ピクシブ百科事典

目次[非表示]

もしかしてストッカー

曖昧さ回避

  • 釜焚き夫の事。転じて自動給炭装置の略語となる。英単語“stoker”。⇒本項2で解説。
  • 『忍び寄る者』を意味する英単語“stalker”。米軍などで静殺傷術を行う部隊名として付けられていることもある。
  • 『忍び寄る者』から転じて、己の欲求のために特定の個人に対し付け回すなどの行為をおこなう人間の事。1990年代後半以降、日本では一般に「ストーカー」といえばこういった人物を指す。また犯罪行為に値し、『ストーカー行為等の規制等に関する法律』(通称「ストーカー規制法」)により検挙・処罰の対象となる。⇒本項3で解説。
  • 『忍び寄る者』に由来するオンラインゲームラグナロクオンライン』の職業(上位2次職)の一つ。日本のサーバーでは『己の欲求のために特定の個人に対し付け回すなどの行為』のイメージから良い印象がないため、名称が「チェイサー」に変更されている。
  • 『忍び寄る者』に由来する『機動武闘伝Gガンダム』の番組の最初と最後に必ず登場し、メリハリを与えていた謎の紳士。声優は東方不敗と同じ秋元羊介。1994年当時、まだ日本では『つきまとい行為』を意味する言葉としては定着していなかったため、このような名前になっている。⇒ストーカー(機動武闘伝Gガンダム)
  • ファイナルファンタジー5』に登場するボスモンスターで次元の狭間出身の魔物。こちらのパーティーに突っ込みを入れる。
  • 古典小説ドラキュラ作家ブラム・ストーカー
  • SEGAが1992年に発売した、メガドライブ用ゲームソフト⇒ランドストーカー ~皇帝の財宝~
  • タイトーが1995年に発売した、SFC用ゲームソフト⇒レディストーカー ~過去からの挑戦~。ちなみに製作会社が『ランドストーカー』と同じ。
  • アーマード・コア ヴァーディクトデイ』に登場する運び屋の俗称。コウノトリ(stork)が語源とされているため、英語表記はStorkerとなるが、ゲーム中では報酬(金)への執着心に対する皮肉から『己の欲求の為に特定の個人に対し付け回すなどの行為』の意味を含む蔑称として扱われる場合もある。
  • サイバーパンクニンジャ活劇小説ニンジャスレイヤー』に登場する電脳系女ニンジャ。ザイバツのグランドマスター・ヴィジランス助手的存在。
  • オンラインニンジャTPSWARFRAMEに登場する敵NPC。正座して現れてはプレイヤーたちを攻撃してくる。フラグを立てる事でランダムに出現するが、フラグ発生条件が簡単なため、とてもしつこい。
  • ストルガツキー兄弟による小説、及びそれを原作としたアンドレイ・タルコフスキーの映画⇒Сталкер
  • 上記小説・映画の影響を受けてウクライナのGSG Game Worldsが開発したサバイバルホラーFPS『S.T.A.L.K.E.R.(ストーカー)(スタルカァ)』。劇中の舞台であるZONEと呼ばれる地域で活動をし生計を立てている者も「ストーカー(密猟者)」と呼ばれる。
  • ATLUS公式ニコニコチャンネルで配信されていたペルソナシリーズ情報配信番組『ペルソナストーカー倶楽部


釜焚き夫

かつてボイラーストーブ燃料が薪炭や石炭が主流だった頃、燃料を投入する者の事を指した。
単純作業に見えるが、実際には効率よく燃焼させる為には一定の技能が必要であり、特殊技能者であった。

やがて発電所や艦船(特に軍艦)が大型化し、それに伴って大出力・大規模の蒸気機関必要になると、人間の手作業による釜焚きは困難である事から、自動的にボイラーに石炭を送り込む“メカニカル・ストーカー”が開発された。
後には大型の蒸気機関車でも使用されるようになった。
日本では通常、(この項目の意味で)「ストーカー」と呼んだ場合、メカニカル・ストーカーの事を差す。

関連タグ

蒸気機関車 C62

反社会的行為の実行者としてのストーカー

  • ストーカー
  • 異常性愛
闇夜のストーカー内笑美莉



忍び寄る、後をつけると言う意味のストーク(Stalk)から。
しつこくつきまとってくる人。
つきまとうと言っても尋常なレベルではなく、
待ち伏せ、尾行、昼夜を問わず電話をかける、ゴミを漁るなど、
自分が関心を抱いた相手を一方的、病的執拗さで追いかけ回し、殺人にまで至るケースもある。
また、ウェブ社会が発達した近日では、インターネットを利用したストーカー行為も顕著になりつつある。
その具体例として、対象者がコメントしたサイトやブログに粘着してしつこくコメントを書き込んだり、対象者のアドレスや住所・あるいは顔写真を掲示板や、チャットに晒したり、対象者に成りすまして、評価を貶めるような言動を取ったり、あるいは出会い系サイトやアダルトサイトにわいせつな書き込みを行ったりするなどが挙げられる。
これらの行為は場合によってはストーキングのみならず、名誉棄損になることもあり、最悪なケースでは脅迫や強姦幇助などの罪に問われる可能性もある。

以上を踏まえて二次創作でストーカーとされているキャラクターもいるが、公式設定ではない限り、そういう設定を苦手とするファンも居るため注意が必要である。

また類似する言葉としてヤンデレが挙げられるが、ヤンデレにおいては対象者と近しい関係者であることが多く、許容範囲ととられることもあるのに対して、ストーカーは対象者との接点が全く無いにも関わらず一方的に為されることもある点に相違がある。

ふっふっふっ……かわいいよ♪ (´Д`)ハァハァ

バリヤードのバリアー!
真冬のすとーかー少女


あかちとイヤホン
センシティブな作品




ストーカーに定評のある人々

※公式では明言されていない二次創作の扱いも含むため注意!



ストーカーをテーマにした作品

歌詞

文学

漫画

テレビドラマ

MC


関連タグ

変態 犯罪 変質者 変人 執着 ヤンデレ ホラー
ああ!窓に!窓に! 志村後ろ! 和製英語

外部リンク

関連記事

親記事

執着 しゅうぢゃくあるいはしゅうちゃく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ストーカー」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ストーカー」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 21200538

コメント