ピクシブ百科事典

ぱわーおぶすまいる。

ぱわーおぶすまいる

まんがタイムきららCaratで連載されている漫画作品。
目次[非表示]

作品情報

作者ウロ
フォーマット4コマ
ジャンル学園モノギャグラブコメ
出版社芳文社
連載誌まんがタイムきららCarat
連載開始2011年9月
単行本既刊5巻
連載状況完結


概要

まるで兄妹のように育った幼馴染の蒼葉宗馬と篠華まゆ(まゆさん)は、高校になっても同じ学校。
でも最近のまゆさんはどう見ても宗馬のことをただの幼馴染とは見ていない様子。朴念仁気味の世話焼き少年・宗馬はそんなまゆさんの行動に振り回されっぱなし。
「見てるこっちが恥ずかしくなる」幼馴染ラブコメ4コマ

登場人物

篠華まゆ(しのはなまゆ)
高1。まるで子犬のような性格の超天然マイペース娘。自分のことを「まゆさん」と呼ぶ。
全体的に小さく幼い感じが残る。大食いなのにいくら食べても成長しない。
ピンク色ショートカットの髪が目立ち、左右に犬耳のようなふさがついている。この部分は感情によってピコピコ動く。
幼馴染の宗馬が大好きで、やたらべたつく。たとえ公衆の面前であろうとお構いなし。
宗馬が他の女性(母も含む)に見とれたりいじられたりするとすると激しくやきもちを焼く。
そのくせ直球でその気持ちを言葉にするのは恥ずかしくて無理。さらに相手に言われるのも苦手。宗馬をどう思っているのか聞くと「お父さんみたいなもの」等と言う。
料理の腕が殺人的レベルにもかかわらず、しょっちゅう「手作り弁当」を宗馬のために作って持ってくる。特に、チョコレートが好きなためいろんな料理にチョコレートを入れようとする。
当然まゆが弁当を作ってきたことが分かると、その日の宗馬のテンションはダダ落ちになる。
信じられない程無防備で、ある意味大胆な行動を連発して自覚なしに周囲を赤面させ、相手が誰であろうと声をかけられれば付いて行ってしまうのでいつも宗馬を心配させる。ただし、まゆ本人は最初から宗馬以外は(恋愛対象としては)全く眼中にない。

蒼葉宗馬(あおばそうま)
まゆの幼馴染の同級生で眼鏡男子。まゆから「そーちゃん」と呼ばれて懐かれている。
家事能力に秀でていて、まるでどこかのウェイターみたいである。これは母に家事能力がないのが原因だと思われる。
まゆだけでなく、やたら女性(まゆの母も含む)にモテる。
毎朝、寝起きの悪いまゆを起こすために篠華家に寄り、まゆと一緒に登校している。
一見まゆのアプローチに動じない朴念仁に見えるが、まゆの気持ちに気づいていないわけでも無さそうである。こう見えて彼も年頃の男子であるので、一生懸命理性が飛ぶのを抑えている場面もある。
実は、少し天然キャラが混じっている。と言っても、クラスの学級委員長で自分の行きつけのお好み焼き屋の娘である観久を見て誰だか思い出せないなど、まゆのそれとは全く方向が異なる。

虎堂環(こどうたまき)
宗馬のクラスメイト。巨乳でロングヘアーのお嬢様。
基本的にツンツンした性格で、男性に対してやけに厳しくあたってくる。
一方で百合っ気があり、まゆのことをかなり気に入っている模様。そのためまゆといつも一緒にいる宗馬に対しては特に辛辣。
しかし実はただのツンデレというか極端にシャイなだけ。異性に「かわいい」などとほめられたり助けられたりすると激しく赤面してまともに顔を見せられなくなってしまう。
しばしば紳士的な行動を見せる宗馬に対する態度は急速に変化しつつあるが、やっぱり素直じゃない。他にも観久のことをまゆがつけたニックネーム「みるくちゃん」で呼べないなどどこまでも恥ずかしがり屋。
また、いろいろな部分(主に痛い感じの発言)で頻繁に残念成分が露呈する。料理は全くできず、運動神経もとても悪い。そして重度のドジっ子。
周囲から「姫」呼ばわりされているが、本人は周囲から浮いてしまうのを嫌がって、お嬢様であることを隠そうとする傾向がある。
番外編では半ば騙されるようなかたちで魔法少女として活動したりもしているが、装備がビームサーベルに荷電粒子砲と魔法と言うよりSF寄りでなおかつ物騒すぎる代物ばかりである。

上山景佑(かみやまけいすけ)
宗馬のクラスメイト。女好きで調子がいい奴。
まゆに一目惚れしており、色々とあの手この手で接近を試みているが結果はいつも悲惨なばかりである。たいていいつも一番ひどくとばっちりを受ける役に固定されている悲しい人物。

叢園寺観久(そうえんじみく)
宗馬のクラスメイト。お好み焼き屋「まるまる」の一人娘でなんでも形から入る学級委員長。
まゆにつけられた「みるくちゃん(観る久ちゃん)」というニックネームを気に入っているらしく、自分でも自分のことを「みるくちゃん」と呼ぶ。
ショートボブのメガネっ娘で、表情の変化が乏しい。眼鏡をかけているのは「学級委員長だから」。つまり、これも形から入ったのであって視力はとても高い。しかし、無理に度入りの眼鏡をかけたため最初はフラフラしていた。その後伊達メガネに変えたかどうかは不明。
いわゆる不思議ちゃんで、少々奇行に走る傾向が見られる。
顔色を変えずに宗馬にベタつき、まゆに引き剥がされることが多い。天然キャラなのか計算した演技なのかよくわからない。

豊塚優白(とよつかやしろ)
まゆのクラスメイトの女子で、宗馬に片思いしている。
暇さえあれば宗馬のことをずっと見ているが、話しかけるのがやっとでいつもそれ以上には進めない。
黒髪ロングで青目。

伊月実里(いつきみのり)
優白の親友で、サバサバした男勝りな性格の子。
よく宗馬にお熱の優白をイジって遊んでいる。

篠華紗雪(しのはなさゆき)
まゆの母。とても見た目が若い。髪型、性格等娘にそっくり。ただし胸の大きさだけは娘とぜんぜん違う。

マクラビン
篠華家の飼い犬。まゆが幼い頃に拾った。宗馬と環にやたら反応する。

蒼葉宮乃(あおばみやの)
宗馬の妹。中学生。
どうもブラコンの気があるようで、兄にべたつくまゆに対して若干辛辣。一方で環にはよく懐く。
観久に対しても「女狐」などと罵っていたが、お好み焼きが大好物なため、観久がお好み焼き屋の娘と知ってあっさり態度が変わった。
ある事故が原因で景佑のことを「受け」と呼ぶなど腐女子成分増量中。

蒼葉夏海(あおばなつみ)
宗馬と宮乃の母。会社員。まゆの母とは「紗雪ちゃん」と呼ぶほど親しく、見た目も同じく若い。
豪快な性格で、会社帰りに篠華家へ直に上がり込んできて入り浸ることも。
未亡人であり、消防士だった夫・宗悟(宗馬と宮乃の父)は宗馬が小学生の頃、消火活動中に殉職した。

鈴音=イングラム(りんね=いんぐらむ)
環の家のメイド。常にポーカーフェイス。
美人だが、使用人なのに環をいじり倒して遊んでいるちょっとオカシイ人。

四条先生
まゆたちの担任でスタイル抜群クールビューティーな女性教師。実はいい加減な性格。

ぱわーおぶすまいる。
ぱわーおぶすまいる



関連タグ

ラブコメ 幼馴染

pixivに投稿された作品 pixivで「ぱわーおぶすまいる。」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 108610

コメント