との間に位置する生物の化石が見つかっていないことも多い。aを先祖とし、cを子孫とするなら、系統樹においてbが欠けているという事態が起こりがちなのである。

Missing-link」とは連鎖した鎖が一部欠け落ちているという意味であり、この場合は未だ発見されていないbの生物、あるいはその化石こそがミッシングリンクと呼ばれる。

創作物でのミッシングリンク

物語と物語の間を繋ぐ空いた期間のことを指す。
外伝や続編でその穴が埋まった、または埋められる際には「○○と△△のミッシングリンクを描くことができた」と言われることがある。

ミステリーものにおいては「当初は無差別殺人事件かに思われたが、実は被害者達の間には隠された共通点があった」というような展開が描かれることがあり、この場合は「隠された共通点」がミッシングリンクと呼ばれ、事件を解決する重大な手掛かりとなる。

また、「Steins;Gate 0」のように、「なかったことになった」が、「なかったことにはしてはいけない」物語に対してもミッシングリンクという言葉が使われることがある。


サイバーフォーミュラにおけるミッシングリンク

サイバーフォーミュラにおける いちチーム名。
大して強くないものの年間1勝程度は出来る実力を持ち、すべてのレースカテゴリでチームを所有しているということになっている。

……一体、どの辺りがミッシングしているのかは不明。

宇宙の騎士テッカマンブレードにおけるミッシングリンク

宇宙の騎士テッカマンブレード」』LD-BOX、DVD-BOXの映像特典として収録された短編映像。正確なタイトルは『MISSING LINK』、あるいは『ラダム再び』。

TV版とOVA『宇宙の騎士テッカマンブレードⅡ』の間で何が起きたのか、どのような経緯で如月アキがテッカマンアキとなり、廃人と化していたDボゥイ=テッカマンブレードが復活したのかという謎の一部が、予告編のような形で描かれている。

当初は本作のシナリオを『Ⅱ』の本編とする予定だったのだが、TV版と同じ雰囲気の作品になることを嫌ったあかほりさとるの判断で前日談設定として採用されるに留まり、『Ⅱ』の劇中で上記の謎はほとんど説明されていない。この短編映像は文字通り『Ⅱ』本編の謎を補完するミッシングリンクと言える。


機動戦士ガンダム外伝 ミッシングリンク

機動戦士ガンダムサイドストーリーズに収録されたオリジナルのガンダム外伝。
地球連邦軍の「汚れ仕事」を引き受ける懲罰部隊『スレイヴ・レイス』
ジオン公国軍のエース養成のためのサバイバル部隊『マルコシアス』
双方の戦いをそれぞれの視点から描いている。

詳しくは機動戦士ガンダムサイドストーリーズの項まで。


イラストとしてのミッシングリンク

絵を描く過程を公表しているイラストにおいて、
いきなり絵が完成してしまったりするものに付けられる。

SDキャラの描き方。


また、本来の意味としてのミッシングリンク
サイバーフォーミュラのチーム名としてのミッシングリンク
絵師進化録のうち 絵を描くことをサボった月をミッシングリンク
数年前に書いたイラストとのビフォーアフターにてミッシングリンクを発揮したりと
様々な使い方をされている。

ちなみに……

無理やり和訳を試みるならば「どうしてこうなった」が近い。

pixivに投稿された作品 pixivで「ミッシングリンク」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 164662

コメント