ピクシブ百科事典

概要

ブラジルのビッグフット”の異名を持つUMAの一種。

主に日中に活動する二足歩行もできる類人猿型の哺乳類で、体長は3~5m。強靭な腕の先には頑丈な爪が生え、赤くて大きな1つ目に血が滴る縦に大きく開く口にはぎっしりと鋭い牙が生えているとされる。

前身は赤茶色、または黒いヤマアラシの様な頑丈な剛毛で覆われ、弾丸を撃ち込んでもビクともしないといわれており、現地の人々からは「不死身の化け物」と恐れられているといわれている。

また足の親指が横に飛び出ていたという目撃証言もあるほか、大型のナマケモノの様な姿をしているという説もあるが、“瓶を押し付けたような奇妙な形の足跡”のが 最大の特徴として掲げられる。

獰猛で荒々しい性格をしており、巨大な腕手で立ち塞がる木々をなぎ倒し、時には真っ二つに引き裂きながら道を突き進むとされる。

また家畜を襲うために村を襲撃する事もあるとされ、時には人間を襲う事もあり、特に人間の頭を好物としているといわれており、その奇怪な唸り声は獲物をパニックに陥らせて動きを止めてしまうという。

なおその正体は未発見の類人猿、もしくは南米にかつて生息していたナマケモノの祖先であるメガテリウム(オオナマケモノ)の生き残りではないかといわれている。

マピングアリ【UMAモンスター/図解大事典・未確認生物】


関連タグ

UMA 南米妖怪

関連記事

親記事

UMA ゆーま

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「マピングアリ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 89

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました