ピクシブ百科事典

相羽シンヤ

あいばしんや

相羽シンヤはアニメ『宇宙の騎士テッカマンブレード』登場人物のひとり。
目次[非表示]

CV:子安武人

概要

Dボゥイこと、相羽タカヤの実弟。子供の頃から、タカヤとは、非常に仲がよく、幼少より、スポーツなどで、競い合っており「いつかは、兄であるタカヤを、越えてみせる」と武術の師である、ゴダードでさえ認め、努力を惜しまない、青年であった。
だが、ラダムに調整され「戦って殺す事で、兄であるタカヤを、超える」という、強烈な意思を持った、劇中最悪の敵として、自らテッカマンエビルへと変身、タカヤ=テッカマンブレードを殺そうと、最前線に赴き、続く戦いのなか、兄同様の反逆者である、実妹ミユキ=テッカマンレイピアを、自分達の手で、無残に殺害。果ては自らを、はるかに上回る戦闘形態ブラスター化へと、進化した兄と対等に戦うために、寿命を極限まで縮めて、ブラスター化、ブラスターエビルへと進化する。戦いの末に、ラダムの支配下から、解き放たれ兄に、ラダム本拠地に行くのに必要な、自らのテッククリスタルを託し、その腕の中で、息絶えた。ラダムに、支配されていたとは言え、その行動原理と憎悪は、すべて兄への愛情と、完全な表裏一体なものであった。

映像特典「燃えた時計」では、そもそも何故愛する兄に対して、強い競争心を抱くようになったかが、語られている。父コウゾウの期待が、自分ではなく、兄にばかり注がれていると、考えていたシンヤだったが、自分がコウゾウに、認められていなかったと、思い込んだ切っ掛けは、亡き母の死因が、幼少期のシンヤが、起こしてしまった火災だったことに、あった。タカヤに討たれ、死を迎える間際、そのことを思い出したシンヤは、それならば、例えタカヤを倒しても、望みは叶うはずもなかったのだと、悲観するのだが、一方で、母も父ですらも、命を投げ打ち何よりも先にと、シンヤを救おうとしたことにも気付く。最も強い最期の愛を、兄に渡さず独占したシンヤは、戦う前から、勝っていたのかもしれないと気付き、涙しながら逝ったのだった。

子安氏は、シンヤに深い思い入れがあり、演じた当時、役者としてのスランプに、陥っていたらしく、役を演じ終わって、納得がいかなかったら、声優業を引退する覚悟でいたが、演じたことで再び、自信がついていった様子。このキャラがいなければ、子安氏が数々の人気キャラクターを、演じることもなかったと言っても、過言ではない。

悲惨且つ不幸な、デラックスボンボン版

原作アニメ版と比較しても、デラックスボンボン版エビルは、悲惨且つ不幸としか、言い様がない。原作アニメと違い、Dボゥイは本当に、記憶喪失だった為、完全に自分の事を、忘れられており、ムキになって、過去を話した程だった。更に不幸だったのは、雑誌廃刊に伴う連載打ち切りで、部下3人をレイピアの自爆で、いきなり失い、ブチ切れたブレードに、一方的にフルボッコにされる、悲惨な最期を、迎える。

関連タグ

宇宙の騎士テッカマンブレード

関連記事

親記事

宇宙の騎士テッカマンブレード うちゅうのきしてっかまんぶれーど

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「相羽シンヤ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 31245

コメント