ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ジョージ・ルーカス

じょーじるーかす

ジョージ・ルーカス (ジョージ・ウォルトン・ルーカス・ジュニア / George Walton Lucas, Jr.) は、アメリカの映画監督、プロデューサー。
目次 [非表示]

略歴

1944年5月14日生まれ。カリフォルニア州モデスト出身。

大学卒業後、映画の修行時代にフランシス・フォード・コッポラと出会い、コッポラが設立したアメリカン・ゾエトロープ社の副社長に就任。そこで『THX-1138』で初監督を務めた後、自身の会社ルーカスフィルムを設立した。


1973年にルーカス監督、コッポラ製作による『アメリカン・グラフィティ』が大ヒットし、有名映画監督に。その後、『STAR WARS』と『インディ・ジョーンズ』(製作)の二大ヒットシリーズにより、その地位を不動のものにした。

『インディ・ジョーンズ』監督のスティーブン・スピルバーグとは親交が深く、スピルバーグの映画に『STAR WARS』のキャラクターがモブで登場していたり、『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』には自身がカメオ出演したりしている。また、スピルバーグとともに黒澤明にアカデミー名誉賞のオスカー像を贈ったこともある。


2012年の『レッドテイルズ』を最後に映画制作からは身を引き、STARWARSシリーズについてもエピソード7以降は他者の手にゆだねている。

ルーカスフィルムの方も、それまでの共同経営者だったキャスリーン・ケネディに経営を任せたうえでディズニー社に売却したため、経営者としても引退済み。

すっかり隠居状態であるが、愛弟子デイブ・フィローニの手掛ける『マンダロリアン』『アソーカ』などの撮影現場にはちょくちょく顔を出しているらしい。


人物

高校在籍時には三度の飯よりカー・レースというぐらいカー・レース好きで、将来はプロのカー・レーサーになろうと考えていたが、卒業前に瀕死の重傷事故を起こし断念せざるを得なかった。


『STAR WARS』の権利を一手に握っていたため、経済的には裕福だが、映画の制作や慈善団体への寄付に私財をなげうっているので私生活は質素である。また、関係者いわく人見知りする性格でかなりシャイ。


幼い頃から『フラッシュ・ゴードン』の大ファンで、『アメリカングラフィティ』の次にはフラッシュゴードンの実写化に挑むはずだったが、権利関係の問題を解決できずにポシャッてしまった。そこで、フラッシュゴードンのほか西部劇黒澤明といった映画、さらにはアーサー王伝説などの寓話・神話から好きな要素をパクり倒して……もといオマージュをささげまくって書き上げた代わりの脚本が『STAR WARS』であった。


作品

STAR WARS

スター・ウォーズ』1977年 - 監督・脚本

『スター・ウォーズ/帝国の逆襲』1980年 - 製作総指揮・原案

『スター・ウォーズ/ジェダイの帰還』1983年 - 製作総指揮・脚本

『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』1999年 - 監督・脚本・製作総指揮

『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』2002年 - 監督・脚本・製作総指揮

『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』2005年 - 監督・脚本・製作総指揮


インディ・ジョーンズ

『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』1981年 - 製作総指揮

『インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説』1984年 - 製作総指揮

『インディ・ジョーンズ/最後の聖戦』1989年 - 製作総指揮

『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』2008年 - 製作総指揮


監督

THX-1138』1970年

アメリカン・グラフィティ』1973年


製作総指揮

『Mishima: A Life In Four Chapters』1985年 - 三島由紀夫の伝記風映画

ハワード・ザ・ダック/暗黒魔王の陰謀』1986年

『ラビリンス/魔王の迷宮』1986年

ウィロー』1988年

『タッカー』1988年

『笑撃生放送! ラジオ殺人事件』1994年 - 原案・製作総指揮

『レッド・テイルズ』2012年 - 製作総指揮


関連タグ

映画監督 プロデューサー

ルーカスフィルム


外部リンク

ジョージ・ルーカス - Wikipedia

ジョージ・ルーカスとは - はてなキーワード

関連記事

親記事

映画監督 えいがかんとく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 130888

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました