ピクシブ百科事典

ホワット・イフ...?

ほわっといふ

MARVELのコミックを原作としたアニメシリーズ。マーベル・シネマティック・ユニバースに属する。
目次[非表示]

解説

2021年8月11日からディズニープラスで配信されているアニメシリーズ。
MARVELのコミックを原作とする実写映画シリーズ・MCUに属する、初のアニメーション作品である。
監督は、これまでMCUで数々のイメージボードを手掛けてきたブライアン・アンドリュース。

タイトルの「ホワット・イフ…?(WHAT IF...?)」は「もしも?」と訳され、過去のMCU作品をベースとしつつ、それとは決定的に異なるIFの事態が起こった物語が描かれる。
具体的には、『アイアンマン』から『スパイダーマン/ファー・フロム・ホーム』までの「インフィニティ・サーガ」全23作をベースにしつつ、映画とは異なるキャラクターの行動等の影響で、全く異なるストーリーになるという手法が取られている。
基本的には1話につき映画1本がベースになっているが、第3話のように複数の映画をベースに1話のアニメにしているケースもある。
また、今のところ各話につながりはないオムニバス形式になっている。

アニメーション作品ではあるが、原語版では、ほとんどのキャラクターの声を実写映画版の俳優が担当している。
また日本語吹替も同様であり、原語版で原典と異なる俳優・声優が声を担当していても、日本語吹替は原典と同じ声優が担当しているキャラクターもいる。
2020年に急逝したトニー・スターク役の藤原啓治の代役を誰が務めるかが注目されていたが、森川智之MCUでは『キャプテン・マーベル』のヨン・ロッグの吹替を担当した)がトニー役を務めることとなった。

ストーリー

第1話「もしも…キャプテン・カーターがファースト・アベンジャーだったら?
ザ・ファースト・アベンジャー』をベースとする。
第2話「もしも…ティ・チャラがスター・ロードになったら?」
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』をベースとしつつ、時代は5年ほど遡っている。
第3話「もしも…世界が最強のヒーローたちを失ったら?」
同時期に起こった『インクレディブル・ハルク』『アイアンマン2』『マイティ・ソー』をベースとしつつ、『アベンジャーズ』の前日譚コミック『アベンジャーズ:プレリュード』もベースになっている。
第4話「もしも…ドクター・ストレンジが手の代わりに恋人を失ったら?」
冒頭は『ドクター・ストレンジ』をベースにし、その中で起こった分岐イベントにより変化した、映画のその後を描いている。
第5話「もしも…ゾンビが出たら?」
インフィニティ・ウォー』『アントマン&ワスプ』をベースにしている。
第6話「もしも…キルモンガーがトニー・スタークを救ったら?」
時代は『アイアンマン』、ストーリーは『ブラックパンサー』をベースにしている。
第7話「もしも…ソーがひとりっ子だったら?」
マイティ・ソー』をベースにしており、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』や『マイティ・ソー/バトルロイヤル』のキャラクターも多数登場する。
第8話「もしも…ウルトロンが勝ったら?」
エイジ・オブ・ウルトロン』が分岐ポイントになっており、『インフィニティ・ウォー』『エンドゲーム』の要素もある。
第9話「もしも...ウォッチャーが誓いを破ったら?」
キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』の要素を含む、シーズン1の最終回。

キャラクター

台詞のあるキャラクターのみ。登場順に記載。声優のうち太字は、過去のMCU作品で同じ役を務めた者。

キャラクター原語版声優日本語版声優
ウアトゥ / ザ・ウォッチャージェフリー・ライト井上和彦(1)
ペギー・カーターヘイリー・アトウェル園崎未恵
スティーブ・ロジャースジョシュ・キートン中村悠一
バッキー・バーンズセバスチャン・スタン 白石充
ハワード・スタークドミニク・クーパー野島裕史
エイブラハム・アースキンスタンリー・トゥッチ多田野曜平
ダム・ダム・デューガンニール・マクドノー志村知幸
アーニム・ゾラトビー・ジョーンズ佐々木睦
レッドスカルロス・マーカンド(2)山路和弘
ニック・フューリーサミュエル・L・ジャクソン立木文彦
クリント・バートンジェレミー・レナー東地宏樹(3)
ティ・チャラチャドウィック・ボーズマン田村真
ネビュラカレン・ギラン森夏姫
ヨンドゥ・ウドンタマイケル・ルーカー立木文彦
コラス・ザ・パーサージャイモン・フンスー野村健次
ティ・チャカジョン・カニ佐々木敏
サノスジョシュ・ブローリン銀河万丈
コレクターベネチオ・デル・トロ石住昭彦
エゴカート・ラッセル金尾哲夫
クラグリンショーン・ガン土田大
テイザーフェイスクリス・サリヴァン廣田行生
ハワード・ザ・ダックセス・グリーン伊丸岡篤
オコエダナイ・グリラ斎賀みつき
カリーナオフィリア・ラヴィボンド合田絵利
プロキシマ・ミッドナイトキャリー・クーン鷄冠井美智子
エボニー・マウトム・ヴォーン=ローラーいずみ尚
ドラックス・ザ・デストロイヤーフレッド・タタサイア楠見尚己
コーヴァス・グレイブフレッド・タタサイア山岸治雄
ピーター・クイルブライアン・T・デラニー山寺宏一
ハンク・ピムマイケル・ダグラス御友公喜
ナターシャ・ロマノフ / ブラック・ウィドウレイク・ベル樋口あかり
トニー・スターク / アイアンマンミック・ウィンガート森川智之
フィル・コールソンクラーク・グレッグ村治学
ブロック・ラムロウフランク・グリロ水内清光
ベティ・ロスステファニー・パニセロ甲斐田裕子
ブルース・バナー / ハルクマーク・ラファロ(4)宮内敦士(4)
ロキトム・ヒドルストン平川大輔
サディアス・ロス将軍マイク・マクギル菅生隆之
シフジェイミー・アレクサンダー北西純子
キャロル・ダンバース / キャプテン・マーベルアレクサンドラ・ダニエルズ水樹奈々
スティーヴン・ストレンジ / ドクター・ストレンジベネディクト・カンバーバッチ三上哲
クリスティーン・パーマーレイチェル・マクアダムス森なな子
ウォンベネディクト・ウォン田中美央
エンシェント・ワンティルダ・スウィントン藤本喜久子
クリスティン・エヴァーハートレスリー・ビブ北西純子
ヴィジョンポール・ベタニー加瀬康之
バッキー・バーンズセバスチャン・スタン白石充
スコット・ラング / アントマンポール・ラッド木内秀信
ホープ・ヴァン・ダイン / ワスプエヴァンジェリン・リリー渋谷はるか(5)
カートデヴィッド・ダストマルチャン松本忍
ハッピー・ホーガンジョン・ファヴロー大西健晴
シャロン・カーターエミリー・ヴァンキャンプ御沓優子
ピーター・パーカー / スパイダーマンハドソン・テームズ榎木淳弥
エリック・スティーヴンス / キルモンガーマイケル・B・ジョーダン津田健次郎
ラモンダ女王アンジェラ・バセット幸田直子
ユリシーズ・クロウアンディ・サーキス広田みのる
ジェームズ・ローズドン・チードル目黒光祐
J.A.R.V.I.S.ポール・ベタニー加瀬康之
オバディア・ステインキッフ・バンデンホイベル土師孝也
ペッパー・ポッツベス・ホイト小林さやか(6)
シュリオジョマ・アカガ神戸光歩
ソークリス・ヘムズワース三宅健太
ジェーン・フォスターナタリー・ポートマン坂本真綾
ダーシー・ルイスカット・デニングス田村睦心
グランドマスタージェフ・ゴールドブラム大塚芳忠
マリア・ヒルコビー・スマルダーズ本田貴子
コーグタイカ・ワイティティ金谷ヒデユキ
トパーズ・カルロレイチェル・ハウス磯辺万沙子
フリッガジョゼッテ・イールズ滝沢久美子
ホーガンデヴィッド・チェンさかき孝輔
ヴォルスタッグフレッド・タタショア咲野俊介
ファンドラルマックス・ミッテルマン小松史法
スルトクランシー・ブラウン佐々木省三
ウルトロンロス・マーカンド木下浩之
ジョルジュ・バトロックジョルジュ・サンピエール山岸治雄

(1)井上は『ドクター・ストレンジ』でカエシリウスを演じた。
(2)マーカンドは『エンドゲーム』でのレッドスカルを演じた。『ザ・ファースト・アベンジャー』ではヒューゴ・ウィーヴィングが演じた。
(3)東地は2021年公開の『ブラック・ウィドウ』でのバートンを演じた。『アベンジャーズ』では宮迫博之が演じた。
(4)ラファロと宮内は『アベンジャーズ』以降のバナーを演じた。『インクレディブル・ハルク』ではエドワード・ノートン水嶋ヒロが演じた。
(5)渋谷は『エージェントオブシールド』でデイジー・ジョンソンを演じた。
(6)小林は『エンドゲーム』でのポッツを演じた。『アイアンマン』では岡廣恵がポッツを演じた。

余談

ディズニープラス配信作品としての直前作品である『ロキ』では、一つだった時間軸が無限に分岐し、いくつもの時間軸が生じるという結末に終わった。本作のテーマはそれを踏まえた形になっている。

関連タグ

MCU IF 並行世界 もしもボックス 並行同位体

関連記事

親記事

MCUドラマ まーべるしねまてぃっくゆにばーすのどらま

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ホワット・イフ...?」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1250

コメント