ピクシブ百科事典

パドメ・アミダラ

ぱどめあみだら

『スター・ウォーズ』シリーズの主要登場人物
目次[非表示]

STARWARS(スター・ウォーズ)』シリーズの主要登場人物。演じたのはナタリー・ポートマン
女王時代、元老院議員時代を通して多数の侍女兼影武者を従えている。

出自

もともとの名はパドメ・ネイベリー(文献によってはナベリーと表記されることもある)で、アミダラは女王即位の際に贈られた名である。
政治家であるが実家であるネイベリー家は裕福というわけではなく、むしろ貧しかった。
幼いころからボランティアや政治に熱心で、言語学から護身術に至るまで様々な訓練を受け、12歳で王女(女王ではない)に選出される。その後、14歳の時に前任のヴェルーナ王がスキャンダルで退任すると、電子投票により僅か4分という短時間で女王に選出された。

エピソード1

女王在任期間中(当時の彼女はわずか14歳であった)に通商連合によるナブー封鎖という危機に直面し、自ら危機を犯してジェダイや従者らとともにナブーを脱出。
コルサントに向かう途中で通商連合の攻撃によって破損したJ327ヌビアン・ナブー・ロイヤル・スターシップの修理のためアウター・リムの惑星タトゥイーンに立ち寄り、奴隷の少年アナキン・スカイウォーカーに出会う。当時はアナキンが一方的に幼い恋愛感情を抱いただけで、パドメからアナキンへは特別な感情はなかった。
コルサントの銀河元老院にナブーの窮状と通商連合の横暴を訴えるが、権力闘争と腐敗により立ち行かなくなっていた元老院の動きは遅く、それに失望した彼女はナブー選出の元老院議員パルパティーンの進言に従い当時のフィニス・ヴァローラム元老院議長の不信任案を提出。これによりヴァローラムは議長の席を追われ、代わってパルパティーンが議長となった。
なお、ヴァローラムは無能と言われることがあったがそれなりの実績は残しており、何よりナブー危機においてはナブーへの理解を示していた。つまりパルパティーンがさらなる権力を得るために蹴落とされた形である。
ナブーに戻ってからは長年没交渉かつ相互不可侵であったグンガンのボス、ルーゴア・ナスに頭を下げて協力を乞い、自らもシード宮殿への突入部隊に加わり、宮殿を奪還し通商連合のヴァイスロイ(総督)、ヌート・ガンレイを拘束した。
戦後のパレードではルーゴア・ナスに平和の珠(グローブ・オブ・ピース)を贈呈した。

エピソード2

アミダラ女王の人気は絶大で、ナブーでは憲法を改正してまで彼女の再任を求める声が多かった(ナブーでは王の再任は2期までと定められている)。しかし彼女はそれを固辞し、後任のジャミラ女王の要請により元老院議員に転身する。
暗殺未遂事件の捜査のためジェダイ・パダワンとなったアナキン・スカイウォーカーと再会して禁断の恋に悩む。
ナブーへ避難している際にアナキンの予知夢を確かめるためタトゥイーンに向かい、そこからオビ=ワン・ケノービの救難信号を拾ってジオノーシスに向かう。ここで銀河共和国では禁止されているバトル・ドロイドの製造工場を発見するが、ジオノージアンにより逮捕され、死刑を言い渡される。この際は自身の敢闘と突入してきた200人のジェダイ、及び共和国グランド・アーミーにより救出された。
その後、ジェダイの掟を破り秘密裏にナブーで結婚する。この結婚式に立ち会ったのはR2-D2C-3POを除けばナブーの聖職者一人だけであったが、その司祭がナブー選出の元老院議長であるパルパティーンの知己であったため、パルパティーンはキャプテン・パナカを通じてこの聖職者からパドメとアナキンが結婚したことを知らされていた。

エピソード2~エピソード3の間

元老院議員としての外交活動や法案の審議の他、紛争地域や分離主義勢力に傾いている星系に直接出向いて精力的に活動していた。
この活動はあくまで平和的な話し合いを主目的としたものであったが、様々な事件の捜査や場合によっては単独またはジェダイ及び共和国グランド・アーミー、現地の武装組織等とともに戦闘に加わることも少なくなく、何度も生命の危機に直面している。
実際にナブー危機の際に共に戦ったグンガンの老将軍ルース・ターパルスはナブーでの戦いで戦死している。

エピソード3

アナキンがジェダイ・パダワンから正式なジェダイ騎士になった頃に妊娠が発覚。しかしその妊娠により、アナキンはパドメが出産時に死亡するという予知夢に悩まされることとなった。
そして、パルパティーンの誘惑によってアナキンはパドメを死から救うため、そして無意識に抱いていた権力欲におぼれてダークサイドに堕ち、ダース・ベイダーとなる。
そして、パドメはベイダーに死の淵まで追い込まれたが、ポリス・マサの医療施設で出産し、オビ=ワン・ケノービに双子の運命を託して死亡する。肉体的なダメージは少なく生命維持に支障はなかったのだが、アナキンが堕落したことなどにより生きる気力を失ったことが死因となった。
パドメとアナキンの間に生まれた双子がルーク・スカイウォーカーレイア・オーガナである。
奇しくもその最期はアナキンが見た予知夢の通りであった。

pixivに投稿された作品 pixivで「パドメ・アミダラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 24773

コメント