2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

Dr.ドゥーム

どくたーどぅーむ

大手アメリカンコミックス出版社のMarvel Comicsのキャラクター。ヒーローチーム「ファンタスティックフォー」の最大の宿敵でありアメリカでは屈指の人気を誇る名ヴィラン(悪役)。公式の表記は英語ではDoctor Doom、日本語ではドクター・ドゥームだが、ピクシブのタグではDr.ドゥームかDr.Doomが使われている事が多い。
目次[非表示]

人物

ハイシンダー


マーベルコミックの作品「ファンタスティックフォー」に登場する最大の宿敵。

本名、ヴィクター・フォン・ドゥーム。
世界征服を企む、小国ラトヴェリアの専制君主にして世界屈指の科学者である。
尊大にして自意識過剰だが、器が大きく、高潔で誇り高い男である。
そのことから本国アメリカではダース・ベイダーに肩を並べる程の絶大な人気を得ている。

来歴

いにしえの王朝・ラトヴェリア王家の末裔である魔女の子供として生を受ける。
その優れた頭脳がアメリカ大学教授の目に止まったことで名門・ステート大学に進学し類い希なる才能を開花させた。しかし、その後「死者と交信する実験」に失敗してしまう。

この「死者と交信する実験」は、自身の研究の一環である事はもちろんだが、それ以上に「死別した自分の母親と、もう一度言葉を交わしたい」という理由があった。

しかしこの実験を焦り、当時に友人だったリード・リチャーズ、のちのミスター・ファンタスティックに、理論の不備を指摘されていた。
それを無視し、ドゥームは実験を強行。結果、失敗し、顔に傷を負ってしまった。
この時の傷は小さなものだったが、ドーム自身のプライドは深く傷つき、大学からも追放され、世界中を放浪することとなってしまった。

ここから世間に背を向け、リードに対しても恨み(ほぼ逆恨みだが)を抱くように。
その過程でチベットに辿り着き、そこに赴いた寺院にて修行僧となって、荒行の果てに魔法を体得。
そして、寺院で最強の魔法使いとなった後、鎧を製作し装着。
最後に俗世と完全に決別するため、鎧の顔部分のプレートを真っ赤に熱し、自身の顔に押し付けた。こうして、自ら焼けただれた顔になり、現在のDr.ドゥームへと成長したのである。

いささか歪んだ性格ではあるものの、国民から信頼された有能で慈愛のある君主であり、そもそも彼が世界征服を企んでいるのも「世界から争いや差別をなくしたい」という思いから来ているのである。
実際、パラレルワールドで彼が世界征服を果たした未来の世界では、戦争も差別も貧困もない平和な世の中が実現していた
また、アニメ作品の『アベンジャーズ・アッセンブル』のシーズン1でもタイムマシーンを使用し、本来ならば敵対関係になるはずだったトニーやバナーを彼らがヒーローになる事件を事前に防ぐことにより世界征服を成功している。ただし、アスガルドにいたソーにはタイムマシーンの影響が及ばず、支配体制も圧制だったためか、彼らの持つ元来の正義感に火をつけてしまい最終的に裏切られてしまう。

悪漢であり冷酷ではあるが、作品によってはつまらない僅かな過ちや、自身の油断から逆転される事も多いため、やや憎めない一面も持たれている。
また、ラトベリア人の少年、クリストフ・ベルナルドを引き取った事もあった。
これはクリストフの両親が、ドゥーム自身の政治抗争に巻き込まれて死亡したためであり、ドゥーム自身も責任を感じていた。そのため、引き取って帝王学を教え、自分の後継者として育てていた。
(後にクリストフは、ドゥーム自身が行方不明になった際に、影武者のドゥームボットによりドゥームの知識と人格を移植されて二代目ドゥームとして踏襲。しかし、初代ドゥームが帰還したため、王座を返している)

また仇敵であるファンタスティック・フォーとも縁があり、メンバーのリードとスーザンの間に出来た女児の出産(様々な理由で命に係わる難産だった)に手を貸し、感謝の印として命名権を譲られるなど、単なる悪役には留まっていない。
また一時コスチュームを白一色に変え、ファンタスティック・フォーの一員としてチームに入っていたこともある。
とあるエピソードでは自国の領空を飛んでいるサンタクロースをうっかり撃墜、代理として「サンタドゥーム」を名乗り奮闘するなどお茶目な一面も。

9.11のアメリカ同時多発テロ事件に際し、特別版として刊行されたコミック「アルティメット・スパイダーマン」36号(通称:スパイダーマン911)では、多くの勇敢な人々と共に救出作業に当たるヒーロー達が描写された。
その傍ら、崩壊したツインタワーの前にジャガーノートX-MEN)、マグニートー(X-MEN)、Dr.オクトパススパイダーマン)、キングピンパニッシャー)らと共に登場。
たとえヒーローと敵対するヴィランであっても、無辜の人間が理不尽に命を奪われるという行為は許容できるものではなく、失われた人命に想いを寄せて涙を流すという一面を見せた。

能力

身体的には至って普通の人間である。
しかし彼が他のキャラクターと一線を画しているのは、地上最高峰の頭脳からきているのである。
この世のありとあらゆる科学技術に精通し、その知識を活かして超兵器の開発や遠大な陰謀を企てている。更に魔法の一部を体得しているため、絶大なパワーを振るうことも出来る他、チベットの修行僧時代に体を鍛え込んでいるので、本人の体力も常人以上である。
ただし、魔法に関しては、魔法使いとして大成するのに必要な「謙虚さ」を欠いている為、ドクター・ストレンジに及ばない、とされる事が多い。

自身の顔の傷を隠すために鉄仮面をかぶり、その体には数々の超兵器を内蔵した鋼鉄の鎧を纏っている。
この鎧の威力は絶大で、バリヤーや反重力装置、テレポート能力、巨大ロボットも一発で吹き飛ばす威力のビーム砲を使うことが出来る万能兵器。アイアンマンのアーマーにも匹敵し、センチネルのような巨大ロボが相手でも、一撃で破壊が可能。
科学技術のみならず、魔術的な要素も含まれており、悪魔などのオカルトな相手に対しても強力な武器になり防御兵装にもなっている。
なお、鎧(アーマー)を着た天才科学者、と言う点ではアイアンマンとも比較され、実際大規模事件の際に一時協力することはあれど、基本的に仲は非常に悪い。
更に、鎧は量産されており、ロボットに装着させ、影武者「ドゥームボット」として稼働させている。そのため、敵対するヒーローやヴィランが挑戦し、何度倒したところで、それらは影武者だったという事が多い。

こういった数々の兵器や天才頭脳のおかげで、MARVELヴィランの中でも最も危険な内の一人という評価は今も昔も揺らいでいない。

なお、パラレルワールドの「アルティメット・ユニバース」(Earth-1610)では、

  • 破産寸前の小国を半年で日本に匹敵する経済大国に変貌させる
  • 「近くに居る最も力の強い者に取り憑く」古代の邪神が、BIG3の一人にしてアスガルドの雷神・ソーをスルーしてDr.ドゥーム目掛けてまっしぐら
など、チートぶりに拍車がかかっている。

日本での扱い

ファンタスティックフォーのアニメ作品の一つである『宇宙忍者ゴームズ』では悪魔博士と呼ばれていた。そのため、日本における彼のあだ名の一つに、悪魔博士ができた。

名前だけ聞けばそれなりに凄そうだが、原作における「ラトヴェリア訛りの英語で話す」という設定を忠実に再現しようとした結果、コテコテの名古屋弁でしゃべるという、やや間が抜けた感じになってしまった。
ついでにレトロなアメリカ製カートゥーンである事を差し引いても作画がちょっとアレなため、余計に間抜けになってしまった。

1995年にカプコンから発売された格闘ゲーム『MARVEL SUPER HEROES』に中ボスとして登場。(隠しコマンドで使用可能)

後継作である『MARVELvsCAPCOM』シリーズを経てプレイアブルキャラとなり、3作目の『MARVELvsCAPCOM3』では特徴的な『フッダーイ』というセリフが通称として広まっている。

関連イラスト

そしたら平和な街でないいとこなんだ、そんで俺の血がカッカなってな
ドクター・ドゥーム


Dr.DOOM
悪魔博士



関連タグ

呼び名・表記揺れ

悪魔博士 Dr.Doom ドクター・ドゥーム フッダーイ

ソウル・クラッシャー:どことなく見た目が似ているアメコミのヴィラン。

アマルガム

DCコミックとマーベルのタイトル・キャラが合体する大規模クロスオーバー「アマルガム」にも登場。
スーパーマンと真っ向勝負し、相打ちにして殺害した強力なヴィラン「ドゥームズデイ」と合体、
Dr.ドゥームズデイ」として登場した。
本来の頭脳と科学知識に加え、ドゥームズデイの持つ直接的な髙い戦闘能力をも有し、アマルガムユニバースにおいて、最強クラスのヴィランとなっている。

関連記事

親記事

ファンタスティックフォー ふぁんたすてぃっくふぉー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「Dr.ドゥーム」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「Dr.ドゥーム」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 222645

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました