ピクシブ百科事典

Dボゥイ

でぃーぼぅい

タツノコプロのSFアニメ『宇宙の騎士テッカマンブレード』の主人公。 自称「記憶喪失」の青年で、粗野で無謀な行動からノアル・ベルースにこの愛称を与えられた。 謎の結晶体「ラダムストーン」を使い、テッカマンブレードへと変身してラダムと戦う。
目次[非表示]

タツノコプロのTVアニメ宇宙の騎士テッカマンブレード』の主人公。
CV:森川智之

概要

未確認生物ラダムの調査をおこなう外宇宙開発機構の前に現れた、謎の青年
本作の主人公であり、テッカマンブレードとしてスペースナイツと共にラダムに戦いを挑む。
Dボゥイとはノアルがつけた愛称である(Dはデンジャラスの頭文字)。

その素行は粗野で無謀(Dボゥイと言う愛称の理由)。
自称「記憶喪失」らしく、名前をはじめ、自分に関する記憶を一切持っていないと言い通しており、味方であるスペースナイツの面々とさえ一定の距離を置こうとする。
しかしながら、根は善良で熱く、味方が危機に陥ればそれを必死に救おうともする。

はじめこそぶっきらぼうを突き通していたが、自分のことを真剣に考えてくれるスペースナイツの面々に対し、徐々に心を開いていくようになる。




本編の核心に触れています!自己責任でスクロールをお願いします。































正体

本名は相羽タカヤ
科学者を父に持ち、長兄ケンゴ三男シンヤ(双子の弟)、長女ミユキと兄弟が3人いる。
家族やクルーらと共にアルゴス号で太陽系外の調査に出る途中でラダム母艦に遭遇。テックシステムへと取り込まれラダムによる地球侵略の尖兵とされそうになる。しかしシステム不適合者として改造途中でシステムから排除された父・孝三が命がけで救出(孝三は不完全な改造が仇となって死亡を待つだけの身体だった)、アルゴス号の脱出ポッドに乗せられる。
そして父から「お前の使命とは、奴らに肉体を乗っ取られたシンヤやミユキをお前の手で倒すことだ」「辛いのはわかる。だがお前がやらなければ全人類は滅亡する」との言葉を託され、アルゴス号から射出。地球に向けて脱出させられた。

地球に帰還したのちは、父の遺言とラダムに復讐を果たすべく、テッカマンの力を使って戦うことを決意する。
記憶喪失というのはまったくのデタラメで、自身だけでラダムと決着を付けるべく、周りの人間に自分の素性がばれたり、自分への同情から巻き込まれないように他人を遠ざけるための演技であり、他人に冷たく徹していたのもそこに起因する。

そのため無印テッカマン的には主人公の(宇宙人を憎む)南城二だけではなく、意味深な事しか言わないアンドロー梅田の役割も兼ねている。

アニメ史上、もっとも過酷な主人公

家族を奪われ、洗脳された家族や親しくしていた知人達と殺し合いを繰り広げ、洗脳を免れた妹と再会を果たすも「洗脳されていない=改造途中で排除された」なので余命幾ばくもなく更には弟により殺され、本人も父や妹ほどでは無いとは言え不完全な改造なので余命が短く、一か八かのブラスター化により解消したかと思ったら負担が脳細胞に集中しただけで大切な(幸せだった頃の)家族の記憶さえも失い、ラダムに対する憎しみの感情だけで弟と兄を殺し、最後は廃人同然と化すという、アニメ史上稀に見る壮絶な不幸体質。

一応、続編では存命し、記憶もある程度回復してことが確認されており、同時に新生スペースナイツ総司令の役職に就いている。記憶を取り戻す術に付いては後日談である『水晶宮の少女』でも取り上げられている。

報われている様にみえるが、ラダム製テッカマンである彼が生きている限り、その思念波で宇宙の彼方に居るラダムを呼び寄せてしまい、地球に於ける第二次・第三次ラダム戦役を引き起こす要因となっている。
その為に普段は本拠地の地下深く閉じ籠り状況を見守っている。名前も『Mr.D』と呼ばれ、素性を知るのは当時メンバーであったアキと本田くらいである。また、ユミを新生テッカマン候補生へ抜擢したのも彼である。

一方スパロボにおいては(ルートやシリーズによっては)結構報われている

関連タグ

宇宙の騎士テッカマンブレード
主人公 テッカマンブレード
記憶喪失 不幸豆腐メンタル

pixivに投稿された作品 pixivで「Dボゥイ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 58594

コメント