ピクシブ百科事典

折部やすな

おりべやすな

折部やすなとは、「キルミーベイベー」の登場人物にして、主人公の一人。
目次[非表示]

CV:赤﨑千夏

概要

キルミーベイベー』の主人公の一人。
ソーニャの友達を自称しており、ソーニャにまとわりついてちょっかいを出しては手痛い反撃を喰らっているが、Gのごときしぶとさで迫り続け、離れることはない愛すべきおバカキャラにしてうざかわキャラ。そして、サイコ野郎(8巻より。ちなみにやすなはれっきとした女の子なので野郎ではない

またテレビや雑誌などの影響を受けやすく、学校に余計なものを持ち込んではソーニャを巻き込み、そして反撃を喰らう。

ちくわ』と『ちくわぶ』という名の二匹の犬を飼っている。飼い主に似てバカ。あまりのバカさゆえに、飼い主のやすなでも制御不可能になることがある。

体質的な特徴

いわゆる両津勘吉のようなギャグ漫画体質であり、ソーニャに殴られようが、技をかけられようがボコボコにされようがすぐに立ち直る。(ちなみにそのソーニャは自分を襲ってくる刺客を瞬殺したり、自分の胴体ほどの大きさもある雪玉を圧縮して野球ボールほどのサイズにできるほどパワーがある)

作中で見せた体の丈夫さの例を挙げると、

  • に襲われて高所に逃げた際、頭から落下して熊の頭と衝突し 熊が気絶する(本人はたんこぶができただけ)
  • 手元で爆弾が爆発してもアフロになって少し焦げるだけ
  • やすなに変装した2人の刺客ともろともソーニャにふっ飛ばされ刺客が完全に気絶している中、自分はすぐに立ち直る(この際ソーニャも「やっぱり本物は丈夫だな」と言っている)。
  • ソーニャに2階の教室から校舎裏まで(しかもうつ伏せで)引きずられたにも関わらずほぼ無傷
  • 頭に一斗缶を被った状態で長時間宙づり(しかも一斗缶にかなりの油を注がれた状態)にされても平気
  • 校舎の屋上から瓦を割るために落下しても平気(木に引っかかって生還したが、ソーニャ曰く「普通木があってもタダじゃ済まないぞ」
  • 落雷が直撃し、黒焦げになって倒れても次のコマですぐに立ち上がる(本人曰く「雷が舐めプしてくれたおかげ」)
などが挙げられる。

他にも、
  • ソーニャと同等の動きをしたり(毒蛇から逃げたとき)、クロスカウンター(心霊スポット回)をしている。
  • しかし意外にも階段から大転倒した際は頭や腕に包帯を巻くほどの怪我をしている(それでも平然と授業を受けられるくらいではあるが)。
  • バカだが風邪はひく。

ソーニャに対して

前述の通り公式で「自称」友達とされているが実際はかなり良い仲であり、ソーニャに対する想いはかなりのもの。

ソーニャに迷惑ばかりかけているが、やりすぎたと感じたりソーニャに何かあった際は本気で心配している。

ソーニャが殺し屋をやってることについては良く思っておらず、ソーニャに対してやめて欲しいという意思表示をしたりソーニャが仕事に向かうのを阻止しようとするが、やはり反撃を喰らう。
その癖、たまにソーニャが殺し屋だという事を本気で忘れていたりする。

しかし殺し屋をやめて欲しい理由は、ソーニャがいつか逮捕されてしまったり殺されてしまうのではないか、将来立派に社会で生きていけるのかと心配しているからこそであり、放課後仕事に向かうソーニャを本気で止めようとした際はボロボロになりながらも本気で泣きながら自分の意思を伝えたりした(このときはソーニャも想いに答えたのか、仕事に行くのをやめている)。
ただし、上記はアニメオリジナルであり、原作ではソーニャに土台にされ脱出された上に仕事をこなして登校してきた(その際に「組織の人たちと食事をした」と誤魔化したが制服には怪しいケチャップの跡が……)。

きららファンタジアにおいて

サービス開始前からキルミーベイベーが参戦することは決まっていたが、サービス開始当初からは参戦しておらず、サービス開始から約1ヶ月後の2018年1月19日の正式参戦と同時に呉織あぎりと共に実装された。(ソーニャだけはキルミーの正式参戦以前から実装されていた)

キャラ性能

「ヤリでも鉄砲でもなんでも持ってこーい!
 ……あっ、本当に持ってこられるのはちょっと。」

夏コミ新刊「キルゴンファンタジア」


やはり異常なタフさを持っているためか、レアリティ★4と★5共にクラスは敵の攻撃を受けることに特化した耐久型のクラス「ナイト」。(★3のクラスは「せんし」)
特徴として、原作での体の丈夫さが忠実に再現された性能となっている
ステータス面ではすべてのバージョンで頭一つ抜けたHPとDEF(物理防御)を誇る。どれほど高い物理耐久値を持つかというと、★4であるにもかかわらず同レベルの★5ナイトで★4やすな以上のDEFを持つのはたったの3人と言えばそのDEFの高さが分かるだろうか。(ただし★4キャラの最高レベルは90、★5は100のため、最終的なDEFでは基本的に★5には及ばないが、最終的に見ても★5の千矢メリー・ナイトメア(クリスマスVer)よりは上である)
★5に至っては、後述の専用ぶきと合わせることにより、最大で7300オーバーというぶっちぎりの比類無き物理防御値を叩き出す。
ただしすべてのバージョンにおいて、ATK(物理攻撃力)、SPD(行動速度)、MDF(魔法防御)が低めに設定されている。特にMDFが目に見えて低くい。それでもHPが高いためMDFの低さはある程度カバーできるものの、過信は禁物。

★4(水属性 ナイト)

属性は水属性で、スキルは「敵単体に大ダメージ」の攻撃スキルと「自身のDEFが中アップし、自身の狙われやすさが中アップ」の補助スキルを持つ。特に補助スキルが優秀であり、ただでさえ高いDEFを更に上昇させて敵からの攻撃を高確率でかばうことができる。

とっておきは「敵全体に大ダメージ、味方全体のDEFが小アップ」というもの。敵全体に大ダメージと攻撃面でも優秀だが、味方全体のDEFを上昇させる補助効果も付いているため、攻防共に優秀なとっておきとなっている。
演出的には、自動販売機で買ったジュースが押したボタンのものと違う→怒りながら中身を開けたら中身が吹き出して敵全体に大ダメージを与えた後一斗缶を被る…というもの。原作中でも自動販売機で買ったジュース(と、アタリを引いて出てきたジュース)が違っていたというエピソードがある。

★5(土属性 ナイト)

こちらの属性は土属性。スキルは「敵単体に大ダメージ、自身のDEFが小アップ」の攻撃スキルと「自身のDEFが中アップし、自身の狙われやすさが大アップ」の補助スキルを持つ。基本的な性能は星4と同じで、補助スキルの狙われやすさが中から大へ、攻撃スキルにDEF小アップの効果が追加されたと言った具合。攻撃スキルにもDEFアップの効果があるため、防御性能は更に高め。

とっておきは「敵単体に特大ダメージ、味方全体のDEFを中アップ」といった性能。星4と違って攻撃範囲が全体から単体であり、こちらは味方全体のDEFアップ効果が中アップと、優秀なバフ効果を持つ。
演出では、飼い犬のちくわぶを敵に向かわせるものの、ちくわぶのリードがやすなに絡まってしまう上にちくわぶが逃げ帰ってきてしまう。その後ちくわぶにお手をするものの、後ろ足で顔に土をかけられてしまい前が見えなくなって壁に衝突。その衝撃で落ちてきた巨大な落石に巻き込まれながら落石ごと敵にぶつかって攻撃するというもの。あまりにも踏んだり蹴ったりである。原作中でもちくわぶのリードが絡まって動けなくなり、お手をすると後ろ足で砂をかけられている。勿論こんな演出でもHPは減らないのでご安心を。

専用ぶきは「★5折部やすな専用ランス」。メモリアルクエストではやはりというべきかこの盾と槍で打倒ソーニャを目論むが、武器スキル「メモリア・ジャマー」の性能はというと、
『「味方単体」の物理攻撃が一定ターン中アップ +「味方単体」の狙われやすさが一定ターン中ダウン』
そのスキルはとにかくクラスがせんしであるソーニャとの相性が良好であった。実にやすならしい、といえばそれまでではあるが…。
そして武器を強化すると常時発動系のオートスキルを習得。ここでもやすならしさ、ひいてはキルミーベイベーらしさに磨きがかかる。 なんと力尽きても復活するようになるのだ。厳密に言うと「力尽きるダメージを受けても1度だけHP1で耐え、すぐに全回復」。ただでさえ並大抵の攻撃ではビクともしない程の耐久力だが、このスキルによりやすなは文字通りの難攻不落な盾となる。そんなオートスキルだが、強いて言うべき短所も確かに存在する。それは、あまりにも硬いせいで、余程のことが無い限りHPが0になることはあり得ないという点である。一応、ナイト専用武器のオートスキルとして共通で発動する「自身の狙われやすさが小アップ」も持っているので、オートスキル自体が腐ることは無いが、持ち前の高耐久力が仇となり、発動条件が逆に難しくなっているというのはなんとも勿体ない話。
4度目の進化、つまり最終段階までの育成が完了すると、「メモリア・ジャマー」が「対ソーニャちゃん無敵スピア」に変化。モーションも「どこかで見覚えのある目を召喚し、奇妙な踊りと合わせて対象のキャラクターに加護を与える」といった専用のものに差し替えられる。勿論スキル自体も「物理攻撃が一定ターン中アップ」から「物理攻撃とクリティカル率が一定ターン大アップ」にパワーアップ。やはりソーニャとの相性も増すのであった。

ちなみに★5と★4は性能こそ違うものの、見た目は同じである。

水着Ver(★4 アルケミスト)

水着やすな



2018年夏のイベント「海の底の玉手箱」において実装された水着バージョンのやすな。
属性は月属性であり、バカなのに意外にもキャラに多いクラスであるアルケミストになっている。が、デバフ類を一切付与することができないという変わった特徴の代わりに、「こんらん」と「ねむり」の状態異常を付与できるという妨害特化の性能になっており、やすならしい性能になっている。

アルケミストは本来DEFが低くMDFが高く設定されているクラスなのだが、前述したステータス特性がそのまま反映されてしまいアルケミストなのにDEFがMDFより高くなってしまった。当然アルケミストでこのような状態になっているのはやすなだけである。そのため★4ではあるがHPとDEFは★5並に高い。

とっておきでは自身の周りに沢山出てきたクラゲを敵に投げて攻撃するのだが、やはりというか自分もクラゲで痺れてしまう

格好は普通のフリルの水着…なのだが何故かフラスコではなくタコが付属してしまった。
ストーリー上ではイベントに登場したキャラ達が水中でも呼吸できるチョーカーを身に着けた影響からか水の中に適応した格好、つまり衣装が水着に変化するのだが、その時に何故か一緒についてきた。しかもこのタコ吸盤でしっかりやすなにしがみついていて自ら離すことができないらしい。
やすなも初めこそは嫌がっていたが、このタコを使ってソーニャを倒すために芸を仕込もうとするなど意外とノリノリである。

お正月Ver(★5 そうりょ)

お正月やすな



2019年の新年イベント「クリエメイト大集合!お正月すごろく大会」において実装された限定バージョン。
火属性のそうりょ…なのだが他のそうりょは全く異なった性能になっている。それはヒーラーであるそうりょなのにタンク役であるナイトの役割を果たせることである。

つまりどういうことかというと
スキルに、味方全体を回復して自身の狙われやすさが一定ターン中アップするものがあるからである。つまり回復役なのに味方の攻撃をかばうことができてしまうどうしてこうなった
他で例えるとすればFF白魔道士がタンクをやっているようなものである。

でも所詮は耐久力の高くないクラスであるそうりょだしすぐにやられてしまうのでは?と、思われるかもしれないが意外とそうでもない。
もう一つのスキルでは味方単体にリカバリーを付与し、DEFを一定ターン中アップさせることができるのだが、このリカバリーをいう効果は自身のターンが回ってくる度に自動で回復するというもので、これによりダメージを受けてもすぐに持ち直す事が可能。しかもこれで大抵はほぼ全快できてしまう。一撃で沈められたり、敵のすばやさが高く、やすなのターンが回ってくる前に何度も攻撃されるなどをされなければ普通に持ちこたえられる。

勿論ステータス面でも前述した特徴の通り、★4ナイト並のHP、★4せんし並のDEFとそうりょの中では頭一つ抜けた物理耐久を誇る。またMDFもそうりょの中では低い部類に入るもの、それでも★5アルケミストと同等はあるので、ずば抜けて低いわけでもない。
さらに自分自身でDEFとMDFの両方をアップすることもできる。

とっておきは「味方全体を中回復、味方全体を小回復するスキルカードを設置、味方全体のMDFが一定ターン小アップ」というもの。スキルカードにより定期的に回復&とっておきゲージの増加ができ、自身の低めのMDFも補うことができる結構優秀なとっておきとなっている。
ただし、できることが多い代わりにすべての効果が低めなため、悪く言えば中途半端。

つまり結論からすると見た目以上にタフな性能になっている。ただし、そうりょ全般に言えることではあるがスキルのリキャストが長い事には注意。

ちなみにとっておきの演出なのだが、ソーニャに獅子のマネをして突進するもそのまま焚き火に放り投げられて火だるまになってしまう。一応そうりょであるため自分で鎮火してから回復はするのだが…味方を回復するために体張りすぎである。

一応他に同じような事ができるそうりょには★5の大宮忍(属性も同じ)がいるが、あちらは狙われやすさを上げる対象を任意で選択できるのに対して、こちらは自分自身だけが狙われやすくなるという違いがある。
また忍は自身をこまめに回復できるような性能ではなく、そもそもステータスが耐久寄りではないため忍で同じような芸当をするのは向いていない。現段階ではやすなだけのトリッキーな性能と言っていいだろう。


すべてのバージョンを総括すると、通常の★4と★5共にナイトとして優秀なキャラに仕上がっていると言え、期間限定のバージョンはユニークな性能に仕上がっていると言えるだろう。

余談

3つあるソーニャのとっておき演出のすべてに登場しており、そのうち2つで被害にあっている。

  • ★4ソーニャの演出
一斗缶(進化後はドラム缶)を被ったままソーニャにボコボコに殴られ上空に吹き飛ばされた後、月のブーメランごと敵に向かって放り投げられる
  • ソーニャ(クリスマス)の演出
隠密行動をしているソーニャをクラッカーで驚かせたことでソーニャの怒りを買い、爆発弾で敵ごと吹き飛ばされる

…と、自身のとっておき演出を含め、何かしら被害に会いすぎである。
ちなみに★5ソーニャの演出では、技のトドメに使う岩を持ってくるために召喚されているだけで、何かしらの被害は受けていない。

……が、それは進化前の話。進化後のとっておき演出では召喚された際に石を持ったまま足を滑らせ落下。そのままソーニャのフルスイングにより特攻兵器と化してしまう。敬礼。

その他

キルミーベイベー ファンブック&アンソロジーコミックにて、連載開始前の初期設定が掲載されている。
初期設定では、そもそもやすなにあたるキャラクターが存在しておらず、ボケ要因は外見が没キャラにそっくりな動物好きなキャラクターがあてがわれていた。

その後、打ち合わせを経て主人公としてやすなにあたるキャラクターが設定された。
ラフ画の書き込みによれば、「とりあえず普通の子」、「弱気」、「運動苦手」、「怖いもの好き(オカルト等)」とある。

原作初期ではその設定が活きていたのだが、採用されなかった没キャラの要素が取り入れられ、現在のやすなのキャラクターになった。

声優の赤﨑千夏がブレイクするキッカケとなったキャラであり、赤﨑千夏といえばやすなのイメージを持っている人も結構多いのではないだろうか。

2014年2月6日に実装されたpixivスタンプの茶髪の萌え娘(興奮していて、グーサインと思わしきポーズをとる)がやすなと似ており、カップやきそば現象が起きている。

スタンプの萌え娘がやすなにしか見えない



ババーン

原作コミック5巻にある本作の有名なネタの1つ。

キルミーベイベーの新作アニメに話題のシーンが


よくコラ画像が発祥の「木の下に埋めてもらっても構わないよ」→「ババーン」 の流れが即堕ち2コマの様にネタとして扱われている。

Zara(CV:赤崎千夏)
キルミーポーラ
ポーラ赤﨑


  • 本来の4コマの流れのネタ

もし感動しなかったら木の下に埋めてもらっても構わないぴょん!


  • その他

睦月型に改二がくるらしいよ
けものフレンズ面白いであります!


【けもフレ4コマ漫画】「プレーリー式お約束」
今週のアイカツスターズ(16話)のおまけ


リコ
Tokyo Bay no SINZITU



関連イラスト

メガネーベイベー
キルミーベイベーが大好きです!


ちくわとちくわぶ
やすな



関連タグ

キルミーベイベー ソーニャ(キルミーベイベー) 呉織あぎり
変態やすなさん やすな
一斗缶

カップリング

やすニャ あぎやす

関連記事

親記事

キルミーベイベー きるみーべいべー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「折部やすな」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7185163

コメント