ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

ものすごい速さで空中を飛び回り、写真・動画などによってのみ存在が確認されていた有名な未確認生物。スカイ「フィッシュ」なのに魚っぽくないのは気にしてはいけない。


発見

1994年に、ビデオ編集者のホセ・エスカミーラが、アメリカ、ニューメキシコ州で撮影したビデオをコマ送りしている時に初めて発見された謎の飛行生物。

ウミヘビタチウオのように細長い身体を緩やかにくねらせながら、両脇に生えたヒレのようなものを波打たせて飛行するが、肉眼で目にすることは(でき)ない事から、空中を超高速で飛行する生物ではないかと推測された。

ちなみに見た目が棒状なので「RODS(ロッズ=棒)」とも呼ばれている他、アルゼンチンにはスカイフィッシュのような1000年前の壁画が残されている。

 

真相?

こうして有名になったスカイフィッシュだが、現在ではUMA研究者の間でも眉唾な存在として認識されている。

 

というのも近年の撮影技術向上により、ハエなどの羽虫がフレームレートを超えて高速で飛行すると、一コマの内に映る姿が航跡に沿って長く引き伸ばされる事が確認されたため(これを「ブラー現象」という)。

「通常再生すると映っていないのに、コマ送りすると確認できる」などと言われることもあるが、それは「ほんの一コマ分の時間しかその場に存在していなかった」ということで、普通に考えれば「撮影範囲を高速で通過した」としか解釈のしようがない。

そのためこれもまた前述の「羽虫の残像」説が有力視される要因となっている。


その性質から、シャッター速度を細かく調節出来るデジカメがあれば自力で簡単に撮影が可能で、水槽やプラケースに羽虫を入れてシャッター速度を遅めに調節すると撮りやすい。被写体の虫によって写るスカイフィッシュの形も変わるため、シャッターの仕組みと組み合わせれば小学生の自由研究くらいにはなるかもしれない。

 

まあ実在する可能性も0ではないが、今のところコイツが見間違いだと言える証拠が揃ってしまっている以上、それは限りなく無に等しい。ちなみに同じく見間違い説が取り沙汰されるUMAとしてはツチノコイエティなどがいる。


創作での扱い

シビシラス

リキエルとスカイハイとロッズ

スカイフィッシュ

センシティブな作品

トレジャーガウスト:ギアレットシリーズにコイツがモチーフらしき「エアロフィッシュ」が登場。カオスアローにバーサクエアロのリングをセットし、ある時刻にシカケを使うと現れる。

セブンスドラゴン:初代のザコ敵として登場。しかし「アゴが発達した獰猛な小魚」という見た目はスカイフィッシュの要素がない。



関連タグ

UMA 空の魚

関連記事

親記事

UMA ゆーま

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1116981

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました