2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

南米妖怪

なんべいようかい

南アメリカおよびその周辺地域で伝承されている精霊や魔物の総称。
目次[非表示]

概要

南アメリカで伝承されている精霊や魔物の総称で、広義では使用言語や文化が共通する中央アメリカを含めたラテンアメリカの伝承のものも含まれている(北アメリカの伝承はアメリカの妖怪参照)。

しかし南米は地域としては非常に広域であり、先住民が信仰していたアステカ神話マヤ神話、インカ文明の伝承に登場する怪物や、植民地化以降に移民してきたスペインポルトガル系住民のラテン文化(フィリピンの妖怪と共通する)、奴隷として連れてこられたアフリカ系住民の文化(ブードゥー教)やカリブ海一帯のフランス文化などが混在して生まれた存在が知られている。
さらに隔絶した地域に住む少数民族の伝承まで含めると、その全貌は知られていない。

日本においてはアルゼンチン出身の作家、小説家、詩人であるホルヘ・ルイス・ボルヘスとマルガリータ・ゲレロによって、1957年に発表された『幻獣辞典』に掲載された南米の幻獣や、水木しげる氏の『世界の妖怪大百科』の「南アメリカの妖怪」(および「アメリカの妖怪」の一部)および、元となった資料である1974年に発行された『妖怪魔神精霊の世界』の大阪外国語大学助教授・三原幸久氏による「ラテン・アメリカの妖怪と魔神たち」の項に掲載されていたものが知られていた。

1999年には水木しげる氏がノンフィクション作家・大泉実成氏とメキシコに取材旅行し『水木しげるの大冒険 幸福になるメキシコ―妖怪楽園案内』を発表し、そこでは今まで知られていなかった妖怪の姿と伝承が描かれた。

2019年にはボルヘスと同じアルゼンチン出身、日本在住のエンジニア兼妖怪研究家のホセ・サナルディ著、弟のイラストレーターであるセーサル・サナルディ画の『南米妖怪図鑑』が出版され、40種の妖怪について解説されている。

2021年には『カリブ海アンティル諸島の民話と伝説』、2022年には『コスタリカ伝説集』が出版され、妖怪が登場する物語がいくつも紹介された。

一覧

※アステカの怪物はアステカ神話、マヤの怪物はマヤ神話、インカの神格はインカ神話の記事参照。

中央アメリカ

メキシコの伝承

アレブリヘスと赤い人
Pussom Alebrije


  • イ・セン・ニュス・チ・ナ/イ・セン・ニュス・チ・チ:メキシコ・オアハカ州にあるアヤウトラ村で伝承される精霊で、トウモロコシ畑に住み、立ち入った妊婦から胎児の魂を奪う。
  • ウギン(Wugin):畑の魔女。白人女性の姿をしており男を誘惑し気狂いにしてしまう。 
  • エヘキャメ(Ehecame):森に棲むきれいな色の服を着た妖精で、人を化かすがタバコや食べ物を与えれば防げる。
  • カウショウィリン(Quauhxouilin):怪魚。鷲のような頭部、湾曲した黄金色の吻、長く大きく滑らかな胴体を持ち、鱗と骨が無いという。
  • カトリーナ:ドレスを身に纏った骸骨で、元は白人に憧れる現地民の女性の風刺画だったものが、アステカの冥府の女王ミクトランシワトルの化身とされるようになった。

Day of the Dead


メキシカンスカル


  • カンパクティ(Campacti):死した後大地になったというワニや魚に似た巨竜。アステカ神話のトラルテクトリのことであるとも。
  • コルタ・モルタハ:オアハカ州のチョンタル族の伝承に登場する「死骸の着物を着る鳥」という意味の悪霊で、悪狐、フクロウとともに病死したものの魂を奪うとされる。
  • サンタ・ムエルテ:民間信仰の死の聖人。

死神 サンタムエルテ


  • 蛇体娘:オアハカ州の湖の主に魅入られて湖底に飲み込まれた女性。二度と帰れなくなった代わりに両親には瓶の水が金に変わる花を渡した。
  • タタ・デュエンデ/エル・ドゥエニョ・デル・モンテ(TataDuende, ElDueñodelMonte):マヤ神話由来の精霊で、つば広帽子をかぶった小人であるという。
  • チャネケ:催眠術をかけて遠くに連れ去るだけでは無く、裸にして暴行するなど酷い目にあわせる妖怪。

チャネケの絵描き歌♪&ショート劇場


  • チャン・ギィ・ニョ:ユカタン半島の子供の魂を奪う悪神
  • テキトゥク:人間そっくりだが夜中になると本性を表し人を攫う。肩で食事をし、背中はぬるぬるしており焼塩に弱いのだという。
  • ドゥエンデ:スペイン語で妖精を意味し、様々ないたずらを行う妖怪的な存在である。
  • トラキーク:七面鳥に化けて血を吸いに来る吸血鬼。
  • ナ・ヤ・チ・クン:「夜空に吊るされたハンモック」という意味の、子供の魂を大地の穴から吸い取ってしまう悪神。
  • フアイチヴォ:マヤの伝承に登場する赤い眼の動物に変身する魔術師。ナワル(アリブレヘス)とも同一視される。
  • ホーガ/アンドゥラ:メキシコ湾などに棲む豚のような頭の怪魚。
  • マサコアトル(Mazacoatl):鹿のツノとガラガラヘビの尻尾を持った大蛇。
  • ヨナルデパズトーリ:夜更けに森の中で、斧で木を切るような音を立てる疫病神。水木しげる作品に頻繁に登場する。
  • ラ・クカ:牛女
  • ラ・レチューサ(LaLechuza):不潔な子供や酔っ払いの男などを攫って喰らう大きな人面フクロウの魔女。

La Lechuza


La Llorona
[OC] Llorona



エルサルバドルの伝承

  • クヤンクア(Cuyancúa):上半身が豚、下半身が蛇だという雨を呼ぶ魔物。


キューバの伝承

  • マドレ・デ・アグアス(Madre de Aguas):水の母という意味の、ヤシの木ほどもあるマヤ神話由来の角蛇。


グレナダの伝承

  • ディアブレッセ(Diablesse):グレナダに伝わる女悪魔。


コスタリカの伝承

  • エル・ビエホ・デル・モンテ:山男。
  • サラテ/ニャ・サラテ(Zárate):民話に登場するアバックという岩山に棲む魔女。気にくわない町を大きな岩に、住人を動物に変え、好きになったが振り向かないスペイン人の男を孔雀に変えてしまった。
  • セグア/ラ・セグア/シグアナーバ:グアテマラニカラグアでも伝わる美しき殺人鬼。美女に見えるが正体は馬頭の魔女で、誘惑された男を殺す。
my little cegua.


  • トゥレビエハ/チュールビエホ/ラ・トゥレ・ビエハ(Tulevieja):パナマでも伝承されるトゥレ/チュールという古びた帽子をかぶった、むき出しの胸からは母乳を垂れ流している小柄のハーピーのような鳥女であるとされ、子供を攫い男を誘惑してかぎ爪で殺す。
  • チンゴ・ネグロ:悪魔の黒牛。
  • ラ・モナ:伝承される猿に化ける魔女で、南米のミコ・ブルーホに似る。2021年4月に防犯ビデオで撮影され、Tiktokなどでも拡散された動画に写っていたカニ人間の正体であるとされている。

ジャマイカの伝承

  • バビィ・スーザン(BubbySusan):大きな胸を持つ女妖怪で、夜中に人を驚かしサトウキビを盗む。


ドミニカの伝承

  • エル・バカ(ElBacá):富を得たい者が契約する黒猫や犬、雄牛など家畜の姿をした悪魔。しかし最終的に、聞き入れられない見返りを求められて不幸になる。
  • シグアパ(Ciguapa):茶もしくは紺色の肌で脚が反対向きに生えているという長い髪の女妖怪で人魚の一種ともいわれる。


トリニダード・トバゴの伝承

  • スークヤン(Soucouyant):トリニダード・トバゴやグアダルーペなどのカリブ海の国々に伝わる老婆姿の吸血鬼で火の玉に化ける。水木しげる氏はルーガーという名で紹介している。
  • ラ・ジャブレッセ:悪魔と契約して永遠の若さを得た代償にドレスに隠れた片足が牛の脚であるという魔女。

トリニダード・カーニバル

  • アフリカン・マス(AfricanMas):ぼろ布の服に未開の象徴の槍を持つが、現在では意味合いが薄れ廃れている。
  • インディアン・マス:先住民をモチーフにした姿をしており、衣装の色や装飾によりチーフ(酋長)を筆頭に、ブラック、ブルー、北米のファンシー、中南米のオーセンティック、ベネズエラの「ワラオ」姿のガラフーン(ワイルド/レッド)の五種が知られる。
  • インプス(Imps):活動的な小悪魔たち。リーダーのキングインプ、地獄門の鍵を持つアギタニア、指揮するための旗を持つマーカー、名の通りの物品を持つアックスマン、ベルマン、スケールマンがいる。
  • カウバンド(CowBand):米袋で包まれた身体を持つ牛。
  • ガトカ/アガトカバジ/グル/グルデフ(Gatka/Agatkabaj/Guru/Gurudev):パキスタンのシヴァ信仰を起源としたガトカという木製の棒で戦う1組の戦士たち。
  • キーマン(KeyMan):悪魔たちが通る場所の水門の鍵を開ける係悪魔であるが、自身も水がとても苦手。
  • クイーン・パトロネス/レディス・イン・ウェイティング(QueenPatroness/LadiesinWaiting):とても凝っている装飾的な衣装を着た女悪魔たち。
  • ジェントルマン・ジム/ジェントルマン・デビル(GentlemanJim):シルクハットに燕尾服を着た悪魔たち。
  • ジャブ・ジャブ/クーリー・デビルズ(JabJab/CoolieDevils):パトワ語で「悪魔悪魔」という意味の名で、カンダルと呼ばれるサテンのズボンと鈴がぶら下がっているブラウスを着て鞭を持つ。
  • ジャブ・モラッシー(JabMolassie):パトワ語で「糖蜜の悪魔」という意味の名で、身体に糖蜜を塗りたくっており、腰には鎖を結んでいる。現在ではブルー、レッド、グリーン、ホワイト、イエロー、泥、チョコレートシロップというバリエーションもある。
  • ジャメット(Jamèt):フランス語の「残り半分(冥界)」を意味する「diametre」が語源の、仮面をずっと被っている引退した娼婦。
  • セーラーズ(Sailors):水兵をモチーフにしておりフリーフレンチ、キング、ホワイト、ファンシー、フラワーバッグ(小麦粉袋)、レッドヘッド、ヘッドマス、ファイアマン、シービーズなどのバリエーションがある。
  • セブカン(Sebucan):ヨーロッパの伝統的な仮面舞踏のような姿でギター、クアトロ、マラカスなどの楽器を演奏する。
  • ソメイレ(Soumayree):馬に乗った女性の姿をしており、ヒンドゥー教ドゥルガー崇拝が起源であるという。
  • ネゲ・ジャディン(NegueJadin):「野原の奴隷」という意味で、他の者と戦うための棒を持つが、現在では廃れている。
  • パイ・バナ(PaiBana):「バナナのゴミ」という意味の名で、オオバコの葉に包まれた身体を持つ牛の姿をしている。
  • バロキート(Burrokeet):小さいロバに乗りながら舞う男、黒や茶、白いコウモリたちが同じように舞うバット・ダンスというものもある。
  • ビースト(Beasts):ドラゴンもしくは獣の王であるキングビーストと、王を守護するストレイ・ビーストがおり、流水(聖水)を渡れないのでキーマンの助けを借りる。
  • ピエロ・グレナダ(PierrotGrenade):フランス由来のピエロとは違い、ぼろきれで作られた衣装を纏って白いマスクを被る。グレネード(手榴弾)ではなくグレナダという国名。
  • ファンシー・クラウン(FancyClowns):通常の道化師。
  • ブックマン/ベルゼブブ/プリンス・オブ・ダーク:名前の通り本を持った悪魔で、手にしたペンで人の名前を書き込み呪う。
  • プリンス・オブ・ダークネス/ドラゴン・デビル(PrinceofDarkness/DragonDevil):ドラゴンの頭部に白い衣装の悪魔。
  • ベビー・ドール(BabyDoll):子連れの母親の姿をしており、男に出会うと自分の夫だと決めつけて、ろくでなしであると罵ってくるので物品やお金を渡して退散してもらう。
  • ミッドナイト・ロバー(MidnightRobber):真夜中の強盗。強盗王になろうとしており非常に弁が立つ。
  • ミンストレル(Minstrels):白塗り顔の吟遊詩人の姿をしておりバンジョー、マラカス、ガラガラなどの楽器を演奏する。
  • モコ・ジャンビー(MokoJumbie):アフリカ起源の報復の悪神の化身で、キュウリで作られた帽子を被りとても背が高い。
  • ルシファー/サタン:悪魔の王と副王。
  • ロレーヌ夫人/マザー・サリー(DameLorraine/MotherSally):奴隷制時代のフランス人農園主の夫人の姿をしており、尻や胸がとても大きい。


パナマの伝承

  • イクワオキニャピッピレレ(Ikwaokinyapippilele):クナ族に伝わる夜の悪魔。病気をもたらす。


ベリーズの伝承

  • ラング・ボビ・スジ(Lang Bobi Suzi):言いつけを守らない悪い子を長い乳房で鞭打つ女妖怪。


ホンジュラスの伝承

  • エル・ピクード(ElPicudo):ゾウムシという意味の名の豚の顔をした犬のような吸血動物。チュパカブラに似る。


ニカラグアの伝承

  • モクアナ(Mocuana):女性の幽霊。
  • ラ・カレタナグア/牛なしカレータ(LaCarretanagua):2頭の痩せた牛が曳く荷車に載った、フードを被っている背が高い幽霊。コスタリカにも2頭の去勢牛が曳く同様な怪異が伝わる。


カリブ海の伝承

空想科学大画報・地獄灘


  • ジャンビー/メンド/チョンゴ(Jumbee, Jumbie, Mendo, Chong):カリブ海一帯に伝わる霊的存在で地域ごとに性質は異なる。ブードゥー教のゾンビと起源を同じくする。
  • ダフィー(Duppy):カリブ海の島々に伝わるアフリカ起源の悪霊。
  • マミ・アナ:アフリカの蛇を持った水の女神が起源の精霊。
  • ルー・ガルー:火の玉に化ける吸血魔女。

ブードゥー教

Erzulie


バロン・サムディ


  • ゾボ:様々な魔術を使う呪術師で、蚊の霊に化身する。
  • ゾンビ:罪を犯した者が制裁として、司祭ボコによって死後に蘇り、奴隷として使役されたもの。

ラフカディオ・ハーンの聞いたゾンビ


  • ダンバラ・ウェド:ラダたちの長である白い蛇の化身。
  • ババル・アジェ:病気と健康の神。 
  • ペトロ:ハイチ生まれの気性が荒い精霊の総称。
  • ラダ/ロア/ダホメイ:故郷である西アフリカから来た精霊の総称。
  • レグバ/エシュ:トリックスターである特殊な精霊。十字路に住んでおり扉、街道、運命の支配者である。

南アメリカ

ブラジル神話

  • アイグナン/アグナン/アニャン:双子の英雄の悪ふざけでやり込められてしまう精霊。ハンモックを通り過ぎる魂を喰ってしまうという。
  • アウニャン・ア:牙で人々を殺してまわった悪の呪術師。オウムに欺され高所から落ちて粉々になった身体がイグアナ、カイマンワニ、トカゲになった。
  • アバーンギ:自らの鼻を切って天に投げ月を造ったという神。
  • アラシー:トゥパの妻である月の女神。
  • キィアド・ポッド:精霊。
  • キンノ:地中に棲む人間の祖で、牙と水掻きを持つ醜い姿である。アロテとトバポッドという呪術師が地面を掘った際に地上に出てきたので今の姿にされた。
  • コタア:モトビ族の善なる精霊。
  • トゥパ:雷神である最高神。
  • ネーペック:モトビ族のいたずら者の精霊。木の実が採れる木に涙を注いでしょっぱくしてしまったが、善の精霊コタアが塩味という概念を作ったので良いことに転じた。
  • バレジャッド:女の岩から生じた血だまりから生まれた呪術師。
  • バブ:二番目に血だまりから生まれた呪術師。
  • ピタホヴァイ:戦いの神。


  • アウニュ・パナとペヒウェティノメ:Auñ Pana and Pehiwetinome。ブラジルとベネズエラのヤノマミ族に伝わる。アウニュ・パナは巨大な人食い魚だが毛皮に覆われており、腕も生えている。ペヒウェティノメもまた巨大な人食い魚である。これらは水の深いところに棲む。ヤノマミ族の人々が橋を渡っていたらアウニュ・パナとペヒウェティノメが出てきて橋を噛み砕いて崩壊させてしまい、そして橋を渡っていた者たちはブタとサルに変化してしまったという。
  • アクアンドゥバ:世界に秩序をもたらすために笛を吹いていたが、愚かな人々に水に投げ込まれていなくなった。そのため人間は最初から、この世界での暮らし方を試行錯誤するしかなくなった。
  • アブフワ:毛むくじゃらの双頭の怪物で、子供を空に投げて殺して頭に穴を開け、皮だけ残して肉をほぐしながら吸ってしまう。
  • アポイアウエウエ:アマゾン川の最高神に仕える伝令。

アポイアウエウエ


  • アルヴォリ・ポドゥリ(Árvore Podre):“腐った木”という意味。『国際理解にやくだつ世界の神話7 南北アメリカ・オセアニアの神話』に記されたアピナイェ族の神話によれば、ジャガーの養子となった少年が村へ帰る時、腐った木の呼び声に返事をしてはならないとジャガーから注意されたという。しかし少年は腐った木の呼び声に答えてしまった。それ以来、人間の命は短くなってしまった。
  • アンアンガ/アンハンガ/アイアンガ/アニャンガ:平原の動物の守護者である牡鹿で、殺された動物を精霊に変え狩人を苦しめる。

アンハンガ


  • アンハングエラ:「年老いた悪魔」という意味の悪魔。現在は翼竜の一種の学名に採用されているが、実はトゥビ族によるスペイン人征服者に対するあだ名であるという。
  • イェバベロ:宇宙を創造した女神で、石英の家に住みコカの葉を噛んで人間を創造した。
  • カア・ポラー/カアー・ポラ/カアー・ボラ/カイポラ:動物たちの女王といわれる山の主。パイプと薬草を片手ずつで持ち猪に乗っている。アルゼンチンでは槍を持つ背の低い男性で、マテ茶の木の守護者ともいわれる。
  • グアラシ:創造神トパンの息子で、父の生き物の創造を助けた昼の動物の守護者。妻は妹のジャシ。
  • グァリバ・ボイア(Guariba-boia):ホエザルの頭部、大蛇の胴体、鋭い牙と猛毒を持つ。
  • クマカンガ(Cumacanga):燃える女性の頭部か人狼の頭部、もしくはシンプルに火の玉の姿で現れる妖怪。
  • ジャララカ/ハララカ(Jararaca):ブラジルに伝わる乳飲み子の体内に尾を入れて内臓から血を吸い、授乳中の母親の乳房からも血を吸うという吸血鬼。現在ではクサリヘビ科の毒蛇の名として知られる。
  • ジャシ:創造神トパンの娘で、月と夜の女神。狩人や戦士に対する愛を女性に吹き込む。
  • スメー:法の神で、キャッサバのような加工が必要な食べ物の調理法も司る。
  • ズルパリー:森の精霊で狩人を誘惑して道に迷わせて殺すという。
  • セウチ:作物と住居の守護者の女神で、キリスト教の聖母マリアと同一視された。
  • トパン:天地を創造したという雷神で、技術と魔術を男に教えた文化英雄でもある。
  • ドン・ロボ(DomLobo):民話に登場する大きな狼。一日に心臓を一つ食べる必要があるために、人前に現れてなぞなぞに答えられない者を食べていた。
  • フルパリ:人々の徳を守る神格。かつて女性が支配する世界を嫌った太陽によってセウシーという女性がククラの木の樹液で妊娠して生まれた男。男に力を付ける祭儀を行い男性中心社会に変えたといわれる。
  • ボイウナ/ボイウーナ:アマゾン川の大蛇の女神。夜になると川辺にいる者を食べてしまう。さらに不思議な力で女性を妊娠させてしまう。近年では超級アナコンダであるUMAともいわれる。
  • ミナタ=カライア(Minata-Karaia):頭に穴が空いていてそこから笛の音を発し、脇の下にココナッツが生るという伝説上の種族。
  • メガロンカンデュレ(Megalonkamduré):アピナイェ族の神話に登場する怪物。『国際理解にやくだつ世界の神話7 南北アメリカ・オセアニアの神話』によれば、とある少年がこの怪物の呼び掛けに答えてしまったため籠の中に閉じ込められたが、身代わりとして大きな石を籠の中に入れて逃げる事に成功したという。
  • ユルパリ:怖ろしい森の精霊で、キリスト教の伝道師により悪魔や悪霊と訳された。
  • ヨリシリアモリ:歌う木の神で、魅惑的な歌で女性を魅了したため、男たちに嫉妬されて殺されそうになった。そのため鳥に姿を変えて去っていったため歌う木は途絶えた。
  • ロイラ・ド・バニェイロ(Loira do Banheiro):トイレに現れるブロンドの少女の幽霊。
  • ロビソメム:下記の狼男ロビソンの別名であるとも言われる、経血に反応する吸血鬼。
  • ワナディ:イグアナの神で、創世を3回行ったが、1、2回目は飢餓、病気、死の怪物を創造してしまった。

パラグアイの伝承

  • エインティカラ(Eintykára):ハリナシミツバチの妖怪。人間に変身する能力を持つといい、さらにこの蜂が作り出す黄金の蜂蜜は軽い幻覚作用を引き起こさせるともいう。
  • ファラヒタックス(Falajitax):耳飾りを身に着けているレア(鳥類)の頭部を持った大蛇だが、それ以外にも人間や馬のような姿などの様々な姿で現れる。
  • ポンベロ/ポンベーロ :夜の男という意味の山奥に住む毛むくじゃらの小人で、近年では女性を孕ませるということで有名である。
  • マラ・ビジョン:悪の幻という意味の女幽霊。夫を嫉妬から殺した女が化けたもので、見た者は恐怖で死んでしまう。
  • タウ:悪神でケラナを攫い妻とした。
  • ケラナ:眠りの女神。タウとの間に7柱の怪物を生んだ。
    • テジュ・ジャグア/テジュー・ジャグアー(TeyúYaguá):長男。七つ頭のトカゲ。洞窟の主であり炎を噴く果樹の守護神。夜道であった人を食う。ジャガー頭のトカゲであるともいわれる。
    • ボイ・トゥイ:次男。オウム頭の蛇。泉に棲んでいる、水の生き物、両生類、霧、露、花の守護神。
    • モニャイ:三男。二本角の喉が大きな美しい蛇。盗難と悪行の守護神で、洞窟に盗んだ宝を蓄えている。
    • ジャシ・ジャテレ/ジャシー・ジャテレー:四男。キューピッドに似た魔法の杖を持つ裸の美少年で、一緒に遊んだ子供は一時的に呆けてしまう。正体は長男に似た七つ頭の犬ともいわれる。
    • クルピ:五男。下記のクルピラと同様な存在。
    • アオアオ/アホー・アホー/オペシャーカアグイ:六男:もしくはのような人食い怪物で、狙われたら聖なるヤシの木に登らないと助からない。
    • ルイソン:七男。下記のロビソンと同様な存在。七男がロビソンになるという伝承の元ネタか変形であると思われる。


チリの伝承

  • アリカント:金や銀を食べて輝く鉱脈に棲む鳥。
  • イデ:下記のハイドに似た四つ目の皮のような怪物。
  • インブンチェ:洞窟に住む毛皮の袋のような怪物で、下記のトレルケフエクヴェに命じて若い娘を攫い血を吸う。
  • エンセラドス:スペイン語で捕虜という意味の怪物で、魔女に捕らえられ肛門を含めた体中の穴を縫い合わされた子供が山羊や仲間の肉を食わせられると灰毛の食人鬼となったもの。
  • オクペ:Okpe。アルゼンチンとチリのテウェルチェ族に伝わる。全身が岩石でできている豚のような怪物で、身体には柔らかい部分が無い。蒸し煮にした肉を使って人間の子供を誘い出して捕らえ、そしてジャングルに運んでから食べてしまう。
  • オーケンパン:Oókempán。アルゼンチンとチリのテウェルチェ族に伝わる。背中に硬い殻を持った巨大な男のような姿をしており、四つんばいで豚のように歩く。殻で保護されていない踵が弱点。一切れの肉を使って人間の子供を誘い出して捕らえ、そして背中の箱に入れて誘拐してしまう。
  • カマウェトー/海のチヴァト:チロエ島に伝わる海の巨人もしくは一本角の雄牛で、川の上流で生まれたタツノオトシゴが育ったものとも言われる。
  • カルブンコ:アラウカノ族に伝わる金の身体を持つトウモロコシの穂のような姿の怪物。
  • サッポフェルソー/強蛙:亀の甲羅のような鱗に覆われた暗闇で光る蛙。
  • チヴァト:上記のエンセラドスがさらに変じた、他の魔物に隷属する人食い怪物。
  • テンテンヴィル/カイカイヴィル:父親によって蛇に変えられた女性である大地と水の蛇神。
  • トラウコ:蛇神の息子であるといわれる醜い小人で、不思議な力で女性を誘い妊娠させる。
    • フィウラ:邪悪で醜いとされるトラウコの妻。
  • トレルケフエクヴェ:白い斑点がある茶色い皮のような縁にかぎ爪を持つ怪物。下記のクエーロに類似する。
  • チョンチョン:耳で空を飛ぶ人頭。 
チョンチョン


  • ハイド:海に棲む皮のような蛸の化け物。下記のクエ-ロに類似する。
  • ピグチェン/ピウチェーン:毛に覆われた吸血ドラゴン。

センシティブな作品


  • ラ・ヴューダ(LaViuda/TheWidow):鉱山に現われる「未亡人」という意味の名で呼ばれる黒衣の美しい女幽霊で、遭遇した男に性交渉を強要してきて、断った者を殺すという。

La Viuda


  • ワリェペン/ワジェペン/ワシェペン:子牛の頭と羊の身体を持つ両生類。見た者や家畜に奇形が生まれる原因であるという。

イースター島

鳥人神話 タンガタマヌ マケ・マケ関係

 

349 モアイ/巨大な頭部



その他

  • アカリカ(Acalica):ボリビアに伝わる天候の妖精。シワだらけの小さな男性の姿をしている。
  • アタ/アタカマ・ヒューマノイド:チリのアタカマ砂漠で発見された不思議な風貌の胎児のミイラ。
  • アニア:水の精。
  • アヤプリトゥ:ペルーのサン・マルティン県に伝わる頭に毛が生えていない闇色のひよこで、鳴き声は人の死の予兆である。
  • アルマ・ムーラ/ムーラ・セン・カベッサ:悲鳴を上げる呪われたラバ。神父の内縁となった女が神罰によって変えられた切り口から火を噴く首なしラバであるといわれる。
Headless Mule - Character design


  • イェマヤ:アフリカのヨルバ族起源の水神である人魚。
  • イクティオスカプラ・アエロファギア:「秘密の動物誌」に記載される人間の足が生えた怪魚。
  • イチ:ペルーに伝わる炎のように輝く髪をした小人。真夜中に腹鼓やチスカ(笛)を吹く音で農夫を驚かす。
  • 一本腕の妖女/一本腕の幽霊:児童誌や妖怪辞典で紹介されたジャマイカに伝わるという片腕の美女で、髪の毛で犠牲者の血を吸う。
  • イプピアーラ:グアラニー族およびトゥピ族に伝承される、人をむさぼり喰って殺す毛深い半魚人、もしくは人魚
  • イルペの二人の女/ドス・ムヘレス・デル・イルペ(Dos mujeres del Irupé):湖面に浮かんでくる危険な二人の美女。
  • ウクク:熊人。
  • ウミタ/カベサ・ボラドール/ウマワキア/カテカテ:首が身体から離れて飛ぶ男女がいる怪人。近年のオカルト説ではウンモ星人と同一視される。 
  • ヴルパングエ:ギリビーロのような狐に似た頭を持つ蛇ともいわれる、クエーロとも同一視される怪物。
  • オネイティブ(Oneitib):ベネズエラに伝わる小人。
  • オマ・ポリク(Oma-poriq):インカに伝わる人頭の魔物で、夜になると「ウィス、ウィス」と鳴きながら空を飛ぶ。
  • オルコ・タイタ:山の主で眷属である動物の右耳に緑のリボンをつけているので、狩人は間違って狩らないように気をつけなければならない。漫画『軽井沢シンドローム』の喫茶店の名前に採用されている。
  • オルラ(le Horla):19世紀フランスの作家モーパッサンを苦しめた、ブラジル船でやってきた不可視な存在。
  • カイマン男/ホムバ・カイマン:女性が水浴びしているところを覗くために魔術でワニに化けた男。しかし元に戻れなくなってしまった。 
  • カデホ/カデホス:子牛ほどの大きさで、白もしくは黒色もじゃ毛の目が光る魔犬。

El Cadejos


  • ガト・ネグロス(GatoNegros):ペルーに伝わる魔力を持つ黒猫で、死人を舐めることで蘇らせ操る。
  • カルチョーナ/カルチョナ:山羊の魔女。目玉と脂肪を置いていき山羊に化けるが元に戻れない者もいる。 
  • カニ魔王:インカの壺に描かれる身体がカニの魔神。『妖魔夜行』でズデンクと名付けられ登場した。 

世界妖怪・カニ魔王


  • キブンゴ:背中に大きな口がある人食いの怪物。 

キブンゴという妖怪


  • ギリビーロ/ヌーグルヴィル:氷河期に生息する獣。7メートルほどもある蛇のような身体を持つ川の狐で、尾の鉤で人を引っかけ溺れさせる。

Nguruvilu


またガタなタンス拵えやがって少し停まってろ


Curupira

 

  • ケロン・ケンケン(Keron-Kenken):パタゴニアに伝わる悪霊。新生児を食べ、それに悲しむ母親の涙を飲む。
  • コア(Ccoa):ペルーに伝わる黒い縞模様がついた灰色の猫のような姿をした精霊。
  • コケーナ:金持ち妖怪。 
  • コソガ/ンブーン:コソガ族(ゼンゼラ族)の邪悪な秘術で造り出され使役される魔獣。
  • コルポ・セーコ:枯れ木の妖怪。
  • コンデナード:あまりにも罪深いためにあの世からも追い出された半獣の姿の死霊。
  • サシペレレ/サシー:一本足の小人。日本では『悪魔くん』の12使徒として有名。

Saci - Brazilian Folk Creatures
Releitura | Saci Pererê


センシティブな作品


  • ジャンデ・ジャリ:ボリビアのパラペティ川の「私たちの祖母」という意味の名の精霊。
  • シリコー:悪魔の使者。
  • シルボーン:人骨を集めるという妖怪。 
  • シレーナ人魚。 
  • スパイ男/スーパイ:単にスパイとも呼ばれる起源はインカ神話の死神だという鉱山の守護者である鬼。

死の神

  

  • セリート:『南米妖怪図鑑』のイラストレーターであるセーサル・サナルディが考案したポップアート妖怪。
  • ソンブレロン:グアテマラの伝承に登場する大きなソンブレロをかぶった小男。ギターを持ってラバに乗り旅をする。彼に好意を持たれた女性は食事をとらなくなり死んでしまうという。
    • ソンブレルド:ソンブレロンの他地域での呼び名で、黒づくめで二匹の黒犬を連れている黒い馬に乗った男である。アルゼンチンでは片腕が鉄で片腕が羊毛である髭の生えた男といわれる。
  • ソパイ(Sopay):インカにおける精霊の総称で、様々な種類が伝わっていたが現代ではその多くの記録は失われている。
  • ダスザ:ブラジルの風の魔神。 
  • チェルーフェ/チェルフェ:火山の溶岩の中に棲む憤怒の巨人。 
  • チャンチャ・コン・カディナス/チャンチャ・デ・ラタ:アルゼンチンの音だけが聞こえる鎖を巻き付けた牡豚。ブリキの牡豚。 
  • チュラチャキ(Chullachaki, Chullachaqui):ペルーとブラジルに伝わる妖怪。背丈が小さく醜い姿をしている。片方の脚が短く、さらに片方の足が大きかったり、足が前後逆についていたり、もしくは蹄になっていたりする。
  • 鳥人:アルゼンチンの草原に出没したとされる、人とも鳥ともつかない巨大な怪物。
  • トゥヤンゴ(Tuyango):アルゼンチンに伝わる怪鳥。レア(鳥類)に似ているが首が黄色く、人を食うという。
  • ナグアル/トノ:呪術師が化けたピグチェンと類似した蛇の化け物。 
  • ニョコ(Nyoko):ボリビアの伝説に登場する巨虫。
  • バシリスコ/バジリスコ・チロテ(Basilisco chilote):邪眼で人を衰弱させる化け鶏。

バジリコック


  • パタソーラ:復讐者である一本足の女。
  • パテターロ:最悪に不潔な妖怪で、片方の足に履いた桶で糞尿をまき散らす。
  • ハピニュニュ/アピ・ニュニュ/ハピニョニョ(Hapinunu, Hap'iynyonyo):垂れた乳房で人間を捕まえるという女性の妖怪。
  • ハルハチャ(Jarjacha):ペルーに伝わる長い首と輝く目を持った獣の妖怪。
  • ピサデイラ:寝込みを襲って金縛りにする老婆。
  • ピシュタコ/カリシリ/ニャカク/リキチリ(Pishtaco, Kharisiri, Ñakaq, Lik'ichiri):ペルーやボリビアなどのアンデス地方に伝わる妖怪。殺害した人間の体から脂肪を吸引するという。
  • ピラヌ(Piranu, Pira-nu):アルゼンチンに伝わる馬のような頭部と大きな眼を持った黒い巨大魚。
  • ファニカ:超自然的な存在。
  • プラタ・ヤビグイ(Plata yvyguy/Ybygüí):19世紀のパラグアイ戦争の際に埋められた銀などの財宝がある場所に現われる頭がない白い犬。
  • ブルーハ:西欧のものとは比べものにならないほど残酷で恐ろしい魔女。
  • ボイタタ:燃えさかる蛇であるという火の玉。
  • ボト:美男子に化けて女性を誘惑して妊娠させるアマゾンカワイルカ
  • ボラロ(Boraro):トゥカノ族に伝わる精霊。
  • マドレモンテ:マグダレナ川の女神。
  • マラブンタ:スペイン語で群れという意味の数百年に一度起こる脅威。
  • マンイ・ディ・オウロ:「黄金の母」という意味の鉱山の守護者。
  • ミコ・ブルーホ:猿に化けた魔女。 
  • ムキ(Muki, Muqui):中央アンデスのペルー、ボリビア、エクアドル、コロンビアに伝わる鉱山の精霊である小人。
  • メカラ(Mekala):アイマラ族に伝わる病気の女悪魔。
  • モハーン:ムアンやモアンとも呼ばれるコロンビアの伝承に登場する野人。背びれがあり頭が大きく足が短いといわれ、女性を攫って子を孕ませてしまう。
    • ポイラ:モハーンの一種であるという金色の少年。
  • ヤクルーナ:水中の街で人の世話をして仲間にしてしまう半魚人。映画『シェイプ・オブ・ウォーター』のモチーフとも。 
  • ラ・グリンガ・シン・カベーサ(La Gringa sin Cabeza):ガラパゴス諸島のバルトラ島に現れる首の無いアメリカ人女性の幽霊。
  • ラリラリ/ヒンチュカーニョー:ボリビア高地に伝わる犬、猫、猿に化け、眠くさせて魂を盗む小鳥の悪魔。
  • リアスタイ:山の守り神。
  • ルース・マーラ:光となってさまよう怨念。  
  • ロビソン/ロビソーメ/ロビスオメーン(Lobisón, Lobisomem):7人兄弟の末っ子が化ける人狼
  • ワコ(Wako):コロンビアとベネズエラのクィーヴァ族に伝わる精霊。齧歯類の一種であるパカ(動物)の姿をしており、斑模様と長い牙を持つ。「アオ、アオ、アオ、アオ」と鳴き、人を食うという。
  • ワニ男:ワニの獣人の姿をした精霊で、自身に親切にしてくれた者に幸運を与える。

UMA

  • ウォータータイガー(WaterTiger):水域に棲む灰色の大型ネコ科動物の総称。
    • エンツァイア・ヤワー(Entzaeia-yawá):エクアドルで目撃されたふさふさの尾を持つ脚に水掻きがある大型ネコ科動物。
    • ジウカム・ヤワー/ツェレ・ヤワー(Jiukam-yawá, Tsere-yawá):エクアドルで目撃された10匹ほどの群れで狩りをする半水棲のネコ科動物。
    • ジャングルワイルドキャット(Junglewildcat):ペルーのジャングルで目撃される群れで狩りをするネコ科動物。
    • ティグレ・ダンテロ(Tigredantero):アマゾンで目撃される「バクを食べる虎」と呼ばれる半水棲の大型ネコ科動物。
    • パマ・ヤワー(Pamá-yawá):パラグアイで目撃されたバクを捕食できるサイズの灰色のネコ科動物。
    • ワイラリマ(Wairarima):ベネゼエラのペモン族に伝承される、ジャガーの手下であるとされるバクと同じ色の大型ネコ科動物。
    • ワラカブラタイガー/ヤガミシェリ(Waracabratiger/y'agamisheri):ガイアナで目撃された恐ろしい声で吠える灰色のネコ科動物。
  • ウクマール:アルゼンチンで目撃される70㎝ほどの類人猿。
  • エサカル・パキ(esakar-paki):パラグアイで目撃された赤い毛皮を持つ、50~60頭で群れを作る未知の小型ペッカリー
    • ドワーフ・オレンジ・ペッカリー:ブラジルで目撃されたオレンジの毛皮の小型ペッカリー。
  • オンザ:メキシコに棲むジャガーやピューマとは異なる大型ネコ科動物。
  • ガーギラス:ユカタン半島に棲む原始恐竜魚。
  • カーバンクル:額に赤い宝石を持つ幻獣。
カーバンクルcarbuncle (オリジナル)


  • ギャロン:ギアナ奥地の洞窟に棲む大怪鳥。
  • グクフ:チリで目撃されるカンガルーもしくは肉食恐竜に似た生物。名の意味は現地語で悪霊。
  • シアシア・ヤワー(shiashia-yawá):エクアドルのシュアール族が報告した白い毛にオセロットより大きな斑点を持つネコ科動物。
  • スウ:パタゴニアに棲む背中に乗せた子を大きな尾で守る獣。

スウ


タギュアは現地語で象牙椰子のこと


  • ツェンクッシェン/レインボージャガー/レインボータイガー/ハウラーモンキータイガー(tsenkutsen):パラグアイで目撃された猿のような手足を持つ虹色のネコ科動物。
  • チュパカブラ:プエルトリコの吸血怪物。

チュパガブラス


  • チリブロブ:チリのロスムエルモス海岸で発見されたグロブスター
  • ナウエリート/ナウェリート:世界の果てにいるという巨大な怪物。

仕事絵 UMA ナウエリート


  • ニウヒ:イースター島周辺海域に棲む頭部の横から二本腕が生えた魚のような怪物。
  • バヒアビースト:ブラジル・バヒア州で目撃された黒い二本角の獣。
  • バミューダブロブ:バミューダ海域で目撃された直径15mもあるクラゲ状の巨大生物。
  • ビルコモンスター:チリの廃校に棲むという、ヤマアラシを思わせる鬣を持つ肉食カンガルー。
  • ブループ:チリ沖の海底で怪音を出す、クジラの6倍以上のサイズである巨大生物。
  • ホラディラ:地獄の牙という意味のアマゾン川奥地の湖に棲む背びれがある怪物で、1993年に撮影された。
  • マイポリナ/アイパ:ガイアナとスリナムの国境にあるマロニ川に棲む、3mもある黄褐色のカワウソのような動物。
  • マピングアリ:ブラジルのビッグフットともいわれる巨大な獣人。家畜の舌を抜くと恐れられる。正体は1万年ほど前に滅びたオオナマケモノの生き残りという説がある。

センシティブな作品


  • ミニョコン/ミニョカオ:1849年にブラジルで報告があった全長45m直径3mの巨大ミミズ。正体はグリプトドンという古代生物という説もある。
  • ミルタボリビアで目撃された猫とも犬ともつかない謎の動物。

Milta


食人木Ya-te-veo


  • ルスカ:バハマ諸島に棲む鮫と蛸の混じり合った魔物。

ほごのうらがき ルスカ (Lusuca)



関連タグ

外国の妖怪 宇宙人 UMA 都市伝説
アステカ神話 マヤ神話 インカ神話 ブードゥー教
スペイン語 ポルトガル語 フランス語

アメリカの妖怪 アフリカの妖怪

関連記事

親記事

外国の妖怪 かいがいのようかい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3579

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました