ピクシブ百科事典

ローグ・ワン

ろーぐわんすたーうぉーずすとーりー

2016年公開の『STARWARS』シリーズの新作。エピソード3とエピソード4の間の出来事を描いたスピンオフ作品。
目次[非表示]

概要

STARWARS』シリーズの最新作。
正式タイトルは、 “Rogue One: A Star Wars Story” (邦題は『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』)。

これまで、本編シリーズで語られてこなかった出来事や内容を補完するスピンオフ「アンソロジー・シリーズ」の第1弾作品となる。

時系列では『エピソード3/シスの復讐』と『エピソード4/新たなる希望』の間の時期、『反乱者たち』の後(より厳密にはエピソード4の開始直前)にあたり、エピソード4冒頭でも語られた、銀河帝国軍の要塞:デススターの設計図奪取の様子が描かれる。

監督は、ハリウッド版ゴジラ(2014)を手掛けたことで有名な、ギャレス・エドワーズが担当する(なお、ギャレス監督が幼少時に『スター・ウォーズ』を観たことがきっかけで映画監督を志したことはファンの間では有名であり、そう考えるとなかなか感慨深い人選である)。

前作『エピソード7/フォースの覚醒』公開の1年後である2016年12月16日にロードショーした。

しかし、日本国内ではフォースの覚醒同様、映画『妖怪ウォッチ』に首位の座を奪われ、さらには『バイオハザード・ファイナル』にも抜かれてしまい苦戦が続いている

ストーリー

銀河帝国の超兵器「デス・スター」がついに完成した。
科学者ゲイレン・アーソは帝国将校オーソン・クレニックに拉致されて無理やりデス・スター開発へ協力させられていたが、デス・スターの秘密を貨物船パイロットのボーディー・ルックに託し、旧友の反乱軍指揮官ソウ・ゲレラのいる惑星ジェダへと送り出す。しかしソウ・ゲレラは情報を信じずにボーディを捕らえてしまう。

その噂を知った反乱軍は凄腕の情報将校キャシアン・アンドー、彼の相棒である元帝国軍ドロイドK-2SOを送り出し、ゲイレンの娘にしてゲレラの義理の娘でもあるジン・アーソを帝国軍収容所から救出する。彼女がいればゲレラやゲイレンと接触できると考えていたからだ。しかし両親を帝国に奪われ、ソウの元から脱走し、一人で銀河を生きてきたジンはすっかりならず者(ローグ)となっていた。

ジンはキャシアン、K-2と共に惑星ジェダへ赴くが、そこでソウ・ゲレラ一味と帝国軍の戦闘に巻き込まれてしまう。盲目のフォース僧チアルート、その親友であるベイズによって救われた一行は、ボーディを救出し、ゲイレンからのメッセージを受信する。彼は自分がいなくても帝国は兵器を完成させるだろう事から、あえて協力することで密かに弱点を作っていたのだ。
「リアクターモジュールを破壊すれば連鎖反応を起こしてデス・スターは破壊される。設計図を手に入れろ!」
クレニックによってデス・スターの試射標的とされた惑星ジェダが壊滅するのを目の当たりにしながら、脱出に成功した一行はゲイレン救出のため惑星イードゥの研究施設へと向かう。

惑星イードゥの研究施設では、情報漏洩の事実に気づいたクレニックによって科学者達の粛清が行われようとしていた。実はゲイレン救出ではなくゲイレン暗殺の命令を受けていたキャシアンは、ゲイレンにブラスターの照準を向ける。しかしゲイレンがジンの父であること、ゲイレンが身を挺して科学者達を守ろうとしていることから撃てない。そして直後にキャシアンからの情報を受けていた反乱軍による空爆が研究施設を襲い、ゲイレンは致命傷を負ってしまう。助けに駆けつけたジンの腕の中でつかの間の親子対面を果たした後、ゲイレンは息絶えた。

一行はヤヴィン4の反乱軍基地に帰還して情報を伝え、何としても惑星スカリフの公文書保管庫に潜入してデス・スターの設計図を入手しなければならないと訴える。だがゲイレンは帝国の科学者、ジンはその娘、他のメンバーもいずれ劣らぬならず者ばかり。戦い続けるか降伏するかで会議は決裂し、作戦は却下されてしまう。

「どんなに不確かでも、希望があるから戦える」。決意を胸に単独で向かおうとするジンへ、K-2、ボーディー、チアルート、ベイズが同行を決意する。さらにキャシアンが同じ境遇の工作員仲間たちを連れて現れ、ここに十数名の兵士たちが集結した。無断で出撃しようとする彼らを反乱軍航空管制が呼び止め、所属を明かすよう要求する。通信を受けたボーディは、自分たちをならず者部隊――ローグ・ワンと名乗った。



登場人物

ローグ・ワン

Jyn Erso


科学者ゲイレン・アーソの娘にして反乱軍ソウ・ゲレラの養女。父からデス・スター破壊を託される。

Cassian Andor


反乱軍の情報将校。6歳の頃から工作員として育てられ、反乱軍の掲げる大義を微かな希望として戦い続けてきた。

ONE WITH THE FORCE


惑星ジェダの寺院を守っていた盲目の僧侶。フォースを篤く信奉し、棒術を駆使して帝国兵をいとも簡単に蹴散らす。

twitterまとめ


惑星ジェダの寺院を守っていた衛兵で、チアルートの親友。性格は正反対だが友情に篤く、特注の連射ブラスターを駆使して共に戦う。

ボーディーに心鷲掴みされた件について


惑星ジェダ出身の元帝国軍貨物船パイロット。臆病者だがゲイレンと出会って勇気を振り絞り、正しいことをするために反乱軍に身を投じる。

ROGUE ONE


キャシアンの相棒である元帝国軍ドロイド。フォーマットされた影響で率直すぎる発言が目立つようになってしまった。

反乱軍

反乱軍を率いる女性議員。ジンの立場を理解しつつも、反継戦派を抑えることができない。

反乱軍からも恐れられる過激派の指揮官。ジンを戦士として育て上げた。アニメ『クローンウォーズ』では若い頃の彼が登場し、故郷の惑星オンダロンを独立星系連合から奪回するために戦っていたが、この時に妹を失っている。
反乱軍に参加している元議員にして、惑星オルデランの総督王配。ローグ・ワンの活躍から重要性を悟り、「信頼できるメッセンジャー」「友人のジェダイ」の元へ送り込もうとする。
反乱軍艦隊を率いるモン=カラマリの将軍。ジンたちのもたらした情報を重要視して惑星スカリフに軍を動かすことを主張するが、ジンが帝国軍要人の娘という事実から罠があることを懸念する反対派に押し切られ出撃を断念。しかし、ジンと仲間たちが独自に動いたことを知り、麾下の艦隊を率いて救援に駆けつける。

銀河帝国

帝国軍を率いるシスの暗黒卿。デス・スター情報漏洩を防ぐため、独自に動き出す。

帝国軍技術将校。デス・スターの開発責任者であり、情報漏洩に伴う事態解決のため奔走する。
帝国軍を率いる大総督。パルパティーン皇帝に次ぐ実権の持ち主であり、デス・スター計画全体を総括している。クレニックを信用していない。

関連動画

特報映像(日本語版)



関連イラスト

Jyn Erso x K2SO

【ローグワン】落書き1

ローグ・ワン観てきました

スターダストからスカイウォーカーへ



関連項目

STARWARS / スターウォーズ ギャレス・エドワーズ

クローンウォーズ 反乱者たち:同じくスピンオフのアニメ。これらの作品に登場する人物や宇宙船が本作にも登場している。

pixivに投稿された作品 pixivで「ローグ・ワン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 270417

コメント