ピクシブ百科事典

オビ=ワン・ケノービ

おびわんけのーび

オビ=ワン・ケノービとは、SF映画『STAR WARS』シリーズに登場するキャラクター。シリーズで一番最初に登場したジェダイの騎士。
目次[非表示]

概要

旧共和国末期のジェダイの騎士で、アナキン・スカイウォーカーとルーク・スカイウォーカーの親子2代を訓練した師。特に新三部作(エピソード1〜3)では、アナキンと並ぶ最主要登場人物であり、旧三部作では老齢だった彼の若かりし姿が描かれている。エピソード3の時点で、ライトセーバーのフォームのひとつ、ソレスに熟達していた。その腕前はジェダイ評議会のトップクラスであるメイス・ウィンドゥが一目置くほど。
古い雑誌などでは、「オビ=ワン・ケノビ」と書かれることもある。

俳優

日本語吹き替え



経歴

エピソード1以前

他の多くのジェダイと同様、幼いころにコルサントに連れてこられ、ジェダイ聖堂で訓練を受けながら育つ。秀でた才能を持ちながら師となる人物に長く巡り会えずにいたが、クワイ=ガン・ジンと出会い、彼の弟子(パダワン)となる。

エピソード1

パダワンとしての修業を終えようとしていたころ、惑星ナブーと通商連合との貿易紛争解決のため、クワイ=ガンとともに派遣される。戦いの中でシスの暗黒卿ダース・モールと交戦、クワイ=ガンを殺され窮地に陥るが、ダース・モールが油断した隙をついて彼を打ち倒す。その後クワイ=ガンの遺言で、彼が見出した少年アナキン・スカイウォーカーの訓練を引き受ける。

エピソード2

ナブー代表の元老院議員パドメ・アミダラ暗殺未遂事件の真相を追う最中、惑星カミーノにて共和国の正規軍とするために極秘裏に製造されていたという数万ものクローン兵を発見する。更に、クローン兵のホストで暗殺未遂の容疑者であるジャンゴ・フェットを追ってたどり着いた惑星ジオノーシスで、ドゥークー伯爵率いる独立星系連合の大規模なバトルドロイド製造工場を発見し、ドゥークーが共和国を相手に戦争を仕掛けようとしていることを知る。
ドゥークーに捕らわれたオビ=ワンは、助けにきたアナキンらとともに処刑されかけるも、駆け付けたジェダイたちとクローン軍によって救出される。その後ドゥークーと交戦するが、アナキン共々敗北し、彼を逃がしてしまう。
なおアナキンの無鉄砲さにはしばしば振り回されているらしく、序盤で「いつかお前に殺されそうだ」と苦笑交じりに皮肉を飛ばす場面があるが、それはのちに現実のものとなってしまう。

エピソード2後から3以前

クローン大戦ではジェダイの将軍としてクローン軍を率い、騎士に昇格したアナキンとともに銀河系各地で活躍する。また、この間にジェダイ最高評議会の席を与えられる。この頃から、謙虚な人柄かつ、クワイ=ガンやアナキンとの触れ合いで得たユーモアセンス、たゆまぬ向上心などから、「偉大なジェダイマスター」として、評議会でも一目置かれる実力者となる。

エピソード3

グリーヴァス将軍によって誘拐されたパルパティーン最高議長をアナキンと共に救出する。その後、ドゥークーを失って惑星ウータパウに逃げたグリーヴァスと連合軍の幹部たちを追い、グリーヴァスと交戦、撃破する。その直後に「オーダー66」が発令され、一斉にクローン兵からの攻撃を受けるがなんとか生き延び、同じくオーダー66から逃げ延びたヨーダや元老院議員ベイル・オーガナと合流。コルサントに戻り、銀河共和国が滅んで銀河帝国が誕生したこと、アナキンが暗黒面に堕ちたことを知る。
パドメの宇宙船に潜入し、惑星ムスタファーにてかつての弟子でシスの暗黒卿ダース・ベイダーとなったアナキンと対峙。激戦の末、ベイダーの左腕と両足を切断し、溶岩の炎に焼かれた彼の末路を見届けその場を去った(このときオビ=ワンはアナキンが死んだものと思い込んでいたが、アナキンはサイボーグとして生き永らえた)。
パドメがアナキンとの子であるルークレイアを出産したのを見届けると、ルークを惑星タトゥイーンに住むアナキンの義兄弟の家に預け、その成長を見守るため自身も「ベン・ケノービ」と名前を変えて同じ惑星に隠れ住んだ。

エピソード4からエピソード6

オビ=ワン


レイアの救援メッセージに応えるため、青年となったルークと共に惑星オルデランを目指す。同時に、ルークにジェダイとしての訓練を始めさせる。その後デス・スター内で再びダース・ベイダーと対峙し、静かな戦いを繰り広げた後、ルークたちを逃がすためにベイダーの刃を受け、フォースと一体化する。
以後は霊体としてルークの前に現れ物語の最後までルークを見守った。そして反乱軍が帝国との決戦に勝利した際、ルークを労うかのように、祝勝会の会場にアナキン、ヨーダと共に姿を見せた。

エピソード7

エンドアの戦いからおよそ30年後、レイがかつてルークの使っていたライトセーバーに触れた際、フォースを通して過去の光景を垣間見ることになるのだが、この時オビ=ワンが声のみでレイに対して呼びかけている。
また、レイアがハン・ソロとの間に第一子を儲けた際、オビ=ワンがタトゥイーンに隠遁していた時の名前である「ベン」という名前を付けていたことが判明するのだが…(リンク先はフォースの覚醒の重大なネタバレとなっているので注意)。

レジェンズ

エピソード6以降を描いた非正史(レジェンズ)のスピンオフ作品ではスローン大提督の侵攻直前、ルークに「新たなジェダイ」として生きることを告げ、別れを告げる。こちらの歴史では上記の正史(カノン)の歴史と異なり、レイアではなくルークが第一子を「ベン」と名付けている。

実力

防御に特化したソレスの使い手であり、相手の攻撃を受けつつ仕掛けるカウンターや蹴り技を得意とする。またパダワンだった頃からクワイ=ガンと共に外交調停任務に従事しており、マスターとなってからもその豊富な人生経験を活かした交渉術を得意としていた。
また、破天荒な師匠と無鉄砲な弟子に感化されたのか、情報収集時はジェダイ公文書館だけでなくデクスター・ジェッスターのような若干いかがわしい相手にも頼ったり、「腕のいいパイロット」を求めて不良の溜まり場であるモスアイズリーの酒場を訪れたりと、使命達成の為なら固定観念に囚われない柔軟さも持っている。

また、彼は究極奥義:ブラ=サガリおよびチノ=リの使い手であるという説もあるが…。

余談

実は当初、ルーカスはオビ=ワン役を三船敏郎にオファーしていた。しかし、三船にあえなく断られてしまった(三船が出演を断った理由としては、後年、娘の三船美佳が語ったところによれば、「SFという舞台の中で、コミカルに武士道を描くことに抵抗を感じたから」であったらしい)。その後、諦めきれなかったルーカスは、「顔出しなしならどうですか」と言わんばかりにダース・ベイダー役で再オファーしたものの、これも断られている。

三船オビワン


仮に出演が実現していたら、こうなっていたかも…。

代わりにキャスティングされ、実際にオビ=ワンを演じたのはイギリスの大御所俳優アレック・ギネスだが、ギネスはスター・ウォーズに出演したことを「俳優人生最大の失敗」と考え一生後悔し続けたとされ、スター・ウォーズ関連の取材やファンレターは全て拒絶していたという。彼がこのような態度を示した理由について、一説には「自身のキャリアに関してスター・ウォーズの話ばかり取り上げるマスコミやミーハーなファンにうんざりしたから」とも言われているが、ギネス本人が鬼籍に入ったため永遠の謎となっている。

関連項目

STARWARS アナキン・スカイウォーカー ダース・ベイダー ヨーダ

尾美一・・・パロディキャラ。

関連記事

親記事

ジェダイ じぇだい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「オビ=ワン・ケノービ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 169826

コメント