ピクシブ百科事典

目次[非表示]

モンゴリアンデスワームとは、ゴビ砂漠周辺に生息するといわれているUMAの一種。

概要

体長は1m前後の巨大なミミズのような姿で、全身が血に染まったかのように赤く、その姿がの腸に似ていることから現地の人達にはオルゴイコルコイ(腸虫という意味)と呼ばれている。
獲物を狩る際、「強力な毒を吹きかける」「電撃を浴びせる」など言われている。
短い雨季の間によく出現するといわれ、性格は大変凶暴で地元の人達に恐れられている。
2005年にはイギリスの研究チームによる捜索により「その存在(地中をうごめく謎の生物)はほぼ確定的」と言われているが、毒や電撃に関しては噂が誇大化したと考えられている。
要するにとりあえず地中に何かがいるということしか分からない。

正体

大型のミミズの未発見種という説が濃厚といわれる。
電撃や毒は上記の通り噂が誇大化したものと言われる事が多い。
(デンキウナギやトカゲの一種ではないかと書く書籍もあるが、デンキウナギは南米産で乾燥環境に進出できず、誇大化した噂としても大きさなどから地中生トカゲには無理があるとされる)



関連タグ

UMA 未確認動物
サンドワーム トレマーズ デスワーム(キュウレンジャー) 
真・女神転生デビルチルドレン

関連記事

親記事

UMA ゆーま

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「モンゴリアンデスワーム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 217891

コメント