ピクシブ百科事典

ガンダム・ザ・バトルマスター

がんだむざばとるますたー

ガンダム・ザ・バトルマスター(GUNDAM THE BATTLE MASTER)とは、ナツメが開発し、バンダイから発売されたガンダムシリーズのモビルスーツやモビルアーマーで戦う対戦型格闘ゲームである。
目次[非表示]

概要

本作のグラフィックは2Dだが、登場する機体は「モーションパーツシステム」により体の各部分を独立して描写しており、機体の動きに伴って体の各部分が干渉し合い、ガシャガシャと動く重量感を表現している。

また、登場機体のサイズは原作の設定に基づいている
例えばRX-78ガンダムνガンダムでも設定通り身長差があり、中ボス的存在としてゲームに登場するビグ・ザムサイコガンダムMK-IIIノイエ・ジールなどは、接近した状態では画面に足しか見えないということもある(設定に厳密という訳でもなく、クィン・マンサは設定より小さい)。

また、ビグ・ザムはそのサイズゆえに移動そのものが攻撃になるが方向転換すらできない、νガンダムがフィン・ファンネルを打撃武器として使用する攻撃をするなど、本作は単なるガンダムの格闘ゲームという枠を越えて、特異なゲーム性と世界観を確立している。

登場する機体はサイコガンダムMk-IIIを除いては既存のガンダムシリーズから採用しているが、世界観はゲームオリジナルである
原作では登場時期に10年以上の開きがある機体も、本作の世界観においては技術的な差は存在しないという設定となっている
また、各機体に搭乗するパイロットも本作オリジナルのキャラクターである(詳しくキャラ説明は後述)。
キャラクターデザインは重田敦司

海外展開

日本国内では2作のみで終了した本シリーズであるが、北米では『Gundam Battle Assault』(中身は『ガンダム・ザ・バトルマスター2』)というタイトルで発売された。
この海外版は北米などでは好評だったため、Gundam Battle Assaultシリーズとして独自の展開を続けており、その一部は日本にも逆輸入されている

日本版と異なり、北米版では各メカのパイロットは原作のキャラクターと同一人物が操縦しているという設定である
バトルマスターのオリジナルMAであるサイコガンダムMk-IIIはヴァルダー・ファーキル(Battle Assault)、ウルベ・イシカワ(Battle Assault 2)がパイロットになっている。(言うまでもないが、ヴァルダーもウルベもそれぞれの原作では実際に乗ってはいない)

ナツメ開発・バンダイ発売であるためか、日本で発売されたSFCソフト『新機動戦記ガンダムW ENDLESS DUEL』の必殺技が『Gundam Battle Assault2』におけるガンダムエピオンの必殺技に採用されている。(オーラをまとった後に方向を決めて突進する突進技)

シリーズ各作品

ガンダム・ザ・バトルマスター

プレイステーション用として1997年6月20日発売。
本作の音源は、CD-DAを採用しているためサウンドトラックとしても機能する。

ガンダム・ザ・バトルマスター2

プレイステーション用として1998年3月12日発売。

Gundam Battle Assault

2000年11月6日発売のバトルマスター2の北米版(前作『バトルマスター』は海外版が存在しないため、Battle Assaultシリーズとしては第1作となる)。
パイロットがバトルマスターオリジナルキャラクターから原作のキャラクターに変更された他、ハンマ・ハンマが削除された代わりに現地で人気が高かったウイングガンダムが追加された。
プレイステーション2用ソフト『機動戦士ガンダム』の購入者特典としてメッセージが英語のまま日本仕様のプレイステーションで動くようにローカライズされた『ガンダムバトルアサルト』が限定通販された。

Gundam Battle Assault 2

北米のみで2002年7月17日に販売された『Battle Assault』の続編(プレイステーション用)。
機動武闘伝Gガンダム』と『新機動戦記ガンダムW』の機体が追加されている。

SIMPLEキャラクター2000シリーズ THEバトル

2002年10月10日発売。
『Battle Assault 2』を日本向けにローカライズして『機動武闘伝Gガンダム』と『新機動戦記ガンダムW』の2本に分割し、2000円の低価格ソフトとして販売した作品。
「Gガンダム」は「ガンダムW」の、「ガンダムW」は「Gガンダム」のデータをロードする事で互いの最初に選択できる機体が使える様になるが、一方でしか出現しない機体も存在する。『Battle Assault 2』では必殺技を使うときにパイロットのカットインと(原作北米版の)声優の台詞が入るが、本作では低価格ソフトゆえに声優の起用はなく、それらの演出はカットされた。

Gundam Seed Battle Assault

2004年8月10日発売のゲームボーイアドバンス用ソフト。
日本では『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』として2004年11月25日にキャラが倍近く(『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』を主に)追加して発売された。

Gundam Battle Assault 3 Featuring Gundam Seed

2004年12月7日発売のプレイステーション2用ソフト。
3Dグラフィックとなり、『機動戦士ガンダムSEED』をテーマとしている。日本未発売。

ストーリー

  • ガンダム・ザ・バトルマスター

近未来、環境破壊や人口増加などにより地球に人類が存在する余地が無くなり始めた。そこで国際共同体は新たな惑星の開拓・移民へ乗り出す事を決定、数世紀後には人類が多くの植民惑星で生きるようになり、あらゆる産業や農業も行われ、軍設備までもが建設された。だが経済が安定し始めると各惑星間に亀裂が生じ始めたため惑星間規模の行政決定権を持ったノマード議会が設立される。
ところが秩序だつのがまだ若かったのか今度は各地で略奪や破壊などが多発し治安が悪化。そして人々は過去の戦争で運用された兵器モビルスーツを自衛の為に求めるようになったが今度はモビルスーツも略奪対象にされてしまう。
高額の報酬を求めて戦うモビルスーツパイロットたちはいつしか「賞金稼ぎ」と呼ばれた。
ある日、ノマード議会軍の超感覚化ウィルスの被験者であったマリア・ニコルスが新型モビルアーマーを奪取し、更にはならず者たちを仲間にして海賊団を結成した。
それに対してノマード議会は軍事費を割いてマリアのその部下2名、そしてその愛機である3機のモビルアーマーに莫大な賞金をかけた。それぞれの思いを胸に、賞金稼ぎ達の熾烈な戦いが始まった。

  • ガンダム・ザ・バトルマスター2
A.W.376年、大量の隕石の落下により地球は壊滅した。その大災害を人々は「焔の審判」と呼んだ。
それから数年後、運び屋のグロリア・チェンバレーはある日、廃墟に落下していた宇宙船近くでピクシーと言う謎の少年を拾う。宇宙船にあったメッセージで謎の女性から連絡があるまでピクシーを保護し続ければ毎月報酬を支払うと言われ、グロリアはピクシーを保護することになった。
しかし突如として政府軍はグロリアに対して賞金をかける。それによって襲い来る賞金稼ぎや政府軍にグロリアは自衛用のモビルスーツで応戦に当たる。だが彼女が保護したピクシーには重大な秘密があったのだ・・・

登場キャラクター

バトルマスター1と2の人物のみ記載。
2で搭乗機体が変更された人物もいるが、条件を満たすと1の機体も使用できる。

マーキュリー・プロムナード

搭乗機体は『1』ではガンダム、『2』ではΖガンダム
軍人家系に生まれ、自身も強制され軍人になった。

軍の機体であったサイコガンダムMkⅢ強奪事件を担当していた上官パークウェスト(レイチェルの婚約者)が殉職、彼にかわってサイコガンダムMkⅢの行方を追う任をかせられる。

バトルマスター2では軍によって指名手配されたグロリアの捕縛任務にあたっている。

ロイド・ニコルス

搭乗機体はザクII、2ではザクIIS型にも搭乗。
軍人で、軍神と呼ばれるほどの実力者らしい。

実は、バトルマスター1のラスボスでもあるマリア・ニコルスの父親という事もあって、1と2共に物語の裏に少なからず関与している模様。それゆえ、娘のマリアをはじめとして何人かの他のキャラから恨まれている。

ハニー・B

搭乗機体はΖΖガンダム(フルアーマーZZガンダム)。
軍の戦争孤児収容施設に入れられていたが、超感覚ウイルスの適性があったことでその被験体にされてしまう
実験施設で出会った女性(マリア・ニコルス)から実験の真実を教わり、彼女の導きで施設から逃亡した。

その後、機械工場に身を隠しつつそこで働く。
それ以降、他の孤児達を引き取って育てるため、賞金稼ぎになる。また、バトルマスター2のセリフから推察すると、MSハンターも兼ねているようである。

バトルマスター2の時点での年齢は14歳だが、その若さの割りにはかなりの情報収集能力を持ち、レジスタンスや軍の情報も彼女の前では素通りできないらしい。ただ、これが超感覚ウイルスによる能力のためなのかどうかは不明である。

なお、搭乗機体のZZガンダムはフルアーマー装備で固定されているらしく、作中ではアーマー部分をパージしたり変形したりする事ができない。 ・・・どころか、1ではフルアーマー装備を一切使うことができない。

ケイジ・ダテ

搭乗機体は1ではνガンダム、2ではハンマ・ハンマ
己が絶対的な正義と信じてやまない勘違い系の熱血漢

武術の心得があり、人が住めないような極寒の地でも暑苦しく平気でいられるようである。
師匠の祖父がいるらしいが、1・2共にゲーム内で姿はおろか情報が出てくることはない

後述のキャロル・ヨンファンに惚れているが、基本彼女にいいように扱われている様子

キャロル・ヨンファン

ナイスバディかつ露出度が高い衣装が目立つ女賞金稼ぎ

彼女に関する詳細はこちらを参照

レイチェル・エイファス

搭乗機体はジ・O
婚約者であるパークウェスト(マーキュリーの殉職した上司)の仇をうつために父親のMSを勝手にかり出す等、お嬢様キャラにしては暴走気味な女性である。
MSの性能だけで勝てると思っている様子。

1と2では性格が微妙に変わっているような印象がある。

スミス・キングスレイ

搭乗機体はサザビー
スラム街の出で、ゴキゲンな音楽を愛するMSハンター。
それなりに名が知れたハンターのようで、グロリアとも互いに知り合いである様子。

ラルゴ・フォード

搭乗機体はGP02A
核搭載のMSで農場警備を行っているとゆーとんでもない農場経営のオッサンガトー少佐が聞いたら間違いなくドン引きするであろう。
農場を広げる事しか頭になく、他人の迷惑もまったく省みない農業バカ。駄目だこのオッサン……早くなんとかしないと……。

息子がいるらしく、後述のパトリシア・エステファンに勝利した際には、子供のためにアッガイを譲って欲しいと申し出る。
彼のステージには背景にリーオーらしき機体も見え、他にもある程度のMSを保有している模様である。

パトリシア・エステファン

バトルマスター2のみに登場。搭乗機体はアッガイ
パトリシアという女性らしい名前だが、本人は筋肉質でダンディーな雰囲気をかもし出そうとしているが、背の高さが子供のピクシーと同じというオッサンである。紛らわしい

レジスタンス狩りの組織を形成しているらしいが、格納庫のMSが全てアッガイというアッガイ愛に満ちた漢
が好きで、一部女性キャラに勝利した際には軽く口説くような態度も垣間見える。

ノイズ・マッディー

搭乗機体はジオング
マッドサイエンティストで薬物常習者。
グロリアを気に入ったのか、彼女に敗れた後も執念深くモニター越しに見つめる等の行動を取っている。なんというストーカー……。

シナプス

本名はアンドル・パークウェスト。マーキュリーの上官でありレイチェルの婚約者でもあった。
搭乗機体はクィン・マンサ
軍の3課が密かに開発を進める戦闘マシーン=サイボーグの思考ユニットで、殉職したパークウェストの脳が使用されている。
とはいえ、ユニットへの組み込みの際に、家族や恋人と言った個人的な記憶はもちろん、パークウェストがマリアの駆るサイコガンダムMK-IIIとの戦闘によって死亡した事まで、あらゆる記憶が表層下に押し込められてしまっているために、現在の状態では、人間であった頃の記憶を取り戻すことは状況的に考えても非常に難しい。
シミュレーションテストを終了後、現在は実戦テストに励んでいる。
バトルマスター1にてクリア後、マリアの力でパークウェストの記憶を取り戻すと、軍の研究施設を破壊し、婚約者のレイチェルを求めて、軍を逃亡した。

なお、バトルマスター1ではファンネルを使用しないが、2では逆にファンネルを使用できるようになった。

グロリア・チェンバレー

バトルマスター2の主人公。

彼女に関する詳細はこちらを参照

ピクシー

バトルマスター2のみ登場。
見た目は大人しそうな少年であるが、実は後述のシメオンのクローンであり、バトルマスター2のラスボスである。
なお、搭乗機体はハイドラガンダム

リタ・スー

搭乗機体はキュベレイ
グロリアの所属するレジスタンスのリーダー。だが実は月面側と内通している。

ガルス・ゴルディーニ

中ボス的キャラ。搭乗機体はビグ・ザム
破壊と殺戮を繰り返すならず者だったがマリアに負けて手下になった。

シュタイン・H・シュリッヒン

バトルマスター1のみに登場する中ボス的キャラ。搭乗機体はノイエ・ジール
元悪徳領主で領民の反乱により地位を失った。そこでマリアと出会って配下になった。
キャラクターが変わっているせいか、1と2ではBGMが違う。

シメオン

バトルマスター2のみに登場する中ボス的キャラ。搭乗機体はノイエ・ジール

マリア・ニコルス

ロイド・ニコルスの娘。バトルマスター1ではラスボス的存在で、続編の2にも搭乗した。
搭乗機体はサイコガンダムMK-III(THEバトルにも登場)。
後に『SDガンダム GGENERATION』シリーズにも搭乗している。(このGジェネにおいてマリアの声を担当したのは井上喜久子さんである)

関連イラスト

捧げ物
GP-02A サイサリス


ハンマ・ハンマ
クィン・マンサ


ハイドラガンダム
無題


ゴーグル娘
グロリア&ピクシー 全身・カラーパターン1



関連タグ

ガンダム 機動戦士ガンダム
バンダイ 格闘ゲーム モビルスーツ モビルアーマー
Gジェネレーション サイコガンダムMK-III ハイドラガンダム

pixivに投稿された作品 pixivで「ガンダム・ザ・バトルマスター」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 130880

コメント