ピクシブ百科事典

ジェームズ・ガン

じぇーむずがん

ジェームズ・ガンは、アメリカの映画監督、脚本家、俳優。
目次[非表示]

概要

トロマ出身で、監督のみならず脚本、出演、音楽まで手がける。トロマ仕込みのホラーやブラックジョークを得意とし、持ち味をそのまま活かした『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』で有名監督となる。
兄弟にパトリック・ガン(プロデューサー)、ブライアン・ガン(脚本家)、マット・ガン(俳優・作家)、ショーン・ガン(俳優)がおり、特にショーンはジェームズ・ガン作品の常連である。

来歴

1966年8月5日生まれ。ミズーリ州セントルイス出身。
1996年、『トロメオ&ジュリエット』で監督デビュー。脚本・製作総指揮・出演を兼ねていたが、監督としてはノンクレジット。
2000年、女優のジェナ・フィッシャーと結婚(2008年に離婚)。
2006年、『スリザー』でメジャーデビュー。
2014年、「マーベル・シネマティック・ユニバース」第10弾である『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』を手がけ、第41回サターン賞などを受賞。その後、続編となる2作で監督・脚本を務める予定。

作品

映画(監督)

『トロメオ&ジュリエット』1996年
『スリザー』2006年
スーパー!』2010年
『ムービー43』「Beezel」2013年
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーシリーズ』2014年/2017年
スーサイド・スクワッド2』2021年

映画(脚本のみ)

『MISII メン・イン・スパイダー2』2000年
スクービー・ドゥー』2002年/2004年
ドーン・オブ・ザ・デッド』2004年
『サラリーマン バトル・ロワイアル』2016年

映画(プロデューサーのみ)

ブライトバーン』2019年

その他脚本

ロリポップチェーンソー』2012年

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』とガン

ガンの出世作である『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』とは切っても切れない関係にある。
映画公開前、GotGの知名度は他のMARVELヒーローに比べてとても低く、当時は負け戦という下馬評もあった。しかし2014年に映画が大ヒットしたことで、ガンもGotGも一躍メジャーな存在となる。同作ではガンが採った「スペースオペラ懐メロを使う」という手法が画期的な演出として評価された。
2017年、2作目となる『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』が公開。そして2020年には完結編となる3作目が公開される予定であった。

しかし2018年にディズニーの会長アラン・ホルンが、ガンの解雇を発表した。2008年から2012年ごろにかけて、ガンがTwitterで過激な下ネタなど不適切なツイートしていたことを問題視したためである。
こうなった背景には、ガンが日ごろからドナルド・トランプ政権への批判を繰り返しており、それをよしとしない右派メディアがガンの過去ツイートを掘り返したという経緯がある。
しかし、この件についてガンは既に謝罪済みだったうえ、ディズニーが一方的に解雇を決めてしまったことに不服の声が上がり、大きな騒動に発展。GotGのキャスト陣もガンを支持する声明文を提出する。後任の監督も決まらず製作はストップし、公開は延期となった。
その後、ガンは『スーサイド・スクワッド2』など他社の仕事を引き受けつつも水面下で話し合いを進めており、2019年にディズニーとの再契約が発表された。

関連タグ

映画監督 / 脚本家
トロマ

外部リンク

ジェームズ・ガン (映画製作者) - Wikipedia

関連記事

親記事

映画監督 えいがかんとく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ジェームズ・ガン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 867

コメント