ピクシブ百科事典

グルート

ぐるーと

グルートとは、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

「I am Groot.(私はグルート)」

I am Groot.(私の概要だ)

驚異的な再生能力を持つ植物型ヒューマノイドのプラネットX星人。
ロケット・ラクーンの相棒。
外見は枯れ木のようで、「I'M GROOT!!」としか喋れない。
初出時は普通に会話できていたのだが、後に設定を改められてこのようになった。

I am Groot.(MCU版での活躍だ)

CV:ヴィン・ディーゼル遠藤憲一

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』および、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』に登場。
よく勘違いされる事なのだが、後述の通り一作目のグルートとリミックス以降のグルートは親子の関係であり同一個体ではない。

初代

メンバーで一番の巨体で、原作同様ロケットの相棒として共に登場したが、噴水の水を飲んだり、話の最中に身体に生えた芽を食べようとしたりと、少々抜けてるところがある。
ロナンとの戦いではメンバーと共に勇猛果敢に戦うが、戦艦ダークアスターの爆発から仲間を守るため枝を最大限に成長させて壁を作りバラバラになって死亡。

しかし終盤、残された枝の一本を相棒のロケットが植木鉢で育てた。
また仲間である、ピーター・クイルの影響を受けてか音楽に合わせて踊ることを好む他、ドラックスに対してだるまさんがころんだを仕掛けて訝しがられる。

二代目

第二作では少し成長したもののやはりあどけなさを残している(通称ベビー・グルート)が、既に再生能力を行使できる。
無邪気でマイペースな姿を見せており、戦闘中に踊ったり、ロケットを困らせたりと、癒されること請け合い。
エンディング後には思春期相当の姿にまで成長。
典型的な反抗期になっており、部屋でゲームばかりし半ば引きこもりのような生活を送っており、そのことを叱るピーターはかつて父親代わりのヨンドゥ・ウドンタが抱えた苦労を味わうことになった。

『アベンジャーズ・インフィニティ・ウォー』では思春期の姿で登場、相変わらずゲーム三昧。
ロケットと、サノスの虐殺から生き延びたマイティ・ソーと共に、武器を作る工房『ニダベリア』に赴き、ソーの武器製作に同行する。
ソーがストームブレイカーを作るため星に焼かれ、ぼろぼろになって倒れている姿を見て、自らの腕を切り落とし、柄とすることでストームブレイカーを完成させた。
その後はワカンダでの戦いに参加するが……

吹替え版では『I AM GROOT』が、第一作では『私はグルート』、第二作では『僕はグルート』、エンディング後では『俺はグルート』と一人称が成長に合わせて変化している。
またシュガー・ラッシュ:オンラインの劇中コンテンツ『Oh My Disney』にて『ASK GROOT ANYTHING!(グルートに何でも聞いちゃおう!)』のコーナーでユーザーと交流するも回答は全て「I AM GROOT」だった。


I am Groot.(ディスク・ウォーズ:アベンジャーズの私だ)

CV:船木まひと
上述のMCUの第一作の公開に合わせてゲスト出演。
やはり『私はグルート』としか喋れないが、アカツキ・アキラとはコミュニケーションを交すことができた。

I am Groot.(関連イラストもある)

アライグマさんと樹木さん
銀河家族化計画


ロケットラクーン&グルート2
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー色々



I am Groot.(他の関連タグもあるぞ)

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー ディスク・ウォーズ:アベンジャーズ アルティメットスパイダーマン マーベル ヒーロー ロケット・ラクーン

関連記事

親記事

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー がーでぃあんずおぶぎゃらくしー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「グルート」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 324381

コメント