ピクシブ百科事典

ドクター・ストレンジ

どくたーすとれんじ

「ドクター・ストレンジ」とはMARVEL COMICSのキャラクター。表記ゆれでDr.ストレンジとも。
目次[非表示]

概要

本名は「Stephen Vincent Strange」。
ファーストネームは訳者によって、スティーブンとステファンのどちらかとなる。

かつては全米でも名うての天才外科だった。しかし、交通事故によって手に大怪我を負い、精密な手の動きが出来なくなってしまう。脳外科医の道を閉ざされ、貧困のどん底に落ちたストレンジだったが、ある時「チベットにどんな傷も治す魔術師がいる」と聞きつけ、藁にもすがる思いでチベットへ赴く。

チベットの魔術師エンシェント・ワンは、紛れも無く本物の魔法魔術を扱う魔術師であった。ストレンジの中に何かを感じ取ったエンシャント・ワンは、治療する代わりにストレンジに弟子入りを持ちかける。7年間の修行の末に魔術を会得したストレンジは、魔術を正しき事に使う為「ドクター・ストレンジ」を名乗ってヒーロー活動を開始する。

エンシェント・ワン亡き現在ではマーベルユニバース最高の魔術師(ソーサラー・スープリーム)となっている。また、長い年月をかけて自身の力で能力を培ったために人生経験が豊富であり、良く出来た人格者として様々なヒーローたちの相談相手及び彼らを導く存在として頼りにされている。

能力

魔術系ヒーローであるため、魔術を用いて様々な現象を起こす。それ以外には占星術を用いて近い未来予知したり、テレパシーによって思念を飛ばす事も可能。また、長年の修行によって不老となった(ただし、不死ではない)。さらに魔法が使えない時の対処法として、ある程度の格闘スキルも身に着けている。

黒魔術

ある意味ストレンジにとっての「禁断の奥義」。
通常の魔法では起こせない程の超常現象を扱う事ができる強力な魔術だが、使用には様々なリスクが付いて回る。なのでストレンジは滅多なことでは使用しないし、本人もこれを嫌っている節がある。

交友関係

エンシェント・ワン
魔術の師匠
あのシュマゴラスを道連れに死亡した。死の間際、ストレンジに「エンシェント・ワン」の称号とその力の一部を譲り渡す。
原作では男性だが、実写映画版では女性に変更されている。

ウォン
ワンの召使い。身の回りの世話のほか、戦闘時は彼のサポートも行う。
実写版ではカエシリウスに殺害された前任者に代わり、エンシェント・ワンの蔵書室を管理する司書のような役割を担っている。お堅い性格でストレンジのジョークを聞いてもまったく笑わない。

クレア
弟子であり恋人。実はドルマムゥの姪。

クリスティーン・パーマー
実写映画版のメインヒロインで、ストレンジの同僚の若き救急救命医。
キャラクターの元ネタは「Night nurse」と言うコミックシリーズに登場する三人の看護師のうちの一人。

ナイトナース クリスティン・パーマー


(こちらが原作版)
2007年に刊行した「Doctor Strange: The Oath」と言うエピソードの中でストレンジと恋仲となり、この辺りの設定が今回の映画に使われた。

その他のMARVELヒーロー

ディフェンダーズ

Defenders


彼が中心となって、超自然の驚異からこの次元を守る為に結成したヒーローチーム。
初期メンバーはハルクシルバーサーファーネイモアがいた。

スパイダーマン
アベンジャーズの助っ人要員仲間であり、アルティメットスパイダーマンのアニメシリーズでもよく絡む。
スパイダーマンの方から超常関係の事件の手助けを求められるのが主なパターンだが、ストレンジの方から協力を求めることも少なくなく、実質的な力関係は厄介事を持ち込み・持ち込まれで割とイーブン。

ヴィラン

ドルマムゥ
ドーマムゥとも。暗黒次元(ダークディメンション)を支配する魔神で、ストレンジの宿敵。
実写版でも実質的なラスボスとして登場する。

シュマゴラス
異次元カオスディメンションの神。

モルド男爵
本名:バロン・モルド。
エンシェント・ワンの兄弟子だったが、離反し、師を殺そうとしていた。
ストレンジにとって最初のヴィラン。
実写版では黒人になっており、ワンの弟子という設定に変更されている(原作におけるバロンの役割は本作オリジナルのヴィランであるカエシリウスが担っている。)。また、最初から敵だったわけではなく、戦いを通して徐々にドクター・ストレンジたちと思想が相容れなくなり、彼らと決別するという流れになっている。ちなみに、実写版では小野Dこと小野大輔氏が吹き替えを担当したことが声優ファンの間では大きな話題となった。

実写出演

The Time


その男、上から目線の天才外科医。
すべてを失い、彼は目覚める。

2016年11月4日全米で公開され、日本でも2017年1月27日より公開された。

ドクター・ストレンジ役は、『スター・トレック イントゥ・ダークネス』でジョン・ハリソンを演じたことで日本でも抜群の知名度と人気を誇るベネディクト・カンバーバッチが演じる(吹き替えはカンバーバッチをほぼ専属で担当している三上哲)。

原作とは幾らか相違点があり、エンシェント・ワンの性別や、モルドのキャラクター設定、修行場所がチベットからネパールに変更されるなどしている(これはチベット問題への配慮ではないかと考えられる)。

他のMARVEL作品との繋がり

本作は、『アベンジャーズ』シリーズと同じ世界(マーベル・シネマティック・ユニバース)が舞台となっており、作中でもアベンジャーズの名前が出る他、エンドクレジット後にはとあるキャラクターがゲスト出演する。

『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』の時点で、「インサイト計画の標的にスティーブン・ストレンジも含まれている」という台詞があり、今後登場することが示唆されていた(スティーヴンはこの時点ではまだ事故に遭っておらず、魔術を身に付けていない一般人であったと思われるが、特殊な力を持たなくともヒドラにとっては脅威的な存在であることに変わりはなかったようだ)。

MCU作品ではないが、ライミ版『スパイダーマン2』にも名前だけは登場していた。
と言ってもビューグル社内で「事故の影響でヴィランと化したオクタヴィアス博士」を記事にする際どんな呼称で書くか話し合ってる時に案の一つとして挙がっただけ…要するにスタッフのお遊びである(結局お馴染みの呼び名に決まった)。

ちなみに劇中で、ストレンジが事故に遭う直前に電話を通じて入ってきた急患連絡で「脊髄を損傷した空軍中佐」という台詞が出てくるが、ローディではないことを監督が明言している。

Teaser Trailer




関連タグ

MARVEL 魔法使い 魔術師
ドルマムゥ
シュマゴラス

Dr.ストレンジ - 表記ゆれ。

pixivに投稿された作品 pixivで「ドクター・ストレンジ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 321440

コメント