ピクシブ百科事典

スカーレットウィッチ

すかーれっとうぃっち

スカーレット・ウィッチとは、MARVELのキャラクター。 メイン画像は映画『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』のもの。
目次[非表示]

概要

スカーレット・ウィッチとは、MARVELのキャラクター。

X-MEN宿敵であるマグニートー
双子クイックシルバー
最初は弟と共に敵として立ちはだかったが、後に紆余曲折を経て「アベンジャ—ズ」の一員となった。

能力はヘックス・パワー。「物事の起きる確率を操作する力」であり、これにより目に見える範囲のターゲットに不幸な出来事をもたらす事ができる。
強大な力ではあるものの当初は安定せず、本人の思う通りの結果を出せないことも多かった。が、後に魔女アガサ・ハークネスに弟子入りし、能力を安定させると共にドクター・ストレンジのような魔法の力も身に付ける。(なお、エピソードによっては、ドクター・ストレンジやDr.ドゥームが「秩序」属性の魔法の使い手とされるのに対して、「混沌」属性の魔法の使い手とされる)
その後も彼女の能力は進化を続け、ついには現実世界を彼女の望む姿に作り替えるという凄まじい代物にまでパワーアップ。現在ではMARVEL世界でも屈指のチート能力の持ち主にまで上り詰めている。

だが一方で、それを操る彼女自身のメンタル面がその強大過ぎる力に追いついていないきらいがあり、しばしば情緒不安定に陥っては上述の現実改変能力が暴走、MARVEL世界全体を揺るがす大事件を起こしてしまうことも(アベンジャーズ崩壊を招いたり、人間とミュータントの立場が逆転した世界を作り上げたり、逆にミュータントが激減する大災害を引き起こしたり……)。
もっともそれらが引き起こされたのには相応の原因があり、彼女一人を責める訳にもいかないのだが。
(チート過ぎる能力が大惨事を引き起し、それでメンタルをやられて、メンタルをやられた状態でチート能力を使い、またしても大惨事を引き起こし……と云う悪循環に嵌っているとの見方も出来る)

一時期ホークアイと付き合っていたが、後にヴィジョンと種族を超えた恋愛関係を結ぶ。

映画(MCU)版

演者:エリザベス・オルセン

キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』のラストから、『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』や『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』に登場している。
MCUでは、X-MENが登場できない(が、状況が変わっている)ため、ミュータントではなく、ロキの杖を用いたヒドラによる人体実験によって力を得た事になっている。

MCU版での彼女は、主にテレキネシスとマインドコントロール能力を用いて戦う。
現時点ではまだ上述のような現実改変能力までは身に付けておらず、極端に派手な活躍を見せているわけではないが、製作スタッフのコメンタリーなどを見ると「彼女はアベンジャーズの中でも最強クラス」である事が示唆されており、今後大幅なパワーアップを遂げることが予想される。

アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン

本作より初登場。

両親の死亡と、弟のクイックシルバーと共に瓦礫の下に二日間埋もれることとなる遠因となったトニー・スターク、及び所属するアベンジャーズに復讐するべく、ソコヴィアで一石を投じる。

そうして出来上がったウルトロンと合流したあとはアベンジャーズ打倒の目的を掲げ、彼と行動を共にしていた。
アベンジャーズとの幾度の衝突の末、ウルトロンは新たなボディを獲得するが、彼の思考から人類滅亡の意図を読み取り、思惑を知ったことで離反。
その後、ソコヴィアでの人類存亡をかけた最後の決戦では、弟とアベンジャーズとともにウルトロンに立ち向かった。

ホークアイとの掛け合いは、必見すべき名シーンとして名高い。

キャプテンアメリカ/シビルウォー

スティーブ・ロジャースサム・ウィルソンナターシャ・ロマノフと共にラゴスにて、ヒドラ残党とそれを率いるクロスボーンズことブロック・ラムロウを追跡していた。
だが、冒頭での事故を意図せず引き起こしてしまい、住民を巻き添えにしてしまう。

その後、トニーからヴィジョンをお目付け役として、アベンジャーズのアパートに閉じ込められるが、ホークアイに助けてもらう。
空港での大乱戦を経て、他のキャプテン・アメリカチームの面々と共に拘束されるが、ラストでキャップに助けられる。

アベンジャーズ/インフィニティー・ウォー

ヴィジョンとともに宛もない逃避行をしていたらしいが、突如インフィニティストーンを求めてやってきたサノスの右腕たち『ゴーヴァス・グレイヴ』と『プロキシマ・ミッドナイト』に襲撃される。
ヴィジョンをあわや破壊されかけたところ、スティーブとサム、ナターシャに助けられ、アフリカの超大国『ワカンダ』へと身を隠す。

その後、ヴィジョンのストーン除去をお願いするが、その途中でプロキシマ率いる軍勢が襲撃、スティーブとティ・チャラが先陣を切る形で防衛戦が開始された。
しかし、徐々に追い詰められていき、ストーンの除去が間に合わず、右腕たちを仕留めていくもサノスが現れてしまう。
その後、ヴィジョンの懇願を聞き入れ、彼もろともストーンを破壊することとなり…………




















ワンダ「あんたを許さない……あたしから全てを奪った!!

ここから先は『アベンジャーズ/エンドゲーム』のネタバレが含まれます















アベンジャーズ/エンドゲーム

ヴィジョンを二度も死なせ、サノスの指パッチンで塵と消えてしまうが、ハルクと一体化したブルース・バナーの決死の行動によって復活。

その後最終決戦に参加するが、例え過去からやってきた別人であろうとも、サノスに対して並々ならぬ復讐心を露にする。
サノスと互角に渡り合ったどころか、念力で武器(しかもスティーブの盾を破壊したシロモノ)を叩き折り、拘束して引きちぎろうと試みた。
もしもサノスの自滅覚悟の一斉砲撃がなければ、ここで勝っていたかもしれないし、ワンダの成長性には驚かされた人は少なからず居るだろう。

サノスとの戦いに勝ち、ターニングポイントとなったホークアイと共に勝利を分かち合う。
だが、失ったものは多く、愛人は戻ってこない……

ワンダ/ヴィジョン

CMやトレイラーを見る限り、死んだはずのヴィジョンと同棲をしている描写が見られる。
モノクロ調でホームコメディを演じたり、原作版のコスチュームに着替えていたりと、演出に謎が多い。
しかも、現実改変能力に目覚めているシーンも見受けられており……?

関連イラスト

原作バージョン

Scarlet Witch
センシティブな作品



エイジ・オブ・ウルトロンバージョン

センシティブな作品
スカーレットウィッチ



関連タグ

マグニートー クイックシルバー ヴィジョン ポラリス

関連記事

親記事

MARVEL まーべる

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「スカーレットウィッチ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 329557

コメント