ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

ジェヴォーダンの獣」は、

  1. 18世紀のフランス・ジェヴォーダン地方(現在はロゼール県の一部)に出現したオオカミに似た怪物。「ジェヴォーダンの獣事件」
  2. 1を題材にした2001年公開のフランス映画
この項目では、両方について記載

1.事件の概要

1764年から1767年にかけマルジェリド山地周辺に現れ、60人から100人の人間を襲った。
1764年の6月、農作業中の少女に目撃されて以来、16歳以下の男性を39人、女性79人、性別不明12人を殺害したとされている(成人男性の犠牲者は報告されておらず、非力な獲物をターゲットにしていたと思われる)。目撃者達の証言によると、程の大きさで俊敏に動き、全身が剛毛で覆われたのような外観で、鋭い鉤爪とライオンのような尾を持ち、口からは大きくはみ出た牙があり、面立ちはグレイハウンド犬のようであったとされる。

フランス王ルイ15世が何度か討伐隊を派遣し、1767年に地元の猟師がジェヴォーダンの獣を射殺して事件は収束したとされる。
しかし、複雑な時代を背景に起きたこの怪事件の真相は、未だに謎が多いままである。

本によっては、UMA(未確認生物)としても、人狼・吸血鬼・黒犬獣的な妖怪や魔獣としても紹介される。どちらの要素も持ちあわせている。


正体に関しては諸説あり、メジャーなものでは『オオカミ説』や『ハイエナ説』、『人間説』はたまたこの手の都市伝説につきものな『陰謀説(=つまり獣に飼い主がいた)』が挙げられる他、とあるドキュメンタリー番組ではジェヴォーダンの獣が死亡したされる時期に発見されたと言う、未知の肉食獣の頭骨の特徴から『狼と熊のハイブリッド説』等も挙げられる。当時はプロテスタントカトリックの宗教的な対立が著しく、ユグノー戦争が起きたばかりの時期であり、天罰の為に差し向けられた存在だとする司教の存在や、聖書の一節を読み終わるまでじっと待っていたと言う話(どう考えても作り話にしか見えないが)がある等、宗教的な要素と結び付けられた事もあった。もしかしたら数ある殺人事件や獣害事件が1つに纏まって、尾ひれが付いたものこそが〈ジェヴォーダンの獣〉なのかもしれない。

2.映画の概要

上記の事件を題材にした映画。何故かガリアンソードが登場する。
史実を由来にしたドキュメンタリー調のではなく、斜め上の方向にエンターテインメント性を追求している。

だがそれがいい!!

関連タグ

UMA 人狼 狼男 ワーウルフ 吸血鬼 悪魔 妖精 妖怪 怪物 魔犬 ヘルハウンド 宍田獣郎太

関連記事

親記事

UMA ゆーま

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ジェヴォーダンの獣」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ジェヴォーダンの獣」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 17966

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました