ピクシブ百科事典

レイ・パルパティーン

れいぱるぱてぃーん

『スターウォーズ』エピソード9『スカイウォーカーの夜明け』の登場人物。

映画『スカイウォーカーの夜明け』のネタバレを含みます。
































概要

SF映画スターウォーズ』シリーズのエピソード7~9の三部作『シークエル・トリロジー』の主人公を務めた『レイ』のフルネーム。
パルパティーン』の名が示す通り、彼女は銀河帝国初代皇帝『シーヴ・パルパティーン』ことシスの暗黒卿ダース・シディアス』の孫娘であった。

エピソード8でレイの両親はごく普通の人間であり、酒代の為に娘を売ったとされていたが、それは嘘で、自分の血族を探すパルパティーンの魔手からレイを守る為に仕方なくジャクーに置いていったというのが真実だった(両親は最終的に捕らえられ、レイの居場所を吐かせる為に拷問されて殺されてしまったが、最後まで口を割らない等、ちゃんと娘への愛情は持っていた)。スカイウォーカーの夜明けのノベライズ版にてレイの父親は、パルパティーンの遺伝情報のコピーを完全にできなかった失敗作のクローンだった事が判明した。

パルパティーンは、血族であるレイに自らを殺害させる事によって、秘術により魂やシスとしての経験を受け継がせ、レイを女帝にした帝国を築き上げる事を企んでおり、レイが幻視した「シスの玉座に座る自分」はこの計画が成就した時の未来を見たものと思われる。また、このほかにも劇中のとあるシーンでは、黒いローブを身に纏った、暗黒面へと落ちたレイの幻影(下のイラスト)が登場している。

Rey Palpatine


ルークとレイアはレイが皇帝の血族であるという事に気付いていたが、レイの中にある魂の光を感じ、最後の希望と信じて彼女を導いていた事が判明した。




映画『スカイウォーカーの夜明け』の結末に関するネタバレを含みます。

















レイはライトサイドに回帰したベンと協力し、フォースと一体となった過去のジェダイたちの魂と共にパルパティーンとシスの亡霊たちを再度滅ぼす事に成功したが、体力を使い果たし死亡。その後、ベンからフォースを介し生命を譲られる形で蘇生した。

戦いが終わった後は黄色い光波を生成するライトセーバーを自作したため、タトゥイーンのルークがかつて住んでいた家(ラーズ夫妻の住居跡)を訪ね、ルークとレイアのライトセーバーを流砂に埋めた。直後にそこを通りかかった老婆に名前を聞かれ、タトゥイーンの二つの太陽の下、ルークとレイアの魂を受け継ぐ者として「レイ・スカイウォーカー」を名乗るレイのシーンでシークウェル・トリロジーは幕引きとなる。

関連タグ

ウルトラマンジード/朝倉リク - かつて銀河を支配していた皇帝を親族に持つが、先代戦士達の力を借りつつその宿命に抗った結果、正義の戦士として認められ、最終的に自分だけの力を手に入れるという共通点がある。

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「レイ・パルパティーン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12637

コメント