ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

クラグリン

くらぐりん

MARVELのキャラクター。コミックでは『アントマン』の、MCUでは『ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシー』の関係者。
目次 [非表示]

解説編集

MARVELコミックのキャラクター。

1963年の『Tales to Astonish』にて登場した虫型のエイリアンであり、地球侵略を目論むが、アントマンワスプによって阻まれた。


それからだいぶ経って、後述するMCUに合わせてヨンドゥ・ウドンタ率いるラヴェジャーズに加入するが、2019年のストーリーで死亡した。


MCU編集

演:ショーン・ガン、日本語吹替:土田大


アントマン』シリーズではなく『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズの準メインキャラクターとして登場。

種族も容姿が地球人に近いザンダー星人となり、フルネーム「クラグリン・オブフォンテリ(Kraglin Obfonteri)」も設定された。


生まれた頃からラヴェジャーズに在籍しており、ヨンドゥの一等航海士兼船長補佐を務める。


ショーン・ガンは『GotG』シリーズの監督・脚本を務めるジェームズ・ガンの実弟で、ロケットラクーンのモーションアクターも兼任している。


ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー編集

ヨンドゥと行動し、終盤はノバ軍と協力してロナン・ジ・アキューザーの艦隊を迎え撃った。


ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス編集

ピーター・クイル / スター・ロードに甘いヨンドゥの態度に腹が据えかね、テイザーフェイスら強硬派とともにヨンドゥに反旗を翻すが、テイザーフェイスたちが親ヨンドゥ派の団員たち全員を粛正する様を見て、自身の判断が誤っていたことを悟る。

そして、ロケットやグルートとともに、投獄されたヨンドゥに予備のフィン(ヤカの矢の操作装置)を与え、脱獄させる。


3人と協力してテイザーフェイス派を粛正したあとは、彼らとともにクイルらのいるエゴの星へ行き、ガーディアンズとヨンドゥの戦いをサポートする。

戦いを終え、戦死したヨンドゥの葬儀の際にラヴェジャーズの本隊が現れたときは、右の拳で左胸のシンボルマークを叩くジェスチャーとともに男泣きした。

その後、クイルからヨンドゥの形見としてヤカの矢を譲り受けるが、なかなか上手には扱えないようで、ドラックスの肩に刺さってしまった。


ソー:ラブ&サンダー編集

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』『エンドゲーム』の戦いでは姿を見せなかったので、約5年ぶりの登場。

ガーディアンズと行動しているが、訪れる星ごとに現地人と結婚するミーハーぶりにメンバーからは苦言を呈されている。


ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー ホリデー・スペシャル編集

ガーディアンズが買い取った惑星ノーウェアのシーンにて登場。


ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:VOLUME 3編集

未だヤカの矢を上手く扱えておらず、逆にテレキネシスを使いこなすコスモを「悪い犬」とバカにしたが、彼女とノーウェアに留守番となったため、それほど出番は多くない。


関連タグ編集

MARVEL

関連記事

親記事

アントマン あんとまん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 70474

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました