ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

知る人ぞ知るB級映画会社「トロマ」仕込みのホラーやブラックジョークを得意とし、持ち味をそのまま活かした『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』で知名度を上げた。

監督のみならず脚本、出演、音楽、製作まで手がける。


兄弟にプロデューサーのパトリック・ガン、脚本家のブライアン・ガン、俳優・作家のマット・ガン、俳優のショーン・ガンがおり、特にショーンは自身が手掛ける作品の常連である。


来歴

1966年8月5日生まれ。ミズーリ州セントルイス出身。

1996年、『トロメオ&ジュリエット』で監督デビュー。脚本・製作総指揮・出演を兼ねていたが、監督としてはノンクレジット。

2000年、女優のジェナ・フィッシャーと結婚(2008年に離婚)。

2006年、『スリザー』でメジャーデビュー。

2014年、「マーベル・シネマティック・ユニバース」第10弾である『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』で監督・脚本を務め、第41回サターン賞などを受賞。その後、続編となるシリーズも同様に手掛けた(詳しくは後述)。

2022年、女優のジェニファー・ホランドと再婚。「DCユニバース」幹部就任。


作品

映画

『トロメオ&ジュリエット』:1996年

『スリザー』:2006年

スーパー!』:2010年

『ムービー43』「Beezel」:2013年

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズ:2014年/2017年/2023年

ザ・スーサイド・スクワッド』:2021年

Superman: Legacy』:2025年


脚本のみ

『MISII メン・イン・スパイダー2』:2000年

スクービー・ドゥー』:2002年/2004年

ドーン・オブ・ザ・デッド』:2004年

『サラリーマン バトル・ロワイアル』:2016年


プロデューサーのみ

ブライトバーン』:2019年


ドラマ

ピースメイカー』:2022年(脚本・一部エピソード監督)

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー ホリデー・スペシャル』:2022年(監督・脚本)


その他脚本

ロリポップチェーンソー』:2012年

Creature Commandos


あれこれ

アメコミとの関係

自身の出世作『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の公開前は主役となるヒーローチームは他のMARVELヒーローに比べてとても低く、2014年当時は負け戦という下馬評もあった。

しかし「スペースオペラ懐メロを使う」という画期的な演出が評価され大ヒット。どちらも一躍メジャーとなり、2017年にシリーズ2作目となる『リミックス』も公開され、さらに主役チームが客演する『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』『エンドゲーム』にも関わり、完結編となる3作目も2020年には公開される予定であった。


しかし2018年にマーベル・スタジオの親会社であるディズニーが、'08~'12年ごろの彼のTwitterにおける過激な下ネタなど不適切なツイートしていたことを問題視し、解雇されてしまった

背景には日ごろからドナルド・トランプ政権(当時)への批判を繰り返していた彼に対し、それをよしとしない右派メディアが過去ツイートを掘り返したという経緯があったが、当人がツイートについて既に謝罪済みだったうえ、ディズニーが一方的に解雇を決めてしまったことに不服の声が上がり、GotGのキャスト陣も巻き込んで大きな騒動に発展した。


この間にワーナー・ブラザーズに雇われ、MARVELのライバル会社であるDCコミックの「DCユニバース」の映画『ザ・スーサイド・スクワッド』とドラマ『ピースメイカー』を制作。

これを機に中心人物が不在だったDCユニバースのリーダーとして、新設される「DCスタジオ」の共同会長兼CEOに就任した。


一方、GotGシリーズは後任の監督も決まらずストップしていたが、2019年に無事ディズニーと再契約。スペシャルドラマ『ホリデー・スペシャル』を挟んで、3作目『VOLUME 3』が2023年に公開された。

ちなみに『エンドゲーム』に関与できなかったことで、主役チームが勝手に別のヒーローと合流する最後を迎えてしまったが、そのヒーローの映画で無事別れられたため、当作の監督に感謝している旨を語っている

※余談だがその監督は『ザ・スーサイド・スクワッド』に出演していたりする。


常連出演組

MCU・DCユニバースに含まれる作品を始め、いわゆる「ジェームズ・ガン組」と呼んで差し支えない俳優が相当数いるため、ここで列挙する。


※アルファベット順

名前MCUDCその他・備考
チャック・イウジハイ・エボリューショナリー(第3作)クレムゾン・マーン
ダニエラ・メルシオールウラ(第3作)ラットキャッチャー2
ジェニファー・ホランドKwol(第3作)エミリア・ハーコート自身の妻
ネイサン・フィリオン『スーパー!』
ショーン・ガン自身の実弟
マイケル・ルーカーヨンドゥ・ウドンタサヴァント

その他

実は日本の特撮作品の大ファンという一面も持つ。

特にウルトラシリーズは3~4歳の頃に熱中していたことから特に思い入れが深く、シリーズが55周年を迎えた際には、自身のTwitter上にてお祝いのコメントを発表している

また、2022年公開の『シン・ウルトラマン』についても放映を楽しみにしている旨を書いている。


他にも仮面ライダーシリーズも好きらしく、アメリカで配信が始まった際には「仮面ライダー」がトレンド入りしたことを祝福した。


なお、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」以前は、(評論家やコアな映画マニアの評価は高かった作品も有るが)赤字映画を連発しており、実生活もかなりすさんだモノとなっていた所で、MARVELスタジオから大抜擢を受け、MCU史上に残る大ヒット作を製作する結果となった

負け犬監督が負け犬チームの作品を作ったら人生の大逆転を成し遂げた訳である


関連動画


関連タグ

映画監督 / 脚本家

トロマ


外部リンク

ジェームズ・ガン (映画製作者) - Wikipedia

関連記事

親記事

映画監督 えいがかんとく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7661

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました