ピクシブ百科事典

シルバーサーファー

しるばーさーふぁー

シルバーサーファーは、MARVEL COMICが発行する代表的なコズミック系タイトルのひとつであり、それに登場するヒーローの名前
目次[非表示]

概要

初出は『ファンタスティック・フォー』#48(1966年)だが、詳しいオリジンは単独タイトルとなった『シルバーサーファー』1号(1968年)にて語られる。

本名はノリン・ラッド。

高度に発達した科学文明を持ったデネブ星系の惑星ゼン・ラ(断じて言うが、全裸ではない!)出身の優秀な天文学者であった。故郷の星は文明が高度すぎるが故に暴力を忘れ、その平和を享受していた。そんなとき、宇宙を彷徨い星を食らう破壊神:ギャラクタスに目をつけられる。惑星の科学力を結集してギャラクタス撃退を試みたが、ギャラクタスの圧倒的な力に傷一つもつけられない。その絶望的な状況の中、ノリンは手製のロケットで単身ギャラクタスの母船に乗り込み、母星を見逃してくれるよう懇願した。

ギャラクタスはその代償としてノリン自身がギャラクタスの食料となる星を見つけるための下僕(ヘラルド)になることであった。その条件を受け入れたノリンは、ギャラクタスのコズミックパワーを与えられ全身銀色に輝くヘラルド:シルバーサーファーとなった。やがてシルバーサーファーの来訪そのものが宇宙的災害である「ギャラクタスの来訪を予告する者」とまで言われるようになっていた。

そして地球にやって来たシルバーサーファー。ファンタスティックフォーをはじめとする多くのヒーロー達と地球の人々は激しく抵抗したが、星の捕食者たるギャラクタスにはやはり全く歯が立たない。そんな中、抵抗する人々の姿にかつての自分を重ね、盲目の女性彫刻家アリシア・マスターズ(ザ・シングの恋人)の説得に心動かされたシルバーサーファーはそれを切っ掛けにギャラクタスに反旗を翻した。大地を砕く破壊光線コズミックブラストでさえも、その力を与えた張本人であるギャラクタスには全く通じない。しかし、宇宙の監視者たる超種族「ウォッチャー」のひとりウアトゥの協力を得て、ヒューマントーチがギャラクタスの母船から超兵器「アルティメット・ヌリフィアー」を盗み出すことに成功する。それを突きつけられたギャラクタスは、しぶしぶ超兵器の返還を条件に地球から手を引くことを了承させた。

だが、シルバーサーファーの反逆をギャラクタスは許さなかった。地球の大気圏外にシルバーサーファーを閉じ込める特殊な封鎖バリアーを張り、その結果シルバーサーファーは、地球に閉じ込められることとなった。失意のシルバーサーファーは、やがてその力を愛する地球の人々のために役立てようと決意する。その後、ギャラクタスと和解した事でバリアーは解除。再び宇宙かける銀色の戦士として活躍している。ちなみに数年前、ある惑星で捕まった際に剣闘士になり、ハルクとバトルを繰り広げた事もあった。

外見

眼球から口腔内におよぶ全身がメタリックシルバーの流動物質で覆われており、簡単に言えば「全身銀色のマッパハゲ」(だから故郷の名前が弄られる。あと、Dr.マンハッタンとか言わない)。
しかし、こんな格好だが宇宙空間の真空、恒星近傍の超高温や星間宇宙の極低温、さらにはハイパースペースでも問題なく活動することができる。また、この皮膚から直接的に宇宙エネルギーを吸収して生命維持を行うため、食事や呼吸を必要としない。ただし、精神を休ませるために睡眠は必要とする。

能力

ギャラクタスに与えられたコズミックパワーに由来する。
・両手から強力な光線コズミックブラストを放つ。
・100tを持ち上げる怪力。
・パワー・コズミックを分け与えて他者の傷を癒すことも可能。ただし、死者蘇生はムリ。
・体表と同じ素材で作られたボードに乗り、宇宙空間なら光速の99%、地球型惑星の大気圏内ならマッハ10のスピードで飛翔する。このボードはサーファーの精神とリンクしており、彼が乗らなくても自在に動き、たとえ破壊されても容易に再生する。

余談

映画「クリムゾン・タイド」にて、ジャック・カービーとメビウスのどちらが描いたシルバーサーファーが良いのかで乗組員が揉め、それに対してデンゼル・ワシントンが「読者の誰もがカービーの描くシルバーサーファーが唯一の本物であることを知っている」といった趣旨の説教するシーンがある。

また、故郷のゼン・ラ星はマーベルユニバースの宇宙三大列強種族のクリー人の系譜らしい。

関連タグ

MARVELファンタスティックフォー

関連記事

親記事

MARVEL まーべる

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「シルバーサーファー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 42685

コメント