2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

人を楽しませるもの。楽しむためのもの。娯楽

原義の"entertainment"は特に演者の技能を鑑賞することを主体とした見せ物出し物余興などを意味する言葉で、スポーツ舞台演劇演奏会公演などを指す。
広義では、娯楽作品一般の総称ともされ、漫画アニメ小説映画テレビ番組等も含まれる。

暗黙の了解

その多くが観客や視聴者・読者を相手にした「客商売」であることから、ある種の暗黙の了解が存在する。
多くは居酒屋等でのマナーにも通じるが、露骨なヘイト煽りが混じる、若しくは明らかに娯楽の範疇を逸脱した政治ネタ、宗教ネタ、あるいはスポーツサブカル有名人いじり等がタブーとされる。これらは不特定多数からの怒り失笑を買いやすく、それが度が過ぎてしまえば業界から干される切っ掛けにもなる。それ以前に、顧客側としては『娯楽』を求めているのに提供側から独りよがり主観全開の三文芝居をやらかされたら「雰囲気ぶち壊しじゃい‼」ってなるのは当然のことではあるのだが…

しかし、(程度を弁えさえすれば)こうした風刺時事ネタそのものはツボにはまれば大受けしやすいのは確かであり、しかも一定の階層からの共感や支持を得やすい上に、自身も「上から目線」になれてエクスタシーを得やすいという側面もある。そのため、創作や仕事の行き詰まりから安易に手を出すクリエイター芸人が後を絶たない。しかし、その多くは独善傾向の芸風・作風に終始して低クオリティなものを乱発し、結局は二進も三進もいかなくなってポシャっていくのがテンプレではある。
逆に言えば、このような行為を露骨に(もしくは下手糞に)行うようになった当事者とは、言ってしまえば自身の主義主張自己表現を上手く「創作に落とし込む」というテクニックを放棄したわけで、この部分に手を付けはじめた頃が落ち目ともいえる。

こうしたネタをあえて扱う番組や作品として『笑点』や『銀魂』、『聖☆おにいさん』等があるが、これらはあくまで「」や「作品」の範疇を逸脱していないからこそ成立しているのであり、そもそも芸や作品そのもののクオリティが高い



別名・表記揺れ

エンタテイメント エンタメ

関連タグ

文化 娯楽
エンターテイナー アミューズメント
エンターテインメント作品のジャンル一覧

WWEワールドレスリングエンターテインメント

関連記事

親記事

娯楽 ごらく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5703

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました