ピクシブ百科事典

きららファンタジア

きららふぁんたじあ

日本のスマホRPGのひとつ。
目次[非表示]

かわいい日常と、はるかな冒険と。

概要

2017年6月25日東京都内で開催された「まんがタイムきららフェスタ2017」昼の部にて制作が発表された。
芳文社の漫画雑誌「まんがタイムきらら」シリーズのキャラクターたちが一堂に会するロールプレイングゲームスタイルのスマホアプリである。

配信元はアニプレックス。同社の作品同様、製作委員会システムを導入している。

ストーリー

わたしたちの過ごした日々は、
世界を癒す物語になる。

豊かな自然に満ちた幻想的な世界―――『エトワリア』

世界の中心には言の葉の樹がそびえ立ち、
その上空に浮かぶ神殿から、心優しい女神ソラが聖なる力で世界を治めていた。
その恩恵を受けて、人びとはあたたかく、しあわせな暮らしを送っていた。

―――しかし、その平和は突如として崩れ去ることとなる。

ある者によって、女神ソラはその力を封印されてしまったのだ。
その者の名は筆頭神官アルシーヴ。
女神ソラの右腕だったはずの彼女の謀略により、エトワリアの平和は乱されようとしていた。

この世界の危機に、立ち上がった1人と1匹。

神殿に務めていたランプとマッチは女神を救う方法を求めて、旅に出る。
そして、長い旅路の果てに辺境の村で、とある不思議な力を持つ少女―――きららと出会う。
なんと彼女は、「まんがタイムきらら」のキャラクターたちに呼び掛け、彼女たちを召喚する伝説の魔法『コール』を使える召喚士だったのだ。

―――わたしたちと一緒に世界を救ってくれませんか?

ランプの願いを聞いたきららは、共にアルシーヴを止める決意をする。
世界の平和を取り戻すため、少女たちの冒険がいま、始まる。

(きららファンタジア 公式サイトより)

登場人物

※きらら版権作品のキャストは一部を除いてアニメ版のオリジナルキャストをそのまま起用。

主人公と旅のお供


里娘


立ちはだかる敵


女神


ひだまりスケッチ(配信開始当初から参戦)


NEWGAME!(配信開始当初から参戦)


Aチャンネル(配信開始当初から参戦)


ゆゆ式(配信開始当初から参戦)


きんいろモザイク(配信開始当初から参戦)


ステラのまほう(配信開始当初から参戦)


がっこうぐらし!(配信開始当初から参戦)


うらら迷路帖(配信開始当初から参戦)

※今作品より新規ボイス付与。

キルミーベイベー(2017年12月18日追加参戦)

※アニメ版の声を担当した高部あいの引退に伴い2代目として新規ボイス付与

桜trick(2017年12月27日追加参戦)


ブレンド・S(2018年1月10日追加参戦)


夢喰いメリー(2018年2月16日追加参戦)


スロウスタート(2018年4月11日追加参戦)


ゆるキャン△(2018年4月25日追加参戦)


ハナヤマタ(2018年5月30日追加参戦)


こみっくがーるず(2018年6月13日追加参戦)


設定

  • エトワリア

本作の舞台である、女神ソラが治めている世界。緑豊かな平和な世界で、ソラが記した聖典により人々が元気の源であるクリエを得て平和に暮らしていたが…。

  • 聖典
女神ソラがさまざまな異世界の様子を観測し、登場人物の言動を記述した書物。世界各地に普及しており、読んだ人々に元気の源であるクリエを授けている。
聖典の登場人物(まんがタイムきららのキャラクター)はクリエを生み出す者として「クリエメイト」と呼ばれている。
  • コール
きららが使うことができる伝説の召喚魔法。遠くにいる誰かに助けを求めて、合意の下で力を貸してもらう魔法。クレアが持っている鍵の力で異世界とのゲートを開くことにより、クリエメイトを召喚することができる。
  • オーダー
アルシーヴが使う禁じられた召喚魔法。相手の意志に関係なく、強制的に召喚してしまう。コールとは違い、本人が召喚されるため相手がいた元の世界を壊してしまう危険性がある。
また、オーダーは行使された場所の周辺一帯に、呼び出した相手に関連した異変を引き起こすおそれがある。

システム

シナリオ

  • メインシナリオ

「まんがタイムきらら」のキャラクターたちとゲームオリジナルキャラクターたちが織りなす、世界を救うための"はるかな冒険"。

  • キャラクターシナリオ
「まんがタイムきらら」のキャラクターたちが過ごす日々を描いた"かわいい日常"。プレイするにはキャラクターごとになかよし度を上げる必要がある。

バトル

味方3人と敵3体で行う、コマンド選択式のタイムラインバトル。
敵味方の行動順が表示されており、右端にいるキャラクターから順に行動する。コマンドによって行動順が変化するためラインの確認が重要である。
戦闘中に「とっておきゲージ」を満タンにすると、そのキャラならではの「とっておき」が発動できる。

クラス

バトルで使う事の出来るキャラクター達にはそれぞれ5つのクラスが割り当てられている。
それぞれが様々な特徴を持ち、それらの特性を敵ごとに見極めて使っていくことがバトルで勝っていく為の鍵でもある。以下に、クラスの特徴を記す。

  • せんし
物理攻撃に秀で、物理防御も高め。反面魔法防御は低く、魔法使いの敵にはめっぽう弱い。
単純な火力であれば全クラス中最強。強敵相手のダメージ源や防御の高いタフな敵相手にも効率よくダメージを与えることが可能なとても頼りになる職業。
  • ナイト
戦士とは逆に物理・魔法防御とHPが極めて高いいわゆるタンクタイプ。攻撃力は低めだが敵のヘイトを引き付けたりスキルでさらに高い防御を引き上げることも可能。強敵相手の攻撃でさえも相性によっては悠々と耐え抜くことも可能でパーティーに一人いるととても頼りになる。
  • まほうつかい
せんしの魔法版であり、魔力と魔法防御が高い。物理の通じない相手もいるのでその相手に使うことも。また全体攻撃などせんしが単体特化ならば魔法使いは全体攻撃特化。
そのためパーティーをまほうつかいで並べ、全体魔法を連射しての素材収集のお供としても使われる。
難点は低いHPと物理防御。素早さも低く足の速い敵相手だと袋叩きになることも。出来る限りナイトで守ってあげるのがベター。
  • アルケミスト
補助型の職業であり火力はナイト並だが様々なデバフや状態異常をばら撒いたりして主に強敵相手に使われることがある。
攻撃スキルにもデバフやバフがついていることがあり使い方によっては物理や魔法の通じにくい相手にも有効打を与えられるようになる。
難点は全体的に能力が並程度なため長期戦に向かないこと。補助が終わったらすぐに控えと交代が賢い戦法。
  • そうりょ
味方のHPを回復したり状態異常の治療を行える唯一の職業。主に長期戦で活躍する。攻撃はからっきしだが味方の回復やバフがメイン。面倒な状態異常をひたすらにばら撒く相手にも有効。
難点は魔法使い以下の低いHPと物理防御が低いこと。相性の悪い相手ならほぼ一発で昇天、有利な相手でさえも数発でピンチとかなりの紙ペラっぷり。攻撃面も通常攻撃か一部のキャラが持っているとっておきのみなので、アルケミストと同じ補助が終わったらすぐに控えと交代した方が賢明。

キャラクターたちが日常を過ごす冒険の拠点。

  • 召喚の館
主人公であるきららが「まんがタイムきらら」のキャラクターたちを召喚する館。召喚には星彩石か召喚チケットが必要となる。
チュートリアルでの初回10回召喚のみ、プレイヤーが納得するまで引き直すことができる。
  • きららルーム
召喚したキャラクターたちが住むことのできる家。お気に入りのキャラを設定すると、そのキャラが里の中で過ごす日常が見られる。ルームについては後述。
  • 商店街
キャラクターたちのぶきを作る「鍛冶屋」、アイテムを交換する「トレードショップ」、建物やインテリアを作る「建築屋」など、冒険に欠かせない施設。
  • 訓練所
キャラクターたちにトレーニングをさせることでレベルアップやアイテムを獲得することができる施設。2018年3月19日より実装した。

ルーム

自分の好きなきららキャラクターを住まわせたり、インテリアを配置したりできる。ルームに設定されたキャラクターたちは現実と全く同じ時間で活動する。

スタッフ

  • 原作キャラクターデザイン:蒼樹うめ「ひだまりスケッチ」、くろば・U「ステラのまほう」、得能正太郎「NEW GAME!」、はりかも「うらら迷路帖」、黒田bb「Aチャンネル」、千葉サドル「がっこうぐらし!」、原悠衣「きんいろモザイク」、三上小又「ゆゆ式」
  • オリジナルキャラクターデザイン:蒼樹うめ、黒田bb、きゆづきさとこ、得能正太郎、原悠衣、牛木義隆、ウロ、川井マコト、はんざわかおり、ねこうめ、あfろ、カヅホ、中山幸、篤見唯子
  • コンセプトアート:きゆづきさとこ
  • 開発・運営:ドリコム
  • 開発協力:メテオライズ
  • メインシナリオ制作:木緒なち&KOMEGAMES
  • キャラクターシナリオ制作:ライトワークス
  • BGM/SE制作:ノイジークローク


アニメーションスタッフ

  • 監督・絵コンテ・演出:小野学
  • キャラクターデザイン:小野田将人
  • アニメーション制作:A-1 Pictures


余談

2017年12月11日(月)午前7時頃より正式に配信スタートしたものの、初日はサーバーへの負担が重すぎる為緊急メンテナンスが発生し、しかもそれが長く続いたため、公式サイトでその事をお詫びするハメになった。その後もメンテナンス状態が続いてたが、同月14日午後にようやくまともにプレイできるようになった。
あれ?なんかデジャヴな気が…
ただ、その後も数々の重大なバグや不具合が発生しており、更に海外IPをも封鎖したことから、今のところ評価はかなり両極端である。

事前登録開始の記念として初期参戦する8作品のキャラクターたちのデジタルコンテンツが手に入るクレーンゲーム「きららキャッチャー」が開始された。
クレーンの操作でキャラクターを掴むと、そのキャラクターの原作の一コマの画像をダウンロードすることができる。2017年12月22日をもって終了。

迷言

  • きたくファンタジア

きららファンタジアに関わっているとみられるエンジニア様のTwitter上での発言

関連動画

ニコニコ動画に投稿されている関連動画は無断転載の確率が高いので注意



関連タグ

芳文社 まんがタイムきらら ソーシャルゲーム
アニプレックス

外部リンク

きららファンタジア 公式サイト
公式Twitter

pixivに投稿された作品 pixivで「きららファンタジア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 518715

コメント