2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. MARVEL COMICSアメコミ)のヒーロー本項ではこちらを解説。
  2. アソビズム社配信スマートフォン向けゲームの一つ。なお現在はサービス終了している様子。詳しい詳細は右の公式サイトにて。→ガンビット公式サイト


概要

X-MEN」のメンバー。
ニューオリンズの盗賊ギルドで育ったフランス系移民。
自身と同じく過去に盗賊を生業にしていたストームに勧誘され、X-MENに参入。
他のX-MENのような専用コスチュームを着ることは無く、トレンチコートを常用している。
性格は気障で、女性の関心を引くことに積極的と女好きな一面を見せる。

当初はストームとの関係が目立っていたが、後にローグと相思相愛の関係となる。
ローグとは、彼女の能力やガンビットの過去が原因で、付かず離れずの状態を繰り返した。
ローグは相手の体に直接触れると、記憶や能力を吸収してしまうため気軽にスキンシップが出来なかった。
そんな状況下で、ローグがガンビットとキスした際に、ガンビットが凶悪なヴィランのマローダーズを手引きしてミュータントの大虐殺を引き起こしたという過去をローグが知ってしまい、結構な亀裂を生んだ。
後にガンビット自体は首謀者のシニスターに利用されていただけだった事が分かり、ローグの能力も制御できるようになっている。

こんな感じでトラブルが続いていたが、コロッサスとキティ・プライドの結婚式に参加した際に、
キティが土壇場で披露宴から逃げ出したドタバタの裏で、ローグにプロポーズ。
晴れて夫婦となった二人は、宇宙へ新婚旅行に行った。

地味に執筆陣から嫌われているようで、作中の扱いがビミョーに悪い。

プロフィール

本名:レミー・ルボー(Remy・LeBeau ルポー、ラビューとも)
種族・人種:人間のミュータント / 仏系アメリカ人
初登場:アンキャニィ・X-メン アニュアル #14(1990年)

能力・技能

  • 手に持った物体に破壊エネルギーを込める(チャージする)能力:トランプにエネルギー(キネティック・エナジーと呼ばれる)を込め投げつけるのが主な使い方。破壊するパワーは物体の質量に依存し、質量が大きくなるほど、エネルギーをチャージする時間が長くなる。
  • 棒術と投擲武器
  • 催眠による誘惑:特徴的な赤い眼が女性を誘惑させる催眠効果をもつ。


実写版

シリーズの前日譚である『ウルヴァリン: X-MEN ZERO』に登場。演者はテイラー・キッチュ。
敵の人体実験場から逃げてきたという壮絶な過去の持ち主。現在はギャンブルで生計を立てている。

当初はウルヴァリンのことを追手と誤解していたが、事情を知った後はウルヴァリンを全面的にサポートし、彼を実験場まで自家用機で運んであげたり、実験場に拉致されていたミュータントの子供を救い出すなど活躍した。

2016年公開の『X-Men: Apocalypse』にも登場予定。今作ではチャニング・テイタムが演じるとのことだが、後に出演事態が取り止めに。
その翌年には、テイタム主演でスピンオフ映画が製作する方針となっていたが、後に白紙化したことが明らかとなった為、不遇の印象が益々強くなった。

声優

94年放送のTVアニメ版では安原義人が声を担当した。
2011年に制作されたマッドハウスによるリメイク版での登場も期待する声があったものの実現せず仕舞いに終わった。その際の本人の声のイメージは平田広明を望む者もいたが、実写版で挙げたとおりテイラー・キッチュがウルヴァリン: X-MEN ZEROにてデザインが全く異なるガンビット本人を演じており、その際に平田本人がガンビットの声を演じるというファンには微妙な印象を与えた…。

関連タグ

MARVEL Gambit トランプ

鵜堂刃衛

関連記事

親記事

X-MENのキャラクター えっくすめんのきゃらくたー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 403407

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました