ピクシブ百科事典

銀河共和国(STARWARS)

すたーうぉーずのぎんがきょうわこく

SF映画『STARWARS』シリーズに登場する架空の銀河規模の国家。
目次[非表示]

概要

数万の星系が連合する巨大連邦国家。首都はコルサント。政治運営は元老院と加盟惑星の議員達が担っている。
かつては銀河の平和を維持する為に、唯一無二で必要な政治体制として支持されてきた。

旧共和国

銀河帝国が成立するまでは民主主義とジェダイで平和が保たれていたが、長い歴史の中で加盟惑星が増え過ぎて規模が膨張するにつれ、権利構造が過度に煩雑、硬直化。
少なくとも『ファントムメナス』が開始する以前から急速に衰退していた。

政治面

元老院は議員による収賄が横行し、自身や自身の出身惑星の利益を優先。また、硬直化した官僚機構の弊害で個々の惑星まで統括し切れておらず、大いに不満が高まっていた。
議案を1つ成立させるだけでも数十から数百に及ぶ委員会や公聴会、省庁の認可を必要とし、最早どの惑星の議員や役人達にどのような賄賂を贈るか見極める能力こそが共和国元老院議員に求められる全てとなってしまう程に政治的遅滞と腐敗が進んでいた。

こうした衰退のしわ寄せは共和国の統治が行き届きにくいアウター・リム(銀河外縁部)に向かい、苛烈な資源の搾取やハット族に代表される犯罪組織による非合法活動が横行。
それを表す顕著な例として、アウター・リムに位置する惑星タトゥイーンでは、共和国の通貨である共和国クレジットが通用せず、共和国の法律で禁止されているはずの奴隷制度もまかり通っていたということが挙げられる。
人々は共和国に対して、これらの問題改善を期待していたと思われるが、官僚や元老院議員たちの派閥等の様々な利害が複雑に絡み合い、統治能力の落ちた共和国にとっては最早不可能なことであった。
こうした事から、コルサントを初めとする共和国中枢を担うコア・ワールドの惑星とアウター・リムとの対立も深刻化していた。
そのような長年の鬱屈した不満がドゥークー伯爵率いる独立星系連合という新たな政体の発足とそれに伴う数多くの加盟惑星の離反という形でついに爆発し、クローン大戦が勃発。これによって当時の銀河はハイパースペース航行が始まって以来の深刻な混乱状態となった。
戦争に伴う経済と交通の混乱、治安の悪化、交易の衰退などで、各惑星は次第に疲弊していった。

当時のジェダイ

共和国を守護していたジェダイの人数が約1万人でのちの銀河帝国時代と違って大規模な組織であった。
だが、当時のジェダイ騎士団は『ファントムメナス』が開始する以前から多くの戒律などによって縛られ、組織が硬直化し、閉鎖的になっていた。
更にクローン大戦中にはバリス・オフィー等戦争が原因で問題行動を起こすジェダイが多く現れており、人々のジェダイに対する不信感を一層助長させる事となった。
その上、クローン大戦の間、ジェダイの騎士のほとんどはその驚異的な能力を生かし、新設された共和国軍の主力であるクローントルーパーを直接指揮する将軍として銀河各地に赴いており、誰を将軍として派遣するかは主にジェダイの評議会が決定していたため、その気になれば軍隊を指揮して共和国に対するクーデターを起こすことが可能なほどの軍事力を保持していた。
実際、評議会の長であるメイス・ウィンドゥヨーダは、共和国のすぐ近くにシスの存在があることが確定的となったためとはいえ、事態が打開されるまで最高議長を逮捕・追放して元老院を一時統治下に置こうと計画していた。

旧共和国の終焉

堕落した元老院と官僚、行き詰まった経済、治安の悪化、戦争で荒廃した社会。こうした不満が積もりに積もり、人々にとって最早共和国は無用の存在となっていた。
それに付け込んだパルパティーンは、自身の始めた戦争を自ら終わらせ、銀河の秩序回復をチラつかせる形で共和国の解体独裁制への移行を人々に受け入れさせた。
そして、パルパティーンの策略で反逆者の汚名を着せられたジェダイの大半が抹殺され、これにより共和国は事実上の崩壊を迎え、銀河帝国の成立へと繋がった。

身も蓋もない言い方をしてしまえば、こうした状況に容易に陥る旧共和国とジェダイの体制自体がすでに限界に達しており、来るべくして来た末路と言える。

新共和国

ジェダイの帰還』の後、帝国に代わる国家として反乱同盟軍によって樹立された銀河政府。
前身の旧共和国と同じく民主主義の国家である。コルサントを常に首都としていた旧共和国とは異なり、投票で選ばれた惑星にその都度首都機能を移転する輪番制を取っている。

樹立した直後に起きたジャクーの戦いで帝国の残党勢力との間に結んだ銀河協定により帝国残党に対して莫大な賠償金と大幅な軍縮を課す事で弱体化させる事に成功。軍備縮小や帝国残党・新共和国のどちらにも与しない中立勢力に対する外交政策に力を入れるようになる。
しかし、反乱同盟軍時代の総司令官にして新共和国元老院の初代議長として創設期の新共和国を支えてきたモン・モスマが政界を退くと、新共和国内部では新共和国中枢が大きな力で銀河系全体を統治するべきとする「セントリスト」とクローン大戦以前の旧共和国時代と同様に各加盟惑星に大きな自治権を持たせるべきとする「ポピュリスト」という二つの政党の対立が深刻化。元老院は過去の支配体制の反動からすっかり日和見主義と成り果て、その議会はほぼ麻痺状態となり、今は亡き旧共和国を彷彿させる堕落ぶりが表面化しつつあった。
帝国残党内部ではその隙を伺い、かつての帝国の栄華を取り戻そうとする新勢力ファーストオーダーが台頭。この動きをいち早く察知し警告したレイア・オーガナの訴えにも耳を貸すものはごくわずかであった。その対応に業を煮やしたレイアは小規模なレジスタンスを結成し独自に行動する事となる。

結局新共和国側はレジスタンスの活動を黙認する形で対応したものの、それを口実にファーストオーダーのスターキラーで首都惑星ホズニアン・プライム等の主要惑星群を破壊され、皮肉にもかつての帝国と同じく樹立からわずか数十年で衰退に追いやられる結果となった。

関連タグ

STARWARS ジェダイ アナキンエピソード

pixivに投稿された作品 pixivで「銀河共和国(STARWARS)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14

コメント