ピクシブ百科事典

新たなる希望

あらたなるきぼう

映画『スターウォーズ』シリーズ・エピソード4(第一作)の副題。
目次[非表示]

概要

ジョージ・ルーカス監督が原作を務めるSF映画スター・ウォーズ』シリーズのエピソード4。
公開順でいえば記念すべき第一作であり、当初は副題がない『スター・ウォーズ』。この副題はシリーズ化に伴い後付されたものである。

砂漠の惑星タトゥーインに住む青年ルーク・スカイウォーカーが、R2-D2C-3POの二体のドロイドと出会い、ジェダイマスターオビ=ワン・ケノービの元に導かれたことで、ダース・ベイダーを始めとした銀河帝国軍との戦いに身を投じていく様子が描かれている。

あらすじ

遠い昔、はるか彼方の銀河系で・・・。

かつて平和だった銀河系は、秩序を担っていた銀河共和国の元老院を乗っ取った銀河帝国による、過酷な圧政下にあった。

帝国軍に抵抗する反乱同盟軍のスパイは、帝国の誇る最終兵器である宇宙要塞『デス・スター』の極秘設計図を密かに盗み出す事に成功し、銀河帝国皇帝のパルパティーンは最も信頼を置く側近であるシスの暗黒郷:ダース・ベイダーに、設計図奪還と同盟軍本拠地の早期発見を命じた。

反乱軍の指導者の一人であるレイア・オーガナ姫は、祖国である惑星オルデランへ帰還の途上に帝国軍に襲撃され、激しい戦闘の中、レイアは養父の友人であるジェダイの生き残りオビ=ワン・ケノービに助けを求めるべく、ドロイドR2-D2に救援メッセージとデス・スターの設計図を託し、相棒のC-3POと共に船から脱出させる。

その後、砂漠の惑星タトゥイーンに漂着したR2と3POは、義父母と暮らす青年ルーク・スカイウォーカーと出会う。

登場人物

主要人物



関連タグ

STARWARS/スターウォーズ
SF 映画 SF映画

踊る大捜査線(劇場版最終作のタイトルが『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』)
隠し砦の三悪人(ルーカス監督は、この作品を大いに参考にしたと語っている。)
ポケットモンスター XY(本作での出来事と類似する展開が描かれ、世代を跨いで登場している重要な仲間・悪役が一切登場しない要素が多い。)

シスの復讐⇒(ハン・ソロローグ・ワン⇒)新たなる希望⇒帝国の逆襲

pixivに投稿された作品 pixivで「新たなる希望」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4053

コメント