ピクシブ百科事典

STARWARS

すたーうぉーず

『Star Wars』(スター・ウォーズ)とは、銀河系を舞台にしたSF大作の1つである。なお、この記事名はPixivのタグの仕様上の都合でStarとWarsの間を詰めたものになっている。
目次[非表示]

遠い昔、はるか彼方の銀河系で…。

概説

数世代に亘る、銀河で圧政を敷く強大な帝国とそれに立ち向かう者たちの攻防を描いた、世界一著名なSF映画作品。
フォース”と呼ばれる力を駆使して銀河に平和をもたらさんとする騎士ジェダイと、反対にそのフォースの暗黒面を極めて銀河を支配せんとする暗黒卿シスとの長きに亘る因縁も軸となっている。

宇宙戦闘機宇宙戦艦ロボット兵器を用いた大規模な戦闘に、ライトセーバーと呼ばれる剣を駆使した緊迫感漂う騎士たちの一騎討ちという対比、個性的な容姿のクリーチャー的な宇宙人や当時先進科学として考察され始めていたクローン技術の軍事転用など、多岐に亘る要素を一つに凝縮している。
また単なる勧善懲悪や、圧政からの解放を目指したレジスタンス・ドラマに終始せず、“善悪の葛藤”・“人種問題”・“愛と欲望”などの二律背反を添えることで、それまでにない深みのあるSF作品に昇華している。

映画監督ジョージ・ルーカスが温めていた構想を元に映画化されたスペースオペラの代表作である。映画新旧3部作の6作品と新旧3部作の間を描いた『クローンウォーズ』『反乱者たち』なども存在。2015年からは新たな三部作が展開されている。

配給は「20世紀フォックス」→「Disney」と、変遷している。

莫大な製作予算が毎回投じられており、旧3部作はルーカス自身への配当を最低限に抑えることでそれを実現。
新3部作では、ほとんどルーカス自身のフィルム制作会社「ルーカス・フィルム」が制作費用を捻出していた。
Disneyに移行してからは、3DCGによるカートゥーンアニメシリーズを始めとした小規模展開を利用し、大きな制作へと予算を繋ぐ形式へと切り替えている。

シリーズ作品

映画(原作)

アナキンエピソード(プリクエル・トリロジー / 新3部作)

アナキン・スカイウォーカージェダイとなり、クローン戦争を通して暗黒面に墜ち、ダース・ベイダーへと変貌するまでの過程を描いた前日譚。
時系列上はこちらの方が先だが、映像技術や予算の問題、エピソード3が最終的にバッドエンド的な形で終わってしまうので、娯楽性の高いエピソード4~6を先に製作した方がヒットするだろうという製作側の判断から、製作が後回しにされたという経緯がある。


ルークエピソード(オリジナル・トリロジー / 旧3部作)

強大な銀河帝国の圧政に立ち向かう若きジェダイの騎士:ルーク・スカイウォーカーの活躍を描いた3部作。
当時はSFというジャンル自体の評価が低く、売れなかったとしても単発の作品として通用するエピソード4が最初に作られたためこの順番になっている(当初はエピソード表記がなかった)。
一般的にスター・ウォーズというとこのシリーズを思い浮かべる人が多いだろう。


レイエピソード(シークエル・トリロジー / 続3部作)

旧3部作の30年後が舞台となる、現在公開中の新シリーズ。便宜上エピソード番号をつけてはいるが、公式ではタイトルのエピソード表記が無くなっている。(オープニングロールでは健在)
帝国軍の残党:ファーストオーダーとそれに対抗するレジンスタンスや新たな世代のジェダイたちの対決を描く。


スピンオフ

実写映画(アンソロジー・シリーズ

現在、以下の2作品が公開されている。


実写ドラマ


オビ=ワン・ケノービを主人公とした実写ドラマも計画されている。

スピンオフアニメ

  • スター・ウォーズ クローンウォーズ2008年):エピソード2と3の間の出来事を描いた物語。
  • スター・ウォーズ 反乱者たち(2015年):エピソード3と4の間の出来事を描いた物語。



その他スピンオフ作品

来るもの拒まずのルーカスフィルムの方針から小説コミックゲームなど様々な媒体による数えきれないほどのスピンオフ作品が存在。
出来のよい物も多いが、ドラゴンボールばりに劇中死したキャラが蘇る(ボバ・フェットのように「巨大な猛獣に丸呑みにされて死亡した」とされていたキャラが後付けで「実は消化される前に脱出していた」事にされるパターンはもはやお約束。逆にチューバッカの様に殺されるケースも…)、映画の最強クラスの人物(ヨーダダース・シディアス)ですら足元にも及ばないチートキャラを平気で量産する作者が多く、「ぼくのかんがえたさいきょうのジェダイ」「ぼくのかんがえたさいきょうのシス」(早い話がいわゆるメアリー・スー)の発表会になっており、ファンも多いが同時にアンチも多い。

その後、『エピソード7・フォースの覚醒』発表にあたり、ルーカス・フィルムは今までのスピンオフ小説を非正史(レジェンズ)とすると発表。「クローン・ウォーズ」「反乱者たち」、その他2014年以降に発売されていく小説・コミックなどのディズニー版作品のみを正史(カノン)と発表した。ディズニー版作品は「ルーカスフィルム・ストーリー・グループ」が直接監修を行っている為、これまでの非正史作品と違い一定の品質が保証されており、正史と明言されている。
ちなみに、ここで言う「今までのスピンオフ作品」にはシスの復讐までの従来の実写映画の小説・コミック版も含まれる点には注意が必要。これらにはレジェンズ扱いになったスピンオフ作品の設定の他、映画製作と並行して執筆されていたという事情から映画本編や続編映画でカットされた没設定も数多く盛り込まれているためである。
なお、非正史(レジェンズ)に区分されている作品の設定は、今後も正史(カノン)に属する作品に活用されるという(例えばレジェンズ産のキャラクターや組織等がまったくちがう性格、役回りで登場したりする)。

日本ではあまり表面化していないが、海外ではこの正史とレジェンズの区分が原因でmixer(混ぜる)と呼ばれる行為が問題となっている。これはWikipediaやウーキーペディア(スター・ウォーズ専門のWikipediaのようなもの)などで、正史とレジェンズの設定を混合した状態にすることを指す。単純に編集者自身が混乱したり勘違いしている可能性もある(きちんと確認せずに誤った情報を書き込むのはもちろんそれはそれで問題である)が、閲覧者に対し、レジェンズの設定を正史と思い込ませたい、或いは事実上の非正史扱いへの抗議の意味合いを持って意図的に行うケースも多く存在すると見られている。
後者のような動機で行なわれるケースはエピソード8公開以降、特に顕著にみられるようになった。というのも、エピソード8に関して言えば、劇中でルーク・スカイウォーカーが死亡するなどファンの間に暗い影を落とす展開が賛否両論の論争を巻き起こしており、否定派の間では「歴代のスターウォーズ作品の中で最も上映時間が長いくせにつまらない」、「無駄なシーンが多すぎる!」、「30年以上も歴史のあるファノン(レジェンズ)をゴミ箱に押し込んでおきながらこんな出来かよ!?」などなど不評不平不満が大暴発。一部のファンの間ではエピソード8を正史から除外する事を求める運動が起こったほどである。

余談だが、「スピンオフ」を「レジェンズ」と言ってしまうと激怒するファンも多い。

ピクシブ百科事典を含む日本語のウェブサイトでも、数は少ないものの正史とレジェンズがごちゃ混ぜのサイトや項目が存在する為、注意が必要である(日本の場合は問題行動というよりも、正史とレジェンズに区別される前にサイトや記事・項目が作られ、そのまま放置されているケースが多い)。

主な登場人物

ジェダイの騎士

アナキン・スカイウォーカーダース・ベイダー
オビ=ワン・ケノービ
ヨーダ
メイス・ウィンドゥ
クワイ=ガン・ジン
プロ・クーン
シャアク・ティ
キット・フィストー
アイラ・セキュラ
アソーカ・タノ
テラ・シヌーベ
ルーク・スカイウォーカー

シスの暗黒卿

ダース・シディアスシーヴ・パルパティーン
ダース・モール
ドゥークー伯爵(ダース・ティラナス)
ダース・ベイダー

ダーク・ジェダイ

アサージ・ヴェントレス
尋問官
カイロ・レン

旧銀河共和国

パドメ・アミダラ
ジャー・ジャー・ビンクス
クローントルーパー

独立星系連合

ヌート・ガンレイ総督
グリーヴァス将軍
ジャンゴ・フェット

銀河帝国

ボバ・フェット
ストームトルーパー
ロイヤルガード
ジャバ・ザ・ハット

反乱軍

レイア・オーガナレイア姫
ハン・ソロ
チューバッカ
ランド・カルリジアン

レジスタンス

レイ
フィン
ポー・ダメロン

ファースト・オーダー

スノーク
キャプテン・ファズマ
アーミテイジ・ハックス将軍

ドロイド

R2-D2
C-3PO
ドロイドバトルドロイド
BB-8
R5-D4

ファイナル・オーダー

エンリク・プライド元帥

登場メカニック

ライトセーバー
デス・スター
ミレニアム・ファルコン
TIEファイター
Xウィング
スター・デストロイヤー
スターキラー基地
AT-AT
74-Zスピーダー・バイク

登場する惑星

本シリーズでは、一つの惑星が一つの国家として成り立っており、銀河共和国はそれら複数の惑星国家が連合を組んで成立している国連のようなものである。
(ちなみに、同じような恒星間国家の世界を描いたスタートレックでは、地球やヴァルカンなど一部例外を除いた惑星は「〜3号星(例:ナレンドラ3号星。ナレンドラ星系の三番目の惑星、という意味)」というような呼び名がされ、一方、衛星には固有名詞が与えられる場合が多いのだが、同様のパターンはスターウォーズではあまり見られず惑星自体に固有名がある。また、○○星系の首都といった形で○○・プライムと呼ぶこともある)
また、そうした国家を形成する惑星の他にも、その地域の一つにされている小惑星衛星もあり、ムスタファーやホスなどの人間が住めないような惑星も、人間とは大きく生態の異なるエイリアンやクリーチャーが生息していたり、様々な目的に使用されたりしている。

ナブー

ミッド・リムに属する美しい景観を持つ惑星。シーヴ・パルパティーン皇帝の出身惑星でもあり、その美しさは皇帝も誇りとして語る程。コアは空洞になっていて海水に満たされており、反対側まで通っていくことは可能である。
ただしこの惑星では地上に生息するクリーチャーはほとんどが大人しい反面、海中に生息するものは非常に獰猛である。そのため惑星のコアを通り惑星の反対側まで移動する事は上述した通り「理論上可能ではある」とされつつも、「実際には自殺行為に等しい」として避けられている。
長年、入植した人間とグンガンの間で緊張状態が続いていたが、ナブーの戦いをきっかけに同盟を結ぶようになった。
主な人物
パドメ・アミダラ
ジャー・ジャー・ビンクス
シーヴ・パルパティーンダース・シディアス

タトゥイーン

銀河系の中枢から離れたアウター・リム・テリトリーに属する砂漠の惑星。太陽が連星であるため、乾燥した気候である。そのため、水分農夫達は水分凝結機で大気中のわずかな水分を収集して生活している。
この惑星では法の支配が行き届いておらず、ジャバ・ザ・ハットのカルテルを初めとする犯罪組織の拠点としても利用され、犯罪者や賞金稼ぎ、ギャングの温床となっていた。また、砂漠には入植者への襲撃や略奪を繰り返す原住民族タスケン・レイダーもおり、非常に危険である。
主な人物
アナキン・スカイウォーカー
ルーク・スカイウォーカー

コルサント

コア・ワールドに属する惑星。地表は全て都市で覆われ、一部の山脈を除いて自然は一切残っていない。銀河系文化、社会の中心地であり、旧共和国帝国の首都が置かれていた。
旧共和国時代にはジェダイ騎士団の拠点となるジェダイ・テンプルが置かれ、ジェダイ候補生はそこに集められ、修行を積んでいた。

カミーノ

アウター・リム・テリトリーの更に外側に位置する水の惑星。表面は全て海に覆われ、軌道から確認できる程の嵐が絶え間なく続く。クローントルーパーの製造拠点となった。ジャンゴ・フェットクローンボバ・フェットはここで誕生した。

ジオノーシス

アウター・リム・テリトリーに属し、上述したタトゥイーンとも非常に近い位置に存在する惑星。土星のようなリングに囲まれ、地表には荒野や砂漠が広がっていた。
タトゥイーン同様銀河系中枢の目が届きにくいため、エピソード2では密かにバトルドロイドや軍事兵器の密造が進められていた事が発覚し、クローン戦争の緒戦となるジオノーシスの戦いが勃発した。
そしてクローン戦争が終盤に差し掛かった頃、銀河共和国による占領を受けたこの惑星でとある極秘計画が始動する事となる。

イラム

未知領域に属する氷の惑星。ライトセーバーの作成に不可欠な鉱石カイバー・クリスタルの産地でもあり、ジェダイにとって神聖な場所だった。オーダーは古くからこの惑星でギャザリングと呼ばれる通過儀礼を行っていた。
銀河帝国の樹立後は帝国により過剰なカイバー・クリスタルの採掘が行われて荒廃し、最終的には帝国の再興を掲げる軍事組織ファーストオーダーによって惑星その物が超兵器スターキラーに改造される事になる。

キャッシーク

ミッド・リム・テリトリーに属する惑星。ウーキー達の母星として知られる緑豊かな星で、クローン戦争末期には交易ルートの重要地点である事から戦場と化した。戦争の集結時にはマスター・ヨーダが将軍として指揮を執っていた。
主な人物
チューバッカ
ターフル

ムスタファー

アウター・リム・テリトリーに属する惑星。二つのガス巨星の重力に囚われ、現実の木星の衛星イオの如く常に溶岩が流れている状態にあった。クローン戦争末期、ダース・シディアスは分離主義評議会を集め、ダークサイドへ転落したアナキンに始末させた。その後、アナキンとオビ=ワンによる対決が繰り広げられ、この対決でアナキンは右の義手以外の四肢を全て失い、全身に火傷を負った。
その後サイボーグのシスの暗黒卿ダース・ベイダーとなったアナキンはこの惑星に自らの拠点となる城を築き、エクセゴルヘ導くウェイファインダーを隠していた。

ポリス・マサ

かつて惑星だったが今や小惑星と成り果てた天体。アナキンの妻パドメはこの小惑星でルークとレイアを産んだが、自身は息を引き取ってしまった。

コレリア

コア・ワールドに属する都市型惑星。スターシップ造船事業で名高いこの惑星は銀河帝国の影響下に入った後、スター・デストロイヤーTIEファイターの製造拠点として徴発された。
主な人物
ハン・ソロ

オルデラン

コア・ワールドに属し、銀河共和国の黎明期から大きな影響力を及ぼしていた惑星。銀河帝国の樹立後は表面上は帝国に対して恭順の姿勢を示しつつも、武器や軍隊を放棄して平和主義を唱え、その後反乱軍の創設に際して重要な役割を果たした。しかし0BBYにデス・スターにより破壊されてしまった。
主な人物
レイア・オーガナ

ケフ・ビァ

衛星エンドアと同じ惑星を公転する衛星。第二デス・スターの残骸が30年経過しても尚残存している。

エクセゴル

開拓や調査の進んでない未知領域の中でも最奥に位置するシスの惑星。パルパティーンは復活した後、この惑星でファイナル・オーダーを創設し、最高指導者スノークを生み出した。
レジスタンスとファースト・オーダーによる最終決戦の結果、パルパティーンの野望は打ち砕かれた。

その他

  • マンダロア
  • ダソミア
  • ウータパウ
  • マイギートー
  • フェルーシア
  • ケイト・ニモーディア
  • サルーカマイ
  • ヤヴィン
  • ホス
  • ダゴバ
  • ベスピン
  • エンドア
  • ジャクー
  • タコダナ
  • ディカー
  • ホズニアン・プライム
  • オク=トー
  • ラムー
  • ウォバニ
  • ジェダ
  • イードゥー
  • スカリフ
  • クレイト
  • パサーナ
  • キジーミ


関連書籍

  • 『スター・ウォーズ 禅の教え エピソード4・5・6』(著:枡野俊明 出:角川書店)


関連タグ

映画 SF スペースオペラ
starwars スターウォーズ
ジョージ・ルーカス

外部リンク

Star Wars - 公式サイト(英語)
スター・ウォーズ・シリーズ - Wikipedia
スターウォーズ - ニコニコ大百科
スター・ウォーズとは - はてなキーワード

関連記事

親記事

ジョージ・ルーカス じょーじるーかす

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「STARWARS」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14503418

コメント