ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

MCU

まーべるしねまてぃっくゆにばーす

「マーベル・シネマティック・ユニバース」。MARVELコミックの実写化作品群の1つ。
目次 [非表示]

曖昧さ回避

  • "Marvel Cinematic Universe"の略称。本稿で詳述
  • "Micro Controller Unit"の略称。機器制御に用いられるコンピューター。⇒マイコンを参照。
  • ヒップホップグループ「KICK THE CAN CREW」のメンバー。⇒Wikipedia
    • 由来は「ビースティ・ボーイズ」の"MCA"と本名の「小泉雄志(うし)」から。

概要

MARVEL社のアメリカン・コミックスを基にしたスーパーヒーローの実写映画テレビドラマアニメ化作品群。

第1作である映画『アイアンマン』(2008年公開)を皮切りに次々とヒットを飛ばしており、現在もマーベル・スタジオのもとで継続している一大プロジェクトである。


当初は配給会社がパラマウント・ピクチャーズ・コーポレーションユニバーサル・スタジオに分かれていたが、2009年に本社であるMARVEL社がディズニーの買収を受けたことによって、2012年の『アベンジャーズ』以降は、スパイダーマン単独作品を除くすべての作品において、ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズが配給している。

全ての作品の製作はマーベル・スタジオの社長であるケヴィン・ファイギがプロデューサーとして取り仕切っている。

また、スパイダーマンやX-MENの原作コミックの生みの親であるスタン・リー(2018年11月死去)が『アベンジャーズ/エンドゲーム』まで毎回必ずカメオ出演をしていた。


特徴

名前の通り、別個の映画・テレビドラマシリーズが1つの世界観を共有し、各々のキャラクターが相互に登場する、いわゆるクロスオーバーの発展形ともいえるユニバースが最大の特徴である。

そのため、MCU全体を指す場合には「シリーズ」はあまり使わない。


しかしながら、それまでの映画には単純なシリーズものやスピンオフがあったとしても、ここまで大規模で拡張性に富んだシリーズは存在しなかった(かの著名な『スター・ウォーズ』シリーズですら、構造という面においてば、これまでのスタイルからは脱し切れていないと言える)。また、アメコミの実写化という点でも、サム・ライミ版『スパイダーマン』シリーズや「X-MEN」の映画化シリーズ(X−MENユニバース)は既に始まっていたものの、マイナーなキャラクターがメインを張って実写化を行うというのは、当時からすると考えられなかった。


それだけに、第1作である『アイアンマン』が、当時はマイナーなキャラクターに留まっていたアイアンマンの実写映画化、そしてラストにニック・フューリーを登場させることによる全てを貫くより大きなストーリーの示唆、という二点において革新的であったにもかかわらず、批評(2018年現在においても、未だに最も評価が高い一作とする人も多い)・興行収入の両方で成功を収めたことは、いかにMCUがそれまでの映画の構成の枠に捉われなかったかを示すのに十分であろう。


※今となっては信じられないことだが、X−MENやスパイダーマンに比べれば決して有名では無く、当時「なんでアイアンマンから始めたんだ?」「アイアンマンなんてマーベルの中ではB級、C級のキャラクターじゃないか」といった意見が存在していた(参考リンク)。


そして、マーベル・スタジオが映画1つひとつを超えたユニバースとしての連続性を重視し、『アベンジャーズ』において見事にそれを結実させてみせた手法は、それまで無かった画期的な取り組みだった。

こうしたユニバースの手法も、MCUが成功していなければおそらくここまで一般的なものとはならなかったし、逆に現在のユニバースの流行も、全てこのMCUから始まったと言える。


MCUの作品が優れているのは、決してユニバースの手法だけではない。常に笑いとユーモアを忘れていないだけでなく、新進気鋭の監督たちのインスピレーションを重視し、それぞれのスタイルを尊重した結果様々な作風の映画が誕生しているが、これ自体もマーベル・スタジオの特徴の1つといえるだろう。例を挙げると、

…といった感じ。

また『アベンジャーズ』・『エイジ・オブ・ウルトロン』のジョス・ウェドン、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』や『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』のルッソ兄弟、『マイティ・ソー バトルロイヤル』のタイカ・ワイティティ、といったように、元々ホラーやコメディの分野で活躍していた人物たちが大胆に起用された結果、監督として一躍著名になる事も起きている。

それ以外にも、『エターナルズ』では「特殊効果を使ったシーン以外は、基本的に自然光でのフィルム撮影」という芸術映画かクリストファー・ノーランの作品のような方法で作られており、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』『ブラック・パンサー』やタイカ・ワイティティが監督した『マイティ・ソー』シリーズでは派手な色がふんだんに使われたシーンが多いなど、画作りや撮影方法なども監督ごとの特色が出ている。


しかも、各作品の主人公の強さや得手・不得手や特殊能力・固有能力の有無や種類には大きな差が有り、いわば、ソーやエターナルズのような文字通りの「神クラス」の存在も、キャプテン・アメリカのような「人間としては驚異的だが、あくまで人間レベル」の存在も、どちらもヒーローとして十分に活躍する事が可能なのが当り前、という世界を描いていると言える。


作品一覧

インフィニティ・サーガ(フェイズ1~3)

インフィニティ・ストーンを巡る物語から、こう称されている(詳しくは後述)。

No.タイトル公開日(全米)公開日(日本)監督
フェイズ1
1アイアンマン2008年5月2日9月27日ジョン・ファヴロー
2インクレディブル・ハルク2008年6月13日8月1日ルイ・レテリエ
3アイアンマン22010年5月7日6月11日ジョン・ファヴロー
4マイティ・ソー2011年5月6日7月2日ケネス・ブラナー
5キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー2011年7月22日10月14日ジョー・ジョンストン
6アベンジャーズ2012年5月4日8月14日ジョス・ウェドン
フェイズ2
7アイアンマン32013年5月3日4月26日シェーン・ブラック
8マイティ・ソー/ダーク・ワールド2013年11月8日2014年2月1日アラン・テイラー
9キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー2014年4月4日4月19日ルッソ兄弟
10ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー2014年8月1日9月13日ジェームズ・ガン
11アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン2015年5月1日7月4日ジョス・ウェドン
12アントマン2015年7月17日9月19日ペイトン・リード
フェイズ3
13シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ2016年5月6日4月29日ルッソ兄弟
14ドクター・ストレンジ2016年11月4日2017年1月27日スコット・デリクソン
15ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス2017年5月5日5月12日ジェームズ・ガン
16スパイダーマン:ホームカミング2017年7月7日8月11日ジョン・ワッツ
17マイティ・ソー バトルロイヤル2017年11月3日(同日)タイカ・ワイティティ
18ブラックパンサー2018年2月16日3月1日ライアン・クーグラー
19アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー2018年4月27日(同日)ルッソ兄弟
20アントマン&ワスプ2018年7月6日8月31日ペイトン・リード
21キャプテン・マーベル2019年3月8日3月15日ライアン・フレック、アンナ・ボーデン
22アベンジャーズ/エンドゲーム2019年4月26日(同日)ルッソ兄弟
23スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム2019年7月5日6月28日ジョン・ワッツ

マルチバース・サーガ(フェイズ4~6)

ドラマ作品は★印、アニメ作品は☆印。いずれもディズニープラス配信で、日付は第1話のもの。監督は全話共通でない場合は割愛。

また日本での公開・配信日が本国アメリカと異なる場合は※印(タイトルが原題のものは未定)。

No.タイトル全米公開日監督
フェイズ4
★1ワンダヴィジョン2021年1月15日マット・シャックマン
★2ファルコン&ウィンター・ソルジャー2021年3月19日カリ・スゴグランド
★3ロキ2021年6月9日ケイト・ヘロン
24ブラック・ウィドウ2021年7月8日ケイト・ショートランド
☆1ホワット・イフ...?2021年8月11日ブライアン・アンドリュース
25シャン・チー/テン・リングスの伝説2021年9月3日デスティン・ダニエル・クレットン
26エターナルズ2021年11月5日クロエ・ジャオ
★4ホークアイ2021年11月24日-
27スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム2021年12月17日※1ジョン・ワッツ
★5ムーンナイト2022年3月30日-
28ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス2022年5月6日※2サム・ライミ
★6ミズ・マーベル2022年6月8日-
29ソー:ラブ&サンダー2022年7月8日タイカ・ワイティティ
☆2アイ・アム・グルート2022年8月10日ジェームズ・ガン
★7シー・ハルク:ザ・アトーニー2022年8月18日-
★8ウェアウルフ・バイ・ナイト2022年10月7日マイケル・ジアッチーノ
30ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー2022年11月11日ライアン・クーグラー
★9ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー ホリデー・スペシャル2022年11月25日ジェームズ・ガン
フェイズ5
31アントマン&ワスプ:クアントマニア2023年2月17日ペイトン・リード
32ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:VOLUME 32023年5月5日※3ジェームズ・ガン
★10シークレット・インベージョン2023年6月21日アリ・セリム
☆3アイ・アム・グルート シーズン22023年9月6日-
★11ロキ シーズン22023年10月6日ケイト・ヘロン
33マーベルズ2023年11月10日ニア・ダコスタ
☆4ホワット・イフ...? シーズン22023年12月22日-
★12エコー2024年1月10日-
(以下予定)
☆5X-MEN’972024年3月20日
34デッドプール&ウルヴァリン2024年7月26日ショーン・レヴィ
Agatha: Darkhold Diaries2024年秋
Marvel Zombies2024年
Your Friendly Neighbourhood Spider-Man2024年
Daredevil: Born Again2025年頭
Captain America: Brave New World2025年2月14日ジュリアス・オナー
Thunderbolts2025年5月2日ジェイク・シュライアー
The Fantastic Four2025年7月25日マット・シャックマン
IRONHEART2025年秋
Blade2025年11月7日ヤン・ドマンジュ
フェイズ6
Avengers 5(仮)2026年5月1日
Avengers: Secret Wars2027年5月7日

※1 - 日本では翌2022年1月7日に公開

※2 - 日本では5月4日に先行公開

※3 - 日本では5月3日に先行公開


時期未発表

  • 『ARMOR WARS』
  • 『Spider-Man 4』(仮)
  • 『Doctor Strange 3』(仮)
  • 『Shang-Chi 2』(仮)
  • 『Eternals 2』(仮)
  • 『Thor 5』(仮)
  • ★『Wonder Man
  • ★『Vision Quest』
  • ★『Nova
  • ☆『What If...? シーズン3』
  • ☆『Black Panther: Eyes of Wakanda』

マーベル・ワンショット

映画のBlu-rayに収録されている特典の短編映像。

  • 相談役(The Consultant)
    • 収録:『マイティ・ソー』

『インクレディブル・ハルク』での戦いはアボミネーションが収めたと誤解し、彼をアベンジャーズに加えたがっている上層部をフィル・コールソンたちが止める。


  • ハンマー墜落現場へ向かう途中での出来事(A Funny Thing Happened on the Way to Thor's Hammer)
    • 収録:『ザ・ファースト・アベンジャー』

『マイティ・ソー』直前、コールソンの動向を描いたもの。


  • アイテム47(Item 47)
    • 収録:『アベンジャーズ』

ニューヨーク決戦の現場で拾ったチタウリの銃弾を悪用したカップルをS.H.I.E.L.D.に引き入れる。


  • エージェント・カーター(Agent Carter)
    • 収録:『アイアンマン3』

『ザ・ファースト・アベンジャー』の1年後、ペギー・カーターが主人公。


  • 王は俺だ(All Hail The King)
    • 収録:『ダーク・ワールド』

『アイアンマン3』後のトレヴァー・スラッタリーが主人公。


スピンオフドラマ

フェイズ2,3と同時期に、ABC、ネットフリックス、フリーフォーム、Huluの4つの媒体でそれぞれドラマシリーズが制作されている。

詳しくは上記リンク参照。


成績

興行収入という面でもMCUは成功を収めた。

世界歴代興行収入順位題名興行収入最高順位
2アベンジャーズ/エンドゲーム$2,799,439,1001
6アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー$2,048,359,7544
7スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム$1,916,050,9116
10アベンジャーズ$1,518,812,9883
15アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン$1,402,809,5405
17ブラックパンサー$1,347,597,9739

(2023年8月現在の世界歴代興行収入20位まで掲載)


上記のとおり、「アベンジャーズ」シリーズ4作品はすべてTOP20にランクインしており、中でも『エンドゲーム』は一時的にとはいえ歴代1位になった(その後、『アバター』が再上映したため、2位に転落した)。


また『ブラックパンサー』は黒人主演・黒人監督作品としては異例の大ヒットとなった上、2019年の第91回アカデミー賞において、スーパーヒーロー映画として初めてとなる作品賞を含む7部門にノミネート、作曲賞・美術賞・衣装デザイン賞の3部門を受賞。

その続編『ワカンダ・フォーエバー』も、2023年の第95回において歌曲賞・視覚効果賞・助演女優賞にノミネート、衣装デザイン賞を受賞した。


世に映画シリーズは数あれど、これほどの数の作品で成績を残しているシリーズは他にないと言える。


しかし、『エンドゲーム』以降(フェイズ5突入後)は、作品によっては興行収入が伸び悩むことも出てきており、その盤石とも思われた人気にも徐々に陰りが見え始めているという指摘がある。アメリカ本国は勿論、アメコミ人気が比較的高いと言われていた韓国ブラジルといった国々でもそうした傾向が顕著。日本でも元々アメコミ作品の人気があまりなかったというハンデを差し引いても、ここ数年は興行成績が10億円を切ることも決して珍しくなくなっており、最早「MCU作品は必ずヒットする」とは言えなくなっていることは間違いない。


理由としては、シリーズが長期化したことに伴い、

  • ①脚本の劣化(単純に以前と比べて見ごたえのある作品が減ってしまった)。
  • ②初心者が途中から参入して観ることが難しくなった(本気で一から追おうとなると、それこそ『インクレディブル・ハルク』や『アイアンマン』等から遡って観ていかなければならず、非常に面倒。最早一部のコアなファンしか観ていないという指摘もある)
  • ③キャラクターの関係・設定・時系列が複雑化し、コアなファンでも全貌を把握することが極めて困難となりつつあり、これによりついていけなくなって途中で視聴を放棄してしまう者が出てきている(最近では別のユニバースとも繋がるようになったため、最悪そちらの事情も把握しておかないと、今後改めて物語を見返した時に支障が出かねない)
  • ④ディズニープラス配信のドラマシリーズの量産(これまでは年に数本の映画さえ観ておけば物語の全体を掴めたが、最近はドラマの方も追っていかないとストーリーの全貌が掴みづらくなった)。
  • ⑤観客のスーパーヒーロー映画疲れ(MCU以外にも数々のスーパーヒーロー映画のシリーズが製作されるようになり、映画ファンの間ではヒーロー映画はもう飽食気味になっているという指摘がある)
  • ⑥制作現場の疲弊(詳細は後述)。

といった問題が噴出しているためではないかと言われている。


今のところ制作体制や作風等に、特に大きな変更や修正はなされていないが、この状況が続けば、今後もMCUの興行成績は右肩下がりの状態が続くことになることは間違いないだろう。


キャラクターの権利関係について

プロジェクトが展開した当初は、過去にMARVEL社が深刻な経営危機に陥っていた際にいくつかのキャラクターの実写映画権を他社に売却したため、以下のように権利が分散していた。


そのため、マーベル・スタジオ以外の会社が権利を持っているキャラをMCUに登場させられないという問題が生じていたが、徐々に状況が変わってきている。


ユニバーサル関連

2003年に映画『ハルク』を制作するもシリーズ展開等はなく、2006年にマーベル・スタジオへ「映画出演権」を再譲渡した。ただし「配給権」は未だにユニバーサルにあるため、単独映画『インクレディブル・ハルク』はユニバーサルが配給会社として設定された。この関係で同作はディズニープラスで配信がされていなかったが、2022年6月に遂にラインナップに追加された。なお、何故か日本語字幕と吹き替えについては数日の実装空白期間が設けられていた。


ネイモアに関してはユニバーサルでは映像作品は制作されず、そのままマーベル・スタジオが借りる形で『ワカンダ・フォーエバー』に登場。

ただし完全に移ったわけではないので「サブマリナー」の通称は使えず、設定も「タロカン」というオリジナルの国家の支配者とされた。

ハルク、ネイモアとともに単独映画が製作できない現状は未だ続いている模様。


20世紀FOX関連

2017年12月にマーベル・スタジオの親会社であるウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズが、21世紀フォックスのテレビ・映画部門(=20世紀フォックスとFOXネットワーク・グループ)の買収を発表した。

MCUの方でそもそも『エンドゲーム』までの戦略に変更予定がなく(というより、変更する隙間がない)ファイギ自身が合流の目処が立っていないと明言している上に、企業買収に関わっている弁護士たちが両社のプロデューサー達に交渉を行うことにGOサインを出していない状態だと明かされた為、それ以降の共演がどのように実現されるかについて期待が集まった


その後、アメリカのテレビ会社であるコムキャスト(日本ではあまり知られていないが、USJの運営会社であるユー・エス・ジェイを2015年に買収したり、『怪盗グルー』シリーズや『ミニオンズ』を製作しているイルミネーション・エンターテインメントの株を保有しているなど、結構な影響力を持っている)がディズニーが提示した以上の金額を21世紀フォックスに提示し、買収劇に再参入した。これに対し、ディズニーは裁判でコムキャストと争う準備も進めており競争が激化する可能性もあったが、2018年7月にコムキャスト側が事業買収を断念したため、ディズニーによる買収がほぼ確定。

2019年3月に事業買収が完了した


そして2022年5月公開の『マルチバース・オブ・マッドネス』に、これまでの舞台とは別宇宙という設定ではあるが、X-MENプロフェッサーXファンタスティック・フォーミスター・ファンタスティックがサプライズ登場。特に前者はX−MENユニバースと同じパトリック・スチュワートが演じていたこともあり、海外では本人から事前に仄めかされていたものの大きな反響を呼んだ。


ソニー関連

MCUより前に、サム・ライミ監督による三部作や、そのリブートである『アメイジング・スパイダーマン』シリーズが展開されたが、双方とも諸事情により打ち切りとなってしまった(詳しくは各記事を参照)。


その後、ソニーとマーベル・スタジオ/ディズニーとの業務提携が成立したことにより、2016年の『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』よりスパイダーマンがMCUに参戦。『インフィニティ・ウォー』『エンドゲーム』にも登場した他、主役映画としていわゆる「ホーム三部作」が製作されている。


…しかし、キャラクターの映画化の権利はソニーが依然保持しているままであり、それどころか2018年公開の『ヴェノム』を皮切りに、MCUやX−MENユニバースに続く第3の実写作品群「スパイダーマン・ユニバース(SSU)」を始動させた。

現在第4作『マダム・ウェブ』まで公開され、今後もクレイヴン・ザ・ハンターやヴェノム3(仮題)といった映画作品の公開が発表されている。


また、ディズニープラスでは一部アニメ作品を除き一切配信されていなかったスパイダーマン関連タイトルだが、2022年6月にはサム・ライミ三部作、マーク・ウェブ版2作、『ホーム・カミング』と『ファー・フロム・ホーム』、果てには『ヴェノム』や『スパイダーマン:スパイダーバース』といったソニー・ピクチャーズタイトルが配信ラインナップに追加された。

ただし『ノー・ウェイ・ホーム』については完全版の公開後しばらくしてAmazonプライムビデオで配信が始まったり、SSUのドラマ『Silk: Spider Society』もAmazonプライムで配信予定と、ソニーが独自ストリーミングサービスを運営していないことも大きな理由と考えられているが、依然として独自路線を進んでいる。


今後の展開等

『エンドゲーム』公開前、ファイギをはじめ関係者からは

など、シリーズが大きな区切りを迎えると予告されていた。


ジェームズ・ガンの解雇問題

詳しくは本人の記事を参照。

結果的にディズニーと再契約し『VOLUME 3』も無事公開されたが、前後してライバルであるDCユニバースのリーダーに就任したため、当作を最後にMCUからは卒業となった。


フェイズ4以降

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』をもってフェイズ3が終了。その次となる「フェイズ4」では未知の領域に入っていくことになった。

なおここまで変化がおこる背景には、インフィニティ・サーガの終結によって多くのキャストが卒業・参入することが理由としてある(いわゆる"ビック3"の俳優も卒業をそれぞれ明言・示唆していた(外部リンク123))。


それから2週間後に行われた「サンディエゴ・コミコン」では2020~2021年の公開作品予定が発表

このうちフェイズ4に入るのは10作品で、ドラマ・アニメなども含まれていた。

そして(複数のヒーローがアッセンブルする)アベンジャーズの映画が存在しないフェイズでもあり、これに対してファイギは

「『エンドゲーム』は多くのキャラクターにとっての“エンディング”でした。だから、フェイズ4は始まりであることが大切なんです。」

コメントしている。


フェイズ4以降の特色として、映画のみならずドラマでもユニバースの主軸が展開していくことが挙げられる。

これまでMCUに属するドラマはいくつも制作されたが、あくまでスピンオフ程度の扱いであり、映画の内容がドラマに影響することはあっても、その逆はなかったため、ドラマを見なくても映画シリーズを理解できないということはなかった。

だがフェイズ4以降に製作されるドラマは、映画と同等にユニバースのメインになることが明かされており、ドラマを見ないと全貌がわからないことになっていく。


スパイダーマン問題

発表から2か月後、新たにシリーズを牽引することが明確になっていたスパイダーマンについて、ソニーとマーベル・スタジオ/ディズニーとの間で問題が発生していた。

詳しくはホーム三部作の該当部分にて。


COVID-19の影響

2020年に、中国に端を発する新型コロナウイルスパンデミックが発生、世界レベルで映画やドラマ等の映像作品の撮影や、映画館での公開が困難な事態に直面している。

当然MCU作品も例外ではなく、当初の予定ではフェイズ4の最初の公開作品となるはずだった『ブラック・ウィドウ』は延期に延期を重ね、代わりに映画館の営業状態に左右されないディズニーの動画配信サービス「Disney+」において、ドラマシリーズが『ワンダヴィジョン』を皮切りに先行公開された。

また映画についても、公開から少し経った時期でのディズニープラスでの有料配信を計画している。


訃報

ワカンダフォーエバー!!Black Panther

そして2020年8月29日にさらに衝撃的なニュースが飛び込んでくる。

『ブラックパンサー』で主演を務めたチャドウィック・ボーズマン大腸とそれに伴う合併症で43歳の若さで死去した。

実は、ボーズマンは2016年頃に癌が発見され(恐らく『シビル・ウォー』の撮影が終わって少し経ってからであったと思われ、その時点で既にステージ3まで進行している状態だったという)、それ以降は闘病生活の合間を縫って撮影に臨んでいた。当然、『ブラックパンサー』~『エンドゲーム』のMCU各作品も例外ではなく、病気と闘いながらあの激しいアクションを伴う撮影を行っていたとみられる

ネット上では、ボーズマンのファンはもちろん世界中のアメコミファンからも「今まで本当にお疲れさまでした」「病気と闘いながら素晴らしい演技を見せてくれて本当にありがとう」という彼の死を悼むメッセージが多く寄せられた。


不幸はまた続き2022年1月には『ムーンナイト』にてアントン・モーガンを演じたギャスパー・ウリエルがスキー事故により37歳という若さでこの世を去ってしまった(アントン自体の出番はこの作品で終了している)。ドラマは彼の死後に公開され、実質的にこの作品が遺作となっている。


そして更に同年3月には、最初期の『インクレディブル・ハルク』からサンダーボルト・ロスを演じてきたウィリアム・ハートが前立腺癌による合併症で71歳で急逝。『ブラック・ウィドウ』がMCUにおける最終出演となった。コミック同様にレッドハルクとなることを希望していたハートだったが、叶わぬままとなってしまった。

ロス将軍に関しては、後述するように同年10月にハリソン・フォードが後任として決定している。


2023年5月には、『マイティ・ソー』シリーズでヴォルスタッグを演じたレイ・スティーヴンソンが58歳という若さで死去(ヴォルスタッグ自体は『バトルロイヤル』で出番が終了している)。レイはMCU以前に製作された『パニッシャー:ウォー・ゾーン』でタイトルロールを演じていたため、その点でもマーベルファンからその死を惜しまれた。


フェイズ5以降

上記一覧の通り、2022年3月~11月はドラマ配信も含めると月毎に最低1つ、というハイペースで発表されていた。

後にこの意図は、これから活躍するキャラを一気に導入した「"種まき"としてのフェイズ4」だったと公式から言及されるのだが、あまりの多さに疲れを覚えたファンも少なからずいたらしく、さらにVFX関係の作業が前々から"ブラック"な労働環境であることを告発され、これを踏まえて2023年のフェイズ5からは劇場公開・配信ともにペースを落とす模様

その皮切りに、『マーベルズ』は同年7月公開だったのが11月に、『シークレット・インベージョン』も春から6月の配信に延期されている。


また3月半ばには件のVFX部門やポストプロダクション部門・アニメ部門を統括していたヴィクトリア・アロンソが、「競合他社に関わらない」という契約に反してAmazon製作の映画『アルゼンチン1985 〜歴史を変えた裁判〜』のプロデューサーを務めたことが理由でマーベル・スタジオを解雇された。

彼女は『アイアンマン』から製作に関わっていたケヴィン・ファイギの右腕であり、報道によると当初はその貢献度から注意程度で済まされていたが、第95回アカデミー賞の授賞式にも前述の『ワカンダ・フォーエバー』ではなく同作の関係者として出席するなど、度々の違反にディズニー首脳陣の堪忍袋の緒が切れたとのこと。彼女自身は「承認を得ていた」と主張しており、当初は訴訟にまで発展する様相を呈していたが、しばらくして和解に至った


続けて、MARVEL社全体のリーダーであるアイザック・パルムッター会長もディズニーから解雇された。

彼は前々からファイギと対立しており、『ブラックパンサー』や『キャプテン・マーベル』の企画に反対する、『アントマン』を手がける予定だったエドガー・ライトの降板のきっかけを作る、など評判が悪く、こちらについては不安視はあまりされていない。


それと前後して、征服者カーンを演じるジョナサン・メジャースが暴行容疑で逮捕された、という衝撃的なニュースが飛び込んできた(しばらくして釈放)。弁護側は無実を主張しているが、起用された米陸軍の広告が取り下げられるなど早くも影響は出ている。

さらに6月中旬にはネイモア役のテノッチ・ウエルタも性的暴行で告発され、主演予定だった映画を降板している。

DCユニバースでもメインヒーローの1人であるザ・フラッシュ役のエズラ・ミラーの逮捕により公開スケジュールに大きな遅れが生じたことがアメコミファンの記憶に新しいため、ますます心配の声が多くなっている。


そして7月、全米映画俳優・脚本家組合のダブルストライキによりハリウッド全体の製作関係が中断。当然MCUも例外ではなく、2022年夏に発表されたスケジュールからほとんど延期される結果となっている。


秋にはストライキは収束、各作品の作業も再開したが、12月中旬にジョナサンが有罪判決・解雇された

ファンからは『ロキ』『クアントマニア』における変異体の演じ分けが好評だったが、これを受けてスタジオはカーン役をリキャストするかサーガヴィラン自体を変更するかの判断を迫られており、「アベンジャーズ」シリーズ5作目も副題の『The Kang Dynasty』が一旦消されることとなった。


時系列について

映画が公開された時期と劇中での時期がほぼ一致する為、回想シーン、例えば特に古い時代である『マイティ・ソー』と『ダーク・ワールド』の冒頭部分や、そもそも第二次世界大戦時の物語である『ザ・ファースト・アベンジャー』を除けば、非常にスッキリとした流れ。

ちなみに『インクレディブル・ハルク』『アイアンマン2』『マイティ・ソー』における事件は、ほぼ同時並行に近いレベルで立て続けに起きていた、という裏設定があり、S.H.I.E.L.D.職員の右往左往を描いたコミックが出版されている。


この辺りは途中で冷戦期から再スタートしたX−MENユニバースとは対照的である。


……と思われてきたのだが……


2017年5月、『リミックス』は前作の直後であることが明らかになると、この2本が両方とも2014年内の物語ということになったため、ファンの間では『ザ・ファースト・アベンジャー』以来となる「劇中の時系列と公開順のギャップ」がちらほらと話題になった。

が、この時点ではまだ大きな問題ではなかった。


同年7月に公開された『ホームカミング』の冒頭、全てのMCUファンは(おそらく)驚愕した。

今作が『アベンジャーズ』(2012年公開)の8年後だと、映画館のスクリーンに大きく映し出されたからである。


劇中で『シビル・ウォー』の2ヶ月後だということも明らかになっていることもあって大きな話題となり、いわゆる「8年後問題」としてファンの間では盛んに議論がなされた。果ては「マーベル・スタジオのミスじゃないのか?」と訝しむ声まであったが、ファイギは

「新聞があったり、あるいは年号を言葉で示したりと特別なことをしていない限り、それぞれの映画に年代を定めたことはありません。“この映画は2017年11月公開だから、2017年11月が舞台に違いない”という仮定があるかと思いますが、それは違うんです

と述べており、密かに存在するMCU全体のタイムラインもいずれ公開する予定だと明かされた。


その後も、

  • 続けて11月に公開された『バトルロイヤル』は『エイジ・オブ・ウルトロン』の2年後だということが明らかになっており、一方で『シビル・ウォー』と同時期だということも示唆されている。
  • 18年2月に公開された『ブラックパンサー』は『シビル・ウォー』の直後の物語と考えられる(あくまで劇中のニュースなどによる考察)。
  • 『インフィニティ・ウォー』は『シビル・ウォー』の(およそ)2年後だと明かされていた一方で、『バトルロイヤル』のポストクレジットや予告編の内容から、『バトルロイヤル』の直後だということも示唆されていた。

……といった具合にどんどん複雑になっており、今や本当のMCUの時系列を把握しているのは(おそらく)関係者だけだとも思えるような状態であった。


果たして混沌としている時系列問題に答えが出るのかと、全てのMCUファン(というより、筆者)が気を揉む中、ひとつの集大成となる『インフィニティ・ウォー』が遂に公開されたのだが……




以下『インフィニティ・ウォー』以降の作品のネタバレを含みます。未鑑賞の方は注意!!







その中盤、トニーの口からNYの戦い(=『アベンジャーズ』)から6年が経ったことが言及された……


………


マーベル・スタジオさん、やっぱり、ミスだったのでは……


※実際に『インフィニティ・ウォー』の監督であるルッソ兄弟はこんな発言もしている。


なおその後も、

  • 『アントマン&ワスプ』は『シビル・ウォー』と『インフィニティ・ウォー』の間の物語になるとされている
  • 『キャプテン・マーベル』に至っては1990年代が舞台になると明らかになっており、『リミックス』以来となる公開時期よりも過去の時代の物語。

と、複雑さは増していった。


ただし「インフィニティ・サーガ」の完結編である『エンドゲーム』は『インフィニティ・ウォー』『アントマン&ワスプ』『キャプテン・マーベル』後であり、その後日談である『ファー・フロム・ホーム』は8か月後である事が本編で判明しているため、時系列もここで一旦区切りがついたと言える。


ちなみに『エンドゲーム』で『アベンジャーズ』が2012年、『ダーク・ワールド』が2013年、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』が2014年の出来事と明言されたが、それぞれの公開年と一致するため、やはりフェイズ3から複雑化していったと思われる。


フェイズ4の作品については、『シビル・ウォー』と『インフィニティ・ウォー』の間の『ブラック・ウィドウ』を除けば、ドラマを含め概ね『エンドゲーム』後の物語である。


※それぞれ記事の最後に公開/配信・シリーズ・本編基準の時系列の前後をまとめているので、そちらも参照してほしい。


幸いX−MENユニバースで起きたような、過去と未来を同時に描いて、さらにタイムラインのリセットを行うといった事態にはなっていないが、(まさに)時間の問題なのかもしれない……


そして、前述した公式タイムラインを主に扱ったオフィシャルの書籍が本国では2023年9月に発売。

上記した"8年後問題"はTVA職員がビデオテープを置き間違えたとされ、一応解決した。


アースの1つとして

番号は【アース199999】

これは2012年出版の公式解説本『Official Handbook of the Marvel Universe A-Z Volume 5』が初出だが、作中ではコミックの基本世界と同じ【616】が用いられている。

  • 『ダーク・ワールド』:エリック・セルヴィグの講義
  • 『ファー・フロム・ホーム』:ミステリオが【833】出身と偽った時の説明
  • 『ロキ』:TVAが記録したロキの映像のビデオテープに記載
  • 『マルチバース・オブ・マッドネス』:【838】側からの呼称

しかし2023年6月公開のアニメ映画『スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース』でスパイダーマン2099が、作品内では初めて【199999】と呼称した。

これについては、我々のいる現実世界や2099たちスパイダー・ソサエティとTVAや【838】の認識が異なる、と考えれば辻褄は合うのだが、ファン界隈では同じ【616】だとややこしいため専ら【199999】が用いられている。


基本世界以外の世界

特にフェイズ4以降は「マルチバース・サーガ」と称されており、様々な世界が舞台として登場している。

※"TRN"は"Temporary Reality Number" の略で、公式からは発表されていないためファン界隈で便宜上つけられた数字。

  • ミラー・ディメンションダーク・ディメンション
    • ドクター・ストレンジ関係

アースの中にある別世界「ポケットディメンション」の1つ。


  • 量子世界(クァンタム・レルム)
    • アントマン関係

初代ワスプことジャネット・ヴァン・ダインが『アントマン&ワスプ』で救出されるまで滞在していたポケットディメンションの1つ。『クアントマニア』でその詳細が描かれた。

コミックでは同様の世界が複数あり、まとめて「マイクロバース」と呼ばれているがあくまで【616】の中であり、こちらはそれぞれのアースと繋がっているのが大きな相違点。


  • 【アース16828】
    • 『チーム・ソー』

マーベル・ワンショットの1作で、『バトルロイヤル』のスピンオフ的な短編。実写では現状唯一、作品それ自体が明確に別アース扱いとなっている。


  • TVA本部のある空間
    • 『ロキ』

時間軸とは切り離された次元。コミックでの名前は「ヌル・タイムゾーン(Null-Time Zone)」。


  • 虚無
    • 『ロキ』

TVAによって剪定(リセット)されたものが送られる空間。"時間の終わり"に位置する「全ての出来事が一点で衝突し合い、分岐が成長しない」場所。


作品記事参照。シーズン1では8つのアースが登場した。


  • 【アースTRN808】
    • 『ホークアイ』

バートン一家がニューヨークで観た『ロジャース:ザ・ミュージカル』。

実際にカリフォルニアのディズニーランドで公演された。


  • 【アース96283】ライミバース、【アース120703】ウェブバース
    • 『ノー・ウェイ・ホーム』

「初の別ユニバース」という名の過去シリーズ。名称は脚本上の表記で、それぞれの監督であるサム・ライミ、マーク・ウェブが由来。

諸事情で打ち切りになった作品を別世界扱いにしてリブート先で活用する、という革新的な手法だが、ある意味ではマーベルらしいと言える。


  • 【アース838】、【アースTRN954】インカージョンで崩壊した宇宙
    • 『マルチバース・オブ・マッドネス』

「既存のキャラクターが移動した」かつ「オリジナル」としては初。

同作では他にも、一瞬だが「恐竜の世界」「ドローンの世界」「身体がペンキ状の世界」「白黒の世界」などが登場した。


  • 【アースTRN952】女性だけの惑星
    • 『マルチバース・オブ・マッドネス』

アメリカ・チャベスの出身世界。コミックでの名前は「ユートピア・パラレル」。


  • ヌール・ディメンジョン
    • 『ミズ・マーベル』

カムランの母:ナジマやその仲間「クランディスティン」の出身世界。詳細は現状不明。


  • (詳細不明)
    • 『マーベルズ』

終盤、モニカ・ランボーが飛ばされた別アース。


なおソーの出身であるアスガルドなどは惑星として、シャン・チーの母の故郷ター・ローは山奥の秘境としてそれぞれ描かれているが、コミックではポケットディメンション。


余談

pixivではこの方達の影響なのか、腐向けの作品が多い傾向にある。(まあ、アメコミ全体に言えることなのかもしれないが……)


演者関係

  • 俳優陣

何名かは過去に『SWAT』シリーズ等で共演している。


アメコミ4コマ漫画劇場㉞ 『最強はどっちだ』キングコングの事で言い争いになるアベンジャーズ

モンスターバースシリーズ」にアーロン・テイラー=ジョンソン(クイックシルバー)、エリザベス・オルセンスカーレット・ウィッチ)、トム・ヒドルストンロキ)、サミュエル・L・ジャクソンニック・フューリー)、ブリー・ラーソンキャロル・ダンバース)の5名がメインキャストとして出演したことから、中の人繋がりでネタにされることがある。

なお、吹き替えを担当している声優に目を向ければ共演者はもう少し増えるが、ここでは割愛。

また吹替版でウォンを担当している田中美央はモンスターバースには絡んでいないものの、『ゴジラ-1.0』に堀田辰雄役で出演していた。


最近では『クリード』シリーズとも共通出演者が多く、ロッキー役のシルヴェスター・スタローンスタカー・オゴルド)や主演のマイケル・B・ジョーダンキルモンガー)、ヒロインのテッサ・トンプソン(ヴァルキリー)を始め、第2作からはフロリアン・ムンテアヌ(レーザー・フィスト)、第3作ではジョナサン・メジャース(征服者カーン)が出演。

制作陣も、『ブラックパンサー』シリーズのライアン・クーグラーが原案を担当している。


それぞれ事情は異なるが交代もあり、メインキャストは以下の7名。

死去したウィリアム・ハート氏を除き、前任の俳優は実質1作限りの出演になっている。

ブルース・バナーエドワード・ノートン
  • 『インクレディブル・ハルク』
マーク・ラファロ
  • 『アベンジャーズ』以降
ジェームズ・ローズテレンス・ハワード
  • 『アイアンマン』
ドン・チードル
  • 『アイアンマン2』以降
ファンドラルジョシュア・ダラス
  • 『マイティ・ソー』
ザッカリー・リーヴァイ
  • 『ダーク・ワールド』以降
レッドスカルヒューゴ・ウィーヴィング
  • 『ザ・ファースト・アベンジャー』
ロス・マーカンド
  • 『インフィニティ・ウォー』以降
サノスダミアン・ポワチエ
  • 『アベンジャーズ』
ジョシュ・ブローリン
  • 『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』以降
キャシー・ラングエマ・ファーマン
  • 『エンドゲーム』
キャスリン・ニュートン
  • 『クアントマニア』
サディアス・ロスウィリアム・ハート
  • 『ブラック・ウィドウ』以前
ハリソン・フォード
  • 『New World Order』

  • 日本語吹き替え声優

やはりというべきか、こちらも実力派から若手まで豪華声優陣が参加している。

またナターシャ、ホークアイ、フューリーは初めてのアッセンブルである『アベンジャーズ』からいわゆる芸能人声優に交代となっており、その後も何キャラか芸能人が起用されているが、フェイズ4から始まった配信作品では当該キャラは専業声優が演じている。

(グルートロケットマンティス、実写のフューリーは配信も続投)


なお色々あったこの人はどちらも変更になっているが、この人とは違って法に触れてはいないためか、出演した全5作は新録されずそのまま配信されている。

ただしそのうちの3作を含めた、主にフェイズ3以降の映画のほとんどが地上波放送されておらず、様々な憶測を呼んでいる。


コミックとの相互影響

MCU世界はコミックの世界とは別の宇宙と云う設定だが、コミックでも比較的近年に起きた出来事がMCU作品にも取り入れられたり、MCUの設定がコミックに逆輸入される事も有る。

以下にその例を示す。

  • MCUオリジナルの登場人物だったフィル・コールソンがコミックにも登場する。
  • チタウリは元々、コミックの別アースでのスクラルに相当する種族だったが、名前だけ借りた変身能力などの特殊能力が無い種族がいわば悪役側の雑魚戦闘員として『アベンジャーズ』に登場。更に、MCU準拠のチタウリががコミックの正史世界であるアース616にも逆輸入される。
  • MCUにワンダピエトロの姉弟が登場。⇒コミックでも「実は2人はミュータントではなく改造人間だった」と云う新設定になる。
  • NetflixのMCUと世界観を共有するドラマシリーズに2大超人種族の片方であるインヒューマンズが登場。⇒コミックでもインヒューマンズが優遇され、逆にもう片方のミュータントは絶滅の危機に陥る。
  • 『ラブ&サンダー』のヴィランであるゴア・ザ・ゴッド・ブッチャーは、コミックでは2010年代(早い話がMCUの人気が出て以降)に登場した比較的新しいキャラクター。
  • 2019年のコミックのエピソード「War of the Realms」で消滅した別次元から正史世界(アース616)に漂着したムジョルニア(ただし、外見はストームブレイカーに近い)が「一度砕けたものが一時的に再生された」状態で、ソーとなったジェーン・フォスターの手に握られる。
  • 同じくコミックのエピソード「War of the Realms」で、一度、太陽に落ちて消滅したムジョルニアが再生された際に、柄の部分がMCU版のストームブレイカーのような「加工されていない木」のような外見となる。(ただし、こちらの柄はユグドラシルの一部)
  • 『ラブ&サンダー』公開の少し前である2020年代初頭にも、ムジョルニアが一度破壊され、継ぎ接ぎされたような外見になって再生されると云う出来事がコミックでも起きる。
  • 映画『エターナルズ』公開後に、コミックでもエターナルズ達が倒すべき敵である「ディヴィアンツ」を単なる種族名ではなく「セレスティアルズの予定・想定から逸脱(deviation)した者達」と考え、ミュータントもディヴィアンツの一種と見做す展開が起きる。
    • 更にその結果「地球において新たなるセレスティアルズが誕生する」というMCU版を思わせる展開になった。
  • 2010年代にコミックに登場した比較的新しいキャラであるアイアンハートがMCUにも登場する。
  • ワカンダの王位とブラックパンサーの称号の継承が描かれると予想されていた『ワカンダ・フォーエバー』公開直前にコミック版の正史世界においても、ワカンダの民主化により、ティ・チャラがワカンダの王位とブラックパンサーの称号を失なう。
  • コミック版の正史世界において、アフリカ系アメリカ人の間で、アメリカを「偽りの自由と平等の国」と見做し民主化されたワカンダに移住しようとする「ワカンダ・フォーエバー運動」が起きる。
  • コミックでも「インフィニティ・ジェム」の呼び名が、設定変更によりMCUと同じ「インフィニティ・ストーン」に変る。
  • コミックの正史世界のニック・フューリーは白人だったが、アフリカ系の女性との間に隠し子が居た事が判明。その隠し子は後にニック・フューリーJr.を名乗る。
  • 『ブラックパンサー』公開以降、コミック版のキルモンガーの外見がMCU版に似たものになる。
  • コミック版のソーの髭の有無や髪の長さが、そのコミックが描かれたのと同じ時期のMCU版準拠になる。
  • コミック版のシャン・チーも『テン・リングスの伝説』におけるテン・リングスに似たアイテムを武器とするようになる。
  • コミック版でもスカーレットウィッチのティアラにMCU版を思わせるモールドが入るようになる。

小ネタ

出演者や出演キャラが余りに多いため、2022年時点で名前被りが割と多い。


関連動画


10周年感謝映像(2018年)

動画を見れば分かるが、ここに写っているキャスト・スタッフの量・質は、ともに並々ならないレベルである。2008年に公開されたたった一本の映画から始まったプロジェクトがここまで発展した事を考えると、感慨深いものがある。

※関連記事はこちら


スタン・リーの言葉とともに贈る特別映像(2021年)

『ファー・フロム・ホーム』以来、コロナ禍によって延期してきたフェイズ4映画作品が劇場公開されることを記念した映像。

『ブラック・ウィドウ』『シャン・チー』『エターナルズ』『ノー・ウェイ・ホーム』『マルチバース・オブ・マッドネス』『ラブ&サンダー』『ワカンダ・フォーエバー』『マーベルズ』『クアントマニア』『ガーディアンズ3』のタイトルのあと、「4」(フェイズ4と『FF』を意味すると思われる)が現れる。


関連タグ

MARVEL アベンジャーズ ユニバース クロスオーバー


ホーム三部作

:本ユニバースに属するスパイダーマン映画3作の日本国内での総称。最初はファンによる愛称だったが、いまでは公式も使用している。


ソコヴィアニュー・アスガルドター・ロータロカン

:作中に登場する、元ネタや似ているものはコミックにもあるが名前はMCUオリジナルの場所。


X−MENユニバース

X-MENウルヴァリンデッドプールが登場する映画シリーズ。

スパイダーマン・ユニバース

ヴェノムブラック・キャットといったスパイダーマンの関連キャラクター達が登場する映画シリーズ。なお、途中からMCUとリンクする


アローバース

:ドラマ『ARROW/アロー』から始まったDCコミックのドラマシリーズ。MCUよりも先に平行世界を扱っている。

DCユニバース

:MCUの後追いで始まったDCの映画シリーズ。


BCUインドネシア版MCU。


外部リンク

Wikipedia

ニコニコ大百科

関連記事

親記事

マルチバース(MARVEL) まーべるのまるちばーす

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8551645

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました