2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

本名は「チャールズ・フランシス・エグゼビア」。X-MENの創始者であり、彼らの師でもある。マグニートーとはかつての親友だが、考えの相違から袂を分かつ事となった。後にニューヨーク郊外に若いミュータントの育成機関である「恵まれし子らの学園」を創設。そこで人類との共存の為に能力のコントロールなどを教えている。

人類との共存を掲げるその思想や、彼の活動は紛れもなくX-MENの精神的な支柱となっている。

過去に怪我を負って下半身不随となり、移動にはやたらデカい車椅子を用いている。
宇宙帝国シーアーの医療によって、普通に歩けるようになった。と、思ったら怪我を負って再び歩けなくなったりする。
基本的には歩けない設定だが、超ハイテクの車椅子が高性能なので不自由はない模様。

ミュータント代表として、秘密結社「イルミナティ」のメンバーでもある。

能力はテレパス(精神感応もしくは読心能力)。
人格者であり、勝手に人の心を読んだり精神を操作するといったテレパシー能力の悪用をすることは基本的にない。
しかし、時と場合によっては能力を使って、悪い記憶を封印したりする。本人は良かれと思って行っていることだが、それらの行為が後に発覚し、教え子たちとの間に溝が入ることもある。X-MENに降りかかる厄介事の大半は彼の過去の悪事によるもの。それでいてニューアベンジャーズ結成の際、謎のヒーロー・セントリーのことを誰も覚えていないのに、コンピュータにデータが保管されていたことを不思議がったリード・リチャーズに「誰かが君の記憶をいじったのでは」などと言ったことすらある。

チームを放置して行方をくらましたり、重傷を負ったり、捕らえられたり、偽者に入れ替わられたりと、能力の強さとは裏腹に足を引っ張る事もしばしば。
こうした点は実写版においてもあまり変わっていない

ただウルヴァリンからは記憶をいじられた結果、キリングマシーンとしての洗脳から解かれてヒーローとして歩むことが出来たと尊敬されている。具体的にはレッドスカルが教授の死体を利用したと知った瞬間バーサーカーになる程。

能力

エグゼビアのテレパスは、単に他者とコミュニケーションをとれるだけでなく、人の心を読んだり敵の意識や記憶を操作できる。
また、自身が作成した装置「セレブロ」を使って、ミュータントを探し出す事ができ、行き場を無くしたミュータントを発見して保護している。

テレパス自体はX-MEN世界では珍しくないが、彼のものは非常に高度且つ高出力で、数百人規模の人々の動きを一斉に操ったり、およそ400km先にいる存在を知覚できたり、 自らの精神力を衝撃波として発射し、物理的な攻撃力に変化させることすら可能。
また戦闘に用いるだけでなく、精神病や脳の病気の治療などにも応用でき、一時はこの能力を使って精神科医として人々を助けていた。

その圧倒的な規模から地球最強のテレパスとも評されている。

実写版

演 / 吹替
老年期パトリック・スチュワート / 大木民夫(劇場公開版)、麦人(テレビ朝日版・LOGAN)
  • X-メン
  • X-MEN2
  • ファイナル・ディシジョン
  • ウルヴァリン:X-MEN ZERO
  • ウルヴァリン:SAMURAI
  • フューチャー&パスト
  • LOGAN/ローガン
青年期ジェームズ・マカヴォイ / 内田夕夜


20世紀フォックスによる「X−MENユニバース」では、ノンクレジット含めてメインシリーズと「ウルヴァリン」シリーズ全てに登場。

初期三部作ではX-MENのリーダーとして、メインヴィランのマグニートーと対決。
『フューチャー&パスト』ではミュータント存亡の危機に手を組んでいる。

新三部作ではマグニートーやミスティークとの出会いと対立、太古の昔から蘇ったアポカリプスとの死闘が描かれた。

そしてさらに近未来を描いた『LOGAN』にも登場。
今作を機に、ウルヴァリン役のヒュー・ジャックマンとともにパトリック・スチュワートは役からの卒業を発表していた。















「真実を教えよう」



それから約5年。
MCUの第28作『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』にパトリック・スチュワート演じる老年期の彼が登場。
車椅子はアニメ版準拠の黄色いメカニックなものに変わっている。

本作ではこれまで同シリーズで描かれてきた世界(「アース19999」)ではなく「アース838」の世界におけるイルミナティの1人。

この世界でも強大な敵として現れたサノスキャプテン・カーターブラックボルトドクター・ストレンジらとともに倒したが、その際に生じたいずれ来る脅威に備えて、マルチバースについて研究を進めていた。

テレパス能力も健在で、自分たちの世界に来た19999のストレンジに経緯を説明したり、攻め込んできたスカーレットウィッチの心理世界に入り込む際に使用したりした。
しかし、彼女の圧倒的な超能力の前にはあと一歩及ばず、最後は首をへし折られて死亡(ただ、アメリカ・チャベスの逃亡の時間稼ぎには成功しているので、囮としての役割は十分に果たしたと言える)。

関連タグ

X-MEN

関連記事

親記事

X-MENのキャラクター えっくすめんのきゃらくたー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「プロフェッサーX」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「プロフェッサーX」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 108009

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました