2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

哀しき悪役まとめ。

代表的なキャラクター

アニメ・漫画

映画ドラえもん

  • 恐竜人(のび太と竜の騎士)、昆虫人(のび太の創世日記
    • 両者とも住む場所を人間に奪われてしまい、人間の土地を侵略しようとしているという点ではある意味哀しい種族ではある。


  • リンレイのび太のパラレル西遊記
    • 三蔵法師の弟子として暗躍して三蔵を妖怪に捕らえさせたが、三蔵には初めから正体を見抜かれていたことで罪悪感を痛感し、孫悟空に成り済ますのび太に父の牛魔王を倒されて全ての妖怪たちが魔力を失った上、母の羅刹女も宙に浮きながら魔力を失ったまま溶岩に落下死したため、両親を失ったことを悲しんでおり、善玉に目覚めた妖怪としては悲劇的な人生を体験していた。
    • モデルは西遊記に登場した紅孩児

ガンダムシリーズ



  • マスク/ルイン・リーマニィ・アンバサダガンダムGのレコンギスタ
    • かつてはベルリの良き先輩であり友人である等関係が良かったが、やがて野心に取り憑かれ、ベルリの事も「独裁者となる男」としてその命をつけ狙うようになり、マニィもそんな彼の為に自ら巻き込まれてしまうのだが、そうした暴走のきっかけが自分達の出自故のコンプレックスである事を考えると、哀しいとも言えなくも無い。

プリキュアシリーズ


  • ガマオYes!プリキュア5
    • 黒い仮面の効能も知らされず散ったが、パルミエ王国の滅亡を話題に関与していないのならば、自身が楽して幸せになりたいが為にドリームコレットに翻弄された哀れな悪役と言えるかもしれない。また、ブンビーもカワリーノのこの行動を糾弾していた。

  • シビレッタYes!プリキュア5GoGo!
    • 館長に信頼されていたものの、どんな物語を読んでも館長の心を動かすことが出来なかった苛立ちから物語を道具扱いするようになったという点では哀しいとも言えなくはない。

暗殺教室

  • 榊原蓮
    • 彼だけE組への悪質な嫌がらせをしていないが、立場の関係で学秀以外の五英傑と同じ扱いになっている。


  • 潮田広海
    • 息子である潮田渚への仕打ちは彼女の学生時代にできなかったことの押しつけという許されないことであるが、自身もかつて毒親である両親によって性格を歪められたという点は哀れである。なお、神崎有希子竹林孝太郎も父と同じ職業になることを強要されたり家族から除け者にされたりとかなり悪質な虐待を受けているが渚と広海のようにピックアップされなかった。

作品別


  • ムサシコジロウニャースアニメ版 ポケットモンスター
    • 名乗りを上げる通りロケット団に所属しているが、これにはそれぞれの悲しい過去が関係している。また、1度登録を解除された事があったが、後に復帰した。そして現在でも、サトシのピカチュウを捕まえようと必死で頑張っているが、その努力が報われる事はなく、ボスのサカキやその秘書のマトリには散々役立たず扱いされる上でほとんど失敗に終わっている(他の任務は成功を収めることが多い)。

  • 機械神熱血最強ゴウザウラー
    • 自分達がいた星が、戦争で滅んで、二度と繰り返さないように生命を否定するようになったという点では、哀しいとも言えなくはない。

小説・ライトノベル


  • ヘイダル「攻略本」を駆使する最強の魔法使い
    • 愚帝で有るの排除と、数千年に及ぶ長寿を得て支配者となり、徴兵せず(民を犠牲せず)に侵略戦争を行える戦闘能力を得る事で、祖国を大帝国として君臨させるためという理由から魔物魂を売ったが、後にその魔物を裏切った事で見事討伐する事にも成功した。(この事は主人公も『契約上、魂は売っても皇太子(皇族)としての尊厳までは売らなかった』『人としては超えてはならない一線だが同時に偉業以外の何物でもない』と評している。)

ゲーム

龍が如くシリーズ

  • 峯義孝龍が如く3
    • 周囲の人間が唯一の身内であった「おじさん」以外は自分のことしか頭にない人間ばかりだったせいで人間不信に陥ってしまい、故に「おじさん」以外で自分と初めて向き合ってくれた恩人堂島大吾の危篤が切っ掛けとなり暴走を始めてしまう。そんな自分と同じ境遇でありながら正反対の道を歩むことが出来た桐生に嫉妬するその姿は桐生がもし風間や錦山、由美といったヒマワリの面々と出会えていなかったらこうなってしまっていたかもしれないという桐生のIFというべき存在だったと言える。



作品別

  • アックームマリオ&ルイージRPG4
    • クッパを操っていたつもりが逆に操られ、更には普段失敗しても部下を評価するクッパに弱過ぎとこき下ろされてしまった。


  • シャドウ・ザ・ヘッジホッグソニックアドベンチャー2
    • 50年前、スペースコロニー・アークでプロフェッサー・ジェラルド・ロボトニックの孫娘・マリアの病を治そうとするが、マリアが実験生命体(人工カオス)の暴走によるアークの閉鎖と研究員の口封じに巻き込まれて死ぬ際に伝えた遺言の「私の代わりに、いつか必ず、あの星に住む全ての人達に・・・」を上手く聞き取れず、その遺言が「全ての人達に復讐を」だと誤解したままコールドスリープし、現代に目覚めてからはDr.エッグマンを利用したりソニックに罪を着せたりして人類抹殺を目論む。だが、マリアの遺言が「全ての人達に幸せになるチャンスを与えてあげて」であったことを理解し、ジェラルドがプログラムに組み込んだアークの地球衝突をソニックと共にカオスコントロールで阻止して人類を守り、力を使い果たして大気圏に落下するという誤解が招いた最期を迎える。・・・と思いきや、エッグマンに救出されてソニックヒーローズにて記憶喪失状態で復活した。

  • ルエリマビノギ
    • その容姿、誰もが信じる勇者でありながら、少年期のマリー・タルラークとの別れを機に恐るべき…日本人に描けるかというほど転落し続ける。どれだけ"善"か痛いほど伝わるのに…2015年時の最新ドラマでは目も当てられぬ末路に至っている。

  • ギリアス・オズボーン閃の軌跡
    • 閃の軌跡Ⅱ創の軌跡における回想では息子を想う父親としての姿が描かれているほか、『閃の軌跡Ⅳ』において、過去、ハーメルの悲劇を起こした軍人によって自宅を襲撃されて妻を殺され、息子も半死半生の状態にされたことから、たびたび襲っていた邪霊に付け入られた事で現在の様な人物に変わってしまったと考えられる。最期は間接的な形であるが、息子に助力して邪霊を滅ぼし、世を去った。

  • レオパルドドラゴンクエスト8
    • たまたま落ちてきた杖を拾ってみただけなのに、その杖に封印されていたラプソーンに操られ魔物と化したことで自らを溺愛していたハワードに「あれはもう別物」と見放された後に主人公に倒され死亡する。

  • エピタフ白猫プロジェクト
    • 三周年イベントで発覚した過去は確かに哀しき悪役だが、これまでの残忍さと出した被害がやはりイメージとして定着しすぎてしまったため評価が非常に難しい。


  • ベルカ人エースコンバット
    • ベルカ戦争で自国内で七つの核を起爆させて、領土を破壊して以来世界各地の戦争にそのずば抜けた高い先端技術と国家間を混沌に陥れる謀略の数々をばら撒き暗躍する。主人公達に濡れ衣などを着せるところから、同情の余地はないように思えるが、その根底にはかつてその欲望を含んだ手で鉄槌を下した国々に対する復讐心とかつての強国だった頃の栄光と立場を取り戻すという思いがそこにあった。しかし、その思いとは裏腹に立場はよくなるどころか上記の悪行ゆえに悪くなる一方である。彼等もある意味戦争が生んだ加害者であると同時に被害者でもある。

  • 美柳ちなみ逆転裁判3
    • 霊媒師の素質とされる霊力には全く恵まれなかったために母の綾里キミ子からは冷遇され、宝石商の父は綾里家の権力を目当てにキミ子と結婚したことから父にも愛されることはなく、それが彼女の人格形成に大きな影響を与えてしまったとあやめは語っているか、ある意味当てはまる


特撮

ゴジラシリーズ

  • 初代ゴジラ
    • 大戸島近海で水爆実験により目を覚まし、太平洋上で何隻もの船を撃沈し、大戸島と東京を襲撃した。しかし、東京湾で芹沢博士が開発したオキシジェン・デストロイヤーによって海の酸素を破壊されて死滅するも、オキシジェン・デストロイヤーの秘密を完全に消し去るべく芹沢博士自身もゴジラと共に死滅することになっており、日本の特撮の原点的存在としては山根博士曰く人類に光を当てられて怒るだけで暴れた上、芹沢博士も水爆以上の大量破壊兵器となる恐れを持つオキシジェン・デストロイヤーを開発したことに痛感しており、最終的に一人の科学者と共に死滅するという悲惨な結果に過ぎなかった模様。


  • ガイガンゴジラシリーズ
    • 初登場の時点で、すでにキングギドラと同様に操られており、昭和版では最後は必ず逃げ帰ってしまう。しかもファイナルウォーズでは、その様な知能の低さがあだとなり、最後はうっかり自分の首を切り落としてしまった。そしてアニゴジ前日譚小説の「プロジェクト・メカゴジラ」ではゴジラに何度も負けてその度何度も改造された結果…


仮面ライダーシリーズ

  • 浅倉威/仮面ライダー王蛇仮面ライダー龍騎
    • 「イライラする」という理由だけで殺人を犯す凶悪犯だが、そうなってしまった背景には、幼少期に両親から弟と比較されながら虐待を受けていたことを匂わす描写がある(結果、両親と弟は浅倉の手にかかった)。また小説版では、「生きている人間は糞尿の臭いがし、その臭いを消すため」に殺人を続けており、そうなった要因は、複数の男と関係を持っていた母親に、汲み取り式便所の底に産み捨てられたという悲惨な出生によるものである(その母親も、生き延びて便所から這い上がってきた浅倉によって死に追いやられた)。人間離れした極悪非道さが目立つ人物だが、親(もしくは周囲)から真っ当な愛を受けずに育ったという観点から見れば「哀れな存在」と言える。


  • 草加雅人/仮面ライダーカイザ仮面ライダー555
    • 本編では味方ライダーでありながら、主人公・乾巧やもう1人の主人公・木場勇治に対して数々の卑劣な行為を行ってきたため悪役として扱われることが多い。しかし一方では幼少期にいじめから救ってきたヒロイン・園田真理に対しては恩を感じており、彼女を傷つける者には敵意を表したり、オルフェノク殺された仲間の無念を晴らしたいという気持ちを持っているため、善悪問わずそれらの行動は筋が通っており、彼と敵対してきた巧は彼の過去を知った後は終盤において彼に対する評価を改め、彼が悲惨な最期を遂げるとその死を惜しんだ。


  • メガヘクスMOVIE大戦フルスロットル
    • ヘルヘイムの侵略を乗り越える為に母星と自らを機械化し、その結果としてヘルヘイムと同等以上の災厄に成り果ててしまった。元々は被害者でありながら加害者になってしまうとは、皮肉以外の何物でも無い。

  • メディック仮面ライダードライブ
    • 長きに渡って悪魔の如き冷酷さを発揮し続けてきたが、終盤において回復能力の副作用(他のロイミュードが人間から吸収した負の感情が逆流する)が原因であり本来は慈悲深い性格だったと判明した。人間の負の感情を知ってしまったばっかりに冷酷な悪魔に成り果ててしまった点では、人間の愚かさに失望し、支配を目論んだハート同様に哀れとも言える。


  • オルテカ仮面ライダーリバイス
    • 所業などは非道だとされているが、優れた頭脳を持っていたことが原因で周囲の大人から疎まれ、父親からも「化け物」呼ばわりされながら身体的・精神的虐待を受けながら育ったのが原因であると言う事では当てはまる。

ウルトラシリーズ

  • バルタン星人ウルトラマン
    • 宇宙旅行中に母星が発狂した科学者の核実験で滅亡してしまい、火星には弱点である「スペシウム」が存在するため移住できず、宇宙船の修理のために立ち寄った地球を、新たな移住先として侵略する。作品によっては凶悪宇宙人として描かれることもあるが、平成ウルトラマンシリーズでも母星が滅んだ者もいるため哀しき悪役と言える。


  • エンペラ星人ウルトラマンメビウス
    • 母星を失ったために仲間を失い、光があるものに全て恨みを抱くようになりそれで闇で覆いつくそうとしているという点では哀しき悪役とも言えなくない。なお、公式ではないが、ウルトラ大戦争の動画では悲惨な過去があったように描かれているが、恐らく哀しいと言えるのは間違いないだろう。


  • バンデラス平成ウルトラセブン
    • 自分の星を救うために、欲望を集めて復活しようとしていたが、自分の星系の生命体がほぼいないと知ってしまっても自分が輝けばまた戻ってくると思ってやっているという点では哀しいと言えるだろう。

スーパー戦隊シリーズ

  • ビリーザ星人ヴィーノ特捜戦隊デカレンジャー
    • 命を張ろうが人々から感謝されず、あまつさえ恐れられ疎まれることすらある日々の仕事に嫌気が差してしまい、そんな折に射撃の腕を見込んだ非合法組織にスカウトされたことで金に目が眩んでしまったと言う点では当てはまる。実際、現実でも介護士が安月給で働かせられた上に入居者からの暴力を振るわれたことに耐えられずに殺害したと言う事例もあるぐらいだし、彼も哀しいと言えるかもしれない。




作品別

  • セイギ宇宙刑事シャリバン
    • いくら戦っても宇宙にはびこる悪が無くならない現実に失望して悪の道へと堕ちてしまったという点では哀しき悪役だといえるかもしれない。



  • トラボルトテツワン探偵ロボタック
    • 真実を知らなかったとはいえ、自分がトラ型ではなくネコ型だったと知り悪の道に走ってしまったという事情がある点では哀れと言える。但し、最終回で改修され完全なトラ型になれたことで改心している。

ドラマ

  • 夢見崎★体育天才てれびくんYOU
    • 他闇のもじ守と比べ、「世界一有名になりたい」という個人的な理由から騒ぎを遊び半分で楽しむ、母親の仕事を手伝わない怠け者、さらにはなまえんじぇるをある理由から逆恨みしておりもじ魔獣化させていたため同情できる要素はひとつもなかったが後に禍禍団にモルモット扱いされていただけの哀れな被害者でもあることが判明した。その後改心し、母親の仕事を手伝うようになり、実家である旅館を宣伝するための善良な動画投稿者になった。


  • お東の方独眼竜政宗
    • 史実では息子を殺害しようとした悪女(ただし近年の研究では見直されている)だが、本作ではそれらの行動息子を愛しすぎた故の裏返しとして描かれている。

海外作品

ディズニー

  • プロスペクタートイ・ストーリー2
    • かつておもちゃ屋で他のおもちゃが売れていく中自分だけ売れ残っていたという過去から博物館に行くことに執着するようになってしまったという点は哀れと言える。


  • シンドロームMr.インクレディブル
    • 無関係のヒーローを虐殺したとは言え、彼がこうなった発端はインクレディブルが相棒になろうとする彼を冷たい態度で接したことが原因でヒーローを信じられなくなったからである。劇中では彼は努力を惜しまない人であったのではと言う描写もある事から、インクレディブルの言動は努力を否定しているように見えると言う人も多い。ある意味ではヒーロー側の不祥事で人生を狂わされた被害者とも言える。

  • ハンスアナと雪の女王
    • 裏設定では兄達からイジメを受け、父親からも期待されずに育った事が原因で人格が歪んだことを仄めかしており、挙句の果てには父親と兄達から自分の事を棚に上げて謝罪もせずに一方的に罰せられたという点では、哀しき悪役と言える。


作品別

  • キングコングキングコング
    • 自分を見世物にしようとする人間の都合で連れてこられ、好意を抱いた女性と結ばれることなくビルから転落死する。


  • インドミナス・レックスジュラシック・ワールド
    • 「新たな恐竜を創ってアトラクションの目玉にして儲けよう」という人間のエゴによって生み出されたキメラ恐竜である。しかも長い間外界から隔離されていた上に生きた生物を見た事がないため、自分が誰なのか分からないという理由もあり、自分の存在を探るためにあらゆる生き物を虐殺しまくる。自分の存在が知りたくて生き物を徹底的に殺害するなんて、皮肉なものである。

  • ホワイトファングRWBY
    • 元々は獣人属・ファウナスの団体で、当初は人間との平和的な共生を望んでいたが、人間達の偏見が収まらず、やがてリーダーが変わった事もありテロや略奪行為も辞さない過激派組織となってしまった。また、日本オリジナルの小説版では一部の人間達によって虐げられたファウナスの内の数名が事件後彼らの仲間に加わってしまった模様。

哀しき悪役たち

あ行


か行


さ行


た行


な行


は行


ま行


や行


ら行


わ行


哀しき悪役登場作品

※少人数ではなく多く登場している作品のみ。


哀しき悪役の創作者たち

漫画家・小説家


脚本家・演出家


プロデューサー


俳優・声優

太字は故人。

男優(日本)天本英世石橋凌石橋蓮司市川猿之助市川左團次伊武雅刀遠藤憲一大和田獏織田裕二香川照之風間杜夫片岡愛之助唐沢寿明川谷拓三岸谷五朗北大路欣也草刈正雄近藤正臣堺雅人真田広之柴田恭兵菅原文太反町隆史高嶋政伸高嶋政宏高橋一生高橋英樹竹内力田中邦衛田宮二郎田村高廣丹波哲郎千葉真一津川雅彦寺脇康文内藤剛志中井貴一中尾彬長塚京三長塚圭史長門裕之中野英雄中村勘三郎中村獅童西島秀俊西田敏行西村まさ彦根津甚八長谷川博己原田芳雄ビートたけし平幹二朗藤岡琢也藤田まこと藤山寛美フランキー堺松田優作松平健松本幸四郎的場浩司三浦友和村上弘明室田日出男役所広司薬丸裕英安岡力也山城新伍吉田栄作渡瀬恒彦渡哲也
女優(日本)浅野温子浅野ゆう子天海祐希綾瀬はるか淡路恵子石田ひかり泉ピン子岩下志麻大竹しのぶ小川眞由美小沢真珠乙羽信子梶芽衣子木村文乃木村佳乃草笛光子黒木瞳小池栄子相楽晴子五月みどり沢口靖子沢尻エリカ篠原涼子清水美沙杉浦幸鈴木保奈美瀬戸朝香大地真央高岡早紀高橋ひとみ竹内結子田中美奈子遠野なぎこ仲間由紀恵夏木マリ名取裕子菜々緒樋口可南子深田恭子富司純子松嶋菜々子森公美子森光子山口智子山本陽子余貴美子米倉涼子渡辺えり
男性声優蒼井翔太青野武池田秀一池田政典石川界人石川英郎石田彰石塚運昇井上和彦内山昂輝内海賢二大塚明夫大塚周夫置鮎龍太郎神奈延年岸尾だいすけ桐本琢也玄田哲章小杉十郎太子安武人小山剛志小山力也櫻井孝宏佐々木望塩沢兼人島田敏杉田智和菅生隆之鈴置洋孝鈴村健一諏訪部順一関俊彦関智一立木文彦田中秀幸戸谷公次永井一郎中田譲治中村悠一難波圭一西尾徳野島昭生野島健児檜山修之平川大輔藤原啓治二又一成保志総一朗堀秀行堀内賢雄堀川りょう松野太紀松本保典三木眞一郎三ツ矢雄二緑川光森川智之矢尾一樹山路和弘若本規夫
女性声優青木和代伊倉一恵伊藤美紀井上喜久子井上瑤植田佳奈大原さやか緒方恵美折笠富美子勝生真沙子川村万梨阿来宮良子京田尚子小清水亜美小山茉美榊原良子佐久間レイ佐藤利奈下屋則子島本須美瀬戸麻沙美高山みなみ田中敦子田村ゆかり土井美加冬馬由美戸田恵子長沢美樹野沢雅子能登麻美子潘恵子氷上恭子日髙のり子藤田淑子渕崎ゆり子真柴摩利松谷彼哉皆川純子悠木碧ゆきのさつき横山智佐渡辺美佐

関連記事

親記事

pixpediaの一覧の一覧 ぴくぺでぃあのいちらんのいちらん

兄弟記事

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました