ピクシブ百科事典

堀越耕平

ほりこしこうへい

日本の男性漫画家。
目次[非表示]

経歴(参考:Wikipedia)

1986年11月20日 愛知県出身
第72回(2006年下期)手塚賞に「ヌケガラ」を投稿し、佳作を受賞した。『赤マルジャンプ』(集英社)2007 SUMMERに読切『テンコ』が掲載されデビューを果たす。
その後も『赤マルジャンプ』2008 WINTERに読切『僕のヒーロー』を、『赤マルジャンプ』2008 SUMMERに読切『進化ラプソディ』を掲載する。

『週刊少年ジャンプ』(集英社)2010年2号に読切『逢魔ヶ刻動物園』を掲載。この読切を元に『週刊少年ジャンプ』2010年32号から2011年19号まで『逢魔ヶ刻動物園』を連載する。

『少年ジャンプNEXT!』(集英社)2011 SUMMERに読切『宇宙少年バルジ』を掲載。この読切を元に『週刊少年ジャンプ』2012年25号から『戦星のバルジ』を連載する。
しかし、『戦星のバルジ』の連載は短期間で終了したため精神的に落ち込み、創作活動が停滞してしまう。

しかし過去の読切で最も書きやすかった読切『僕のヒーロー』に活路を見出し、この作品を元に『週刊少年ジャンプ』2014年32号より『僕のヒーローアカデミア』を連載。同作は今までで最も楽しく描いているという。
そのためか、ヒット漫画となり、僅か1年3ヶ月でこの度、アニメ化が決定した。

代表作

2010年:逢魔ヶ刻動物園2012年:戦星のバルジ2014年:僕のヒーローアカデミア
逢魔ヶ刻にいらっしゃい!!!!
戦星のバルジ
僕の!


余談

知っている人もいると思うが、『ONE PIECE』77巻の質問コーナーSBSで23巻のウソップギャラリー海賊団に載ったことのある読者であることが判明。『ONE PIECE』の作者である尾田栄一郎が言うには「ジャンプの新年会で本人が教えてくれた」とのこと。

根っからのアメコミオタクで、仕事場にはスパイダーマンやバットマン、果ては日本ではあまり知名度がないヒーローのフィギュアが山積している。出世作となった僕のヒーローアカデミアの構想についてはMARVELの影響が強いと語っている。

外部リンク

作者公式Twitter

pixivに投稿された作品 pixivで「堀越耕平」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 384513

コメント