ピクシブ百科事典

K-2SO

けーつーえすおー

スターウォーズに登場するドロイドの一種

ローグワン/スターウォーズストーリーに登場するドロイド

もともとは帝国軍が開発したエンフォーサー・ドロイド(監視・警備用ロボット)
製造は惑星ヴァルプターで行われた。

キャシアンがそのうちの一体(おそらく鹵獲したもの)の帝国側のデータをフォーマットし、再プログラムされ、ジン・アーソらの元で反乱軍機として運用された。

他のドロイドよりも長身で手足が長く、漆黒のカラーが特徴。
機動力も並みのドロイドとは一線を画す。

劇中でジンたちに付き従う個体は、フォーマットの影響か性格は歯に衣着せぬ物言いで自信家で独善的。
独り言が多く、デリカシーなぞ知ったこっちゃないノーフィルターで率直に発言する。
ある意味では機械らしいが、どこか人間臭い。

会話のアクセントはC-3POと同じくイギリスのアクセントとのこと。

手は人間と同様の五本指で、スターウォーズでも一番顕著なバトルドロイドのように手持ち火器なら一通り扱え、宇宙船の操縦もこなす。ロボットであるため本体のパワーも相当。

見た目が一切変更されていないために度々誤爆されかけたものの、その見た目を逆に利用し、潜入工作に一役買った。

劇中当初は念のため武装の類は渡されなかったが、終盤ではジンからの信頼の意味を込めてブラスターを託され、時間稼ぎのために単独で大勢のストームトルーパーを相手取って戦い、破壊された。

pixivに投稿された作品 pixivで「K-2SO」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11006

コメント