ピクシブ百科事典

ルッカ

るっか

ルッカとは、RPG『クロノトリガー』の登場人物。
目次[非表示]

概要

クロノトリガー』の登場人物で、プレイアブルキャラクターの一人。
フルネームはルッカ・アシュティア(続編『クロノクロス』にて明らかになる)。

現代(A.D.1000)に生まれた少女。年齢19歳。
主人公クロノ幼馴染であり、天才的な発明家。作中でも彼女の様々な発明品が登場しており、時空を超えた冒険のきっかけとなった「テレポッド」も彼女の作品である。未来(A.D.2300)のはるかに進歩した機械もたやすく操作し、壊れたロボを手を加えて修理していた。
トルースの町と橋で繋がった小島に家があり、家族は鍛冶屋兼発明家の父・タバンと、足の不自由な母・ララの三人暮らし。
自身の頭脳には自信を持っており、理知的ながら勝ち気な性格で突き進んでいくタイプ。お調子者で大胆な行動に出ることもしばしば。手の甲を頬に添えて「オホホホホ!」と高笑いするのが癖。「サイエンスの前に敵はないわ!」
苦手なものの一つにがあり、中世の修道院で出会ったカエル(プレイヤーキャラ)を見て腰が引けていた。
クロノに想いを寄せているが、そのことに関しては隠している。

武器は(ハンドガン)、近距離攻撃時にハンマーを振るう。魔法の属性はで、炎の魔法を使用する他、仲間を強化する魔法やナパームボム火炎放射器を駆使して戦う。魔力が特に高い。

彼女が修理して仲間になったロボとは特に強い絆で結ばれており、アニメーションムービー(SFC版にはない)や様々なイベントでお互いの信頼関係を感じさせる描写が見られる。PS版のエンディングムービーでは、ロボそっくりの小型マシンを試作していた。
死の山でのクロノ復活イベントにて、マールを連れていない状態でルッカを連れて行くと山頂でのイベントが少し変化するのだが、これでルッカに魅了されたプレイヤーも多い。

母・ララの足が不自由なのは10年前、ルッカが幼かったころのある事故が原因で、とあるサブイベント内である行動をするとララを助けることができる(これをこなしたか否かで、その後のララの言動や特定のエンディング内でのララの行動が少し変化する)。
ルッカが発明家になったのもこの事件が根源となっており、元々は機械の操作方法が分からずララを救う事ができなかったことへの後悔から機械いじりをするようになったのが原因である。しかし上記のサブイベントでララを助けると、「万が一の場合に備えて」という理由に変わる。

容姿

髪型は紫髪のショートボブで眼鏡をかけており、アンテナの付いたヘルメットとオレンジ色の服を着用している。その人物像から、キャラクターデザインを担当した鳥山明つながりで某めちゃんこつおいロボット娘某カプセルコーポレーションの令嬢を彷彿とするプレイヤーも多い(現に『Vジャンプ』にてアラレがルッカのコスプレをしたことがある)。

クロノクロス 

クロノクロス』では、彼女の家が孤児院(ルッカハウス)として増築されている様子が描かれた(時空移動は可能だったらしく、子供達が描いたと思われるエイラ等の似顔絵が飾ってある)。『クロノトリガー』のエンディング後に孤児を拾っているが、この孤児は古代ジール王国の王女サラの分身で、キッドと名付けられる。
その後フェイトのロックを解除するために現れたヤマネコツクヨミがあらわれ、彼らの放った炎に孤児院は包まれる。その後のルッカの運命はゲーム中で明らかになっていない。主人公セルジュが幼いキッドを燃える孤児院から救い出すイベントがあり、その後でルッカの友人ジャキと同僚ルチアナに寄せた最後のメッセージが見つかる。また、ゲーム中では子供の姿で現われる。

主な発明品

ゴンザレス
千年祭の行われているリーネ広場にいる巨大な二足歩行ロボット
話しかけると戦闘になり、勝利するとシルバーポイント(千年祭で使用出来るポイント)を15Pもらえる。戦闘開始時・終了時に演歌調の歌を歌う。

テレポッド
片方のポッドに乗せたものを、もう一方のポッドに瞬間転送する装置。千年祭にてルッカ、タバンが披露していたが、見物に訪れたマールの持っていたペンダントに反応し時空の扉(ゲート)が出現し、マールは中世の時代にタイムスリップしてしまう。

ゲートホルダー
ルッカが、出現したゲートを分析して開発した携帯式装置。ゲートを安定させて自由に行き来できることを可能にしており、冒険に欠かせないキーアイテムとなっている。

関連イラスト

嫁はルッカ
ロボッカ


ルッカ
ルッカ



関連項目

クロノトリガー
クロノクロス サラ・キッド・ジール

ゼノギアス(ゲスト出演)
メガネっ娘

pixivに投稿された作品 pixivで「ルッカ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1171461

コメント