ピクシブ百科事典

メイス・ウィンドゥ

めいすうぃんどぅ

メイス・ウィンドゥとは、映画『STAR WARS』に登場する架空の人物である。
目次[非表示]

概要

演:サミュエル・L・ジャクソン 吹替:玄田哲章
黒人男性のジェダイマスターで、ジェダイ評議会においてヨーダに次ぐ実権を持つ人物。
また、メイスはライトセーバーを扱うフォーム中、究極といわれるフォームⅦジュヨーを会得しており、さらにジュヨーを発展させた彼オリジナルのフォーム、ヴァーパッドを編み出している。
ジェダイ・マスターとして非常に優秀で、数多くの功績と奥深い知識を兼ね揃え、威厳と確信に満ちた言葉でジェダイ達を導くその姿勢から多くの尊敬を集めており、クローン大戦においてもその激しい戦いを生き残った一人となっている。

ドゥークー伯爵の先導によって引き起こった分離主義運動が引き金となった武力抗争の際は、200人近くのジェダイ達を率いてオビ=ワン・ケノービを救出すべくジオノーシスへと向かい、処刑闘技場で大量のバトル・ドロイド軍団と交戦。ドゥークーの雇った殺し屋であるジャンゴ・フェットの首を刎ねる形で討ち取った。
その後はやや劣勢に追い込まれるも、ヨーダが駆けつけた事で何とか戦いを生き延びることになった。

クローン大戦の終盤では、ヨーダと共にそれまで支持していたパルパティーン最高議長の行動に疑念を抱くようになり、彼がジェダイ評議会を直接支配下に置こうとしているのではないかと考えるようになる。
そして彼が個人的代理人として送り込んできたアナキン・スカイウォーカーからの報告で、パルパティーンがシス側の人間であるとその危険性を確信したメイスは、数人のジェダイを引き連れてパルパティーンの元へ赴き、他のジェダイがなすすべも無く殺される所を彼はパルパティーンを後一歩の所まで追い詰める。
しかし、本来ならシス側との関連性について詳しい調査をしなければならない所を、メイスは暗殺に等しい形でパルパティーンを討ち取る強攻策に出ようとした結果、その姿勢が完全に仇となってしまい、パルパティーンに必死に助けを求められたアナキンにライトサーバーを握った腕を切断されてしまう。
最後はその隙を突かれる形でパルパティーンの放った全力のフォースの電撃で攻撃され、ビルから放り出される形で死亡する末路を迎えた。

アナキンダークサイド化の元凶

ジェダイの中でも尊敬を集めている人物であったものの、一方でメイスは権力拡大と同時に傲慢な考えに陥っていく様子も見せるようになり、結果的にアナキン・スカイウォーカーがダークサイドに落ちてしまい、更にはジェダイに壊滅的な被害をもたらす決定的な要因を作ってしまった一人になっている。

クワイ=ガン・ジンは、預言でアナキンを「フォースにバランスをもたらす者」と見出していたのだが、アナキンの可能性を信じようとしたヨーダやオビ=ワンと異なり、メイスはアナキンが「ダークサイドの一時的増大を招く者」と見なしていた。
一度はオビ=ワンの弟子になる事を承認していたものの、若さと経験不足故に暴走しがちという、若者なら誰にでもなり得る部分があったアナキンに対し、再び危険視するようになったメイスは、次第に彼だけでなくその関係者にまで理不尽とも言える仕打ちを行ってしまうようになった。

3Dアニメ「クローン・ウォーズ」にて、アナキンのパダワンとなった少女・アソーカ・タノがジェダイ聖堂襲撃事件の犯人に仕立て上げられてしまった際は、アナキンの弟子であるのを理由にアソーカを信じようとせず、それどころか「ダークサイドに堕ちた」と強い疑いを向けている。
そして、アナキンが真犯人を捕らえて冤罪が発覚した後に至っては、彼女が心身共に受けた苦しみを「試練」として美化する等、自分達評議会の非を認めないばかりか、その行いを正当化するような発言までしており、結果的にアソーカがアナキンの引き止めも聞き入れずにジェダイ聖堂を去ってしまう決定的な要因を作ってしまった。
この出来事は、アナキンのジェダイに対する疑いを強めるようになってしまい、去っていくアソーカからも、アナキンはジェダイに強い疑いを持っている事実を指摘されてしまっている。

クローン戦争末期(新三部作エピソード3)では、パルパティーンの勧めで評議会の一員に就任したアナキンの実力を正当に評価しないばかりか、評議会の一員としての彼の主張も全く聞き入れようとせず、パルパティーンの情報を引き出す為の捨て駒のようにしか扱おうとしなかった。
グリーヴァス将軍討伐に関してもアナキン一人が反対したのを完全に無視して「満場一致」として賛成を可決したりもすると、露骨過ぎると言える差別的な仕打ちもしており、時として自分よりも立場が上なヨーダの意見にすらも表面上でしか従わず、独断的な判断を下した事もある。
メイスのジェダイの指導者として、厳格を通り越して傲慢で狭量と言える態度は、アナキンから当然信頼など得られるはずなど無く、むしろジェダイそのものに大きな反感と疑いを募らせる一方となってしまう事になる。

アナキン本人からの報告でパルパティーンがシスの側の人間だと確信した際も、自らを気に掛けてくれたパルパティーンを糾弾する事に内心悩んでいたアナキンの心境を全く考えず、猜疑心を向けるばかりか、露骨に彼を信用していない事を示した軽率な発言までしてしまう。
更にヨーダやオビ=ワンに何の相談もせず、越権行為に等しい形でパルパティーンの逮捕に向かい、抵抗されてジェダイ達を殺されたとは言え、駆けつけたアナキンからの「既に抵抗力を失った人間を殺す事はジェダイの教えに反する」という訴えも無視して強引に殺害に踏み切った姿勢は、厳格かつ公正な合議制によって事を慎重に進めなければならないジェダイの指導者としては、絶対にあってはならないものであった。
そういった自らの負の部分への自覚が無かったメイスは、自身の行為がジェダイの正義であると信じて疑わず、またアナキンも自分の考えに賛同するのが当然とさえ考えていたようだが、かねてよりジェダイに疑いを抱き精神的に追い詰められていたアナキンからしてみれば、「ジェダイの上層部が傲慢に陥って銀河を支配しようとしている」と確信させるには十分過ぎるものであり、衝動に駆られた彼がはずみで自身の行動を妨害してしまい、結果的にパルパティーンにとどめを刺されて命を落とすという自らの破滅へと繋がってしまった。

そして自らの死後、その行動は「ジェダイの反乱を捏造する為の材料」として格好なものとなってしまい、ジェダイと銀河共和国は民衆の支持を失い、求心力低下の決定打となる。
閉鎖的な掟に縛られ、無自覚の内に傲慢なやり方をする様になったメイス、そして評議会の姿勢が、結局は自身の破滅を招く原因になってしまったのである。
パルパティーンの言葉を借りれば、メイスもヨーダと同じく傲慢ゆえに見えるものが見えなくなったのかもしれない…。

メイスがここまで頑なで傲慢になってしまった要因も一応提示されており、現在では部分的に非公式(レジェンズ)設定になっているものの、彼が編み出し用いている固有のライトセーバーフォーム「ヴァーパッド」は攻撃力こそ極めて強大であるが、その一方で本来はジェダイにはあるまじき「戦闘の高揚感」に身を任せることに極意があるため、暗黒面に近付きやすいという危険な側面を持つ。これの原型であるフォームⅦ「ジュヨー」ですら基本フォームの中ではもっとも暗黒面に染まりやすいというリスクを抱えているが、ヴァーパッドはそれ以上に暗黒面に肉薄してしまうジェダイにとっては危険極まりないシロモノであり、実際このフォームを修得しようとした者はメイスを除いて悉く暗黒面に堕ち、破滅している。メイスは強靭な精神力によって暗黒面を跳ね除けて開発・修得に成功し、ジェダイ最強の剣士にのし上がったとされるが、実際はこの弊害を完全に克服しきれたわけではなく、本人も気付かぬうちに徐々に精神が闇に蝕まれていったのである。
小説版EP3ではパルパティーンの逮捕に向かう直前にメイスは、長らくパルパティーンの近くに居ながら彼をシスの暗黒卿と見抜けなかったことについて「ヴァーパッドによってもたらされた闇が目を曇らせていた」と痛感して激しくショックを受け、悔恨の念を抱いていた(その反省をもっと早くできていれば…)。
同作においてメイスはヴァーパッドを編み出した理由について「自分の弱さを補うため」とオビ=ワンに語っているシーンがあるが、皮肉にもそれこそが自身に闇を植え付け、メイス自身だけでなくジェダイそのものを破滅に導くこととなってしまった。

また、物語をよく見れば分かるがメイスの理不尽極まる言動が一段と酷くなったのはクローン戦争の勃発後であり、開戦前のEP2前半ではアナキンについて「彼の技量は群を抜いている」と高く評価し、彼に単独任務を任せることに不安を感じるオビ=ワンを説得したこともあった。アナキンの方もオビ=ワンへの称賛を語る際に「マスター・ヨーダのように賢く、マスター・ウィンドゥのように強い」と引き合いに出しており、1人のジェダイとして尊敬していたことが分かる。
しかし戦争が始まって以降はメイス自身も精神的な余裕を失い、上述のようにアナキンを筆頭に周囲への不信感を拗らせるとともに、自身については正当性を妄信して傲慢な振る舞いを見せるようになっていった。映画版EP3のオープニングのあらすじの中に「世は悪に満ちていた」という一文があるが、メイスも戦争の悪意(狂気)によって歪みを加速させてしまったのかもしれない。

メイスの影響が絡まないアナキン自身の都合にもたしかに問題は山ほどあった(パドメとの禁断の結婚、驕りからなるやジェダイ騎士団への不満や軽視、命令違反など度重なる問題行動、日増しに強くなるパルパティーンへの傾倒etc)が、メイスの存在がアナキンにとってジェダイそのものへの不信を増大させたことは疑いようもない。実際アナキンは全体的に見てジェダイの中で爪弾き者にされていたかといえばそんなことはなく、オビ=ワンは口やかましくアナキンを指導しながらも結局は何かと彼に甘い面もあり、問題行動を起こしたアナキンを評議会から庇うことも少なくなかった。ヨーダはEP3で悪夢に悩まされるアナキンから相談を受けた際にはきちんと1対1で対応し、(アナキンが望む答えではなかったものの)ヨーダなりに真摯に応えている。クローン・ウォーズで弟子としたアソーカとは強い絆で結ばれ、同作中では彼女の恩人であるジェダイマスターのプロ・クーンとも親しくしている。しかしジェダイのナンバー2にしてヨーダに次ぐ発言権を持つメイスから不当な扱いを受け続けた影響は大きく、アソーカのジェダイ脱退時のようにメイスの決定的な一言が事態の引き金となった上に、立場上オビ=ワンなど他のジェダイがそれ以上発言できなくなるという悪循環を生むこともあった。また、上述のパルパティーンに対する密偵の指令をわざわざオビ=ワンを通じて命じることで間接的にアナキンがオビ=ワンに嫌悪感を抱くきっかけを作ってしまい、彼のジェダイでの拠り所を失わせるという余計なこともやらかしている。

よくアナキンの「選ばれし者」としての使命の考察について「増長し硬直化していたジェダイと、強大となったシスの両方を滅ぼすことでフォースにバランスをもたらした」と考えられることが多いが、パルパティーン(ダース・シディアス)が強大化したシスの象徴だとすれば、メイスは増長したジェダイの象徴と言えるだろう。実際アナキン(ダース・ベイダー)はこの2人の破滅(殺害)に直接携わっている。
ちなみにメイスはEP2でオビ=ワンを説得する際に「予言が正しければフォースにバランスをもたらせるのは彼しかいない」と期待を寄せる発言をしていたが、小説版EP3で逆にオビ=ワンから「彼は選ばれし者のはずでは?」と問われた際には「予言ではそうなっているが、フォースにバランスをもたらすことがジェダイの勝利を意味するとは記されていない」という身も蓋もない発言をしている。結果を見ればこの見解は決して間違ってはいなかったことになるが、ジェダイとして自身の正義を信じ切っている一方で、フォースのバランス=ジェダイの勝利という図式よりもアナキンに対する批判が先行してしまっている辺り、彼のアナキンに対する不信感が相当病的なものであったことが窺える。
アナキンに対する扱いが悪い意味で印象的なこともあり、スターウォーズのスピンオフ作品が生まれるごとに新たに悪い面が追加されて彼自身のキャラ(ひいては当時のジェダイ騎士団という組織そのもの)の評価を下げてしまうことも多い。EP3の公開当時では(尺の都合上展開が急だったこともあり)アナキンの堕落と裏切りの過程について疑問視する声も少なくなかったが、クローン・ウォーズでのアソーカに対する仕打ちを見たファンからは「アナキンがジェダイを裏切るのも当然」と納得する声が上がり、むしろこれが一つの要因となって悪の道に堕ちてしまったアナキンに対して同情する声が集まる始末であった。アナキンの闇堕ちやジェダイ壊滅の責任に関してはオビ=ワンやヨーダも批判の的になることがあるが、彼らはアナキンの育成において犯してしまった自らの過ちを反省し、彼の息子であるルークに対しては父と同じ轍を踏ませないよう細心の注意と辛抱強さ、寛大さをもって接し、それが功を奏している。しかしメイスには現状そういった名誉挽回の機会がなく、現在においても新3部作のジェダイの負の側面の象徴として扱われているのが実情である。ただし、上述のようにフォースのバランスを取り戻すためにジェダイとシス両方の滅びが必要だったと考えると、ジェダイの側にも一度滅びねばならない理由があることを描写する必要があるため、メイスは当時のジェダイの増長と傲慢を提示するための必要悪であったとも考えられる。

余談

メイスといえば紫のライトセーバーが有名だが、これはメイスを演じたサミュエル・L・ジャクソンが違う色のライトセーバーを使いたいといったことでこの色になった。

また、最期はビルの窓を突き破り彼方まで吹き飛ばされるという結末を迎えるが、この死に方もジャクソンが劇的で派手な死亡シーンを希望したからと言われている(もっともジャクソンは、本気なのか冗談なのか「飛ばされただけで死んだかどうか分からないから生きてるかも」という旨の事を言っている)。

関連項目

STARWARS スターウォーズ
ライトセーバー

pixivに投稿された作品 pixivで「メイス・ウィンドゥ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15935

コメント