ピクシブ百科事典

ファントムメナス

ふぁんとむめなす

映画『スターウォーズ』シリーズのエピソード1。追記求む。
目次[非表示]

概要

ジョージ・ルーカス監督が原作を務めるSF映画スターウォーズ』シリーズのエピソード1。

旧三部作(ルークエピソード)の主人公であるルーク・スカイウォーカーの父、ダース・ベイダーことアナキン・スカイウォーカーの少年時代と、のちに師となり友人となるオビ=ワン・ケノービとの出会いが描かれている。

ルーカス監督は、『エピソード4』において一度監督業から撤退していたが、それ以来22年ぶりに監督した作品でもある。

なおサブタイトルの「ファントムメナス」は「見えざる脅威」という意味である。

あらすじ

銀河共和国の元老院は政治が腐敗し、辺境惑星やヌート・ガンレイ率いる通商連合との間で貿易関税率をめぐる論争が繰り返され、本来の機能を完全に失っていた。
平行線な論争に業を煮やした通商連合は、惑星ナブーを見せしめとするために威嚇包囲を行い、危機を察した元老院最高議長フィニーズ・ヴァローラムは、共和国の守護者であるジェダイに紛争仲裁のための助力を求め、ジェダイ・マスターのクワイ=ガン・ジンと、その弟子であるパダワンのオビ=ワン・ケノービの2人が、特使としてナブーに派遣される。
二人はバトル・ドロイドに襲撃されながらも、ナブーにたどり着き、ナブーの原住種族グンガンの一人であるジャー・ジャー・ビンクスの助力を得て、拘束寸前だったナブー元首アミダラ女王を救出した。
しかし、惑星を離脱する際に船が損傷し、修理の為に一行は砂漠の惑星タトゥイーンに降り立つ。
そこには、のちに選ばれしジェダイとして見出される少年アナキン・スカイウォーカーの姿があった。

登場人物

主要人物


通商連合軍



関連タグ

STARWARS/スターウォーズ
SF 映画 SF映画

ファントムメナス⇒クローンの攻撃

pixivに投稿された作品 pixivで「ファントムメナス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1670

コメント