ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

アメリカ合衆国でアメリカン・コミック(アメコミ)を出版する企業。DCコミックと並びアメコミ界の2台巨頭の1つ。現在はディズニー傘下。

2000年代からは自社のスーパーヒーローを実写映画化した数々の作品が成功を収めており、特に『アイアンマン』から始まる「マーベル・シネマティック・ユニバース」は世界規模の一大フランチャイズと化している。


持ち株会社である「マーベル・エンターテイメント」を頂点として、コミック事業を手掛ける「マーベル・コミック」、アニメ事業の「マーベル・アニメーション」、テレビ作品の「マーベル・TV・スタジオ」など、事業ごとに多数の企業に分かれた巨大グループを形成している。


自社の作品間でのクロスオーバーが大変盛んであり、シリーズ単体よりもクロスオーバーで魅せる作品が多く、世代や世界観の枠を超えた壮大なストーリーを展開する。

一方、ヒーローたちの世代交代や復活など、キャラクターの浮き沈みもとても激しく、いわゆる“大人の事情”で波乱万丈な人生を歩まされるヒーローが絶えない。中には丸々“なかったこと”にされた設定や作品も多く、担当漫画家によっては収拾不可能な“カオス地獄”に陥ることもあった。

しかし裏を返せば、それは「個性的なヒーローが多い」ことを意味するところでもあり、“硬派な肉体派ヒーロー”の多いDCコミックとは対照的に、“超能力や超科学によるファンタスティックな技巧派”の多さこそMARVELの特色といえる。

創立80年で産み出したヒーローの数は現在8000体に上る。


アメコミの常で、同じキャラクターでも作品(担当クリエイター)が違うと設定が違ったり、時にはキャラクターが全員動物になっていたりキャラクターがゾンビになっていたりする。

こうした設定の矛盾を解決する意図もあり、正史とは異なる設定のコミック・アニメ・ゲーム・実写作品はすべて並行世界マルチバース)であるという設定が導入されている。(こうした世界設定は、アメコミにおける先駆者であったDCコミックを参考にしたらしい)

数多ある並行世界のうち、主要なコミックで描かれる世界「マーベル・ユニバース」は「アース616」とナンバリングされ、他の並行世界も同様にナンバリングされている。

詳しくはマルチバース(MARVEL)を参照。


主なキャラクター/チーム

※それぞれ五十音順。ストーリーや作品媒体によって敵味方が激しく入れ替わるので、分類はあくまで参考である

ヒーロー側

アイアンハート / アイアン・フィスト / アイアンマン / アダム・ウォーロック / アントマン
イウイカリス / インビジブル・ウーマン / ヴィジョン / ウェアウルフ・バイ・ナイト / ウルヴァリン
エージェント・ヴェノム / エイジャック /X-23 / エゼキエル・シムズ /エマ・フロスト / エレクトラ
カキガモーラ / ガンビット / キックアス / キャプテン・アメリカ / キャプテン・マーベル / ギルガメッシュ / キンゴ
クケコクイックシルバー / クエーサー / グルート / ケーブル / ケイザー / ゴーストライダー / コロッサス
サイクロップス / サイロック / ザ・シング / サンファイア
シーハルク / ジーン・グレイ / ジェシカ・ジョーンズ / シャン・チー / ジュビリー / シルバーサーファー / シルク
スカーレットウィッチ / スクイレル・ガール / スター・ロード / ストーム / スパイダーウーマン / スパイダーグウェン / スパイダーマン
セソゼウス / セナ / セルシ / セントリー / ソーズマン
テトデアデビル / デッドプール / ドクター・ストレンジ / ドミノ/ ドラックス・ザ・デストロイヤー / ドルイグ
ナニヌネノナイトクローラー / ニック・フューリー / ネイモア・ザ・サブマリナー / ノヴァ
ハヒハーキュリーズ / パニッシャー / ハルク / ハワード・ザ・ダック / ヒットガール/ ヒューマントーチ
フホファストス / ファルコン / ブラック・ウィドウ / ブラックキャット / ブラックパンサー /ブラックボルト / ブルーマーベル / ブレイド / ホークアイ
マミムマイティ・ソー / マダム・ウェブ / マッカリ /マンシング / Mr.ファンタスティック / Ms.マーベル / ムーンナイト
ルロルーク・ケイジ / ローグ / ロケットラクーン
ワスプ / ワンダーマン

ヒーローチーム

長年の連載の間に多数のヒーローたちが存在するため、有名なチームメンバーの組み合わせや創立メンバーはいるものの、時期によってメンバーは脱退したり死亡したり行方不明になったり、追加加入や入れ替わりなどをしたり、あるいは解散後に名前こそ同じだがまったく別のメンバーが新たに結成したり、大人の都合(人気が出なかったのでテコ入れや連載終了など)で振り回されたりと多くの場合チームメンバーは一定していない(これはヴィランのチームも一緒)。

ちなみにチームを維持していくにはチームメイトの装備や移動手段(クインジェットなど)の確保、新装備の開発、本拠地や訓練用施設の維持に、本拠地や市街が襲撃され破壊されるのでその修繕などで多額の資金がかかるため、アングラで活躍するダークヒーローではない正統派なヒーローチームの場合、チーム内に一人は金持ち(アベンジャーズならアイアンマンやアイアンフィスト、ファンタスティックフォーならMr.ファンタスティック、X-MENならプロフェッサーXやエマ・フロスト)がいないとチーム存続の危機に陥るというパターンも多く見られる。

またチームは掛け持ちすることが可能であるため、人気キャラクターはマーベル世界で起きているあちこちの事件に対応している別チームの一員として顔を出していることもある。もちろん体は一つであるため、スパイダーマンのように「今4つチーム掛け持ちしてて忙しい」、ウルヴァリンのようにNYを主に活躍の場にするアベンジャーズとサンフランシスコを拠点とするX-MENの両方を掛け持ちした結果、アメリカの両海岸を往復するはめになるなど、忙しさからヒーローとはいえ愚痴を漏らしたこともある。


アベンジャーズ

イルミナティ

インヒューマンズ

エージェンツ・オブ・アトラス

エターナルズ

X-MEN

ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシー

サンダーボルツ

S.H.I.E.L.D.

ダークアベンジャーズ

チャンピオンズ

ディフェンダーズ

ニューウォリアーズ

ビッグヒーロー6

ファンタスティックフォー

マイクロノーツ

ランナウェイズ


ヴィラン側


ヴィランチーム

クリー:MARVELにおける宇宙三大列強の1つ

シニスター・シックス:スパイダーマンの宿敵の集まり

シャイア(シーア):宇宙三大列強の1つ。X-MENとの関係が深い

スクラル:宇宙三大列強の1つ。変身能力を持つ緑色の異星人

ディヴィアンツエターナルズの宿敵

ハンド:日本発祥の悪の忍者組織

ヒドラナチスから分派したテロリスト団体

マスターズ・オブ・イービル:アベンジャーズと敵対するヴィランが集まったチーム

A.I.M.:ヒドラから分派したマッドサイエンティスト集団

ブラザーフッド・オブ・イービル・ミュータンツマグニートー率いるミュータントテロリストグループ

マジア:イタリア系マフィア組織

レッキング・クルー:パワー系ヴィラン4人組


大型タイトル

これら以外にも多数ある。


実写版

古くは70年代のテレビ映画に始まり、2000年代初頭に大きな人気を得た『スパイダーマン』3部作や『X-MEN』シリーズ、そして上述の『マーベル・シネマティック・ユニバース』と、マーベル社のヒーローは数多くの実写映画が制作されており、大人気を博している。


しかし、実写映画を製作する権利が複数の映画会社に散在しており、クロスオーバーが人気なマーベルヒーロー作品なのに「"全ヒーローが一堂に会する作品"を作れない」という状況が長らく続いている。

これは、80年代にマーベルが深刻な経営危機に陥り、これをしのぐために権利を映画会社に売りまくったため。例えば、スパイダーマンの権利はコロンビア映画(現:ソニー・ピクチャーズ)、X-MENとファンタスティック・フォーの権利は20世紀フォックス、ハルクの権利はユニバーサル・ピクチャーズの手にそれぞれ渡っている。

人気キャラの権利から売却していったため、マーベルが独自に立ち上げたMCUはいわゆる不人気組で始めざるを得ず(ユニバーサルと話がついたのでハルクは使えたが)、「こんな残り物みたいなメンツで人気が出るのか?」という声も小さくはなかったほど。

最近では、スパイダーマンがソニーとマーベルスタジオの共同利用という形でMCUに合流したものの、権利問題で揉め、一時はMCU離脱もやむなしという事態にまで至る騒ぎも起こっている。


ただし最近では、これらの権利がマーベルスタジオの元に集まりつつある。

上述の通りスパイダーマンについては引き続きソニーに権利がありつつもマーベルスタジオが共同利用できるようになったほか、ハルクの権利はユニバーサルからディズニーに返却されたと報道されており、さらにX-MENとファンタスティック・フォーに至っては、20世紀フォックスそのものをディズニーが買収したことでマーベルスタジオに権利が渡っている。

将来的には、80年代から続く権利散逸が落ち着き、マーベルヒーローが真に集合する実写映画が観られるかもしれない。


シリーズや作品については、それぞれのキャラクターの記事の当該項目も参照のこと。


ちなみに勘違いされやすいが、「MCU」を手掛ける映画製作会社「マーベル・スタジオ」とマーベル本体(マーベル・エンターテイメント)は、独立した別会社である。

名前の通りもともとはマーベルの一部門だったが、ディズニーによる買収を経た2015年、ディズニー(ウォルト・ディズニー・スタジオ)直属の一部門へと移行されたため、マーベルの傘下から外れている。


関連企業

アメリカの巨大エンターテイメント企業。2009年にマーベルを買収し、子会社化したことでマーベルの面で大きな変化はない。

同じくアメリカの巨大エンターテイメント企業。X-MENシリーズの実写映画版を製作。2017年にディズニーに買収され、X-MENおよびファンタスティック・フォーとアベンジャーズの合流が実現することとなった。

日本の映画会社。1978年から1981年まで提携関係にあり『スパイダーマン』などを制作。東映動画時代に『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』や『地上最強のエキスパートチーム G.I.ジョー』と合作、2014年には東映アニメーションで『ディスク・ウォーズ:アベンジャーズ』を制作し、久々に再提携。

日本のアニメ制作会社。マーベルアニメとして2010年から『アイアンマン』『ウルヴァリン』『エックスメン』『ブレイド』を制作。

日本のゲームメーカー。1993年ごろからベルトスクロールアクションとしてパニッシャーを制作。1994年アニメのタイアップとしてX-MENのゲームを制作。後にマーベルと自社キャラクターとのクロスオーバーMARVELvsCAPCOM』も作られ、シリーズ化。

日本の映像会社。2020年にMARVELから『ウルトラマン』のコミックが刊行されている(2021年に日本語訳も刊行された)。2019年に行われたイベント「円谷コンベイション」ではMARVEL編集長であるC.B.セブルスキー氏が挨拶した。また、MARVELコミック版『ウルトラマン』の続篇として、2022年よりMARVELコミック版『ウルトラセブン』が刊行された……が、ウルトラマンとウルトラセブンがシビルウォーをやらかすと云う「よくも悪くもMARVELらしい……にも程が有る」「それ、円谷作品じゃなくてアギト以降の仮面ライダーでよく有るっぽい」展開に……一応、ウルトラマン同士の戦いは無いわけでは無いが。ただし、日本の特撮に比べて「何故、ヒーロー同士が対立しているのか?」の構図は判り易くツッコミ所は少なくは有る。

ちなみに、偶然ではあるが、ライバル会社のDCには「ウルトラマン」という悪役キャラが存在する。

なお、本作の2巻までの日本語訳版を発売していたヴィレッジブックスが2022年に出版事業から撤退した為、第3巻の「ザ・ミステリー・オブ・ウルトラセブン」の日本語訳版は小学館集英社プロダクションから出版される事になったが、2023年3月に諸事情により発売延期となって以降は続報なし。


余談

小ネタ

  • コミック版における正史世界「アース616」にもMARVEL社が存在していてヒーロー・コミックを刊行していると云う設定が有り……
    • 「キャプテン・アメリカ本人が描いた『キャプテン・アメリカ』の生原稿」というメタな物品が登場するエピソードが有る。
    • シーハルクの勤務先である法律事務所は、スーパーヒーロー/スーパーヴィラン関係の裁判を多く手掛けているので、地下倉庫に資料としてMARVELコミックの出版物が全部有る、と云う設定。
    • 100万個の爆発する太陽と同等というチートパワーを持つヒーロー、セントリーはかつて地球でマーベルヒーローらと共に活躍したが、とある事情から全世界の人類から自身の記憶を消してしまっていた。しかしニューアベンジャーズ関連で再び表に出てきたので、アイアンマンやキャップが彼の正体を調べようとした結果、とあるライターが想像して創作したはずのMARVELコミックにのみ彼そのものが描かれていて…というエピソードもある。メタ的にはセントリーが2000年代になって作られたキャラなので全てそうゆう設定という話。

関連タグ

アメコミ / カートゥーン / 出版社

スタン・リー


マーベル / マーヴル:表記ゆれ

ちなみに公式では1970~80年代には「マーベル」と表記されていたが、90年代には「マーヴル」となり、2000年代にはまた「マーベル」に戻っている。


アマルガム


MCU

X−MENユニバース

スパイダーマン・ユニバース


MARVEL×少年ジャンプ+SUPERCOLLABORATION


MARVELに登場する用語一覧


二次創作関連

MARVELのコンビ・グループ・カップリング一覧



外部リンク

Marvel: マーベル | Welcome

マーベルコミックス - Wikipedia

関連記事

親記事

ディズニー でぃずにー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 82741889

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました