ピクシブ百科事典

スカーレットウィッチ

すかーれっとうぃっち

スカーレット・ウィッチとは、MARVELのキャラクター。 メイン画像は映画『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』のもの。
目次[非表示]

概要

スカーレット・ウィッチとは、MARVELのキャラクター。

X-MEN宿敵であるマグニートー
双子クイックシルバー
最初は弟と共に敵として立ちはだかったが、後に紆余曲折を経て「アベンジャ—ズ」の一員となった。

能力はヘックス・パワー。「物事の起きる確率を操作する力」であり、これにより目に見える範囲のターゲットに不幸な出来事をもたらす事ができる。
強大な力ではあるものの当初は安定せず、本人の思う通りの結果を出せないことも多かった。が、後に魔女アガサ・ハークネスに弟子入りし、能力を安定させると共にドクター・ストレンジのような魔法の力も身に付ける。
その後も彼女の能力は進化を続け、ついには現実世界を彼女の望む姿に作り替えるという凄まじい代物にまでパワーアップ。現在ではMARVEL世界でも屈指のチート能力の持ち主にまで上り詰めている。

だが一方で、それを操る彼女自身のメンタル面がその強大過ぎる力に追いついていないきらいがあり、しばしば情緒不安定に陥っては上述の現実改変能力が暴走、MARVEL世界全体を揺るがす大事件を起こしてしまうことも(アベンジャーズ崩壊を招いたり、人間とミュータントの立場が逆転した世界を作り上げたり、逆にミュータントが激減する大災害を引き起こしたり……)。
もっともそれらが引き起こされたのには相応の原因があり、彼女一人を責める訳にもいかないのだが。

一時期ホークアイと付き合っていたが、後にヴィジョンと種族を超えた恋愛関係を結ぶ。

映画(MCU)版

演者:エリザベス・オルセン

キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』のラストから、『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』や『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』に登場している。
MCUでは、X-MENが登場できない(が、状況が変わっている)ので、ミュータントではなく、ロキの杖を使ったヒドラによる人体実験によって力を得た事になっている。

『エイジ・オブ・ウルトロン』では途中までアベンジャーズと対立していたが、ウルトロンの思惑を知ったことで離反。最後の決戦では、弟のクイックシルバーやアベンジャーズとともにウルトロンに立ち向かった。

『シビル・ウォー』では、冒頭の事故を意図せず引き起こしてしまう。その後、トニーからヴィジョンをお目付け役として、アベンジャーズのアパートに閉じ込められるが、ホークアイに助けてもらう。
空港での大乱戦を経て、他のキャプテン・アメリカチームの面々と共に拘束されるが、ラストでキャップに助けられる。

MCU版での彼女は、主にテレキネシスとマインドコントロール能力を用いて戦う。現時点ではまだ上述のような現実改変能力までは身に付けておらず、極端に派手な活躍を見せているわけではないが、製作スタッフのコメンタリーなどを見ると「彼女はアベンジャーズの中でも最強クラス」である事が示唆されており、今後大幅なパワーアップを遂げることが予想される。

関連イラスト

原作バージョン

Scarlet Witch
センシティブな作品



エイジ・オブ・ウルトロンバージョン

センシティブな作品
スカーレットウィッチ



関連タグ

マグニートー クイックシルバー ヴィジョン ポラリス

関連記事

親記事

MARVEL まーべる

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「スカーレットウィッチ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 232849

コメント