ピクシブ百科事典

パルパティーン

ぱるぱてぃーん

パルパティーンとは、映画『STAR WARS』の登場人物。

STARWARSスターウォーズ』の主要登場人物。
銀河系を支配する銀河帝国初代皇帝にして、その創設者。正史(カノン)でのフルネームはシーヴ・パルパティーン。
パルパティーンとしての名前はシリーズ第1作となるエピソード4小説版のプロローグで最初に語られたが、映画・小説ともに本編には登場せず公開順としてはエピソード5で初登場となる。
旧三部作では一貫して「皇帝」(原語版ではダース・ベイダーの「マスター」とも)としか呼ばれておらず、パルパティーン及びダース・シディアスとしての名前が映画で最初に言及されるのはエピソード1となる。
新三部作では、彼が惑星ナブー代表の元老院議員から、共和国最高議長を経て銀河帝国皇帝となる過程が描かれている。
詳細はシスの暗黒卿としての名であるダース・シディアスを参照。

その前半生には謎が多いが、遅くとも10代には修行を積まされることの多いシスの暗黒卿としては、弟子入りの時点で既に成人しており、かなり遅咲きの人物だったとされる。
ジェダイの暗黒面に魅入られる前は、惑星ナブーのうだつの上がらない政治家でしか無かったが、如何なる苦境にあっても決して折れることのない異常な権力欲を持ち、それを根源とする忍耐力・精神力は最早修行を積んだベテランのジェダイと比べても遜色のないものであった。
この一面を当時シスの暗黒卿を務めていたダース・プレイガスに見出されて弟子入りし、修行の中で今まで隠されていたシスとしての才能を急速に開花させていったという。
しかし、上記の経歴も確かな裏打ちがあるものではなく、やはり謎に包まれている。

某お笑いコンビのコンビ名にもなっている。

pixivに投稿された作品 pixivで「パルパティーン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10002

コメント